□いろいろノート□

思うことをいろいろと。
+工作+SB+消しゴムはんこ+ソーインング+カービング+釣り+それからそれから…

ツリーハウスと瓢箪ランプでいっぱい計画

2017年06月28日 | ひょうたん
誰もが憧れるであろうツリーハウス。
本は買ってあったりしてたけど、場所だってあるけど、そうそうなかなかやり始めなかったが、遂に父が始動!

冬に孫と場所決め。
結局は孫の言う場所じゃない方になったけど、
ここに作ることに。


近所の大工さんに中古の材料を頼んだり、定年退職した友人たちの手を借りながら、せっせと作業。
重いモノを運んだせいもあり、途中鼠経ヘルニアで入院手術。
でも退院2日後にはすでに作業再開。
すったもんだしながらも順調に作業ははかどり、6月下旬現在こんなとこまでできあがった!」


ねー、すごいねー。
細かい指摘は置いておいて、立派なお家が出現してました。

内装はこれから。

森の図書館にするらしい。
カビそうだけど、窓の上のスペースに本を収蔵するらしい。

細い梁に3つの瓢箪、見えました?

そう、まずは3個。


私の勝手にヒョウタンナイト計画も始動です。
まだ内装途中なのでとりあえずぶら下げてみた。
梁が4本通ってたのでいっぱいぶら下げスペースはありそう♪

シンプルなのと思ってたのに、ついついcut。

父は、竹ちゃんなので、竹柄。
  

なんとなくの丸丸柄。


ビーズをいれたくてなんか草模様。
 


いっぱいつくってぶら下げて、夜の森に灯したいのです!



この日はジャガイモの収穫でした。
 

たーっくさん掘った。

お昼はツリーハウスで焼きそばランチ。
15人が乗っても大丈夫でした。

おジャガの他に、こちらも収穫期のズッキーニ。

みてみてこの種類!

ツートンカラーにUFO型。
ツートンのはその名も「グリーンパンツ」!面白い。甘味のあるズッキーニでした。
緑のUFOは「グリーンスター」っていうらしい。
ヒョロット長いのは「トランペット」というらしい。
どれもこれもズッキーニ。びっくり。

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017ひょうたん6月下旬

2017年06月28日 | ひょうたん
うーん、今年は我が家の瓢箪はダメかも・・・。
6月入れば爆発的に成長する時期だというのに、とにかく伸びない。
そりゃ比べれば伸びてるんだけど、例年と比べると全然ダメ。
大してのびてないのに干瓢の葉はうどんこ病にかかりはじめてる。
雨も多いので泥の飛び跳ねが病気を助長すると思い、敷き藁作戦。
しかし敷いたその直後に豪雨。。。

うーん、花は咲いたが雄花。芽かきしたいが脇芽がそもそも出てこない。
茎が細い。
葉が小さい。


6/27 我が家の瓢箪。

堆肥も肥料も石灰も入れたけど、でもでもやはり土が悪いんだろうな。


だって、こっちは実家の子。

6/24 実家の瓢箪。

苗は半分は同じなんだよ。
種は全部同じなんだよ。


大きな葉っぱ。
丈夫な茎。
りっぱに雌花。



そしてこっちは学校の子たち。

よかった、とりあえず実家ほどじゃないにしてもちゃんと育ってる。


実もついてる。


脇芽かきをしていないので、下の方で這ってる。


私が用意した苗なのに、3つの場所でこれだけ成長具合が異なる。
日当たりや畑の力でこんなにも違うんだな~。

今日は放課後教室で第2回目の瓢箪活動。
誘引と脇芽かきと除草と瓢箪片でのタグ作りを実施。

だらりと這ってる親蔓を支柱に誘引。
その後に脇芽かき。
すでに結実しちゃってるので、実は残し先っぽはカットし整枝。
そして除草&もらってきたというリサイクルチップを敷き詰める。

はい、綺麗になりました!

説明が不十分だったのか、まだ棚の上に到達していないのに親蔓の先端も取られてしまってるのもあったけど、
結び方がうまくいかず茎を痛めてしまったのもあるけれど、
頑張って成長しておくれー!


