ハッシーの日記

旅行、音楽、温泉などについての日記です。

オリックス (WBC強化試合)オーストラリアに引き分け (京セラドーム大阪)

2017年03月06日 20時20分46秒 | 野球
 WBC強化試合でオリックス対オーストラリア戦に行きました。





 前日に侍ジャパン戦と違って、観客はまばらでした。






 19時試合開始なので、仕事が終わってからでも最初から最後まで観戦できました。





 オーストラリアの選手は誰も分かりませんでしたが、オリックスは若手中心のスタメンでした。
オーストラリアの攻撃時はラッパや太鼓の音色が聞こえないので、純粋に野球を楽しめました。

 オリックスの先発は山田で、先頭打者にヒットを打たれ、その後は安達の捕球ミスでいきなりのピンチでした。
3番打者を三振で抑えましたが。4番打者には死球。
荒れた立ち上がりでした。
5番打者にセンターへの犠牲フライを打たれ、オーストラリアが1点先制しました。
6番打者は三振に抑えて、ようやくチェンジになりました。

 オリックスの攻撃は先頭打者の西野がライトへの二塁打、安達のセカンドゴロの間に西野は三塁へ進塁しました。
伊藤は四球、吉田正も四球で一死満塁。
このチャンスにT-岡田はセカンドゴロで、オリックスは同点に追いつきました。
しかし川端はピッチャーゴロで三者残塁でした。

 この後は両チームともに得点できず、引き分けに終わりました。








































































































 強化試合なので、オーストラリアは12人のピッチャーが投げました。
狙いどころが絞れず、打てませんでした。

 オリックスの山田は荒れた内容でしたが、山崎福はきっちり抑えていました。
新外人のヘルメンもきっちり抑えていて、今日の投手陣はよかったです。

 打線の方は安達が犠打ができず、ランナーを二塁に送れません。
またチャンスでのタイムリー欠乏症は去年から治りません。
1回裏に満塁でのT-岡田、川端、9回裏に満塁での駿太、大城。

 開幕までにタイムリー欠乏症を修正して欲しい。








***********************************************************************



1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 安 失
オーストラリア 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0
オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 2

バッテリー
オーストラリア:ソーポルド、ウィリアムズ、モイラン、ケネディ、バンスティーンセル、ローランドスミス、ベイリー、ルジック、ケント、サール、トルス - デサンミゲル

オリックス  :山田、山崎福、ヘルメン - 伊藤

観衆数 :4,419人
試合時間:2時間55分
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オリックス (WBC強化試合)... | トップ | チューリップ賞、オーシャンS... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。