英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

スピーチのあとは英検!

2012-11-25 | 講師N

月曜から毎月恒例のリーチアウトタイムズをお配りしますが、

 

今回はそれに加え、

 

対象の皆さんには

 

英検の申込書を

 

お配りいたします。

 

「あ~、やっとスピーチ終わって気が抜けた~~」

とは、生徒のみんなの感想ですが

(事実、大勢の生徒が同じ言い方で安堵のため息をもらした

先週でありました。)

 

英検受験者には・・・・・

 

もう次の戦いが待っているのです。

 

きゃあああ。ごめんね、ごめんね、でもがんばってね。

 

私はこの日曜日、

 

英検4級の会話文のプリントを新たに作成いたしまして、

ついでに音声CDも作っちゃいました。

 

読む力を育てるためのCDです。

配られた人は、スピード○ーニングではありませんから、

しっかりプリントを手元において、

「読む練習」をしてください。

 

キクタンCDとこの会話文CD(しつこいようですが、どちらもプリント

と一緒にやってくださいね~)

 

これだけやれば、

合格間違いなしなのさ~~。

 

実はリーチアウトの記録として、

 

小学4年の1月に英検4級取得

 

という燦然と輝くものがあったのですが、

(その記録を立てた生徒ちゃんは今や6年生)

 

今回、彼女の記録を抜く

 

小学4年の10月に英検4級取得!

 

生徒ちゃんが誕生しました!!

どちらもすごい記録には変わりはありませんが、

 

新記録です・・・。

 

ちなみに、

 

学生時代英語が大っ嫌いだったワタクシが英検4級を取ったのは

 

中学3年!

 

ですから笑ってしまいます。

そんな私ですから、英語が嫌いな生徒の気持ちがよくわかる

という、利点がある~

 

といつも前向きなスタイル。

 

さて、英検合格は、

 

しつこいのですが、しつこくてすみませんが、

 

リーチアウトがお配りする家庭学習用のプリントとCD

5級・・・キクタンプリントとCD (会話文を今後作成予定)

4級・・・キクタンプリントとCD 会話文プリントとCD

3級・・・キクタンプリント (CDはなくて・・・ごめんなさい。作ります!)

 

をしっかりやっていただくのと、

合わせて教室での「多読!!!!」

 

そう、つまり、

 

問題集とか買わなくてもよいのです。

 

問題集を買うお金は、お子さんの合格時のご褒美を買う

お金にあててくださいませ。

 

よろしくお願いします!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビデオありますか?

2012-11-24 | お知らせ

スピーチコンテストの際には、

リーチアウトでビデオ撮影しているのですが、

 

今回、ディスク不良で

・3年生の部

・5・6年仮装の部

 

の映像がなくなってしまいました。

 

どなたか、

ご自分のお子様だけでも、

その前後の生徒分だけでも、

もしくは通して、

 

ビデオ撮影された方で、

画像をお貸しいただける方は

 

いらっしゃいませんか?

 

ご協力お願い申し上げます。

よろしくお願いします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手伝い

2012-11-24 | つぶやき

リーチアウトのイベントには、

 

いつもいつも

 

中高生のお手伝いスタッフの活躍があります。

 

今回のスピーチコンテストでも、

20名ほどの中高生がお手伝いとして参加してくれました。

 

託児のお手伝い係

生徒誘導係

保安係

アンケート回収係

 

と、それぞれの役割を、本当にがんばってこなしてくれました。

 

どうもありがとうございました。

皆さんの活躍なしには、イベントの成功はありません。

 

ただ、実は保護者の皆様方に心からのお願いがございます。

毎回イベントのたびに切なく、やるせない気持ちになっていることが

ございます。

公にすることでもないと思い、いつも中高生に我慢してもらってきまし

たが、

遂にその「やるせなさ」もこの場で公表させていただきます。

前もってお断りすると、

今からお話することは、本当にごく一部の方に限られます。

9割以上の保護者の方は、当てはまりません。

(そのため今まで黙っておりました)

 

リーチアウトのイベントで、

 

うちのお手伝いの中高生に、

 

非常に乱暴な態度を取られる方が、

 

毎回いらっしゃるのです。

 

今回も例にもれず、中学生が涙をこぼしました。

 

具体的なお話をすると、該当する方が嫌な思いをされることは

もちろん分かっておりますが、

 

次回以降は絶対になくなって欲しいことですので、

あえてお話させていただきます。

 

覚悟の上です。

 

今回のスピーチコンテスト、午前の部では

10:10に会場を閉めること、

そしてスピーチの間は会場の出入りは禁止であること、

もちろん、観覧者の方は10:10までにご入場いただくよう、

事前にお知らせのプリントをお配りいたしました。

 

我々講師の指示を受けていた、保安係(ドア係)は指示通りに

10:10にドアを閉めました。

 

するとそのあとから会場に入ろうとした方がいらしたので

「すみません、もう入れません」と保安係が申し上げたところ、

 

「そんなのおかしい!わたしは今託児から来たところなんだから!

おかしい!入ってもいいはずだ!」

などと非常にきつい口調で言われたそうです。そして制止を振り切り

会場に入っていかれたそうです。

別の方も

「今10:11だけど、1分過ぎたらダメなんだ。へ~、ダメなんだ。

なんだそれ。入れろよ」

とおっしゃったそうです。そして当然のように会場に入っていかれました。

 

お気持ちはわかります。

 

中学生も融通が利きませんから、ご迷惑をおかけしたと思います。

ご気分を害されたのもわかります。

 

ですが、

あのようなおっしゃりようでは、生徒は恫喝されたように感じ、

非常に怖かったと申しておりました。

もう少し穏やかな態度を取っていただくわけにはいかなかったでしょうか。

 

その後も同じように、会場に入れないことについて苦情を言われる方が

何名かいらっしゃいました。

 

保安係は泣いておりました。

 

スピーチ観覧に間に合わない方はステージ横からご覧いただけるように

いたしますので、舞台上手へお越しください。

 

と、事前のお知らせ(コンテスト当日の流れとお願い)

でお知らせしております。

 

また、何度も申し上げておりますが、コンテストは厳正な審査が行われる

ためと、

なにより、

生徒のスピーチが邪魔が入らず、集中力を保って最後までやり遂げられる

ように、

会場の出入りを禁止させていただいているのです。

 

自分のお子さんがスピーチ発表のときに、

携帯が鳴ったり(鳴った方がいらっしゃいましたね。残念です)

人がざわざわ動いていたり

飲食をする音が響いていたり(どなたかお菓子を食べていらしたと

アンケートにありました。禁止させていただいたのにこちらも残念です)

会場のドアが開いて、外の光が入ったり(ステージに立つと非常に目立ちます)

 

したら、どんなお気持ちですか?

 

自分のお子さんだけでなく、リーチアウト生全員のことまで思って

いただきたいのです。

 

こちらの不手際に関してはしっかりと反省し、お詫びし、改善をして参りますが、

 

こちらからも皆様にお願いをさせていただきたいと思います。

 

スピーチコンテストにおいて、

リーチアウトは参加費をいただいておりません。

会場費、駐車場係の費用、

そしてお土産のお菓子代、

全てリーチアウトが負担しております。

(託児に関してはお一人200円ずつご負担いただきましたが。)

もちろん恩着せがましく申し上げるつもりは毛頭ございませんが、

 

生徒の英語力向上のために、喜んで負担をさせていただいており、

参加生徒全てのことを考えて、企画運営進行しているのです。

 

こちらが周到に時間と費用をかけて行うイベントです。

 

もう少しご理解を賜りたいと願うのは、こちらの勝手なのでしょうか。

 

また、

私は生徒を宝物のように大事に思っております。

 

イベントに駆けつけてくれる中高生は、

部活や塾や遊びといったいろんなことを調整して、

お手伝いに来てくれる、

まさにリーチアウトの宝です。

 

大切に育てている生徒たちです。

 

そんな彼らに、毎回こうした辛い仕打ちを、

 

一部の方がされるのです。

毎年です。毎年私が中高生に「嫌な思いをさせてごめんね」と

お詫びしているのです。

 

今年はそんなことが起こらないように、事前にしつこいほどのお知らせ

告知をしたつもりでおりましたが、

 

