さよなら、消費鞘会

さよなら、消費社会―カルチャー・ジャマーの挑戦
さよなら、消費社会―カルチャー・ジャマーの挑戦 カレ ラースン Kalle Lasn 加藤 あきら


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

気になる靴」を取り上げた「ADBUSTERS」アドバスターズの発行人でもあるカレ・ラースン氏の著書。


読み応えと知性を刺激される一冊。

残念なのは邦題。
原作は「Culture Jam」だからこのままでもよかったと思う。


ラースンらは「カルチャージャマー」と名乗り、メディア活動家のネットワークを作っている。
彼らは、
「世界は変えられる、かえなければならない」
「過剰な消費を繰り返すライフスタイルから抜け出して、ダイナミックでセクシーな、自分らしい生き方を追求しよう。メディアと消費とエコロジーを問い直し、消費する人に向けて、新しい文化と価値観の創造を呼びかける。 」

Buy Nothing Day/無買デー」「ノーTVウィーク」などのムーブメントを主導したり、「100万人のキャンドルナイト」にも影響を与えている。

また、カルチャージャマーの中には「クリティカル・マス」という自転車デモを組織しているグループもあるそうだ。



なんだか、身近な接点や共通点が多いことに気づいた。
これは、ますますこのスニーカーをRe-turnで取り扱わなくてはいけない運命だ!



「隠れたとこりで静かに陰謀が進んでいるとき、真実の一言は、銃声のように響く」


 


Enjoy!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 気になる靴 Summer of Lov... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。