英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

リーチアウト マーケット

2013-01-31 | お知らせ

いよいよ今週日曜日

 

リーチアウト藤枝教室にて マーケットを開催いたします。

 

ぜひお越しくださいませ!!                            

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英検ひと段落

2013-01-29 | つぶやき

土曜日の英検。

 

どうでしたか?

 

3級以上の方は二次試験もありますからね。

リーチアウト生にとって、面接は筆記よりも楽勝!

・・・のはず・・・。

 

気を抜かずにがんばりましょうね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英検です

2013-01-25 | お知らせ

明日

1月26日(土)は

 

今年度最後の英検です。

 

受験生の皆さん、

試験開始時間の15分前までには必ず教室に到着していてください。

HBのエンピツ2、3本

消しゴム

を必ず持参してください。

また、

住所をしっかり覚えてきてくださいね。

 

では、

最後まで勉強がんばってください!

 

目指せ合格!お~!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歴史は大事です

2013-01-24 | 講師N

ひところ

 

「わたし、国語がだいっきらい」

「おれ、国語が苦手」

 

と言って、国語のテストの点数が英語より断然低くて

「日本語より英語が出来るなんて、何人だ」と私に悪態を吐かれていた

生徒が大勢いたのですが、

 

近頃は

「社会がきらい」

という生徒が大勢出るようになってきました。

 

「歴史が嫌い」

という子たち。

「古い出来事なんて覚えたって、必要ないじゃん」

と口ぐちに言います。

 

いんや。必要にきまっているでしょ、と私。

 

現代の社会情勢は、

歴史の積み重ねの上に構築されているのです。

 

平たく言えば、

原因と結果。

 

「?」という顔の生徒。

 

では具体的に語ろうではないか。聞け、仔羊たちよ。

 

あなたたち、中国のこと嫌いって、普段から言うよね。

「うん、だって中国人てさあ、日本人にすっごく意地悪じゃん」

それがどうしてだか分かる?

「しらな~い」

中国人が日本人をあれほど悪しざまに罵り、嫌うのには

理由があるはずでしょう。

理由がなければあそこまで言わないでしょう。

「そうか・・・なんでかなあ」

今の中国人の「日本人への感情」が結果、だとしたら、きっと原因が

あるわけでしょう。

「そうだね」

その原因を知りたくない?

「う~ん、まあ、そうだね」

その原因。答え、それがまさに歴史の中にあるんだよ。

(日本と中国の関係を簡潔に説明)

ちょっと興味を持ちだした生徒たち。

 

「じゃあ、ほかには?」

そうだね。あなた達、英語と日本語が違いすぎて、イヤだって

よく言うよね。例えば文を作る順番とか。

それもね、その違いの理由は歴史の中にあるんだよ。

「そうなの?」

(農耕民族と狩猟民族の話を簡潔に)

益々興味を抱く生徒の目。

 

あなた達、自分の人生で失敗してしまったことは、これからもう

しない!って誓って、がんばって直したり、気を付けたり、するよね。

そうやって、人間って大きくなっていくんでしょう?

 

社会も同じだよ。

失敗して学んでいくのって、大事でしょう?そうやってもっといい

状態にしていくのが理想でしょう?

 

自分の人生なら、たかが十何年だし、全部自分が経験してきたこと

だから、ちゃんと分かっているけど、

 

人間全体の歴史って長いでしょう?

「だから勉強するのか」

 

そうだよ。大きな話になっちゃうけど、歴史の勉強ってそういうこと。

なんて、

威張ってこうして話をしているけど、私なんてもう同じ間違いを何度も

懲りずにやってきたか・・・・。

そして今後も続けるはずだと思う。

人間とはかように愚かなのであーる。

 

だから現代社会がちっともよくなっていないのかもね。

歴史を学べば素晴らしい将来が来る・・・なんていうのは戯れ事かもね。

 

だけど、原因と結果の関係が見えてくるって、ちょっと面白くない?

できればその学習によって、明日がもっとよい社会になっていけば

いいんだけどね。

 

「大きな話になったねえ」

そうだねえ。でも勉強って結局そのくらい大きいことなんだよ、きっと。

それをテストのことばっかり心配して一喜一憂して、って狭い視野で

ぐるぐるまわっているから、

勉強がつまらなくなっちゃうのだよ。

 

「リーチアウトってなんの学校?」

もちろん英語だ。

だが、私は元々歴史の先生になりたかったのだ。

英語は苦手だったのだ。

英語は大っ嫌いだったのだ。

 

「それがなんで英語の先生になったの?」

それこそが私の歴史である。一言では話せない。

そのうちゆっくり語るよ。

「別にいいけど・・」

いいのか~。

・・・・・。

 

最近では、アルジェリアでのガスプラントのテロ。

多数の日本人が犠牲になりました。

ご冥福をお祈りします・・・・。

「なんでテロなんてやるの?」

「イスラム教の人ってなんですぐああいうことやるの?」

「だいたいあんな遠くに日本人が行く必要なんてないし」

などと、軽口を叩く学生たちに歴史をひも解いて説明を試みた

のですが、興味を持ってくれた生徒もいましたが、

中に1名

面倒くさそうにふんふんと聞き流し、

「そんなのどうでもいいし。興味ないし。自分には関係ないし」

 

とのたまわった生徒がいまして。

 

学校の成績はとっても優秀なんですが、彼のこの言葉に

なぜか酷く今の学生全般の学習態度に危機感を抱いてしまい・・・。

 

こんな雑文を書かせていただきました。

 

それと、

私が土曜日の「おせっかい補講」で歴史をやったりすることに

疑問をお持ちの方もいらっしゃったのですが、

 

その理由がお分かりいただけたら幸いです。

 

長々失礼いたしました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言い間違い

2013-01-24 | 講師N

夫はアメリカ国籍で夫婦間の会話は英語。

他は日本語。

だからでしょうか。

生徒に指示を出すときの言い間違いが半端なくなってきました。

 

なんて、

そんなカッコイイ理由ではなく、

単に加齢なのでしょう。

あと、一度にいろいろなことを考えて、話をする癖と、

いつも時間に追われてバタバタしているせいで、慌てて話をするせい。

 

なのでございましょう。トホホ。

 

今日、中1のレッスンをしている最中に、隣の部屋に自習をしに来た

これまた中1のボーイ。

彼に自習の指示を書いておくのを忘れてしまったので、慌ててしまい、

 

「○○をこうして、ああして、やっておいてね」と早口で言い、

 

プリントを切ってノートに貼ってもらいたかったので、

「ハサミ持ってる?」と聞こうとして

 

「包丁持ってる?」

 

と言ってしまい、

 

どちらの生徒も「どわはははははは」と爆笑しました。

 

「包丁で切るのか紙を」

「こわい」

「こわい」

 

と口ぐちに言われ、

 

トホホでした。

 

落ち着け自分。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加