Real~強く生きることへの挑戦~

楽しい時間を過ごしたい・・充実した生活を送りたい・・・
 ”そのために今できること”をひとつひとつ。

熱き言葉と本当の同士

2013-09-08 18:08:40 | Weblog
ふらっと立ち寄った本屋で目を引いた本 











『死ぬ気で働いたあとの世界を君は見たくないか?』











『はいみたいです































ってことで購入し、一気に読んでしまいましたあまり最近このような本は読まなかったんですが久しぶりに同じようなことが書いている本はいろいろ読んできたけどいくつか今の自分に響く、そして共感できるメッセージがありました

















今だからこそ、今の環境にいるからこそ理解できることも多くあります











その中で共感出来た一つのメッセージを紹介します






「努力している自分」に満足しない。 


結果を追求する姿勢こそが成功を引き寄せる。


頑張れば頑張るほど成功は遠ざかっていく、ということに気づいてほしい。ただ単に頑張っているつもりになって、結果にこだわらない生き方をしていると「力」がつかない。

頑張っているという思い込みと自己満足は大変危険である。自己満足という”ぬるま湯”ほど恐ろしいものはない。


頑張ることは当たり前だから。具体的にどう頑張るのかが大切なのであって、頑張ること”自体”には大した意味はない。























今結果を常に求められる環境にいると本当にそう思う












以前の自分も頑張ることが大切だと考えていたように思うし、それが自己満の世界でしかなかったのだろうと実感するいろんな環境で経験させてもらい、常に注意・アドバイスをもらうことで少しずつ自分自身の中でも気づけてきたこと気づけたことで行動も考えも変わってきたので、自分がそうなっているのではないかと思う方々は、”何の為にどうがんばるのか”を考えた方がいろんな変化が出てくるのではないかと思います自分ももっともっと『結果』を意識して臨床、人生を進んでいきたいと思った次第です

































そして昨日、勤務終了後にバタバタ福岡に行き、かなり遅い時間から始まった秘密の集会そこには尊敬できる仲間やこれから楽しいことを共有していく同士が集まりました















その中でこの本の内容を理解して、行動している仲間、常に自分の為ではなく誰かのために動こうとしている仲間本当に頼りになる仲間ですまだまだ小さな一つ一つの力かも知れませんが、3人揃えば何かできるような気がします音がするくらい動かせそうな気がしますなぜなら心強い仲間たちが周りには多くいてくれるからです
















そろそろ動き出しそうな気がしていますそしてそして、もっともっと楽しくなりそうな気がしています小さな力が集まり、自分の自己満の為ではなく、周りの人達を笑顔に出来るように張り切って行きたいと思っていますさぁ、やろう

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曲者達が集うSUNRISE FES

2013-08-14 23:21:40 | Weblog
週末福岡で、熱苦しい男、坪井&斉藤に集められた曲者達が一堂に会して好きなことを喋る場SUNRISE FESが開催されました




















メンバーを見るだけで面倒くさい感じのメンバー最高に楽しい空間をみなさんと共有することが出来ました

































久しぶりに自分の頭の中をしっかりと整理しながら人に伝わる形にした発表好きなことを好き勝手に喋らせてもらえる環境を与えてくれた仲間には本当に感謝ですみなさん楽しんでいただけたでしょうか??




























撮ってもらった写真には笑顔が見えているので少しは楽しんでいただけたのではないかと勝手に思っています発表者も参加者も皆が臨床を大切にし、患者さんの為にがんばっている方々ばかり変に堅苦しくなく、しかししっかりしたものを伝え、本気で何か持って帰ろうという気持ちの皆さんの雰囲気・・・本当に良い空間でした










































相方の尾下相変わらずの暴走ぶりで『ビッグバン』から『ミトコンドリア』まで人の成り立ちを好き勝手に喋っていましたでも最後にしっかり理学療法と絡めてくるあたりがさすがです年数が経つにつれて内容は理解しがたいものにパワーアップしてますが、年々彼の発表を真剣に聞いている自分がいることに成長を感じました頭ではなく心のね





































そして10年来の仲間である望氏圧倒的な臨床感でこちらも好き勝手話していました汗だくになりながら実技を披露している姿を見ると本当に臨床を大切にしているんだと実感でき、マジ勉強になりました

























他にもすばらしく、大好きな仲間達が発表してもらったんですが、この三人で一緒に発表できたのは本当に楽しく、とても居心地が良い時間でしたマジ楽しかった~




















こんな環境を作ってくれた望さん&斉藤、病院スタッフの皆さん、発表していただいた先輩の下野先生、谷口先生、お忙しい中発表を聞きに来ていただいた多々良先生、参加者のみなさん、発表者の皆さん本当にありがとうございましたみなさんのおかげであの居心地がよく刺激的な空間を味わうことが出来ました


























あの居心地がいい空間をまた味わえるように、自分を成長させ、いつでも出陣できるように頭の整理しておきますさぁまた次に向かって進みますかね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この3ヵ月の『大変』

2013-08-03 12:28:29 | Weblog
『大変』が自分にやってくると、自分が『大きく変わる』チャンスがやってきたということですこの3ヶ月きつかったという意味の大変ではなく、本当に大きく変わったという『大変』を実感しています



















保険外診療の世界に出てもうすぐ3ヶ月・・・本当にいろんなことが大きく変わりました心の持ち方、前の向き方、環境面、臨床感等々、今まで生きてきた中でこんなに変化があったことはないのではないかと言うくらい変わったように感じます悪い変化はほとんどないのですが、悪い変化であろうと自分がやりたかったことなので全く後悔はありません































店の方も3ヶ月でだいぶ口コミも広がり、おかげさまでお客様も徐々に増え始めてきましたこの施設を頼ってきて頂けるということは本当に嬉しい限りです














ここに来て頂ける方々は、いろんな所に行ったけどダメだった方、自分ではどうしようもない方、もう諦めていたけど紹介されたから期待して来た方等、皆さんがかなりの期待をして来て頂き、真剣に自分の悩みや体を変えたいという方ばかりそのため望みも高く、また聞いたこともないような症状だったり、原疾患があったりと今までに味わうことのないプレッシャーと緊張感で臨床をさせて頂いています
























プレッシャーに押しつぶされそうになることもあり、毎回が本気の臨床をしているという感覚で本当に楽しく、そして必死に臨床ができていることを実感します本当の意味で『結果』というものを1番に求められる世界・・・この環境に出ないとまず味わうことの出来ないものを感じれているということに感謝感謝の毎日です































その中で『結果』という言葉に対してもとらえ方が変わったように感じます何か皆さんの臨床に変化が起こればと思い、その『結果』というもののとらえ方の変化について少し自分の変化を述べさせていただこうと思います















1番のとらえ方の違いは時間的な観点です今までは1週間で良くなった、1ヶ月で良くなった、半年で退院したなど最終的な結果を『結果』として捉えていた部分が大きかったような気がします最終的に良くなっていれば『結果』でたというように・・・



























しかしこの世界に飛び込んでそれではどうしようも出来ないんですその瞬間その瞬間で結果を出し、お客様に今の状況と今後のことを伝え、決められた時間の最後にしっかりとした結果が出ていないといけません1ヶ月後に結果が出ていればいいのかもしれませんが、その時に結果と期待感を出せないと次回来てもらえない、そうすれば1ヶ月後の結果なんて出るわけがないのです






















初めの評価の5~10分とかいう時間での理解、考察、説明、期待感を持たせる検証がその後の治療時間を決め、その一日がその後の何日かを決めるだから自分は問診から動作的な評価までの5~10分に全力を注ぎ、その後の必死な時間に繋げています本当に一瞬一瞬、一コマ一コマの説明や結果出しが必要になってくると実感しています




























