gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

< リアル 高校野球 ルポ > 茨城県で、ある投手が1試合で26奪三振の県新記録誕生とか。へえ~っと思いつつ、背景を調べてみると、あれれ~っ・・・・・

2017-04-20 16:06:15 | 高校 硬式野球部の真実

 昨日。あの「不来方(こずかた)高校 硬式野球部」の今!を、同部部長や、小山健人(おやま けんと)監督にも取材し、記事化したばかり。

 その過程で、全国各地で、春季の地区大会予選が、至る所で行われているんだなあ・・・と痛感。

 文字通り、「球春 到来」。

 そんななか、今日、ネットで左下の高校野球のニュースを見かけた。

  へえ~っ! 1試合で、26奪三振か。そりゃ、すごいな。特待生軍団の高校でもないのに、笠間高校は。

 ただ・・・・・・ん!? ちょっと、待てよ!

 そこいら辺の高校野球ファンより、ホンの少しばかり、背景にある真実と実態を徹底取材して、知っているもんで。

 ちょっと、調べてみた。

 上記、記事の間違いは無い。事実を、さらに掘り起こしているし。

 相手校。26奪三振も喰らった「水戸 桜ノ牧 常北校」のこれまでの戦績を検索。

 ん・・・・・やっぱり、かあ・・・・・・。

 4年前に「分校」として独立した、いわば新設校。

 水戸と、校名には刷り込まれてはいるものの、校舎の所在地は、東茨城郡城里町。

 例えて言えば、「千葉県浦安市」にあるのに、「東京ディズニーランド」

 「成田空港」なのに、「新東京国際空港」、みたいなもの。

 で、この硬式野球部。

 毎年、毎年、部員不足に悩みながら、なんとかかんとか、部員9人揃えて試合出場していた。

 なので・・・・

 新設し直した、2013年の春。

 「水戸葵陵」と対戦して、0-19と惨敗でスタート。

 翌、2014年4月13日、「常盤大高」にも、1-13。

 同年7月7日、「水戸農業」には、初めて5-4で、接戦をものにした。

 が、勝利は、今に至るも、この試合だけ。ここから約2年9ヶ月。惨敗街道を、ひた走ることになる。

  同年、7月12日。「麻生」に、3-13。

 翌2015年7月9日、「境」に、0-17。

 8月18日、「鹿島学園」に、0-10。

 8月21日、「水戸啓明」には、0-14。

 9月14日、「清真学園」に、0-21。

 昨年の7月8日、「海洋」に、1-7。

 8月18日、「水戸二高」には、0-22。

 8月24日、「鉾田二高」にも、0-17。

 9月12日、「鹿島」に、0-29。

 そして、今年の初戦が、4月14日にあり、「笠間」に、3-6で負けた。

 そう、3点は入れているのだ。

 というのも、「笠間」は決して、強豪校ではない

 それどころか、ここも、部員不足に悩まされており、昨年の秋には、他の4校との「5校連合チーム」で出場し、あっさり負けている。

 そして、先の「水戸桜ノ牧 常北校」にこそ勝ったものの、3日後、「水戸工業」には2-16で、5回、コールド負けを喫している。

 奪三振26も獲れたのは、その日、球が走り、調子が良かったからだという。さらに、以前練習試合をしていて、5回で13奪三振も獲れ、マウンドに上がる前から、自信にあふれ、「三振が獲れる気がしていた」とのこと。

 たまたま、球球(たまたま)の、絶好調時の、それも打者を呑んで掛かっての新記録。

 プロ野球の投手でさえ、その日によって、常に好不調の波が襲うのだから。

 なお、この奪三振記録の、茨城県記録を打ちたてた投手、高校を卒業したら野球を辞めるとか。

 それも人生、か。

 あの軟式野球、延長に次ぐ延長新記録を重ねた末に、高校日本一になった松井大河のその後を追えば、ソレもまた良し、という気になります。 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« < リアル 事件 ルポ >... | トップ | < リアル 事件 ルポ >... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む