Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

リリー・フランキーみたくなりたい

2012年01月23日 | 娯楽


今日、松本潤、瑛太主演の「ラッキーセブン」というドラマ(なかなか面白かったですが、松嶋菜々子、手抜きすぎやろ?笑)で、初めてリリー・フランキーが誰だかわかりました。

今回ゲストだったリリー・フランキー、上手い!

かっこええわぁぁぁぁぁあああん!

あんな風に脱力した中年になりたいわぁあん。



 


もう演技なんだか地なんだかわかりませんが、上半身に力は入りまくって生きている私からすると、あんな肩の力を抜いたおじさんに本当になりたい。憧れます。

普段、地上波を観ないものですから、売れっ子を知るのが遅いんですよね。マツコデラックスも去年後半に初めて見た気がするし(見たくなかった)、楽しんご?って芸人さんも、ゆっくりしゃべる戦場カメラマンの渡部さん?も、二・三度しか見ないままです。

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜が評判になったときにも、面白い題だなあと思ったきりでほったらかしにしていたのですが、いやあ、リリー・フランキー、魅力ある!

あれ?

「容疑者Xの献身」に出てたんだあ。全然印象にないなあ。

とにかく年を取ったら、あんな「存在感のない」おじさんになるのが理想だな・・・・・




 

 

 

 


って、あ、あれ?

 

 

 

 


 

 

ウィキペディアを見ると・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

た、た、大変なことが・・・・!

 

 


 

 

 

 


うそん!オレより年下じゃん!!


ギャフン!!


 

 

同じ40代後半って、いくらなんでも老けすぎだろ!いや、私が若作り?!と思われた方は

よろしかったら上下ともクリックして頂けると大変嬉しいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

 

はあああああああ、うらやまし!

 

長澤まさみ、安めぐみ、加藤紀子...なぜリリー・フランキーばかりがモテるのか

長澤まさみ、安めぐみ、加藤紀子...なぜリリー・フランキーばかりがモテるのか
 
 イラストレーター、小説家としてだけではなく、いまや俳優としても「飛ぶ鳥を落とす勢い」のリリー・フランキー。一方では「かわいこちゃんが自ら飛び込んでくる勢い」と言っても過言ではないほど、モテモテな私生活が話題にもなっている彼。

  先日は、ドラマや映画、舞台でも共演したあの長澤まさみと、「宮古島に"婚前旅行"に行っていた」と話題にもなった。ふたりが宮古島を訪れたのは、長澤サ イドの事務所担当者によると"事実"のようで、時期は昨年の9月11〜13日の2泊3日。完全なプライベート旅行というのも間違いないようだが、二人っき りではなく、舞台の共演者たちも同行した"慰安旅行"的な要素が強いようだ。

 とはいえ、24歳も年下の、しかもあの長澤まさみと南の島に旅行にいける中年男......もうその段階で「羨ましいにもほどがある」ではないか。
 
 リリー・フランキーと言えば、過去は、加藤紀子や安めぐみとの親密交際が噂された経歴がある。なぜ、彼ばかりがこうも若い娘モテるのだろうか(加藤紀子も安めぐみも、噂にのぼった当初は20代)。

 長澤と共演した舞台『クレイジーハニー』を全公演追っかけたという、自称"リリーフリーク"の女性デザイナー(25)はこう語る。

「なぜか母性本能をくすぐられるんですよね。『私がいないとダメだわ、この人』と思っちゃうんですよ。いいえ、もちろん私はリリーさんとは面識なんてないですよ(笑)。でも勝手にそんな妄想を抱かせるほど、妙な色気が彼にはあるんですよね」

 また、リリー本人を知る芸能関係者も彼の魅力を次のように説明している。

「一 見、雑誌でのインタビューや『モテキ』での役柄のように"明るいスケベおやじ"というイメージを持たれがちですが、本当のリリーさんはとても繊細な人。役 柄みたいに『俺が俺が』とみんなの視線を自分に集めようとはしませんし、どちらかというともの静か。でもたまに発する言葉や表現は『さすがはリリーさん』 と唸らざるをえないほど鋭いし面白い」

 控えめでいながら、存在感が漂う男。うっかり注目されてしまう中年男。そこがリリー・フランキーの魅力のひとつだというのだ。

「そ れだけではありません。周囲への気づかいも怠らないのです。例えばその場にいる誰かがおとなしくしていると、その人にさりげなく声をかけたりと、とにかく 優しい。お店のスタッフや周囲の人がリリーさんに気づいて騒いだとしても、威圧感を出すどころか、サービス精神で気さくに話しかけたりもする。とにかくあ の「さりげない優しさ」は、女性だったらグッと来るんじゃないですかね」(前出の芸能関係者)

 ただ、母性本能をくすぐる優しき中年男 だったらここまではモテまい。これに「なにを喋らせても鋭くて面白い話ができる頭の回転の良さ」と「嫌味のなさ(気づかいあり&ドヤ顔をしない)」という 才能が備わってこそ、若い女性に人気が出るのだ。それがなければ、やはりただの「スケベおやじ」なだけだ。セクハラトークか、モテトークか。ここの線引き を嫌味なく自然に操れる男、それがリリー・フランキーなのだと思う。
(文=島みるを)

(※イメージ画像:左から『安めぐみ 2012年 カレンダー」』、『B.L.T. MOVIE GIRLS♯5』、「Les oiseaux bleu」より)

 

ジャンル:
芸能
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原子力災害対策本部の議事録を作... | トップ | ダルビッシュ有さんと紗栄子さん... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
rayさん遅すぎ (なべび)
2012-01-23 22:56:55
私もけっこうはまっていた時期ありましたねえ。それこそオカンのころ。オカンはやっぱり小説が一番です。
あんな生活してこなかったら、今のリリーフランキーはありっこないでしょうね。

そしてあの怠惰でグダグダした男がNHKでオでん君という最高なアニメまで作り出してしまいますから、ほんと、タレントなんですが、本人はマルチとか才能とか言われるの嫌がるんですよねえ。ふふん。。。

それがいい。自分で自分の等身大を知ってる人ですね!


本は結構変なの多いのですがね。


容疑者Xでは、堤真一が川岸で殺したあの人、路上生活者ちゃいましたか?忘れた。。。

実は (ray)
2012-01-23 23:04:57
外人だと思ってたw
いひひ (Sato)
2012-01-24 00:09:14
脱力したけっちゃん…結びつきません(笑)←失礼!
リリーさん人気ありますよ。ダイワハウスの深津絵里と共演してるCMすごい好きです。
決して男前じゃないのに色気があって、ほっとけない感じ…。
それにしてもけっちゃん多忙やのに結構ドラマ見てますね。私も運命の人と、ラッキーセブン見てます!
あと最後から二番目の恋(木曜日10時)あれにはまってまぁす!
そのCM知ってる! (ray)
2012-01-24 00:51:30
深津絵里ちゃんのファンなので、「なんじゃい、こんな冴えないおっさんと結婚なんかするかい!」と思ってたの(笑)。

ほんとに存在感があるようなないようなおっちゃんやなあ(年下だけど 涙)。

しっかし、長い人生で、色気がある、は一度も言われたことがない

男を感じない、は何度も言われた!
ぜひ映画『ぐるりのこと。』を観てくださ (ノックオン(すくらむ))
2012-01-24 23:43:45
ぜひ映画『ぐるりのこと。』を観てください。リリー・フランキー、いいですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL