英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

Guam Tour 報告12

2010-09-29 | guam tour
8月26日(金)

今日は団体行動最後の日です!!

まずは自分の荷物を全部まとめて、部屋に忘れ物がないかチェックを
して、

それから借りていた2部屋をチェックアウトしました。

それから同じホテルの別の部屋に荷物を預け、レンタカーに乗って
出発です。

まずは恋人岬Two Lovers Pointへ向かいました。

愛し合う恋人同士が、実らない恋を悲しんで、お互いの髪を結び合って
ここの崖から飛び降りた・・・・という悲しい伝説が残る岬です。

ここからの景観は実に見事です。

綺麗な景色に感動しました。

それから、何軒かお店を周りお土産を調達しました。

夕方になってからホテルに戻りました。

狭い部屋に集まって、ホストファミリーのお迎えを待つのです。

この間にも、ホームステイで使うであろう英語を一生懸命書き留めて
いる生徒達なのでした。


普段のレッスンで使っている辞書の中にあるホームステイ英語
をあらかじめコピーして、ノートに貼り付けたものや

グアムに持ち込んだ電子辞書などを使って必死で勉強中のこどもたち。


自発的に学ぶ姿勢!!素晴らしい!!

さて、仕事を終えたホストファミリーから順番にホテルへお迎えに
来てくれました。

初めてのお宅で緊張している子や、

前回、前々回にお世話になって、再会を喜ぶ子もいます。

賑やかに、そして少々緊張気味に生徒達が出発していきました。


いつも引率講師の私は、ここで我が子を見送る母の気持ちになって
涙が出てしまうのです。

知らない人のお家で、ましてや言葉の違う人のお宅に泊めてもらうのです。

これが緊張しないでいられましょうか。

生徒は決死の覚悟でホームステイに赴くのです。

「楽しんできてね!!」と明るく声を掛けつつも、声が少し震えて
しまう私なのでした。

(全員が出発したところで泣きます。)

さて、ホストファミリーと出発した生徒達は
家に直行して、夕食を食べたり、
レストランに行ったり、
パーティーへ出かけたり、
ボーリングに連れて行ってもらったり、
こわ~い屋外アトラクションに挑戦したり、


最初の夜を興奮状態で過ごしたのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Guam Tour 報告11

2010-09-29 | guam tour
ジーゴを発ってから、マイクロネシアモールへ向かいました。
そこで昼食を取り、買い物をしてから、ホテルに戻りました。

今日はJ先生の家族や友人が食事を持ってきてくれて、みんなで
パーティーをするのです!!

テーブルにはたくさんの食べ物が並びました。



みんなでおいしくいただきます!!

さて、今年のメンバーがすごいなと思ったのは・・・・。

例年ですと、こうしたパーティーの際には、どうしてもシャイな生徒達は
自分達だけで固まってしまい、部屋の中で日本人とグアムの人と分かれて
歓談・・・・となるのが常でしたが(まるで見えない壁があるかのように)

今年のメンバーは、どんどんJ先生の家族や友人のもとに行ったのです!!

そして一生懸命語り、聴き、笑い、驚き・・・・と、話の華が部屋のあちこち
で咲き乱れました。

素晴らしい!!



どうやって言えばいいか分からないことがあると、慌てて私のもとに
聞きにきて、また話の輪に戻っていくのです。

楽しい時間は本当にあっという間です。

みんなで大いに盛り上がり、パーティーはお開きとなりました。

その後、片付けをしてから、瞼がくっつきそうになるくらい眠く、疲れている
状態でミーティングです。

明日からホームステイなのです。

その注意事項を伝え、更に「とにかく今まで習ってきた英語を生かして
英語だらけの生活に立ち向かってきてね!!」とハッパをかけました。

ミーティングが終わると、中1のMちゃんが
「今日、言いたいことが英語で言えなくて悔しかったから、今から
聞いてもいい?」とノートとペンを握り締めて来てくれました。

素晴らしい!! 

