藍こみっ

楽しみな未来へ向けて、昨日と違う明日への一歩

真夜中のチップスター

2016年10月14日 04時18分48秒 | TST(たまにはサイエンスちっくで)
数時間ぐっすり寝たら、なぜか目が覚めてしまって、子供のうなされた声も気になって、起きてみたり。

まずは子供におしゃぶりを咥えさせ、寝かしつけてからコーヒーを入れて、少し何か食べようかと、非常食のチップスターを食べながらブレイク。

暖房器具をまだ出していない自分の部屋は足元が寒く、コーヒーが染み渡ります。。。

さて今年のノーベル賞も出揃った感じですが、今年は日本人としては医学・生理学賞に東工大の大隅良典先生が選出されました。

単独での受賞で、生物のメカニズムを紐解く功績が認められてのことで、喜ばしい限りです。

さて最近の受賞者は、研究資金の拡充や、若手に腰を据えて研究に関われる環境をと発信するのが常になっています。

一般に若手研究者は3~5年程度の任期で、その期間に成果が出ないと次のポジションや現状の雇用が確保できないのが実情です。

それが続けば若手が短期的に結果を出せる(出しやすい)テーマにのみ集中してしまい、基礎研究が疎かになってしまうと、危惧しているようです。

まあ国の予算で運営している以上、成果が出ない(評価できない)ものにお金を使い難いでしょうし、すべての任期付き研究者が基礎研究をすれば良いわけでもないので、バランスが大切でしょうか。

さて先日のノーベル化学賞は「分子マシン」という、化学者からすると聞き慣れない分野が受賞しました(笑)。

「超分子化学」って言ってもらえると、非常に馴染みのある言葉なのですが、なんでこんな表現になったのか・・・。

※超分子では過去に受賞者がいて、同じテーマでは受賞ができないからでしょうけど。

さてこの分子マシンって何?って感じる人が大半だと思いますが、要は分子に「仕組み(動き)」を持たせたものになります。

実験でなにか薬みたいな成分を作ろうと思うと、それは〇-×-▽-◇みたいに、くっつき方やその順番を意識して作ります。

それはくっつき方や順番が違うと、作りたかったものとは別のものになってしまい、期待する薬としての効果が得られないからです。

要は〇-×-▽-◇といった「形」が大事なわけですが、分子マシンはこの形に「動く仕組み」を取り入れたものになります。

例えば、この〇-×-▽-◇の両端をつないで1つの輪っかを作り、その輪っかにもう1つの輪っかをくぐらせると、2つの輪っかが離れない「形」になります。

この2つの輪っかはそれぞれ自由に動きますが、輪っかが閉じているため一定以上は離れられなくなります。

薬も遺伝子も単独のものではなく、何かと何かがそばにいたり、集合している状態を指したり、そこで機能するものですが、今回のノーベル化学賞(分子マシン)は、それを化学の分野で近づけた人、と言えるかもしれません。

※輪っかのイメージは、下記ブログを参照ください。

http://www.org-chem.org/yuuki/catenane/catenane2.html

http://www.org-chem.org/yuuki/rotaxane/rotaxane.html

さて・・・ぼちぼち少し寝るとしますかね(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クールダウン | トップ | 週末に向けた音楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。