転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



昨日は娘の誕生日だった。22歳になった。
…のだが、私は朝、LINEで祝ったのみで、
東京に来てまっすぐ歌舞伎座に行った。
海老蔵の助六を観るために。

海老蔵は美しかった。
登場時の花道七三での姿は圧倒的だった。
助六の存在感としてはもう、理屈ぬきで海老蔵は
ほとんど完璧であったと思う。

にもかかわらず、後半になって菊五郎の白酒売が登場して初めて
舞台が生き生きと動き始めたことを私は感じた。
ああ、音羽屋のおやぢ様はやはり桁が違う!
目の前の舞台にいちばん必要な部分をくまなく埋め、
真ん中の助六を輝かせるために菊五郎のしてみせたことは
あまりにも鮮やかだった。

勿論、私は長年の音羽屋贔屓だ。
だから他のどのような役者より菊五郎の芝居に
自分が最も敏感に反応するという面があるのはわかっている。
しかしそれを割り引いてもなお、
昨夜の舞台で私にとって最も印象的だったのは、
音羽屋の力量の大きさ・深さだった。

音羽屋と芝居をしたときの海老蔵には
助六としても最も魅力があったと思う。
海老蔵が自分を最高のかたちで発揮するためには、
これから、歌舞伎座で優れた役者たちと
もっと数多く共演してほしいとつくづく思った。

Trackback ( 0 )



« 確定申告、じ... いろいろあった »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。