中間玲子のブログ

仕事のこととか日々のこととか…更新怠りがちですがボチボチと。

続き:京都芸術センター

2017-05-18 21:56:04 | 生活日記
過日,京都芸術センターについて書きましたが,
もう1つ,書き留めておくべき事柄があったことを思い出しました。

こちらで,スプラウトの洋服の話を書きまして,
そして,オープニングのイベントの時には,
それを実際に着て,身体表現を行うというンスパフォーマンスがあったということを書いたわけですが

なんと,この話には続きがありました。

聴覚の世界のおばさま,
そのパフォーマンスにかり出されていたそうです!

曰く

「なんかね,こんなおばちゃんやらおじちゃんやらも,その中にいた方がいいねんて」

他は,芸術家(?)の人たちだそうで,
表現に対しても非常に前向きだったそうですが,

「もう,寒くてね~」

スプラウトが植えられている綿(?)みたいなマットが生地ですから
基本,びしょびしょ…。

中にTシャツ着ててもそれもびしょびしょ…。

「裸足で会場まで走ってくるっていうことやってんけど
校庭を裸足で走るの,痛いしね~。
会場近くまではスリッパ履かせてもろた~」


とおっしゃってられました。

そして,

「かなんかったんがね,あれ,口でちぎって吐けって言うのよ~」

あ。それ知ってます!
まさか,あなたがなさっておられたとは!!

とてもまずかったんだそうです。

でも,そのパフォーマンスは,地面に皆さんが寝て,
それが立ち上がって動きはじめて…みたいな動きだったりで
なかなかコンセプトがありそうな気配を感じました。
パフォーマンス見たら,感じるものがあったかな。

あと,そのスプラウトの洋服なんですが,
最初はスプラウトを植えるマットだけが存在してたんだそうです。
種まきから始まってたそうです。
デンマークの芸術家さんでによる作品だそうです。


一緒に行った友達は,後日また行ったそうです。
彼女からの報告:

「スプラウトの成長具合に変化なし。」

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 叫び | トップ | ついでに補遺:USB »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL