Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

7月16日(日)のつぶやき

2017年07月17日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(土)のつぶやき | トップ | 7月17日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こっちゃ心配で堪らんの(怒)! (リベラ・メ(本物の))
2017-07-17 06:07:52
麻生副総理兼財務大臣、貴方のような人と違って、私達国民は老後が心配なの!老後破産に、孤独に…。
モスル (1jAP)
2017-07-17 19:30:36
 
--------------
fwd:
クルディスタン南部
 ☆モスル‐”トルコ籍”3匹含む
  25匹の女性I$I$メンバーら
   捕えられる


 日時などの詳細は明らかではないが、イラク国軍が、モスルにおける掃討作戦の間に”トルコ籍”3名を含む25名の女性I$I$メンバーを捕えた…という。

 # 政治的”勝利”として、モスルにおける対I$I$戦勝利が宣言されたと思われるが、市街地にも今もってI$I$が潜む地下施設などが存在するなどする可能性も無いとは言えないし、地雷撤去/処理も進んでいるとは思えないうえ、近在の幾つかの町などはI$I$支配地として存在しており、言うまでもなくI$I$の亡霊などと言われる可能性を有する”不可視の敵”との戦争は、新たに始まっていると思われる。また、対I$I$を”国家統合”に方向づけたいイラク国家の思惑は、I$I$が存在を不可視に変えていけばいくほど、内在する宗教対立などを再び生んでいく事になるだろう。
Sunday, 16 Jul 2017



25名の女性I$I$メンバーが、最近I$I$が掃討されたモスルでの掃討戦の間に、ある地下トンネルで捕えられた。

イラク治安部隊は、捕虜となったI$I$メンバーの内わけは”トルコ籍”3名、”ドイツ籍”5名、”ロシア籍”3名、”カナダ籍”2名、チェチェン人1名、残りは”リビア籍”と”シリア籍”だった…としている。

イラク政府によれば、武装し自爆ベルトを装着した者を含む彼女らは、イラク軍への攻撃を準備していて捕虜となったことも判明したという。

イラク首相Haidar Al-Abadiは、2017年7月10日付でモスル市街における対I$I$戦勝利を宣言していた。
9wari (1jAP)
2017-07-17 20:33:56
 列島刑務所の9割収監者どもは、それでも”オクニ”や”オカミ”が好きで好きで堪りませんでした…

 え? そんなん70年以上前の昔話やろってか?
いいや、ちゃうな、今現在の話や。囚人番号で呼ばれ、管理され、居場所を特定されることに嬉々とし安心感さえおぼえている始末は、そんな昔話以上かもしれへんのぉ。
 当時は無かった画面のお化け端末で自主的に目を塞がれ、耳を塞がれ、奴らの下し物の情報を呼吸するように吸収する…こんなに洗脳が簡単な時代もないと危惧する辞民盗員がいる一方で、や。
 オカミへの支持率、オクニへの支持率は、アベ一派への支持率が下がったなどという話があったところで9割収監者には一切関係なしで上がりっぱなしや。
 ”決まった事に楯突くなんてしたらあかんやろ”
”何ゆってんねん、オクニは、どんな時でも太陽と同じでちゃんと護ってくれはるわ”
 ”現場は、会社や国の決定にはチャンとしたがわなオマンマ食っていけんようになる”
 …なんて奴らは、雲霞の如しや。
希望的観測なんか何の意味がある?

 現実をシッカリ見極め、不屈のゲリラ戦を不可視に行う。できないものは市民的不服従を、それもできないものは、何らかの後方支援を。後方支援すらできないものは、何とかつくりあげられた抵抗をせめて攻撃するな、邪魔するな。

 ともかく、点から点線へ、点線から線へ、線から網へ、網から面へ…や。
 現場の声も無視する糞共には、糞だらけの現場にある
糞を投げ返せ。どんな形でもよい、結果的に奴らが実害をこうむる形で、や。黙って野垂れ死ぬくらいやったら、生きて何らかの形でやり返せ。絶対、絶対、諦めるな。
 社会的いじめを推進、振興する卑劣極まりない奴らの御都合にすぎん”オカミ”や”オクニ”なんかに与するな。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL