英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

guam

2011-08-24 | guam tour
今年12月に予定しているグアムツアーですが、

参加ご希望の方に、まだ全然詳しい内容をお届けできておらず、申し訳ございません。

実は、まだ12月の航空運賃が発表になっていないんだそうです。(旅行会社より)


また、今年のツアーは季節的なこともあり、現地での活動に制限がかかってしまいます。
どういうことかと申しますと、滞在期間がクリスマス休暇中にあたるため、学校がお休みで、
そのため、学校訪問ができないのです。

別のイベントも考えておりますが、もし来年の夏に延期してもよい、とお考えでしたら、
ぜひそうしていただいた方がよいのでは、と思います。

来年の夏は忙しくて、とてもだめだ・・・というお子さんだけお預かりして、制限がありつつも
その中でできるだけのアクティビティをして、英語生活を満喫してもらいたいと考えております。


また改めてお知らせいたしますので、よろしくお願いします、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ええっ! なんたるうまさ!

2011-08-24 | 日記
昨日のgleeの練習で・・・・


4年生の歌のうまさに引っくり返ってしまいそうなくらい、感動いたしました。

みんな、たくさん練習してきてくれたんですね・・・。


1人の男の子のお母様がおっしゃるには、

自分のソロパートが決まると、練習後のお迎えの車に乗り込むなり「おれ、ここ練習しなくっちゃ」と
言って、

何度も何度も練習してくれたのだとか・・・・。

素晴らしい!

私は、小学生のころ、父が50年代や60年代のアメリカの歌が大好きで、よくレコードをかけて聴かせて
くれたものですが、

「ここはな、ハラ~ガヘッタ~ド~リ~(腹が減った道理)だぞ」
とか
「コンゲツタリナイカリネバナ~イ(今月足りない借りねばな~い)と言ってるように聴こえる」

と無理やり日本語耳で捉えて、いたいけな少女のりこに教え込んだことが残念でした。

中学に入ると、ちょうど80年代洋楽華やかりし頃だったので、洋楽に目覚め、明けても暮れても
耳で聴こえたでたらめ英語を口ずさんでいたものでした。

以前も書きましたが、こどもの耳って素晴らしいもので、大人になってカラオケでそのころの歌を
歌うと、気持ち悪いくらい正確だったものです。英語もしっかりリンクしていたりして・・・。

中学の頃はそのためか、英語が一応好きで、中3のときには焼津市のスピーチコンテストに出たりして
それなりにがんばっていたのですが、

そのスピーチコンテストが私の英語嫌い病の病原体の一つであったように思います。

毎日母が枕元でNHKラジオの基礎英語や続基礎英語などを流してくれていたお陰で、スピーチコンテストに
学校代表の一人として選ばれることになり、

嬉々として練習を重ね、「自分で言うものなんだけど、あたし、うまいなあ」と思春期独特の自意識で
思い込み、堂々と市の大会に出場したのですが、

優勝した人のスピーチが、まるで情感たっぷりに日本語で詩を朗読しているかのような、日本語英語で
気持ち悪い(きゃっ、言っちゃった) スピーチでして、

私は言下に「これ、英語じゃない・・・・」

英語じゃないのに、優勝してる。

なにこれ。

なに日本。

なに日本の英語教育。


と、浅い知識でたちまち憂国の少女と化し、


その後それに続く数々のできごと

・現在完了形の継続ってなに?意味わかんない。完了なのに継続? 事件

・高校の先生がALTが来たらたちまち寡黙になって、オドオドした。
 なんだよ、リーダーの先生でいつも英語ペラペラ言ってるくせに
 本当は英語喋れないんじゃん 事件

・高校の別の先生が誤訳を連発して、さらに授業中たわいもないことで
 突然泣き始める 勘弁してくれ事件


などを経て、すっかり英語が嫌いになってしまったのでした。

英語の長文を前にすると、瞼が重くなり、勝手に催眠術にかかったり、
リスニングテストで、耳が「き~ん」と鳴ったり、
文法の先生の説明が、何度聞いても
「ワレワレハ ウチュウジン ダ」
にしか聞こえなくなり、

