転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



今回の私は、ポゴレリチの演奏を聴いてやたらと元気になった。
2005~2010年頃には、ポゴレリチの演奏会に行った人は
生気を吸い取られて弱り、帰宅後に熱を出す、
というのが普通だったのだが(……普通だったのか・汗)、今はもう違う。
特に、私のように長年の危険な接触により免疫を得ていた者には、
今回のは害がないどころか、ブースター効果すらあったという!!
私は18日の夜、足取りも軽く広島に帰ってきた。
豊田日帰りを決行したのに、疲れなど無かった。
それくらい、今回のポゴレリチは素晴らしかったのだ(^^)!!

と、私が張り切っていたら、家の給湯器が壊れた(爆)。
豊田から帰った晩に突然、お風呂のお湯張りができなくなり、
浴室乾燥も途中で止まるようになり、翌朝には床暖房までも効かなくなった。
でもとりあえずお湯だけは出るから、まだシャワーもシャンプーもなんとかなる、
と甘く見ていたら、今朝はとうとう、そのお湯も途切れがちになった。
もしや、私が何かを受けて流したせいで、
うちの着火装置が直撃を食らっていたのか!!

いやまあ、客観的には、このマンションに入居して10年になるのだから、
家電や機器類に不具合が生じるのは、時期的にそろそろ有り得ることだ、
と思うべきだった。
そもそも、先月の後半には防災警報器の断線事件があった。
いきなり甲高い警告音がピーピー鳴って、
インターフォンのモニターに「火災」のマークが出て(写真)、
間無しに警備会社の方が駆けつけて来られる、
という出来事が先月の終わり頃から数回繰り返されたのだ。
表示は「火災」だが、天井の火災報知器が作動したときのサイレンとは異なり、
アラームは毎回「ピーピーピー」で、警備会社からは「信号の断線」だと言われ、
この件は結局、12月初旬にメーカーの方に見て頂いたところ、
玄関のインターフォンに切れかかっている線が発見されて、解決した。

それでやれやれと思っていたら、今度は給湯器がヤられた。
重なるときというのは、きっとこういうものなのだ。
この寒いのに、お湯も出ず洗濯物乾燥も出来ず床暖房も無しとなっては、
いくらなんでも耐え難い。
これはもう一刻の猶予もならないと、私は今朝一番でメーカーに電話をした。
修理依頼は立て込んでいるようだったが、どうにかお願いをして、
夕方の時間を予約することができた。
助かった。

それから、私は気を取り直して会社に行った。
実は先週の火曜日は、ポゴ氏の協奏曲@サントリーホールのために、
私は入社以来、初めての有給休暇を取ったのだ。
御陰様で満喫しました・埋め合わせに年内頑張ります!
と私は内心で上司と同僚に深く感謝していた。
ら、天の神様が「そうですか。わかりました」と仰ってしまった(^_^;。
出社してみたら、同僚のひとりがインフルエンザで休んでおり、
マネジャーは私を見て、早々に、
「ってことで、よしこさん明日も夕方から出てくれます(^_^;?」
と、言った。

給湯器修理の人は、当初6時に来られる予定だったのが、
前の件が長引いていると連絡が入り、結局、7時過ぎからの作業になった。
折悪しく、帰宅したばかりだった主人の夕食の時間とかち合ってしまい、
主人はズボンをはき直し(爆)、立派な身なりで書斎で食事をすることになった。
点検の結果、「小さいほうの釜に不具合」があったとわかり、
「小さいほう」があるということは「大きいほう」もあるわけで、
そのもうひとつの釜も遅かれ早かれ、不具合の出る可能性がある、
ということだったので、それなら併せて取り替えて貰うことにした。
年末年始の休暇中にお湯が出なくなったら、それこそ大変ではないか。
この際、早めに発覚して良かったと思うことにしよう。
作業の完了を待っていたら、主人からLINEが入り、見たら
「(御飯の)おかわり お願いします」
と書いてあったorz。

そんなこんなで、修理は小一時間で完了した。
技術料・部品代・出張料で12,096円。
釜なるものがポゴ氏のリサイタルと同じくらいするなんて、私は初めて知った。
しかしともあれ、これにて釜×2は蘇ったのだ。
お湯が出る・床暖房が使える・洗濯物も乾かせる生活が、取り戻せる!
ありがとうございました。

よし。
明日は、運命に逆らわず夕方から4時間勤務し、
この次の道楽のためにしっかり稼ごう、と私は決意を新たにした。

Trackback ( 0 )



« 追記 クリスマス・... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。