転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



音楽仲間の、友人の某氏からメールが来た。
それには、「全然覚えのない外国人から手紙とDVDが来た」、
という内容のことが書かれてあり、手紙本体も添付されていた。
宛名は確かに彼女になっているので、誤送ではないようなのだが、
封筒の中には、DVDと英語の手紙とが入っていたのだそうで、
差出人のところにあるヨーロッパ人の男性名には、
彼女はどう考えても全く心当たりがないのだという。

「ミステリーの読み過ぎかもしれないけれど、
キショク悪い人からのイヤガラセだったら困るから」
という彼女の不安は、もっともなことだった。
それで、英語は苦手だという彼女からの依頼にしたがって
(彼女はイタリア語のほうがずっと堪能なのだ)、
私が、その英文手紙を読んでみた。

差出人は、内容からすると演奏家で、
DVDは自分の出演した作品の録画だということだった。
先方は彼女をよく知っているような口ぶりで、
ご無沙汰のお詫びやら、最近の仕事のことなどが書かれていて、
自分のDVDを送るので貴女に楽しんで頂けたら嬉しく思う、
貴女とご家族の健康を祈る、と実に礼儀正しく結んであった。

・・・という内容だということを、私は電話で彼女に伝えた。
よく海外に出かけて演奏会を聴いている彼女なら、
そういう、ヨーロッパ人の演奏家の知り合いがいても不思議はなかった。

私「この男性のほうじゃ、よくご存知のようですよ?」
友「変な人じゃないのはわかった。一応、怪しいDVDでもなさそうね。
 でもね全然、心当たりがないのよ~(^_^;」
私「親切なヒトのようですが?」
友「この人の音楽会になんか行ってないのよ、名前も知らない」
私「じゃあ、どこか別の音楽会で偶然会って、
 素敵な人だったから声かけて、その場では仲良く話して、
 で、それっきり忘れた、とかでは?」
友「そうかもしれない(^^ゞ」

恋多き女性には困ったものであるっっ。
それで結局、私がまたまた彼女の依頼に従って、
『DVDありがとう。でもすみません、貴男とどこで会いましたっけ』
という意味の英語の返事を代筆することになった。

宇宙語みたいな英文手紙で、キミは一体何が言いたいんだ、
と先方が怒って来ても、当局は一切関知しない(逃)。

Trackback ( 0 )



« 再び Yoka Wa... 中間考査開始 »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。