Re:Reborn

http://blog.goo.ne.jp/re-reborn/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

05/27 Art-School (Ax)

2006-05-29 01:00:00 | Weblog
Tour「フリージア」Final In Ax。
「Paradise Lost」Tourの時もAxがFinalで、
雨が降っていた(気がする)。
Sold Outはしなかったが、会場は熱気が溢れていた。
荷物等を連れに預けて前方へ。

なんつーか、今回の音はすげぇ尖ってた様に感じた。
耳に突き刺さる硬くて鋭い音。こういう音もアリだな!
また、今回は特に照明が良かった。
照明がとても効果的に使われていて、かっこよさ倍増!!みたいな(笑)
Ax程度のCapaがないと、このような演出はムリだろう。
そーいえば、今回も郡山と同じ配置だった。
話によると、宇野→戸高→(櫻井)→木下の配置は郡山が最初らしい。
てか、今回も「キカ」はやらなかったね(泣)

木下の体調はまだ万全ではなく、声が出ていないところもあったが、
そのことを差し引いても満足できるLiveだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

05/26 i-WARP (ageHa @ Studio Coast)

2006-05-28 23:00:00 | Weblog
今年4度目のStudio Coast。
All NightのClub Eventが行われる時、
Studio CoastはageHaと呼び方が変わる。←推測(笑)
一緒に行ってくれる人が見つからず参戦を躊躇していたが、
行かないで後悔するよりは行って後悔した方がマシだと考え、
独り寂しく新木場に行って参りました!(笑)

今回の出演者を出演順に挙げると…
Steve Beckett (Dj)
Jimmy Edgar (Live)
Jackson And His Computer Band (Live)
Plaid (Live)
LFO (Live)
Luke Vibert (Dj)
今回特に期待してたのは、Jimmy EdgarとJackson~。
まぁ、フツーに良かった!(笑)
んで、やはりJackson~は見るからに変態だった!!(笑)
一番AggressiveだったのはVeteranのLFOだったかな…これは意外。

ビリ②響く重低音が、踊りたい衝動を駆り立てたが、
やはり独りで踊り狂うのはムリでした(笑)
こういうEventは、連れがいないと存分に楽しみ切れないな、自分の場合。
会場の卑猥な空気に耐えられなくなって、Luke VibertのPlayの途中で新木場を後にした(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

05/12 Epitaph Showcase 2006 (Unit)

2006-05-27 15:30:00 | Weblog
Epitaphと言えば、まず思い浮かぶのはPunk!
Matchbook Romanceは、そのImageを覆すBandだった。
2nd albumに収録されているTrackは、まるでMuseのようだ。
Museの新作が待ち切れない自分としては、当然観たくなるわけで…

会場に入ってまず目に付いたのはPunksの多さ。ちょっと不安になる。
そして、その不安は見事的中した(笑)
のり方が、まさしくPunk!!
Punk色が強かったと思われる1stからの曲ではみんな盛り上がるのだが、
自分が聴きたかった2ndの曲での盛り上がりは今一つ…
しかも、音が薄くて軽い。もっと重厚な音を期待していたのだが…
一緒に出演したMotion City Soundtrackにしても同じ。
まぁ、こっちはだいぶ盛り上がっていたけどね。

ということで、今回のLiveは不完全燃焼でした(笑)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

05/03 Art-School (#9)

2006-05-26 18:30:00 | Weblog
郡山で観た初めてのLive。
#9はSonicよりも若干小さいと思われる。
それにしても、客の少なさには驚いた!
東京ではAxでLiveできるほどの集客力があるのに…
都会と地方の温度差は確かにあるみたいだ。
まぁ、地方は情報量が少ないし仕方ないか…
それに、観たい場所で観ることができるのは有り難い(笑)

んで、肝心のLiveの方はというと…
木下の体調が万全ではなかったみたいだが、その割には良かった。
元々演奏が上手いBandではないから、そっちの方は気にしないことにしている(笑)
「フリージア」からは2曲。楽しみにしていた「キカ」はやらなかった。
「斜陽」もやった。改めて良い曲だなと思った(笑)
En.も2回やったし…木下の機嫌も良かったみたいだ(笑)
そういえば、いつもと楽器の配置が違っていたが、何故だろう…
あ、O.A.のBase Ball BearもPop且つ踊れる感じでまあまあ良かったよ!

そして終演後は、両BandのMemberと話すことができた!
みんな意外と気さくな感じで、写真とかSignとかにちゃんと応じてくれた!!
特に木下!!日記にまで書いてくれてありがとう!!!!
あんなに興奮したのは久しぶりだよ(笑)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

04/25 Up To The World #1 (Ax)

2006-04-30 04:00:00 | Weblog
Syrup16g企画のこのEvent。KeycrewのArtistが勢揃い!
Ticket発売初日でSold Outしたことからも期待度の高さが窺える。
そりゃSyrupですから!久しぶりのLiveですから!!


Top BatterはPeridots。
どうやら、Gt./Vo.の人のSolo Unitらしい…
Popで美しいMelodyに独特の優しい声が乗るのだが、いまいちピンと来ない(笑)
まぁとりあえず、今度Releaseされる音源を聴いてみたい。

次はVola & The Oriental Machine!
VolaのLiveは何だかんだでこの半年で4回目だ。
BeyondsのLiveも観たから、アヒトには5回も会ってる事になる(笑)
あ、Tokyo-Fmの公開放送にも行ったから6回か(笑)
初のOneman-Liveも控えているだけあって、持ち曲数も増えているようで…
確か8曲中5曲が未発表曲だった。
中には、西城秀樹の「Young Man」ばりの振り付けがある曲があってウケた(笑)
アヒトと中畑があんな風に踊るなんて(笑)
アヒトの歌とGuitarは相変わらずだった→褒め言葉

トリは勿論Syrup16g!!
五十嵐の表情やMCを観て、とりあえず安心した。
もうかれこれ一年以上Releaseがないし、
かと言って、Tourを回ってる訳でもない…たまに単発のLiveやEventに出るだけ…
そりゃみんな心配になるわ!
今回は昔の曲中心で新曲は無し…
でも、Up To The World #2も決定して、活動を継続することが分かっただけでも、
今回は良しとしよう→偉そう(笑)
あとは早く貯まりに貯まった新曲達をReleaseしてくれることを祈るばかりだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加