畑が綺麗になったので、残りの時間でタグ作り。
割れ瓢箪を大胆cutして欠片にして、それを紙やすりでスリスリ。
穴を開けて、名前を書いて、紐を通して、自分の瓢箪の支柱に結び付けました。

うわ~~~っと寄ってきて欠片を取り合いスリスリやすり掛け集中。



みんな無断で載せてごめんなさい。
かわいすぎて・・・。

これで確実にMY瓢箪になりました。
時々自分の子たちの成長を確認してくれるといいな。

女の子たちは残りの欠片でも作り始めてた。
とっても楽しんでくれて私も嬉しい。


夕方には白い花が咲き始めた。



9月までは活動はないため、以後のお世話は私が時々チェックと放課後教室の指導員さんにお任せ。
ウリキンウワバの幼虫捕殺を子供たちに再説明忘れちゃったけど、みんな頼むよー!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017瓢箪6月上旬

2017年06月13日 | ひょうたん

6月5日。
う~ん、こんなもんだっけ?と過去の6月生育状況を振り返る。

う~ん、日当たりが足りない?連作障害?寒い?栄養足りてない???

キュウリは小さいのに実を付け始めた。
 
伸びは悪いけどしっかりとした葉になっている。
説明書に下の方の実は摘果し全体の成長を促すようなこと書いてあったので、残念ながらベビーキュウリは摘み取る。


ナスはひ弱なまま。この後、成長どころか株自体なくなってきた。なぜ?喰われた?消滅??



トマト、少しは成長したけど、ちっちゃ。。。

学校の。


この日は棚作り。
我が家のより生育良好。
雄花だけど花芽もついてる子あった。
日当たりかな~
同じ苗なのに。



こちらは、梅雨入りして慌てて完成させた紫陽花と雨の玄関常夜灯。






下の方のコンセントにつないでいるのでどうしても目線が下。
それを意識して紫陽花を配置したと思ったけど、まだ足りない。
でも壁にはしっかり写り込んでるのでそこはよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017瓢箪5月中旬定植

2017年05月17日 | ひょうたん

左は実家の父作。右は私作の苗。
こうも違うのは何故??


父のはシャキーンとしてる。土が重い。しっかり根が張ってる。


私のヘロヘロ。土が軽い。根は張ってるが浅くて固定性に欠けてグラグラなんだわ。葉っぱの緑は濃いけど、グデーンとしてる。
徒長気味だった割ににはその後日光浴でだいぶ茎も太くなった。けど、このありさま・・・


それらを今年アドバイザーとして参加することになった放課後教室での瓢箪企画で21名+1の子供たちと定植しました。
指導員さんがせっせと耕した畑を全く気にすることなく走り回り踏み固めていく子供たち・・・
どうにかこうにか23株植えました。
支柱を立てようとしたら全然刺さらず。。。こんな固い畑だけどちゃんと根張りしてね。元気に育ってね。

(参加者の小4ちゃんが撮影)
次の会まで1か月。成長観察と共に、ウリハムシのアート鑑賞とウリキンウワバの捕殺を子供たちにお願いしました。
ウリハムシのあの丸く葉をかじる行動にトレンチ行動という名前がついており、葉の苦い汁を排出させた後に葉を食べるという知恵?だということを初めてしりました。
誰かに教えるって、自分が新たに学ぶ機会にもなるんだな~と感じました。

さて、学校で2時間くらい作業して帰宅の後、そのまま自宅の畑でも作業。
去年こぼれた種から生えてきた野良瓢箪がかなりありました。

抜き捨てることできずポットに移しました。植える場所ないけど、どうしよう。。。

自転車小屋用の骨組みを今年も棚として活用。

辺の長さが不均一な我が家の変形菜園。すっぽり収まらず片側宙に浮いてるのをどうにか設置。
去年収まったように思うんだけどな・・・


一寸豆瓢箪と干瓢とキュウリをとりあず定植。

連作障害でちゃうかな?
今回は我慢してあまりギュウギュウに植えないように努力。
9株くらいにとどめました。
実家での栽培は6株。
昨年は100株も植えたのに、だいぶだいぶ縮小。


そして、驚きの!
ふと子供の理科の教科書開いたら、瓢箪を教材に1年の成長観察が数ページに及んで載っていました。
    
すごい。瓢育されてるーーー!