彼女と私がテーブルに向かっていると、何人かが加わってきました。

(そしてこの熱意はホームステイ出発直前まで冷めることなく続くのです)

今日も忙しく、しかし実り多い一日となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Guam Tour 報告10

2010-09-18 | guam tour
8月26日(木)

連日のハードスケジュールと、毎日の出来事に対する興奮と、
そしてみんなと仲良くなれた喜びと・・・・・

毎晩夜更かししてしまう生徒達。

そのため今日はちょっとゆっくり起きることにしました。

起床後いつものように朝ごはんを食べ、片付けをして、
出かけたところは・・・・・


タモン湾のビーチです。


先日のABCのビーチは海が浅かったのですが、今日のビーチはちょっと深いところ
もあり、

みんなでそれはそれは楽しそうに潜ったり泳いだりして
過ごしました。

誰かがニモ(カクレクマノミ)を発見したそうで、大騒ぎでした。


海でたっぷり(とはいっても約1時間半くらいでしょうか)遊んだあとは、
着替えをして、今度は北へ出発です。


今日は太平洋戦争について学ぶ予定なのです。


車を走らせ、到着したのはジーゴにある太平洋戦争戦没者慰霊塔です。


日本軍が占領していたグアムにアメリカ軍が上陸し、武器も食料も何もかも
不足していた日本軍は、北へ北へと追い詰められます。

そして、この地で最後の激戦が行われ、日米両軍に多数の死傷者がでました。

戦いは米軍の勝利に終わり、日本軍の多くがここで自決したそうです。


その後、人々の努力によりこの地に慰霊塔と慰霊のための建物が築かれました。

日米そしてチャモロ人、国籍宗教を問わず、全ての戦争犠牲者のための慰霊の
場所です。

日本人観光客が毎年多くグアムを訪れますが、たいていはホテル街近くの
日本人向け観光地を訪れるのみで、帰国してしまいますが、

グアムには歴史を学べるところがたくさんあるのです。

戦争の痕跡も今なおたくさん残っています。

訪れる人も殆どなく、さみしい状態ですが、

観光客の皆さんもどうか足を伸ばしてみてくださいね。

さて、建物内には神道、仏教、キリスト教すべてをまとめた祭壇があり、
この地で見つかった遺物も展示されています。


生徒達には衝撃的だったようです。

それから低地になった場所に残る防空壕を見て、ジーゴを発ちました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Guam Tour 報告9

2010-09-08 | guam tour
オーシャンビューミドルスクールの生徒とお別れし、
本日の学校訪問のスケジュールが全て終了しました。

この日は朝から英語しか話さない!!とルールを決めていました。

うっかり「やべ~」とか「すげ~」とか日本語が出てしまうと
罰金1セントなのです。


こんなに貯まってしまいました(笑)

お金は募金してきました。


このルールもミドルスクールを出たところで終了。

今から、グアム南部へのドライブ開始です。

南へ向かう車窓には、いくつもの丘が連なり、ジャングルの木々が勢いよく
緑をたたえ、その向こうには輝く海原。

生命力を感じる豊かな景色・・・・・。

ところが、緊張と連日の過密スケジュールの疲れで、何人もが車の中で
寝てしまいました(笑)


さて、車を走らせること数十分。

到着したのはウマタックにあるソレダット砦です。


マゼラン一行がグアムに初上陸した場所で、その後スペイン人の手により
砦が築かれました。



さて、時間の都合でここから引き返すことになりました。

今日最後の訪問地、チャモロビレッジに向かわなくてはいけません。
今日は水曜日。ナイトマーケットの日。

グアムの地元の人や観光客が集まり、BBQの屋台で食事を取ったり、
ダンスを楽しんだり、お店を冷やかしたりして、楽しむ夜なのです。

いつも、大混雑をするので、今日は早めに到着しようということになりました。



しばらくここで自由行動を取った後、屋台で食事を買い、ホテルへ戻りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Guam Tour 報告8

2010-09-06 | guam tour
パフォーマンスの後、一緒に見学をしていたオーシャンビューの
生徒達が、リーチアウト生の座るテーブルへ移動してきて、

賑やかな交流会となりました。


身長の話をする子達、

折り紙を教えてあげるリーチアウト生、

自分のことや日本のことを説明する子、

講師はその姿を見て、非常に感激をしておりました。


時間はあっと言う間に過ぎ、オーシャンビューの生徒達のスクールバスの
発車時間となってしまいました。

名残惜しげに手を振り合う日本・グアムの子供たち。

素晴らしい光景でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加