英会話リーチアウト 講師のブログ

静岡県焼津市/藤枝市の英会話スクール リーチアウト。講師がレッスンについてや英語情報などを綴ります。

英語スピーチの嵐

2017-07-15 | 講師N
覚えている方もいらっしゃる
かもしれませんが、

今年の中3は

小学校のハロウィンスピーチ時代、
そりゃもうハイレベルの混戦状態で
ビシバシ火花が飛び交うという

いわゆる英語スピーチの上手な子が
揃っている学年でありました。


そんな彼らが、成長し、もう中学3年。


そう、中学の英語スピーチコンテスト
いわゆる英語話し方大会

の年となったのです。

校内予選を勝ち抜いて、学校代表に
選ばれた生徒は現在5名。



5人のうち4人は自作の部
1人は暗誦の部。

スピーチは、生徒の構想や下書きを元に
私が作ります。

そしてお手本CDも録音して、練習を
バンバンするのです。

中学のスピーチ。

出場者の全員が大人の手で作られたスピーチ
を暗記するのです。

リーチアウト以外の子もみーんなそう。

その辺の矛盾を感じながらも、ずっとそうして
きましたが、

本来は生徒自身が自作するべきもの。


リーチアウト生のレベルがぐんぐん上がって
いるので、

いずれは完全な自作をしてもらえるものと
期待しつつ

ここ数週間スピーチと格闘しております。


全員でまずは志太大会突破を目標に
頑張ってもらいます。


さて、


高校3年のR君。

9月に彼も高校の英語スピーチコンテストに
出場します。

現在彼はスピーチ作成の真っ只中。

受験勉強も
TEAPも控えているのですが、

スピーチ作成に没頭中。

彼は

もちろん自分の力で、英作文中。

「あなたが中3の時は、私が全部作ったわよね。
3年後の今、こうして自分の力で英語でスピーチ
を書いているなんて
しみじみするわねえ」

と言うと


「まあ、そうですね」

とそっけない。

ハワイの修学旅行で、現地の高校訪問をして、
学校代表のお礼のスピーチをし
大絶賛された経験を語ります。

素敵。



夜の11時頃、教室を出て、自転車にヒラリと
またがり、帰っていった彼の姿に

呟いてみました。

他の教科も勉強してねん。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白球を追う | トップ | 海の日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

講師N」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。