英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

2015-08-19 | guam tour
今日も盛りだくさんの1日でした。

我々が到着して以来、グアムは晴天が続き、
今日は特に気温が高かったように思えます。

数名疲れを訴えていました。

夜早く寝て欲しいのですが、
興奮しているので、そんなに簡単に寝てくれず、

毎年のことですが、寝かせようとする我々と
寝ない生徒との攻防が繰り広げられているのです。

今夜も。


そして、もう一つ、

今回ホテルの質の低下に泣かされています。

毎日タオルの数が足りず、フロントで頼んでもすぐ届かないし、

ドライヤーがないので要求しても、こないし、

電子レンジ
オーブン
冷蔵庫
電話

が壊れていて、

一昨日は、タオルをもらいに行った講師NZと
大学生Iに、ぶっきらぼうなフロントの女性が

「こどもは大人のタオルを使え」

んなーーーにぃ?

やっちまったな!!!

男は黙って‥

いや女は黙りませんことよ。

アタクシ、その女性の態度がどうも日本人を
なめている印象を受けたので、

昨日フロントにクレームをつけよう!と
思ったら、

オットが「僕に任せなさい」
フロントに行き、彼が立派な態度で事情を説明し、
改善を要求しました。

私はおとなしく後ろで楚々として、控えていました。

んが

それで終わらない。

今日、外出から戻ると、1部屋の天井が
ビショビショで、ソファも湿っている有様。

部屋の中はまさに熱帯雨林のごとし。

2階で水漏れでも起こしたに違いない。
(実はエアコンの故障だったのですが)

またまたカッコよく対応してくれ、戻ってきた
オットが言うことには、すぐ隣の部屋が空いていて、その部屋が問題なければ、そしてフロントが許可すれば、そちらに移動できるから、フロントに聞いてくれとメンテナンスの人が言った、とのこと。

彼がフロントから戻り、言うことには

「ノリコ、部屋を変えてくれるって言うから
鍵をもらってきたよ」

私「謝罪はあったの?」

オット「いいや、OK!って渡された」

OK?はあ?何がOKなものか。
なんだその偉そうな態度はーー!!


私はフロントに飛んでいきました。
(嘘です。ノロノロ歩いていきました)

「部屋を変えたから、前の部屋の鍵を返すよ」
とオットがフロントに言うと

またも「OK」とぞんざいな態度。

sirも付けずにですよ。

アタクシはそこで頭から湯気が出てしまいまして

「OK?謝罪はないのか」

フロント女はギョッとして、それからポカンとし、
そしてムッと顔を強張らせ、私を睨むではありませんか。

「こちらは部屋の移動に大変迷惑をしているのだ。謝罪くらいないのか」

すると彼女はぶっきらぼうに「I'm sorry 」
(封筒にシールを貼りながら)

「謝罪するときにその態度はなんだ」

アタクシは、自分達だけが泊まっている場合ならば決してこんなに怒ったりはしない、非常に明るく呑気な性格なのですけど

生徒と一緒だと、一触即発ノリコちゃん
に変身してしまいます。

2004年のツアーでは、うちの生徒のお財布を万引きした少年達に、激しく怒り、しつこく詰り、謝罪をさせました。

今回もそんなノリコちゃんのスイッチが入りました。

謝罪をする際に、別の作業を続けていていいはずがない。

タオルを大人と子どもと共有しろと言ったのはあなたか。(首を振る)違うのか。でもあなたも同じくらい無礼である。
(私の話を肘をついて聞くフロント女)
人がこんな話をしているときに肘をつくな。
なんだそれは。

(隣の年配の女性がそれを聞いて謝罪を始めるが、
We apologize. と言いながら、手を動かし、ペン立てにハサミを返すではないか。)

あなたもそうなのか。
謝罪をしながら別の作業をするな。
なんて人達だ。

ここはいつも使っているが、今年ほど残念に思ったことはない。
サービスの質を向上させないのはなぜだ。

日本のサイトで最近やたらとこのホテルのコメントが辛口になっている。悪評価がついているのだ。

グアムで日本人向けのいいサービスをしなくてどうするのだ。

私はグアムが好きだからこそ、こんなことされて大変悲しい。

「本当に申し訳ない。無料の朝食をつけますがどうでしょうか」

そういうのは要らない。

とにかく聞け。このままではこのホテルから日本人がいなくなるぞ。
そしてグアムに嫌な印象を残すぞ。

とにかく、しっかり対応をしてくれ。
それだけである。

ととりあえずまくし立てて帰ってきました。

鼻息荒く戻ると、また別のトラブル発生。

移動した部屋のシャワーが壊れている。

これでオットはまたも交渉のため1時間以上かかり
「私がまた出ていってやるぞ」と息巻くくだらない性格の妻に「これ以上キレたら留置所行きだよ。僕が行くよ」と穏やかに言い出かけていったオットの株だけ急上昇。

私は自分では理路整然と述べたとばかり思っていたのに「キレる中年」扱いをされ、

むむむむと詰まる始末。

今日もそんなわけで寝不足の日が続いています。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セネターモリソン | トップ | オープンハウス組 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MIちゃん母)
2015-08-20 10:36:53
ホテル、ひどいですね・・・ほぼすべての電化製品?冷蔵庫はほかの部屋は使えるのでしょうか。飲み物が温いのはかわいそう
MIちゃん、楽しそうす。おとぼけエピソードも彼女らしくて、のびのびやっているんだなーと安心してます。残り半分、よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

guam tour」カテゴリの最新記事