Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

4月21日(金)のつぶやき その1

2017年04月22日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪 一般人の人権侵害の... | トップ | 4月21日(金)のつぶやき その2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
闘うメーデーがそんなに怖いか (1jAP)
2017-04-22 11:47:12
徒然なるままに文字列つむぎ…
 警察国家を法治国家と呼ぶ”ゲシュタポ・警察大好きフーリガン”どもが念願かなって拵えた列島丸ごと刑務所(列島刑務所)は、”便利”などという甘言を駆使して更に手枷足枷を強固にして浮かれて大暴れの昨今。”ヤマシイことがなければ堂々と名を出し、顔を出し物を言え”という奴らのもっともらしい卑しい言葉に引っかかったサヨクどもが、オウム事件以降に自主規制して”3点セット(メット、ゲバ棒、マスク)”を時代にそぐわないなどとして排除していったせいで、”正々堂々とやった”抗議者がゲシュタポどもの餌食となり生活を破壊されていったのを知っている当方は、奴らの甘言に雪崩を打つ個々人に”将棋倒しになるから、奴らの方向付けに沿うな”と声を荒げてきたが、奴らは自主的にレミングとなって”アベのみクスッ”を完成するためのヘルダイブに志願してやまない。断崖の向こうには、”約束の成功”や”輝かしい明日”とやらが待っていると信じ込まされバンザイクリフから飛び込まされるのだ。もちろん、バンジージャンプではないので、万に一つも元の場には戻れない。それでも9割は”飛び込むしかないねん”、”やるしかないやんけ”などと必死の形相だから相手にできない。それを高いところから見物して、アベ川もちやその妻なんかが、”クスッ”と、その昔奴のジジイが弟のサトーA作と口走った言葉に倣い”断崖絶壁は今日も足を踏み外し自ら飛び込む奴で一杯ではないか”とうまいものを食いながらほくそ笑むオゾマシイ状況を日々に追われて感じることすらできない。
 ”メーデー? なにそれ?” そんな奴が一層増殖中。
”労働者が5月1日にやるピクニックやろ?” この列島での状況はそれだからそう思われているのだろうが。
 闘わないメーデーに何の意義があるのか、などというと必ずサヨクからも”時代遅れやぞ”と嘲笑を受けるような情けない時代が当たり前となったこの列島では、新産業報国会が大賑わい。抱き込まれた誰の組織であるのか忘れた”労働組合”を怖がるような経営者共は皆無である。貧困者に一方的戦争を行う公務員共の組合が赤布を振って各地の2大メーデー会場に現れる破廉恥さには毎度ながらに恥を知れと今年も叫んでやりたい。

 他称”粗暴な極左”、絶命危惧種で何が悪い。
ーーーーーーーーーーーーーー
トルコ国家実効支配地域
 ☆İzmir、Dersim、Elazığの
  3県で政治的大弾圧により
   多数が拘束連行さる



 トルコ国家実効支配地域のİzmir、Dersim、Elazığの3県で4月21日に同国家暴力団総本部AKP一家の手下である警察部隊によって行われた政治的大弾圧作戦群により、多数が奴らの身勝手な理由で拘束監禁された。

# デルシム(奴らはトゥンジェリと呼ぶ)は、少数民族ザザ(ザザキ)人が住民の多数を占める地域であり、イスラム教アレヴィー派も多い地として、言うまでもなくトルコ国家およびその支配人種トルコ人に内国植民地として扱われている。




Friday, 21 Apr 2017





 アンタッチャブルなトルコ国家暴力団総本部AKP一家は、そのシマの中の住民であるクルド民衆や4月16日に奴らが奴らの都合で行った住民投票で奴らの改憲独裁に反対したと思われる個々人に対する政治的大弾圧作戦を続けている。最近の拘束連行群は、5月1日に行われる”奴らの忌み嫌うメーデー行動”を阻止する予防的なものと思われる。


İZMİR





 AKP一家の意向を受けた警察部隊が、4月21日朝、イズミールで、被抑圧者の社会主義者党(ESP)、社会主義青年協会連合(SGDF)、Halkevleri、労働党(EMEP)、自由連帯党(ÖDP)、Kaldıraç誌のリーダーらといった多数に対する野蛮な同時多発家宅急襲を行った。

 幾つかの住居群のドアが警察部隊によって破られ、多数が家宅急襲によって拘束連行された。奴らによって”仕組まれた住民投票への抗議”を理由にメーデー当日やメーデーまでにもGezi公園事件のような奴らにとって忌々しい抗議が起こらぬよう(奴らはその事件で高校生アナキストを殺害した)警察は、拘束者たちを起訴した。

 拘束者たちは、県警本部に連行される時に”口を噤まされるな、叫べ、エルドギャン独裁に反対せよ”と叫んだ。



DERSİM(トゥンジェリ県)



 Munzur大学生1名が4月21日朝、デルシムのCumhuriyet (Gazik)で家宅急襲を受けて拘束連行された。



ELAZIĞ



 デルシムセンターへの”捜査の一環として”と称してElazığで1名が拘束連行された。同人は県警本部へ連行された。
改正じゃないよ (リベラ・メ(本物の))
2017-04-28 22:12:51
自民党が“提案”したのは、憲法“改憲”案ではなくて“改悪”案。だから97条を“整理した”の。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL