転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



連続テレビ小説べっぴんさん
私は以前は、朝ドラを見る習慣など全くなかったのだが、今期は観ている。
主人が毎朝ジムで自転車を漕ぐとき、ちょうどテレビでこれが放映されていて、
なんとなく眺めているうちに、ジムに行かない日は家で観るようになり、
私もまた、朝食時に音が鳴っているとつられて見てしまい、
最近はとうとう、物語の設定が理解できるまでになった。

出てくる逸話のどこまでが史実通りなのかはわからないから、
飽くまで脚本上の話としてだが、ヒロインすみれさんが、
限りなく善意の人でありながら、反面、相当に的外れな人でもあるので、
このところ、私は毎朝、彼女の言動に感心している(爆)。
反抗して家出した高校生の娘と会って、「どう生きたいのか」と問い、
すぐには答えられないのを見て、「我が儘だ」と彼女は責めるのだが、
すみれさん本人でさえ「いろんな人生があるんやね」と気づいたのは、
つい最近のことではないか。
いきなり同じ次元の洞察を娘に要求しても、そりゃ無茶ってもんだ。
娘も得手勝手で良くないけどもよ、じゃあどんな答えなら「我が儘でない」のか。
だいたい我が儘も言うよ、まだ16歳の嬢ちゃんで、ずっと寂しかったのだよ?
「あなたは、ひとの心がわからん人や」
と、昔馴染みの栄輔さんがすみれさんに言っていたが、さすが当たっている。

……でもまあ、一から十まで気がつくほどの女性だったら、
夫の紀夫さんのことも到底、我慢がならなかっただろうから、
すみれさんの鈍感さは、「ほんわか」した魅力、と言えないこともないのか(汗)。
ジャズ喫茶のママすずさんのように、端々に目が行き届いていながら、
勘所は押さえつつ、飲み込むべき言葉は飲み込んで見守るのが理想ではあるが、
誰しも、なかなかあのように「できた」人間になることは出来ないので。
物語の大半は神戸で進行し、馴染んだ地名が出てくるのが私には嬉しく、
「知っとうか?」などとドラマの中の神戸弁にシビれることも時々ある。
あちこちツッコミを入れつつも、毎朝やっていれば続きが気になるので、
やはり朝ドラは楽しいということなのだろうな(^^)。

ヒロインたちが興した事業のモデルとなっているファミリア
我が家も、主人が神戸勤務だった頃、元町一番街の本店にお世話になった。
縫製のきちんとした良品が揃っているという印象で、
本体の品質もパッケージのデザインも、とても綺麗で行き届いていた。
尤も、いつも娘のための服を買っていたわけではなく、
店内の体験用の玩具を触ったり、子供用の車に娘が乗ったりして、
結構、目の保養と遊びのために、お店に寄っていたことも多かったと思う。
ファミリアの服やベビー用品は、普段使いのものよりは、
ずっと上品で上等というイメージがあったので、主によそ行きとか
友人知人宅の赤ちゃん誕生のお祝い用に購入していた。
最近は縁が無くなっていたが、思い返してみると、
小さい娘の遊ぶ姿や、おめかしの記憶と重なり、大変に懐かしい。

**************

ヒロインの友人で同僚でもある小澤(多田)良子を演じているのは、
ももいろクローバーZの百田夏菜子だが、
とても地味に作っているし、演技的にも落ち着いているので、
私は最初、彼女だとは気がつかなかった。
We're friends, forever!
とポール・スタンレーに抱擁されていた、レッドの彼女じゃないか(笑)!
『夢の浮世に咲いてみな』ももいろクローバーZ vs KISS(YouTube)

それと、もうひとり、ヒロインの姉ゆりの夫である野上潔は、
以前、確かに観たことがある役者さんだ、それも何か強烈な役で……、
とずっと思っていたのが、先日ついに思い出した、
映画『千年の愉楽』の半蔵だった。
映画の中で異様に綺麗な男として存在していた高良健吾だが、
ここでは事業を成功させつつも永遠の好青年である潔の役で、
あまりにも印象が異なっていたため、しばらくは全く繋がらなかった。
ちょっと尖った感じの美貌が記憶の隅に引っ掛かっていて、
朝ドラを観ながら随分とモヤモヤ考えてしまった(笑)。
千年の愉楽 公式サイト

Trackback ( 0 )



« 團菊祭五月大... 猿若祭 »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。