英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

成長を感じる喜び

2017-10-28 | 講師N
ハロウィンスピーチコンテスト


(まだしばらくこの話題が続きます。すみません)


練習のときにも本番でも

「うわあ、去年に比べてなんて上達したんだろう!」

と感動させられる子がたくさんいました。


Lの音がいつもRになってしまって、巻き舌が止まらない
子が、本人の自覚とともに矯正され、

とってもきれいな英語に生まれ変わった子。


去年はなんと言っているのか、聞き取りにくくて
発音を直そう直そうとしたけれど、もう癖になって
しまって直らず、不明瞭なスピーチで終わってしまった
けれど

「うわあ!今年ははっきりわかる!聴きとれる!
しかも発音うまくなってる~~~」


と鳥肌モノのスピーチだった子多数。

入賞はできなかったけれども、私からすると
一等賞をあげたかった子がたくさんたくさんいました。

感涙。



思うのです。



ハロウィンスピーチコンテスト

ほかのお子さんと、ではなく

去年のお子さんと今年のお子さんとを


どうか比べていただきたいっ!


やはり、あんな大きなステージでの発表ですから、

シャイな子にとっては大変な負担です。


人前が苦手な子にとっては恐怖のステージ。


でも、人前が平気の子にとっては、
ハロウィンスピーチはワクワク楽しいステージ。

笑顔で表情も生き生きとスピーチができますとも。


シャイな子はそれは苦手!


ですけど、


今回その「恥ずかしさ」を乗り越えて
緊張で膝をガクガクさせながらも

がんばった子たちがいました。


彼らの様子に心を打たれて滂沱の涙で咽び泣くワタクシ。


この成長ぶりをお父様お母様
おじいちゃまおばあちゃまはしっかりと

分かってくださっているかしら。


「もっと大きな声でやらなきゃだめだったでしょ」

なんて、全否定なさっていないでしょうかしら。


去年のお子さんと比べてください。


成長過程の彼らを褒めてあげてください。


他の人のことはどうでもよろしい!

自分のお子さんの、過去と現在をしっかり認識なさって


褒めて讃えてあげてください。


それが来年の活力になります。


小4の少年。

人前が本当に苦手で、普段は大好きな英語のレッスンが
ハロウィンが近づくにつれ、恐怖になり、


本番3週間前は、50分ずっとシクシクシクシク泣いて
いました。机に突っ伏して。


その横では、嬉々として表情豊かに練習する肝っ玉が
座ったガールズ達。

あまりにも対照的なこの光景。

その次の週も、顔がこわばり、うまく英語が出てこない彼。

そして更に本番の週も涙にくれる50分。



かわいそうなので、よほど

「もういいんだよ、スピーチがそんなにイヤならば
やらなくてもいいんだよ」


と言おうかと思いましたが、


いやいや、彼は成長の途中。

目の前の壁に苦しんでいるけれど、大人が壁を取り払って
しまったら、


確かに楽になる。でもそれは一瞬。


彼の人生の中で、これからも絶対立ちはだかるであろう
この壁を


自分が越えていくしかないのだから

私は我慢しよう。


我慢しよう。


我慢しよう。


でもやっぱりかわいそう。

いやいや我慢しよう。


とジレンマ。


本番の彼は、緊張で顔を引きつらせながらも
一生懸命スピーチしてくれました。


来年はどうなるかまだわかりません。


来年も苦しむかもしれません。

壁を乗り越えたから大丈夫かもしれません。


大人は見守り、励ますしかできません。

あとは本人。



彼のスピーチは、ほかの子達と比べれば
まだまだなのでしょう。


でも、この数週間の様子を知っている私にとっては


1,000点をあげたい立派なスピーチでした。

去年より確実にうまくなっているし。


わたしには、スピーチの練習の際に口癖になるほど
言っている言葉があります。

「ほかの人のスピーチはどうでもよろしい!」


ほかの子と比べるな、自分の英語に集中しろ!
という意味ですが

この言葉を、今回のステージで自分のお子さんと
ほかの子を比べてしまった保護者様に捧げます。


ほかの子のスピーチなんてどうでもよろしいのです!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発音は訓練

2017-10-28 | 講師N
ハロウィンスピーチコンテストが終わり

保護者の方々からいろんなお声を頂戴しました。


最も多かったご質問はこちら。

「うちの子の発音、直らないんでしょうか」


わたしが全ての皆様にこうお返事いたしました。


「直りますよ、まだその過程ですよ。去年よりも
あんなに上手になっていますもの」


発音は訓練です。

くちびるや舌や喉、歯、

そして

ほっぺた



日本語を話すときには殆ど動かす必要のない
こうした部分を

英語を話すときには、たっぷり動かします。


そして、息。

お腹から息をたっぷりと、スピードをつけて
喉の奥、上の方にいったん当ててから

口から吐きます!