今世に出て、凄いと言われている臨床家の先生方が魔法のように一瞬で結果を出す知識や技術の必要性が本当にわかるし、その先生方もその必要性を感じ、必死に自分を高め臨床で必要なものを手に入れてきたのだと今やっとわかる気がしますそしてコミュニケーションの取り方、自分の臨床への引き込み方、お客様との間の取り方なども、その全てが必要な環境になったからこそ能力を高め身についてきたものだと思います















すべてが合わさって出せる『結果』





















まだまだまだ成長しないといけないと思っていますが、この『結果』というものに対してのとらえ方が変わり、その捉えたことを必至で取り組めていることも成長だと思うので、もっともっと必死に臨床を行い、『結果』を出せるように一瞬一瞬を大切にしていきたいと思っています













このような環境で仕事が出来、このようにいろんなことを指導してもらい、成長できているのも関わってもらっている仲間や先輩、後輩のおかげだと思うので、この恩を返せるようにしっかりやっていくのと同時に、もっともっとご指導していただこうと思っているのでその際は皆さんよろしくお願いしますいきないり学びに来ることが多々出てくると思いますので面倒臭がらずご指導よろしくお願いします






















この手で出来ることの可能性を信じ、もっともっと自分を高めていき、困っている方々の心とカラダの悩みを少しでも楽に出来たらと思います










そのためにもしっかりやらねばですね8月も張り切っていきますよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行動に繋がる気付き

2013-07-07 23:47:25 | Weblog
週頭から5日間開催されたproprioceptive neuromuscular facilitation 国際PNF協会レベル4が終了しました


















初めはどうなることかと思いましたが、筆記試験、実技試験を何とかやりきり、無事合格することができました





























しかし、喜びは『皆無』一安心という感覚はありましたが、今回は全くうれしさがこみ上げて来なかったんです













こみ上げてきたのは『敗北感』と『極度の悔しさ』だけ

























こんなにも悔しい『合格』・・・PNF4に来ている方々は今までの1~3と違って本気でPNF5、そしてその上を目指している方々ばかりレベルも高いし、PNFに対する思いもすごいかった~今までやってきたPNF以外の知識や技術を封じられ、PNFの考えや技術で戦わなければならない5日間・・・本当にまだまだ足りないと痛感しました

















けど本当はこの感覚を求めていたのかもしれません想像していた以上に悔しさが爆発していますが、この『敗北感』と『悔しさが』もっともっと前に進ませてくれるものだと思うし、一番の起爆剤だと確信していますこの悔しさをまた味わわなくていいように、しっかり準備してパワーアップしたいと思います


























そしていろんな方々の悩みをしっかり解決できるようにPNFやその他の知識も強化し、臨床で結果を追い求めたいと思います


















いや~これでさらに休んでいる暇はさらになくなりましたこれをちょっと心地よいと感じている自分がちょっと気持ち悪いですが、やるっきゃないのでやりますもう負けたくないので


































最後に東京アルバムを少し・・・
















自分と一緒の時期に退職し、東京でがんばっている濱がわざわざホテルまで会いに来てくれましたしかも試験勉強があったので12時過ぎにそんな時間を指定しても『もちろん行きますよ』って言ってくれる後輩、勝手にホテル着を来て次の日仕事なので泊まって帰る後輩・・・素敵です東京で成長した仲間と話せて最高の時間でした






























東京駅バックにビールを飲む恩師東京では昼間っからオシャレな空間でビールやワインを飲んでいる人が多く、ちょっと格好良く感じました九州でその風景を見ると『昼間っから飲んで~』って感覚ですが、東京はなんか違った感じってことで5日間で一番格好良かった恩師の写真でした






























からのGODIVAのソフトクリーム似つかわしくない場所で、似つかわしくない物を頬張る二人、そして丸の内中通りをブラブラする二人・・・やっていることはカップルです





























からのやっぱりビール先生はやはりソフトクリームじゃなくビールがお似合いです












山下先生、自分の念願だった『担任と一緒にPNFを受ける』を実現して頂いてありがとうございした最高の5日間でしたこれからもPNF4取得者として、PNF5を目指す者として恥じないように練習していきたいと思いますので、一緒に練習よろしくお願いします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最高の修行期間

