ロボカップジュニア関東ブロック大会情報

ロボカップジュニア関東ブロック大会の参加チームメンバーやメンターの皆様に、大会の情報をアナウンスします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【2012関東】ダンスチャレンジ インタビューについて

2011-12-06 | ダンス情報
ダンスチャレンジ技術委員の長田です。
ダンスチャレンジのインタビューについてアナウンスします。

【1】インタビュー審査に必要な準備物
ダンスチャレンジ2011ルール、「5.1 チームの自作であることの証明」に記載されている通り、説明資料をA4サイズ5ページ以内で準備してください。
ロボットの構造やメカニズム、プログラムの他、チームの活動の様子など審査に必要な情報をまとめた資料を準備ください。
※資料は、審査員全員に見せられるように複数部準備することを推奨致します。

【2】インタビュー審査の方法
インタビュー時間は各チームとも8分間でスケジュールを組んでおります。
下記の方法で行いますので各チームともそれに合わせた準備をお願いします。

1)チームからのプレゼンテーション
まず、チームより3分以内でプレゼンテーションを行ってもらいます。
※3分を超過した場合、プレゼンテーションをいったん止めます。

2)審査員からの質問
残り時間はプレゼンテーションしてもらった内容に対し、審査員からの質問を行います。  
※プレゼンが3分で終わらなかったチームは、説明できなかったことを審査員からの質問時間の中で、補ってください。

プレゼンテーションの内容は自由ですが、どんな事をプレゼンテーションすればよいか分からないチームは【ダンスチャレンジインタビューの手引き】を参考にしてください。

【ダンスチャレンジインタビューの手引き】

インタビュー審査は、パフォーマンスでは審査することが難しいロボットの構造やメカニズム、プログラムそしてチームとしての活動の内容を審査するためにあります。審査員に伝わるようにプレゼンテーションを準備しましょう。

またプレゼンテーションが3分に収まるように、自分たちの演技やロボットについて一番アピールしたい部分を説明できるように準備しましょう。
また、2011ダンスルール5.1 に記載されている文章資料を利用してプレゼンテーションをしても良いです。
プレゼンテーションの内容は以下の項目を参考にしてください。

****************************************

【1】 チーム名
【2】 メンバー紹介

(1)氏名 (2)学年 (3)自分が担当したこと (4)ロボカップジュニア参加歴など

【3】 演技の説明
(1)演技のテーマや内容について

【4】 ロボットについての説明
(1) ロボットの構造について
   例)ロボットが壊れないようにした工夫や安定して動くための構造面での工夫など
(2) ロボットのメカニズムについて 
   例)どんな仕組みを、何をするために使っているかなど
(3) ロボットのプログラムについて
   I 使用した言語(ROBOLAB、NXT ソフト、C 言語など)
   II プログラムの内容を説明
   III 音楽に同期させているか。同期させている場合はその方法。
(4) 使用しているセンサーについて
   例)どんなセンサーを、何のために使っているかなど
(5) ロボット同士のコミュニケーションはあるか
   ※赤外線などによる通信、超音波センサーなどを使ったコミュニケーション
(6) その他のテクノロジーついて
   ※カメラ、自作のモーターなど、センサーや通信技術に当てはまらない技術を
    使っていれば、それらについて詳しく説明してください。

****************************************
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【2012関東】レスキューBチ... | トップ | 【2012関東】エントリー費・... »
最近の画像もっと見る