RC-NET(レイプクライシス・ネットワーク) BLOG.

RC-NET STAFFによる、日常の些細な出来事から、お知らせまでいろいろなぶろぐ。

告発の行方

2017-04-03 09:11:01 | 映画/小説/ドラマ

続きまして、「告発の行方」

 

告発の行方 [DVD]
クリエーター情報なし
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

これももう、今となっては古典と言いますか。

ただ、今見ても、今の日本より全然いいサポートシステムなども垣間みれて(あちら1980年代)、例えばクライシスセンターのスタッフが付き添いに来たり、被害にあった人の「素行」についてを社会が判断することの“愚かさ”を見事に表現してくれている。

レイプシールドの大切さもよく分かります。短いスカート履いてたから?バーでテンションあがってたから?酔ってたから?マリファナ吸うような女だから?「レイプしてもいい」なんて、誰にも言えるはずがない。だけれども、社会は、人は、そんなことで被害者を被害者と視れなくなってしまうことがある。

どんな自分でも、誰かに同意もしていないことを強要されることなんてあっていいはずがない。

支援をする、という立場ですら、被害者に美しい被害者像を持ってしまう。裏切られたような気持ちになってしまう。そして、被害者を「弱者」として捉えていたことに気付けたら。まだいいんだけど。

今の日本のいろいろな流れ出も感じることで、ほんと、時代は繰り返すなぁ、というか、日本はいつまでこうなんだろうなぁ、と思います。

そんなこんなで、やっぱりおすすめの映画です。

 

ただしかし、暴力シーンがどうしても多くなってしまうので、無理に観る事は絶対にすすめません。

 

うーん、オススメの映画、といっても、やっぱしんどい映画ばっかりですねぇ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハンティング・グラウンド ... | トップ | 4/23 青森レインボーパレード... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画/小説/ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。