2013-07-05 19:43:25 | Weblog
早くもPNFコース5日間のうち早くも4日間終了



























今回のコースはPNF4と言うこともあってマジで勉強になります受講生の方々も4までくると本気でPNFをやっている方々ばかりでレベルの高さとモチベーションの高さに刺激を受け、また市川先生の毎日の結果を出す臨床にワクワクと悔しさを感じています

























自分が行っているPNFのコースは必ず毎日の最後に実際の患者さんが来て、4日間を通してPNFで習ったことだけを使って治療をしていきます自分たちが治療をした後に、毎日一人ずつ市川先生が治療に入るのですが誰が来てもあっという間に結果を出していくんですしかも魔法のような治療ではなく構造レベルからしっかりアプローチして、活動レベル、参加レベルとすべてがキレイに繋がった治療プログラムなので見ていて納得するしかない感じ










その市川先生の考え方、PNFの考え方がたまらなくいいので続けて勉強させてもらってます























今回のコースは細かい部分まで出てくるので、ココが最初にできていないと結果は出しにくいというものばかりそれなのでやっとここに来て今までの習ったことが繋がっていく感じで・・・散らばっていた点が繋がって線になり、面になっていく感じですね
やはりコースはある程度続けていかないと本当の部分が見えてこないといろんなコースに出て、すべてにおいて実感できるところですね












本当に『継続は力なり』です



















さらに勉強になる環境として、昨日から3日間連続で実技・筆記・実技と試験が入っているところそのために毎日しっかり勉強するのでやったことが頭に入るんですよね~しかも山下先生と共に・・・


















てっことで、山下先生・・・































ドン



『飲むと受容器が活性化して頭に入ってくる』等々言いながら飲み2、勉強1でやっている次第であります




















こんな山下先生ですが臨床に入ると目の色が変わり、学ぶことが多くとても勉強させてもらってます























明日が本番と言ってもいい最後の実技テストなので今からがんばって、実技の練習と症例検討を行いたいと思います

















毎回、コースに行くと次の臨床が楽しみになるんですが、今回は今までで一番来週の臨床が楽しみになってます休みの間ご迷惑をかけている分、しっかり成長して熊本に戻りたいと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何をするべきか!何ができるのか!!

2013-07-01 18:18:42 | Weblog
昨日放送の情熱大陸『トレイルランナー 山本健一』













尊敬すべき知り合いのトレイルランナーであるH氏の薦めで久しぶりに実家でテレビを見ました


















トレイルランナーとは平地ではなく、山の中のコースを走る競技で、今回のテレビでやっていたのは世界最高峰のコースで全長170㎞



































そのコースに挑む公務員ランナー本当に心が強く、自分が何をしなければいけないのかをしっかり理解して人生を突き進んでいる強者













本当に見ていて格好良く、勇気を貰いました


























しかも山本さんは膝を痛めていて、足にはシップにキネシオ
























Drからは治らないと言われ、本人もうまく付き合っていかないとと受け入れて走ってました

















そのシーンを見てからはずっと走り方に視点がいってしまい、あまり内容は覚えていないのですが・・・













ここでずっと思っていました自分ならどうサポートするか自分には何かできないのか




















走り方は確実に痛めているところにストレスがかかる走り方をされていたし、もっとこの方の可能性を広げることができるのではないかと思いました














どのような方が関わっているか分かりませんが、自分なら。もし自分でも難しいようであればあの人なら・・・



























可能性を追い続ける理学療法士ならこの方の可能性を必ず広げれるはずだと思いながら、我々が何を武器にして何をしなければいけないのか明確になった気がします















そしてまた自分に出来ることであればこのような方々の悩みを解決していきたいと改めて思い、自分が今やっていることの重要性を再確認できた濃い時間となりました



































人の可能性をもっともっと広げれるようにがんばっちゃいます















しかし山本さんのゴールシーン、まじ感動だったな~






















俺もいろんな意味でもうちょっとしっかり走ることにしたいと思います












目指せトレイルランナー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フル稼働!充実の1日!!

