gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

またも、NHKが誤報! 43歳にもなった「永井克典」アナウンサーが、聴取者軽視! どこが「安心ラジオ」!? 聴いてて不安に陥る、安易な制作姿勢番組に毎夜平気で出てます!

2017-03-06 20:57:49 | ラジオ番組

 またかよ! また、誤報かよ!

 NHKのアナウンサーの、「三陸沖超津波大地震」に対する認識が、思わず、ポロッとクチをついて出てしまった一瞬だった。

 3月6日、月曜日。正午のラジオのニュース前。

 その名も「安心ラジオ 災害で役立つラジオ」なる、短い1分の、つなぎ番組。

 「5年前の東日本大震災では、ラジオが・・・・」

 クチにしたのは、こいつ。「らじるらじる」と、ホームページで見つけた。

  永井克典、と言う名のアナウンサー。

 ん? と、首を傾げない人は、すでに自分の中で、上記「三陸沖・・」のコトを、忘れている読者だ。

 あの大震災が東北沿岸一帯を襲ったのは、2011年3月11日。

 あと5日で、丸6年にもなる。

 それを・・・・「5年前」と。

 ひょっとしてと、善意に解釈すれば、去年吹き込んで置いた録音済みの素材を、な~んのチェックもせず、そのまんま、丸6年目間近の、この3月になっても、まんぜんと垂れ流していた、ということなのだろう。たったの1分だしさあ、という意識で・・・・。

 安心どころか、不安がよぎる。永井のアタマ、大丈夫かあ・・・・。

 にしても、この永井克典なる馬鹿アナ。

 いったい、他にどんな番組を担当しているんだろう?と、検索してみると、「NHKジャーナル」と出てきた。

  あ~、この小学生でも構成出来る番組かよ!写真は、その「邪~成る」のモノ。

 なんで、馬鹿か?

 実は、平日夜10時ごろから始まる、このラジオ番組。

 ともかく、記者が自分で取材しない

 オカミの発表モノ、読み上げるだけ。何度か聴いたことが有る人なら、お分かりだろう。

 主要ニュースを短くまとめて読み上げる。

 で、注目したニュースをひとつ取り上げるのだが・・・・

 「この問題について、詳しい人に話しを聞きました」と言って、他人の、まあ、俗に言う「有識者らしき人物」に電話して聞くだけ。ただそれだけ。安易・簡単に済まして、チョチョイのチョイ!

 番組出演者には、手持ちの取材ネタ、まったく持ちあわせていない

 んなもんで、お説ごもっとも。そ~ゆ~見方が、正しいんですね。へへ~、電話に出て戴いて、ありがとうございますだ、お代官様、という、毎度毎度の印象。

 出るのは、大学のセンセ、専門家、自称NPO団体?代表の、正体と身元、怪しげな人物、元自局の解説委員で、現無職の自称ジャーナリストら。

 厳密な事実と違う、あいまいな記憶にもとづいてしゃべっていても、この永井克典などは、自分でキチンと調べていないため、異も唱えられず、ただただ、聴くだけ。

 それで、オシマイ。

 あとは、くだらぬ季節や、寒暖差を、ちょいと歓談して、天気予報につなぐ。

 んでもって、オシマイ。

 馬鹿でも出来る作りが、もう何十年もの間、延々と垂れ流されている。

 以前書いたが、アメリカで行われる幼児の腎臓移植のための募金活動と称して、その幼児の家族とは縁もゆかりも無い、カネ集めの詐欺募金をやっていた男まで、「この問題に詳しいヒト」として、電話に出させた。

 犯罪の片棒を、この番組が担いだ!のだ。

 今でも、「正体」と「身元怪しげな」と書いたのは、そういうわけだ。

 誤報永井にふさわしい番組とも言えるが・・・・。

 横浜で受信料を不正にフトコロに収めていた職員のことも、週刊誌に報じられて、あわてて隠していたこの事件を公表せざるを得なくなった、現体制。

 21人を「処分」と公表したが、氏名など、具体的な詳しい事実は隠したまま、今また闇に葬ったまま。

 そんな中での誤報平気なアナウンサー。

 43歳にもなって!

 こういう馬鹿でも平気で勤まるNHKというゆるい体質と、「ジャーナル」ならぬ「邪~成る」番組。

 放送中に寄せられる批判的なメールなどは、絶対に読み上げない、無視して、隠し、捨て去る。

 反省せぬまま、また今夜も安易な番組作って、垂れ流して「お疲れ様でしたあ」・・・・・。

 さらに、解説委員も誤報していた。

 すでに取材は終えている。近いうちに、記事化します

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« < リアル なでしこジャパ... | トップ | < リアル 芸能 ルポ >... »
最近の画像もっと見る

ラジオ番組」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事