弓枝の贅沢な時間

豊かな時間を私に下さい

近畿の屋根と言われる紀伊山地の真っ只中にある川上村へ行ってきました。

2016-10-16 14:21:33 | 日記
最近木工や流木を使った工芸作品の創作に凝るようになりました。特に流木は自然が創り上げた芸術だと思います。
そんな流木や木工に使用する木材を探しに奈良県は川上村へ行ってきました。
桜で有名な吉野山のある吉野町を越えて車を走らせます。
途中に宮滝という集落がありますが、ここは大昔に大海人皇子がおちのびて都を築いた場所です。大海人皇子とは有名な後の天武天皇です。
国道はすいていて車を滑るように走らせますと、実に気持ちの良い物です。
やがてトンネルが現れました。少し長く感じるトンネルですが、ここを貫けると川上村です。
川上村は太平洋にそそぐ紀の川の源流であり、林業で有名な木材の村です。

トンネルを貫けてしばらく走ると道路は上り坂になりました。道路を登りながら斜め前方に目をやるとそびえるようダムがあり、しばらく圧倒されました。
このダムは大滝ダムという名前でとても勇壮なダムです。
やがて道路を登ると少し平坦になり、がけ下にはダムの湖面が広がります。
しばらく走ると温泉がありました。ホテル杉の湯と書いてあり、ダム湖を見下ろす素晴らしいロケーションの立地でした。

お目当ての流木は川上村に2つもあるダムのほとりに流れ着きます。
ダムのほとりですから、崩れやすく危ないので、気を付けながらお気に入りの流木を探しました。
お天気も良く、流木の収穫は上々で車のトランクに積んだコンテナは満杯になりました。

流木拾いを終えて、帰りの車を走らせると景色にも目が行きます。
さすが、近畿の屋根です。
雄大な山々が連なり、そして、さすが林業の村です。山々には見事な吉野杉や檜がなんと綺麗に生え揃っているいる事でしょう。
川上村の出口付近には材木を安く販売してくれる市場もあり、お目当ての木は大漁で大満足な1日となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カーテンをかえるだけで、部... | トップ | 体のアトピーが悪化する理由... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。