それでもなくなりませんでした。

 

苦情を言われた方にもきっとそれなりのご事情やご意見もあるものと

それはもちろん承知しております。

また、中高生からの報告ですから、実際に私が目撃したわけではありませ

んので、事実と異なる部分もあるかと思います。

 

それでも、

中高生にあのおっしゃりようは、ないと思うのです。

別の通路には講師も控えておりましたので、こどもでは話にならないと

お思いになられたのなら、大人のスタッフを探してくださり、そこでいくらでも

きついご口調でご意見くださればよかったのに、と残念な気持ちで

いっぱいです。

 

来年のコンテストでは、こちらも更にしつこく事前の告知をさせていただき、

また課題の時間配分も調整し直し、ご迷惑のかからないようにさせて

いただく所存でございます。

 

ですので、どうぞ、どうぞ、

リーチアウトの大切な生徒に対して

穏やかに応対いただけますよう、

 

心からお願い申し上げます。

 

どうぞ、お願いします。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お休み

2012-11-23 | お知らせ

本日は祝日のため

休校となります。

 

どうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピーチコンテスト2012

2012-11-20 | お知らせ

11月17日(土)

市民センターおかべ ホールにおいて

第五回 ハロウィンスピーチコンテスト

が行われました。

 

当日は生憎のお天気で、駐車場が遠かったり、会場が寒かったり

いろいろ大変だったと思いますが、

皆様ご来場ありがとうございました。

 

ステージから撮ったショット(光が入ってしまってすみません)

 

熱のこもったリハーサル風景。

 

立派なパフォーマンスの数々。

 

今年も生徒のレベルが一段と上がり、見応えのあるコンテスト

になったのではないかと思います。

 

審査員の先生方は

「選べない!難しい!」と悲鳴を上げていらっしゃいました。

 

審査員の隣で計算係をしていたJ先生が言うには

「どうやら1位は意見がすぐまとまって、誰にするか決めるのが

早かったけど、

そのあとは、2位・3位・・・実力が拮抗していて、選べなくて

審査員は唸っていたよ」

 

この子も入賞して欲しかった!というスピーチがたくさんありましたが、

審査員の方も同じ気持ちだったようです。

 

我々講師は審査に一切口出しをしてはいけないことになっているのですが、

 

口も出したくなってしまう場面もたくさんありました。

 

でも、入賞者の皆さんは、そんな高レベルの戦いを制するだけの

実力を持っていましたね。

 

おめでとうございます。

 

涙を飲んだ人は、ごめんなさい。もうみんな4位とか、5位とか、6位とか

ぞろぞろ繋がっていたんですよ。

 

来年のバネにしましょうね、この悔しさを。

 

そして、会場の皆さん。

 

アンケートを拝見したところ、「会場が寒かった」というご意見を多数

いただいておりました。

 

大変申し訳ございません。

 

当日の天候により、暖房を入れていただくお約束を会場の方と

していたのですが、

 

当日の慌ただしさで我々は気が回らず、お寒い思いをさせてしまって

 

大変大変申し訳ございません!

 

私も実は寒かったのですが、

何しろご存知の通り、私の仮装は「キャシー中島」だったので、

夏の衣装だから寒いのだと、

 

てっきり思い込んでおりました。

(私はハワイでキルトを縫う現地のおばさん、というイメージで

衣装を着てみたら、それを見た妹が「キャシー中島だ」と言ったので

「じゃ、そういうことで」と・・・)

 

それと、

 

午前の部の表彰式の際の不手際

大変申し訳ありません!

みんな練習不足のgleeのことで頭がいっぱいになってしまい、

お子さんを控室から戻すのを忘れてしまっており、

しかも客席がガラガラなことにも気付かず、お恥ずかしい限りです。

 

すみません・・・。

 

 

それに、時間配分も、

 

あれは本当に大変でして、

1人1分弱で計算をしているのですが、

 

今回もずれが生じ、

ご迷惑をおかけしました。

 

来年の申し送りとさせていただきます。

 

アンケートについてはまた後日改めて報告させていただきます。

よろしくお願いします。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加