2013-06-16 21:21:59 | Weblog
今日は一日朝から夜まで充実した一日を過ごすことができました朝一バスケの練習試合の観戦&コンディショニングを始め、第二回○○塾開催してからのスタバ修行













一日を通して良い勉強になりました





















今回の○○塾は新しいスタイルをとり開催しました学校、学年を問わずいろんな学生達が参加してくれた環境での勉強会・・・初めの1時間は臨床の考え方や見方を話させてもらい、次の1時間を全員参加型のワークショップスタイル、最後の一時間を今抱いている疑問に対してのFree Discussionっていっても喋りすぎて大幅にオーバーしてしまいましたがかなりの盛り上がりで終了しました

























特に新しいスタイルを取り入れたワークショップスタイルは、最初みんな緊張気味で恥ずかしい様子でしたが、どんどん初めて会った人と話をし、徐々に盛り上がってました『そんなこと考えたことないし、話せない』って思っていた人も話し出すと心の中に隠れていたものがどんどん出てきて、制限時間を超えても初めての学生同士で話しまくってましたね






















前病院の部長が言っていたこと『理学療法士はエンターテーナーであれ』という言葉を凄く思い出しましたコミュニケーションもとても大切なこの業界・・・初めての人同士でも壁を作らずお互いのことを話せる能力、本当に大切なんですよねそれを養うためにもワークショップ型をとって見たんですが、以外に盛り上がって楽しかったです













































最後は今回臨床に出たばかりの森PTに学生と一番近い立場での考えや今臨床に出て感じることを話してもらいました学生のみんなにとってもかなりいい情報をもらえただろうし、森君にとっても良い経験になった環境だったんじゃないかなって思います






























終了後、森PTへのお礼飯二人の反省会をしながらガッツリ食らってきました森君・・・いきなりのオファーでの話、ありがとね~





































第三回も学生達がすでに企画中のようなので、またみんなと会って話せるのが楽しみです学生の成長のためご尽力いただける先生方是非ご連絡くださいよろしくお願いします
































ってことでさっそく次の準備です





















店のシステム強化準備、密かに再開するために動いている08会定期勉強会の発表準備、7月・8月の発表準備、来月のPNFコースの準備等やることは尽きないみたいなので進み続けるしかないですねこの世界の中には自分の努力なんてちっぽけなものだと思えるくらいがんばっている人達がごまんといるんですだから気を抜かずやれることしっかりやるしかないですね













さっ、やろやろ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつも何かを感じさせてくれる本

2013-06-08 19:04:58 | Weblog
出ましたWORST32巻




















この本についてはあまりに好きすぎてマニアックな感想になってしまうのでblogにて投稿です












この漫画は、なんて言うんでしょう・・・よくある学園ものの喧嘩漫画なんですが、この漫画からは『友情』『男』を学ばせてもらえる俺の刺激物であり、参考書でもあるんですよね~





























このシーンなんて交わることのない2人が手を交わしたゾクゾクするたまらないシーンですまるでスラムダンク最終刊の桜木と流川のハイタッチ並・・・いやそこまではないですが完全に読んでいるとき、にやけていたことは間違いありません
























それよりもいいのが左下の光政が言う『確かにこれりゃ二度と見れねーわ』っていう台詞この本のストーリーから追っていくととても深い一言なんですよみなさんわかりますか?













