Garnetの部屋

たそがれGarnet の 独り言
(つれづれ日記より)

名言特集  9   (神の玉手箱)サントリー美術館

2017年07月16日 | 鑑賞 贈り物

「我以外、皆 我の師也」    吉川栄治

わたし以外、人、物、大自然のすべてが師である。人生は教訓に満ちている。


7月11日
可なり暑い日であったが、約束通り サントリー美術館 に行く。
「神の玉手箱」と称する 漆器の(螺鈿、蒔絵)展示会。(7/17日終了)

** 国宝 浮線綾螺鈿蒔絵手箱 (ふせんりょうらでんまきえてばこ)
北条政子愛用とされる。
手箱(玉なる箱)昔物語に出てくる浦島太郎が小脇に抱えて亀に乗っている
あの、当時からの謂れがあるのです。大切な品を入れるものでありながら、
秘密の品を入れておく 物(小箱)。 うっかり開けると大変なことに?

普段は主に女性の化粧品が収められていた。これらの箱は半世紀ぶりに
修復されたもの。


** 上の写真の表側の模様  細かく螺鈿で花を切り取り細工されている。


** 中を開けて蓋の内側の模様


因みに 
** 螺鈿(ラデン)  夜光貝、アワビ貝等を各模様に切り、貼ったり埋めこんだりする技法。
** 蒔絵(マキエ)  漆器の表面に漆を塗り乾かないうちに金、銀を蒔く技法。

** 図録から概ねこんな種類の大小の箱、化粧道具、鏡台等の展示。




** 千代紙 
友達の M ちゃんとランチの後別れ、日比谷線で銀座に出て、久しぶりの 
「伊東屋」に立ち寄る。 今はその伊東屋も「Itoya] と横文字に代わっていた。
(封筒にこだわる京都の姉が欲しがっていた千代紙をさがしに)


** 真夏の残り花
真夏の暑さに庭に出るのも拒否反応。 目を楽しませてくれるのは 3~4日と
思いつつテーブルの花瓶に入れてみる。


** 一人お点前
食器の整理中に隠れていた お茶道具 すり減った茶筅ですが、冷たいお茶で
自分に お点前 します。 甘味は 手製のバラチョコとオレンジピールで。
器は 織部 です。 クリックしてネ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名言特集   8     夏... | トップ | 名言特集  10   (イン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多趣味 (ヨッシー)
2017-07-22 08:25:19
暑い 暑いは 夏の定番 変な??頭も暑くなちゃったかな?

いつも感心 色々と 多趣味というか 豆というか いろんな楽しみ方が 上手で やっぱり 働きもんなんだわね  まねできないわ

まずはどでーっと ゆっくりがいいね(笑)
だから・・・・そうなんです  あったかいのに 坐骨神経痛が??冷えがいけないね 
今年の暑さ (garnet)
2017-07-23 07:32:07
ヨッシーさま
夏の定番とはいえ、こたえますね。
でも、行ってみたいところは嬉しさが
待ってくれているので暑さがちょっと
緩みます。
そしてその後のランチタイムとお茶タイムが。

コメントを投稿

鑑賞 贈り物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。