藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

贅沢な時間

2017年07月15日 22時08分09秒 | 食事&飲み☆
この2週間ほど、なかなか業務がタイトでつらかったのですが、温泉に行くことだけを励みに頑張ってみました。

お休みの当日も、夜中や朝までちょっと雑務をしていましたが、それらもコンプリートして晴れて気持ち良く温泉へ・・・行く前に、区役所に書類を出したり、妻が仕事なので少し子供の面倒を見て、昼過ぎにドライブ開始。

今回は出発が昼過ぎだと分かっていたので、それなりに仙台から行きやすい山形に宿をチョイス。

仙台から、休憩を含めて約2時間かけてかみのやま温泉の古窯(こよう)に行ってきました。

http://www.koyoga.com/

これまで訪れた旅館の中では大き目で、客席数はそれなりにあるのですが、料金・部屋・料理に加えて、42年間プロが選ぶ旅館top10に入っているというのがどれほどの宿なのかと、興味もあってトライ。

http://www.ryoko-net.co.jp/?page_id=149

まずは車で旅館前まで着くと、荷物を持ってくれてエントランスに通されて、車は駐車場に回してくれました。

エントランスにはかなり空調が効いていて寒いくらいでしたが(笑)、それはもう見事な胡蝶蘭がお出迎え。



待っている間は、抹茶とお茶菓子がいただけて、一気にくつろぎモードに。



受付を済ませると、そのまま荷物を運んでくれてお部屋に案内されますが、途中に名物のらくやきが所狭しと並んでいて、それも一興でした。





いろんな有名人の名前があって、歴史を感じます。

今回の部屋は、子供も小さいので足湯付きの部屋にしました。





もうシャツが汗まみれだったので、まずは汗を流すつもりで部屋でひと風呂。

さっぱりした後は、少し部屋で休んでいたら、もうあっという間に夕食の時間。

今回は部屋でそのままいただけたので、畳を子供が汚さないかひやひやでしたが、他人に気にせずリラックスできたのが良かったです。





















七夕を意識した献立で、目にも鮮やかだったし魚やお肉も美味しかった。

デザートで出てきたさくらんぼは、本当に「爽やかで美味しい」と思える味で、一気に山形感がアップしました☆

これら料理が終わった後にも、「夜食にどうぞ」と果物がサービスされて、これら接客する従業員の姿勢がどれも好印象でした。

お腹が満たされた後は、今度は露天風呂に入ってきました。

夜間は男性が最上階の露天風呂になるのですが、窓際にある1人用の露天風呂に入り、真っ黒で星1つ見えない夜空を垂直に見上げながら、ただただ温泉の流れる音を聞いてお湯に浸かる時間は、本当に至福な時間でした。

お風呂も温泉も、結構ぱぱっと入って出ちゃう方なんですけど、今回だけは少し夜風を浴びたりもしながら、心行くまで温泉に入ったし、上がる時も後ろ髪を引かれるような、そんな名残惜しさがあるくらいリラックスできました。

いやはや、それだけ疲れてたんだよなって実感もしましたが(連日8~9時まで働いていたし、週末も宿題があったし、今日も夜1時半まで雑用して、朝の5時起きだった上で、2時間の運転でしたしね)。

温泉の湯質はあっさりとしていて、硫黄臭さもほとんどなく透明です。

それでも楽しめたのは、雰囲気や空間が秀逸だったからでしょうか。

部屋に戻って、もうあっという間に眠りにつき、朝は1階の露天風呂を堪能。

朝食も美味しかったけど、帰る間際までスタッフの対応が本当に良くて、気持ちが良かったです(それを徹底する姿勢も、同じ社会人として見ていて参考になりました)。

帰りは、道の駅で枝豆やサクランボ、スイカなどを買ってきましたが、こちらもみんなで美味しくいただきました。

枝豆も香りが良くて味が濃厚でしたが、サクランボやスイカも、久々に食べたらなかなか美味しい。

スイカを丸ごと1つ買ったら相当重く、運転していたら後部座席でコーナーの度に転がってましたが、どれも良い思い出になりました。

この連休は体をしっかり休めて、まずはしっかりと疲れを取りたいと思います。

皆さんも熱中症に気を付けて、良い週末をお過ごしください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視界が揺れる | トップ | 息継ぎ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。