本当に英語が落ちこぼれました。

 ですけどね、現役高校生のある少年に言いますけどね、そうは言っても成績10段階で6でしたわよ。
3だなんて、信じられん。

おっと、個人攻撃になってしまいますので抑えて抑えて。


年月は流れ・・・・

そんな私がいまや英語の講師。

先日高校時代の友人に、久しぶりに会いましたらば

「ねえ、なんで?なにがあって英語しゃべれるようになったわけ?なにがあったの?」

と。

何があったかと言うとですね、

まあ、あることがきっかけで、英語スイッチが入ったわけですよ。

そして、そのあとは、みんながびっくりするくらい英語がみるみる上達したんですけどね、
だって、一生懸命勉強したんです。それは胸を張って言えます。
文法も片っ端から文法書を何冊も買って、自分なりに研究しましたし、
会話もがんばったんですよ。

やればできるんです。


ですが、わたしがはっきり言えることは、

中学時代の貯金がものをいった、ということと、

洋楽好きで、英語の歌はずっと身近にあった、ということが

私の社会人時代のやり直し英語の揮発剤になったんだということです。


ですけど、今にして思えば、英語が落ちこぼれていてよかったです。

だから今、高校生の文法の壁に寄り添ってあげて、一緒に壁を乗り越えるお手伝いが
できるんだと思うのです。

自分もぶちあたった壁ですから。脱出法は心得てるというわけです。


ああ・・・・・

gleeの話から脱線しまくってしまいました。

このブログはもっと格調高く、自分の個人ブログのようなふざけた内容にはしまいと
心に決めていたのですけど、

残念。


大変失礼しました。

それでは、本番までがんばりましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとずつ・・・

2011-08-23 | 日記
今週土曜日に迫ったイベント「glee」

リーチアウト初の試みである歌のイベントです。
おおよそ6割くらいの生徒が出席を予定してくれています。

お盆明けからの2週間を練習期間として設けましたので、正直
十分とは言えませんが、

毎回少しずつ上達してくれている、みんなです。

ちょっと彼らの曲名をご案内しますね。

焼津教室

幼稚園:Mickey Mouse Club

小学1年:One Love

小学2年・5年合同:Heal the World

小学3年 : Daydream Believer

小学4年 : I Just Called to Say I Love You

小学6年女子: I Want It That Way

小学6年男子: It's My Life

藤枝教室

小学1年・2年合同 : It's a Small World

小学3年~6年合同 : Stand By Me



さて、英語のレッスンなんだから、どんどん英会話を教えてくれ、
歌の練習なんて時間の無駄だ。

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

それだけでなく、オープンハウスやハロウィンスピーチなど、
リーチアウトにはたくさんのイベントがありますが、

それらも含めて、「なぜ、そうした取り組みをするのか」ということについて
簡単にご説明させていただきますね。

それはですね、一言で申しますならばズバリ

英語をいろんな角度からアプローチするため
です。

毎回のレッスンは、もちろん各講師がそれぞれ工夫を凝らして、お子さんが楽しく学んでかつ
しっかり定着できるように、一生懸命取り組んでおりますが、

言葉の定着はやはりそれだけでは足りません。

それだけではつまりません。

机の前から飛び出して、


歌や

スピーチや

他の人との出会いや

いろいろなシチュエーションを経験することによって、

お子さんの五感を刺激して、

今まで気づかなかった「英語スイッチ」がオンになることができるのです。

言語学習ってそういうものです。

 机に向かってだけでは学べないことがたくさんあるのです。


今回のgleeも、実際に「英語の宿題はむずかしいし、めんどうくさいからやらない」子が
ソロを任されたことと、英語の歌に興味を持ったことで、

「昨日たっぷりCDを聴いて何度も練習したんだよ」

と胸を張って言ってくれました。

「じゃあ、宿題もがんばれよ~」とは言いません。