こういうメインの場面に対してぼそっとつぶやく1場面にたまらなく共感することが多いのがこの漫画なんですこの辺りで『こいつちょっと頭おかしいんじゃないか』って思い始めたでしょ?間違いありませんけどごく少数の方々は大きく頷いてくれることでしょう





















ってことで続けます














巻末の名言『たとえ敵でもな 敬意を払うべき敵ってーのもいるもんだろ』





















はい、かっこいい~




こんなに殺しあいのような喧嘩をしているのにも関わらずこういう思いを抱いている輩・・・素敵ですそして男です























我々もそうだと思いますが、自分が嫌いとか合わないとか思っている人でも文句や暴言ばかり言うのではなく、嫌いなら嫌いでも相手の凄いところは認めた上で『嫌い』ということで自分の中だけで処理できると思うんですよねそんなことは周りに共感を求めるものでもなんでもないと思うので、アボに勝った辰巳がいったこの言葉は凄く男らしくかっこいい一言だと思い、心に突き刺さった訳です

















いや~学べますね~男学たかが漫画、されど漫画です結局何でも良いんですよね・・・自分の心に火をつけてくれて行動に移せる何かってものはそう感じる今日この頃です




















たまに入れていくマニアックネタ今後とも末永くお付き合いください
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

”考え方の変化”と”行動の変化”

2013-05-31 14:14:22 | Weblog
週末、家のポストを開けると大きな封筒が入っており、確認してみると、先日九州看護福祉大学で学生とセッションをしたときのみんなの感想文で、わざわざ書いて送ってくれましたみんなありがとう~
























こういうのって本当にうれしいですね意外とみんなルーズリーフやA4用紙にしっかり書いてくれていました












『今林氏による講話の感想』と言う題名で楷書体で論文のように考えを述べてくれている人もいれば、文章の頭から『今回、小林先生の勉強会に・・・』と名前を間違っている学生もいたりしてかなり面白く内容を読ませてもらいましたみんな・・・『攻めたね~』って感じですね



























話している中で『自分のことを全然考えれていなかった』といった言葉や、『俺バカなんで、よろしくお願いします』といった言葉も出ていましたが、感想文を読んでみると、いや~すばらしいですね














自分が話させてもらったことで考えるようになってくれたのか、もともとあったものを表に出せたのか、もともと表に出せるみんななのかはわかりませんが、みんな自分の意見をしっかり書けており、統一して『もっともっとがんばっていきたい』という意見を書いてくれていたので本当に熱苦しくなってしまったかもしれませんが、3時間話させてもらってよかったって思います



























また、多くの学生が『もっと学校での時間や勉強を大切にしていきたい』『もっと自分の学校の先生達の考え方などを知りたい』などの意見も多かったので、日頃の学校での生活を大切にしてもらうために、学校の補助的な役割に少しでもなれればと思っている自分としてはマジでうれしかったですね


















また近いうちに、気持ちや考え方の面はもちろん、臨床のことももっともっといろいろ話して、自分なりにまず考えるという習慣と臨床は楽しい、理学療法士はすばらしい仕事だってことを気づいてほしいです

























ここで数あるいい感想のなかで、2人のある学生の一文を紹介させてもらいます





私は、勉強するのが嫌いでバカです。

ですが、最近やっとディスカッションで積極的に話したり先生に質問に行ったりと行動力がついてきました。

行動力はすべてにつながっていく大事なことなので行動力を高めていきたいと思いました。

今やれる人間を目指したいです。ですが、勉強のことになるとなかなか行動出来ないのでどうにかしたいところです。

『バカは(無限に)可能性がある』

この言葉を糧にして努力していきます。



















先生の話を聞いて数日しか経っていませんが、この数日間で意識的に変えてみたことがあります。

それは常に周囲から学習する意識を持つことです。

先生の話しを聞いた数日後、道路で杖をついて歩くおばあさんを見かけました。

その時、隣にいた友達とそのおばあさんの動作分析をしてみました。

うまく分析できたかは別として、分析しようと思ったのは先生の話を聞き、自分たちの意識が変わっていたからだと思います。










いや~本当に素敵ですねそして嬉しいですね~
























自分は最近、刺激を受けとってもらうことも大切だが、刺激を与えた人たちの行動を実際に変え、動き出せるまで責任を持って手を差し伸べれるというのがもっと大切なことだと思うようになりましたもし自分の話を聞いたり、行動を見たりして刺激として受けとってもらっている方々がいるならば、その人達のがんばりたいと思う気持ちに対して、実際の行動の初めの一歩を出してもらう手伝いができるような人間になりたいですね

























刺激だけ与えっぱなしで、後は自分たちで行動しようってなって本当に行動出来る人がどれだけいるでしょうほとんどいないと思いますだから尚更、その後までしっかり考えて人と接することができる人間を目指したいと思います


















まだまだ成長が足りませんが、自分の中での理想の自分になれるように日々一歩一歩進んでいきたいと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本格的に初体験!!

