転妻よしこ の 道楽日記
舞台パフォーマンス全般をこよなく愛する道楽者の記録です。
ブログ開始時は「転妻」でしたが現在は広島に定住しています。
 



我が家の正月の支度は全部終わった、…筈だ(汗)。
私は今夜から自分だけ実家に行くので、
主人と娘のために、とりあえず鮭の香味付けとカレー(笑)を仕込んでおいた。
あとはお米をといで仕掛けて、サラダを用意すれば、晩の用意も完了だ。
午後からは、できればまず仮眠して、夜には実家方面に出発する予定だ。
今晩から私は、実家と村の神社での労働に従事する。
寝正月を決め込んでいた去年が、懐かしい(涙)。
しかしこれも家族がいて、自分が働けるだけの体を持っているお蔭なのだからと、
感謝しなくてはならない。

今年は、特に夏以降はあまりにも忙しくて気が変になりそうだったが、
仕事では一定の成果を上げることができたと思うし、
娘の就職も決まったし、決して不足を言うような年ではなかった。
また前も書いたように、カープが優勝するという夢のような出来事があったし、
道楽面でも、音羽屋の旦那さん(菊五郎)の勘平や、松緑の光秀など、
素晴らしい舞台に巡り会うことができた。
何より、年末のポゴレリチは素晴らしかった。
彼のラフマニノフの2番の協奏曲は、おそらく同曲の、私の究極版となるだろう。
総じて、実り多い一年だったと、言うことができると思う。
お世話になりました皆様、本当にありがとうございました<(_ _)>。
来年もまた、どうぞよろしくお願い致します。

皆様、良いお年を。

Trackback ( 0 )



« 舅宅の正月準備 明けていた、... »
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。