訓練しなければ、絶対に上手になりません。


そして、一番大事なこと。


「発音を徹底して教えちゃうわよそれが私の信念」

と考える人から、しつこく教わらなければ

基本的にうまくは絶対なりません。


リーチアウトの講師は全員

「発音を褒められて、英語力を伸ばしてきた」人々です。


ですから「あなたの発音きれいだね」と言われる喜びを
知っております。

もちろん日本人ですから(J先生をのぞいて)
日本語訛りですよ、そうですよ、


でも、どうしたら発音がきれいになるのか、

どこをどう動かしたらよいのか、


そして更には


訓練すれば発音はきれいになるのだから、訓練しよう


という熱意を持って、


教えております。エヘン。




よく、ネイティブスピーカーから教われば、発音も自然に
きれいになる


と思われがちですが、違います。



ネイティブの人は、日本人のこどもは日本語発音に決まっている
直す必要?ないない、


と思っている方がほとんどですから、


訓練をしてくれません。



ですから、そうしたスクールからうちに移ってきたお子さんが
一番最初に直面するのは


えっ、こんなに発音の練習をさせられるの?


ということです。

矯正にとっても時間がかかります。




うちの中高生がよく言います。


小学生のころまでに、あそこまで厳しく発音練習をさせられて
よかった~~~~~。


てへ。


さて、保護者の方にも「発音への興味」が湧いたというお声を
いただきましたので、


発音クリニックを近々開講させていただこうかと思います。

日程が決まりましたらお知らせいたしますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち上げ

2017-10-27 | イベント
今年もたくさんの中高生と
OBの大学生

がボランティアスタッフとして
参加してくれました。

受付

保安係

誘導係

マイク係

審査員対応係

それぞれの持ち場で頑張ってくれました。


60人ものボランティアスタッフのおかげで

とてもスムーズに進行できました。
ありがとう!!


そんな彼らの労をねぎらうべく

私は前日コストコへ買い出しに行き

調理開始!!


おでん



ローストポーク


カレー

そして


ドーン!!

ターキー!


ドーン!

そして打ち上げ






ピザにオードブルも加わり

10周年豪華ディナーとなりました。


審査員の先生3人も参加してくださいました。









写真に映り切らない人多数!

台風の最中
暴風雨をものともせず

大盛り上がりのパーティーとなりました。


台風なので、中止も考えましたが、
食事をオーダーしてしまってあったし

料理も作ってしまったし


で無理矢理強行。

保護者の皆様にはご心配をおかけしてすみませんでした。

お手伝いありがとう!
本当にありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと素敵なおはなし

2017-10-27 | 講師NS
ハロウィンスピーチコンテストが無事に終了致しました。
ご参加頂いた皆さん、また、お手伝いに来てくれたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


さて、スピーチコンテストが終わって今週のレッスンでいろいろな声が聞こえてきています。


「入賞できなくて悔しかった…」

「緊張してうまくできなかったなあ」

「私が1位だと思ったのに!」

などなど…。


そんな中、とある年中さんクラスでこんなことがありました。

2人でレッスンをやっているクラスで、
1人は入賞。
1人は惜しくも入賞ならず。

今週のレッスンは大丈夫かな、
気不味くはないのかな、と思っていましたが。

入賞を逃したNちゃんが教室に入るなり

「Rちゃん、入賞おめでとう」

と言ったのです!!

自分が入賞できなくて悔しかったはずです。
頑張って練習してきましたから。

ところが

「私の方が上手だった」
「なんであなたが入賞なの?」
などと威張るのではなく、
Rちゃんを祝福することができました。

ちょっとしたプレゼントを添えて。

一方、Rちゃんも入賞できたことを自慢するわけではなく、Nちゃんといつも通りに楽しくレッスンができました。


まだ幼稚園の年中さんですよ!!

なんて大人なんでしょう。

素晴らしいと思いませんか?

2人とも、これからリーチアウトの優秀な先輩たちに続いて欲しいな、と思いました。

また、自分の子供が入賞していなくても、
同じクラスの子の入賞を祝ってあげられる素敵なお母さんがいるんだな、と感動しました。


そして今年はトロフィーを逃した皆さんも、来年は獲れるかもしれません。

これから1年間、悔しさをヤル気に変えてレッスンに持ってきてください。

来年こそトロフィーを獲りましょう!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Halloween speech 2017 part2

2017-10-26 | イベント

第二部が始まります。

受付の風景


ロビーの様子


リハーサルの様子


4年の部A


4年の部B


5年の部


6年の部A


6年の部B


中部大会出場の中学生のスピーチ

自分の英語体験を語りました。



県大会出場のスピーチ

自分の夢への挑戦についてのスピーチです。



高校生スピーチコンテスト出場の高3

以心伝心の日本文化と欧米の文化を比較した
スピーチでした。
(彼は最初から最後まで、全て自分で作った
スピーチを披露しました)


審査員の先生方


表彰式が始まろうとするところ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加