歌から入る英語でもいいんです。その子のスイッチが入れば、
いずれ宿題にも一生懸命取り組んでくれるようになるやもしれないからです。

リーチアウトには、このように

オープンハウスで

スピーチで

英語が開花した子がたくさんいるんです。

今回のgleeも、同じく開花してくれる、つまり英語のスイッチが入ってくれる子が

少しでも出たら、

こんなにうれしいことはありません。


 最初は小さな声しか出なかった子たちが、
だんだん大きな声で歌うようになってきたここ数日。

本番まであと少し。

がんばりましょうね!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休暇明け

2011-08-18 | 日記
一週間のお休みをいただいて、水曜からレッスン再開です。

皆さんのお盆はいかがでしたか?

生徒の中には、お盆からずっとおじいちゃまおばあちゃまのお宅に滞在している
子が多くいるらしく、ちょっぴり人数の少ないオープンハウスです。

さて、来週はいよいよglee本番です。

練習にはぜひぜひたくさん参加してくださいね。


さて、8月11日・12日と、私達夫婦は中学生と高校生の女の子を2人連れて
福島のブリティッシュヒルズへ行って参りました。


2年前にお邪魔したときも8月でしたが、とても涼しかったのを覚えていますが、
今年は猛暑。暑い暑い2日間となりました。


到着してから、生徒は英語のレッスンを受けました。
ブリティッシュクラフトのクラスで、

キャンドルを作ったんですよ。画像がないのが残念ですが、とても上手に
作れました。

それから館内を散策したり、荷解きをしたり、買い物をしたり、
そうそう、プールにも入りました。

夜の7時には、ドレスアップをして、リフェクトリーへ。
ハリーポッターの世界のような広い室内です。
ブリティッシュヒルズも、ハリーポッターの映画も同じケンブリッジ大学を
モデルにしているために、室内がとても似通った造りになったのだとか。

ここではフルコースディナーをいただきました。


作法はイギリス式で。2年前に私が受けたマナー講座で覚えた知識を
2人に伝授。
とても上手に、エレガントに食事ができました。



このメイン。ローストビーフです。

これが美味だったこと・・・・。


ここは神田外語グループが経営する、英語研修施設です。
イギリスから移築した、本物の建物や、よく吟味された家具や調度品、
全てがイギリス!

そしてそこで働く外国人はイギリス及びイギリス連邦出身の人のみ。
つまりJ先生は働けません。

日本人スタッフもいて、全員英語が流暢です。

そして働く皆さんの接客のクオリティーの高さといったら・・・・。


私の拙い文章では、その素晴らしさが伝わりませんから、是非
サイトをご覧ください。

ブリティッシュヒルズ公式サイト


折りしもこんな時期です。本当ならば被災地で1日だけでもボランティアが
できないかと考え、計画もしていましたが、生徒の部活の日程の関係で
実現不可能になりました。

また機会を改めてうかがいたいと思っています。

さて、ブリティッシュヒルズはただ宿泊するだけ、もしくは日帰りの利用も
できますから、ご家族皆さんでいかがですか?

焼津からは遠いですけれど、イギリスに行くよりは確実に近くて安い旅に
なりますよ。

生徒2名は心から感動して、楽しい時を過ごしていました。


スタッフの皆さん、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏季休暇

2011-08-09 | 日記
暑い毎日が続きますね。

私は実は大変な頭痛持ちでして、夏は暑さと湿気のWパンチで頭痛が
群発します。

昨日も大変痛く、今日も午前中いっぱい頭ガンガンでした。

クスリを飲んで、なんとか治まりましたが。

さて、リーチアウトは明日から16日までお休みをいただきます。

今年のオープンハウスも大変好評をいただいておりまして、たくさんの生徒が
毎日来てくれています。

皆勤の生徒もたくさんいます。


送り迎えのお母様方のご協力のお陰です。
ありがとうございます。


それでは17日にまたお目にかかります。

See you soon!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加