英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

WHY?

2015-07-26 | 講師NZ
とあるレッスン・・・


Yくん: えっ、なんでこんなものが・・

こっそりYくんのバックを覗いて見ると、





えっ、松茸?椎茸? エリンギ?

この際、どっちでもいいやぁ!!

彼も驚きだが、クラス中も驚き!!

WHY? Japanese people!!

ならぬ、

WHY? Y くん‼︎‼︎

Yくん:僕じゃない・・・

彼も知らない謎でした・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あつ~い夏には・・・

2015-07-24 | お知らせ
リーチアウト焼津校に

自動販売機が設置されました!!



全部100円ですよ!!!

どうぞご利用くださいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教えて!ヒゲの隊長

2015-07-23 | 講師E
まずはこちらをご覧ください

教えて!ヒゲの隊長


それからこちら。

【あかりちゃん】ヒゲの隊長に教えてあげてみた


私からは一切私情を挟まないこととします。

見た人がそれぞれ感じることが大事なのでしょうから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今の平和を想う・・・

2015-07-23 | 講師E
16日の

安保関連法案の強行採決について、

・声高に反対を唱えて、デモに参加する人

・反対の意見を持ちながらも静観する人

・無関心な人

・賛成意見の人


と、国民の反応が様々ですね。



私はいろんなことがまだ勉強不足で、
今のところは考えあぐねている状態。

きっと、私と同じ人は多いのではないかと勝手に思っているのですが・・・。


ただし、アメリカ合衆国準州グアム出身のオット、そして家族友人親戚
を多く持つ身として、


様々なことを考えさせられています。


先日、イスラム教徒である人物が、アメリカ軍兵士を襲撃して
殺害した、というニュースがありました。

アメリカという国は、日本と全く異なり、

第二次世界大戦後も、ずっと紛争問題を抱えたり、お節介にも介入したり、
勝手にアメリカは世界の正義、と主張して自国の兵士を世界中に派遣しています。


それは皆様もご存じのこと。


グアムは観光以外に資源や商業がないことと、極東に位置するためにアメリカの
防衛に大変重要な場所であるということで、


高校卒業後にアメリカ軍に入隊する人が大変多いのです。


そのため、我々の親戚にも米軍関係の仕事をしている人が多く、

その中にはアフガニスタンやイラクに派遣される人もいます。



ですから普通の日本人よりも、こうした情報がたくさん入る立場にあると言えますね。



2年前、JFK高校の生徒を焼津に招いたのですが、そのときの学生の一人が
昨年の夏、高校を卒業し、進路としてアメリカ海軍を選びました。

女の子です。


ときどきメールのやり取りをしていて、彼女が新米兵士としてしごかれ、
生まれ育ったグアムを離れ、各地を転々としている様子を聞き、


ニコニコ笑顔のかわいかった彼女の置かれている状況を

なんだか想像できずにおりましたが、


先日、きっと米軍兵士が殺害された事件を受けて、本人も深く考えた
のでしょう、


Facebookには、今の彼女の偽らざる気持ちが綴られていて、

ハッと胸を衝かれました。


毎日毎日船の上にいて、夜空の星がとても美しい。

その星々を眺めながら、

神様、今日も一日生かしてくださって、ありがとうございました。

と、必ず感謝をしてから眠りについている。


船の上にいる自分は、攻撃されてもどこにも逃げるところがない。


故郷から遠く離れ、一人で空を見上げながら、今の状況を考える。


今日は生きていられた。


でも明日は分からない。


だから、毎晩感謝している。



という内容でした。



まだ20歳にもなっていないはずです。

同じ年齢のリーチアウトの卒業生たちは、のんきな大学生活中です。
命の危険を感じることなんて皆無でしょう。


それは日本が戦争を放棄しているからこそです。


中国の脅威、

北朝鮮の脅威、


確かに怖いことです。


ですが、その脅威のために、日本は方向を変えてもいいのでしょうか。


若者が、彼女のような気持ちで日々を過ごすことになってもいいのでしょうか。



脅威は脅威。

でも、その脅威を戦争に進ませないことが、


外交であり、


政治なのではないでしょうか。



もっと交渉術を上げて、


仲良くしていけばいいじゃん、安部さんよ。



と、私が思うのは、浅はかなのでしょうか。



もっと勉強して、理解することが必要なのは承知の上で、


なんだかモヤモヤと思うのです。



でも、だからと言って、立ち上がる勇気も持ち合わせていない、


小市民なのです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多読

2015-07-23 | 講師N
今週、7月分の新刊が続々入荷しました。


今月は主にORTをたくさん注文しました。


先日、某進学校に通う高1の女の子が


「先生、多読の効果がすごくわかってきました。

語数も40万語を超えて、

長文の理解度も上がったし、

読む速度もすごく上がりました」


と、つつましやかに、しかしきっぱりと言いました。



1学期が終わり、振り返ると

英語の学年1位や10位以内が取れた優秀な高校1年生が続出しています。

彼らは、通常レッスンを頑張るのは当然のことながら、

多読の効果をヒシヒシと感じているので、

更に更に多読に没入してがんばってくれていますよ。


選書にも力が入ります。


8月分は、なるべく8月上旬には図書室に並ぶことができるよう

早めに注文しますね。



がんばりましょうね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加