☆☆ひょうたんの苗差し上げます☆☆

宇都宮市にお住いで苗をご希望の方おりましたら、5/18(木)までにメッセージください。
余った苗、差し上げます。っていうか、どうかもらってください!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シイタケ栽培4日目と瓢箪と野菜の苗と猫ランプなど

2017年05月09日 | ひょうたん
旅行中干からびやしないか心配したけどニョキニョキと無事に育っておりました!

すごいでしょーーーー


翌日に間引き。
あっという間にボール一杯分。
アワビ風中華煮込みにして食べました。
めちゃうまー!
ジューシーでプリプリ歯ごたえがいい感じ。


クックパッド参考だけど
①ショウガ千切りし油で炒めて香り出し
②片栗粉をまぶしたシイタケを入れて炒める
③鶏がらスープ200cc+酒大1+みりん大1+オイスターソース大2/3を注ぎとろみがつくまで煮込む。

このオイスターソース餡がまたちょうどいいこと。
茹でブロッコリーにもぴったり。
美味しかった~。

間引いてもまだまだびっしり生えてます。



そしてこちらも心配だった苗たち。

瓢箪。


ナス。


トマト。


トマトとナスはダメかも。ちいとも大きくならん。
実家の苗は52本と父から連絡あり。
実家で定植予定はないと冷たい報告。
5~10株くらいは育てて欲しいなぁ。。。


そしてこちらは、オーダーもらっている猫モチーフ。

 
 
 
 

猫もいい感じに彫れたし、お花も凝ったのが彫れて満足。
ビーズもカラフルに入れて、かわいいのができた♡

こっちは桜3作目。



撮影用に変色ライト用いたけどナイトライトがご希望とのことで、サクラは白熱灯色、猫は白色となる予定。

あと2つ、ちいさなお家ヒョウタンを完成させなくちゃ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017瓢箪5月初めと椎茸栽培キット

2017年05月04日 | ひょうたん
友人がハマり中というキノコ栽培キットを頂いた。

5~2週間で生えてきて、リサイクルで何度か収穫できるんだって!
フランケンシュタインの恋を見た息子がキノコに興味示していたので、タイムリーなこちらのキットにも関心+。
30度以上では菌が死んじゃうので、涼しめな環境で栽培とのこと。
うちは家の中がどこも大体一定で涼しいとこないので、夜間はベランダ。日中は日の当たらない家の中で栽培試みます。
でも明日から2泊出かけてしまうので、温度管理と霧吹きでの水やりができないのが心配・・・


そんな温度管理と言えば、4/25にポット上げしたヒョウタンとナスときゅうりとトマトの育苗。
ヒョロヒョロしたからセルトレイが狭くて大きくなれないのかとポット上げしたけど
どうやら【徒長】という状況じゃないかと。
日照不足や水のあげすぎなどが原因でなるらしく、そのような苗はひ弱っこでその後の成長や実の付きも悪いらしい。。。
かといってまた播き直すのも、放課後教室での栽培企画で定植を5/16と決めているので間に合わないし・・・・

とにかく日光に当てる!
それと家の中では夜間も20度以上なので、呆けないようもうちょい温度差を付け引き締めたほうがいいのかと思って
4/28頃から1日通してベランダで栽培することにした。

でも、トマトとナスの成長がみられない。

これ4/25のナスとトマト。


これ今日、5/4のナスとトマト。



ほぼ変化なし!
発芽から20日は経過しているというのに、これは成長停滞?!



こっちはヒョウタンとキュウリ
5/4

並べてみると



育て方説明書を再読。

<ナス> 生育適温 22-30℃ 最低温度10℃ 発芽後は昼28-30℃ 夜間20℃以上を目安で管理。土が乾燥しないように水やり。
<トマト>生育適温 15-30℃ 最低温度12℃ 発芽後は屋内の日当たりの良いところで、用土を乾かし気味に管理。
<胡瓜> 生育適温 15-30℃ 最低温度10℃ 発芽後は窓越しの日の当たる場所。給水は少しずつ。
<瓢箪> 生育温度 20-30℃        過湿には注意し、表土が乾いたらたっぷりとやる