2013-05-25 18:46:57 | Weblog
先日、初めてWALK・RUN PROJECTでやってもらっている足反射区療法士の原園さんに本格的に足反射区療法とアロママッサージ的なものをフルコースでやっていただきました













お互いがどのようなことをやれるのか、どれくらい良いものなのかを身をもって体験しておかないとコラボもできないし、薦めることもできないので、今回フルコースでやってもらったんですが・・・



























足反射区療法(足つぼ)恐るべしです




















以前、片足だけやってもらったときはめちゃくちゃ痛くて、負けず嫌いのわたくしは耐えることに専念していた感じでしたその時の悪い所の指摘が、腎臓、膵臓、胃腸系、生殖器系、目、耳等々けどその時してもらって、さらに家でできるアドバイスをちゃんとやっていたところ今回全く違う反応でした














確かに、目と耳、そして頭が悪いのは継続だったんで(頭が悪い?・・・確かに)、その部位は飛び上がるくらい痛かったんですが、その他は全然大丈夫でした内臓系に対しても評価、アプローチできるのでPTとしても是非教わりたい学問・・・自分の人を診る武器、治す武器の一つとして是非少しずつでも吸収していこうと思います






















以前一度経験したことはありましたが、そんじょそこらの足つぼマッサージとは訳が違いますよ~


























しかも原園さんは美容師やアロマ等々様々な美容についての資格を持っているので、この知識を組み合わせてその人にあったアプローチを行ってもらえますってことで・・・

















自分は巻き爪ということを初めて認識させられ、まずは爪切り&ケア





























からの・・・



爪のメンテナンス大人になって爪を切ってもらうなんてことないので皆さんが常に言われる『贅沢な時間』という意味がやっと完全に理解出来た瞬間でした






























そしてそして、最後は・・・



腹回り、肩周り、背中のアロママッサージ&揉み込みマジでリラックスできるし、この方のマッサージはPT並に筋肉にしっかり刺激が入るのでかなり気持ちよく緊張もとれて爽快でした揉み込みに関しては脂肪を落としたい人にお勧めこれとトレーニングの組み合わせをただ今検討中です












全てのコースをやってもらったんですがかなり贅沢な時間を過ごすことができましたココで感じたことはやっぱり『餅は餅屋』
治療としての筋肉に対してのアプローチはともかく、リラクゼーションということに対してのマッサージなどは圧倒的に敵わない領域だし、そりゃこっちの方がいいわって感じでした




























この施術を受けたことで、その分野は自分がする必要はないし、ココで自分がしなければいけないことがより一層明確になった感じそれに気づけたことでまた楽しくなってきた今日この頃です































今は足底や足関節周りの感覚(触圧覚や固有感覚)が悪いかたには最初に足反射区を行ってもらい、その後にコンディショニング・トレーニング・促通を行ってますそうすることでかなり体が良い状態の中、自分がお客さんにしたいことがすぐにできるので本当にやりやすいんです今後もいろいろと試していき、お互いが成長し、お客さんによりいいものを提供できるようにがんばっいきたいと思っています





























一度、足つぼだけ、アロママッサージだけでもいいんで体験しておくと、体的にもセラピスト的にも良いと思うんでマジ体験した方がいいっすよ試したい方は自分に連絡ください














あと俺の今までの集大成であるメディカルコンディショニング&トレーニングもよろしくお願いしますねあれからちょっとは成長していると思うんでね絶対に自分では経験することがなかったであろうこの分野、今回は良い経験ができました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加