う~ん。瓢箪に合わせてみんな同じ管理にしちゃったけど、水やりのタイミングとか温度管理とかそりゃ違うよね・・・。
うちのエリアの最高気温28℃ 最低11℃くらい。
最低ギリギリ。だけどナスは夜間は16℃以上でないと難しいという記事もあったし。。。

とりあえず、
ナスとトマトは分ける。水やりもトマトは控えめに。管理はまだ屋内。でも日中はに日当たり考えてベランダ。夜間は屋内にしよう。
瓢箪はベランダのままでいいかな?
キュウリはどうしよう。屋内外半分づつで様子みてみようかな。

徒長を考えるとたっぷり日光当てたい。
でも風や温度考えるとまだ外は厳しい?
難しいね~~~

明日から2泊家をあけるので、そしてその間天候が悪くなる予報なので、外泊中は屋内にしておこうかな?


メモ:放課後教室での瓢箪栽培企画。5/2に畑作りに行ってきた。
   ずっと特に何も栽培されていない柵内の草ぼうぼうのエリア。草取りし粗く耕し石灰をまいた。


そして桜ランプ②




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017瓢箪4月後半ポット上げ

2017年04月26日 | ひょうたん
キュウリは発芽率100%。
トマトもきっといい感じに発芽。
ナスは遅れてだけど、これまたしっかりと発芽。
干瓢もほぼ、大瓢箪もだいたい、一寸豆瓢箪は8割くらいかな?
最初に選んだ種があまり発芽しなかった。元気そうなの選んだのにな。

ひょろっと伸びてきたので、他穴トレーではもう狭いのかと思い、
思い立ってポット上げすることに。
瓢箪たちは40もないし、1つ1つ蒔いたから作業しやすかったけど

 
数種ばらまいたトマトやナスが面倒だった。
 
間引くのがもったいなくてできなくて、結局ほぼ全部ポットに植え替えた。

作業後しなっと萎びかけてた子も今朝にはシャキン!としてて一安心。
もうしばらくはお家の中とベランダを行ったり来たりさせて丈夫な子に育てます。

学校での瓢箪企画も募集をかけ始め、まだ何人参加するかは分からないけど
5月頭には畑の整備をし、5月半ばには子供たちと定植をする予定。

何株必要になるかな?
自分ちようにも少し欲しいしな。
保険用にと実家で育種をお願いしたが、なんとネズミ?被害にあったらしく、けっこうやられてしまったとの報告。
一寸豆瓢箪以外やられたというが、選り好みできる程、苗の状態で違いが分かるのだろうか?
間引きは苦手だけど、やっぱり多めに苗を作っておかないと何が起こるか分からない。クワバラクワバラ。


玄関用季節のランプ。桜→コイに。

鯉のぼりモチーフにかわいくと思ったりしながら、結局ふつうに鯉を泳がせた。

大きく描きすぎて一方向だけでは全体が見えず、またランプの位置が下方なのに、鯉の顔も下なので、玄関入ってきても魚に見えにくい。。。

私もセロファン貼り付けてみたいな~。
内側から貼るんだよね?
細かそうな作業だな。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017ドラゴンフルーツ4月

2017年04月13日 | ドラゴンフルーツ
ひっさしぶりのドラゴンフルーツです。

最初植えても何の音沙汰もなかったから、新芽が出た時は嬉しくて嬉しくて、どんな脇芽もそのままに。
伸びては重みで折れて差し芽にして増やし、それを繰り返しもう4~5年経過しちゃった。
1~2年で結実すると書いてあったはずなのに、花芽を持つこともなく伸び放題。

つい数か月前に再度ドラゴンフルーツの栽培法を確認したら、なんだもう!脇芽はとらないと実がならないって!!
ちゃんと支柱とかで整えてあげないといけなかったのに、ほぼ放置。
そして植え替えをするには時期というものがあり、待ちました、春になるのを。



右上の鉢が無法地帯化したドラゴンフルーツ。
手前のはもう一鉢を出したところ。

根っこもちゃんとはってるんだね~。


蘭とかを整える支柱を買ってみたので、これで対応。


この子にも押さえを手伝ってもらい・・・



はい、こんな感じにまとまりました。

思い切って小さな脇芽はすべてcut。

ドラゴンフルーツ=サボテン。刺さる刺さる棘刺さる。
髪の毛くらい細いのや針位固いのやら。
丸い支柱の中にこの本数を入れるのは痛かった。
あんまり整った感じもしないけど、とりあえず追肥もしたし、これでしばらくまた様子見です。

脇芽は取って、葉は垂れ下がる方が結実しやすいとのことなので、そんな風になるように誘引して行く予定。

そして購入時は赤株と白株だったけど、今は確か白株のみかな。
いつか実る日がくるのだろうか?



さて先日蒔いた種。記述通り4日でキュウリとトマトが発芽しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017ひょうたんランプ 桜

2017年04月12日 | ひょうたん
なかなか雅にできました!


最近義母様からご友人への贈り物にと瓢箪ランプの依頼を受けます。
正直苦手な義母様ですが、こうしてご友人へのプレゼントとして私のランプを選んでくださることには感謝です。
80歳くらいのご友人へとのことで、相談した結果桜の落ち着いた感じのランプにすることに。


カッターで切り抜き加工に適した瓢箪を選び、せっせと切り抜き切り抜き。
厚みはあるけどふわっとさくっと切りやすかった。

波模様は今まで何度か挑んだものの成功した試しはなくさんざん悩んだけど、
やっぱり桜と花びらだけじゃ物足りないから思い切って波模様も入れました。

よくみるとやっぱりイマイチなんだけど、パッと見はそれなりかな?と自己評価。


通常のLEDライトで良いと言われたけど、つまみ部分のスライド操作がしにくかったので
80歳以上という年齢を考慮して、ボタンpush式のグラデーションLEDライトを用いました。

    

あら、各色撮影したのに、選んだら同じような色ばっかりだった・・・


たくさん素瓢箪の在庫はあるけれど、フォルム、固さ、処理穴が上下どちらにあるか、綺麗さ・・・作りたいモノと瓢箪の相性を選んでいくと
なかなかマッチするものは少ない。
だからやっぱり毎年育てねばならぬのです。

先日蒔いた種、キュウリとトマトは書いてあったとおり4日目で芽を出した。
瓢箪たちは14日間はかかるかな~。
畑は耕して下準備もはじまってます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017瓢箪4月種まき

2017年04月09日 | ひょうたん
やっぱり今年もひょうたん!

4月6日(木)に種まきしました。

とりあえず今回これだけ。
2016年産一寸豆瓢箪のできるだけサイズ小さめからとった種。(去年豆サイズは0.なのでリベンジ)

2015年産だったかな?葡萄屋さんの畑の大瓢箪の種。(なんとなくとりあえず大きいのも)
2015年産だったかな?大丸干瓢の種。(去年食用に植えたのに1個も成熟しなかったのでリベンジ)

それとオランダからやってきたというミニキュウリ、とろけるような柔らかさという大トロなす、支柱不要のトマトミニ姫の種も播きました。


発芽まで1週間~2週間、それ以上かかるのもあると思うけど、頑張って芽をだせー!
ダンボール箱に入れてまずは室内管理で。

実家の父にも一寸豆瓢箪と大瓢箪を依頼。
今回は小学校の放課後教室で瓢箪栽培~加工をお手伝いすることになったので、その為の苗作りがメイン。

それに去年たくさん収穫できて在庫はいっぱいあるけど、自分の加工しやすい硬さや好きな形、素肌の美しさなどを選ぶと使える子は意外と少ない。
だからやっぱり育てたくなるのよね。

今年はちゃんと豆サイズが収穫できますように。
放課後教室でもちゃんと育って収穫して、加工を楽しくみんなでできますように。



こちらは日陰で乾燥させてた槐の輪切り。

パックリ割れせずいい感じ。
カッティングボードにしたくてサンドペーパーをかけてみたけど、チェーンソー跡がなかなか消えない。

槐は相当硬い木材なのね。
電動ベルトサンダーを用いるとつるつるになるけど、操作がいまいちわからず均等にならない。
はやくオイルでコーティングの過程に突入したい。
かっこよくチーズやサラミを乗せてみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加