Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

戦争に対する対策は戦争を避けることしかない。政府の対策「ミサイル飛来の時は窓から離れて」。

2017年04月22日 | 人権保障と平和

 

 政府は2017年4月21日、都道府県の危機管理の担当者を集め、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を想定した住民の避難訓練を早期に実施するよう呼びかけました。

 会議では、弾道ミサイルが日本に着弾する可能性がある場合には、政府が防災行政無線や緊急速報メール等で緊急情報を国民に伝える方針が報告されました。

 そして、

1 屋外にいる場合は、できるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する

2 屋内にいる場合は窓から離れるか、できれば窓のない部屋へ移動する

といった国民がとるべき行動について説明されました。

 つまり、戦争に対しては、有効な避難方法などないということです。

 

 


 これらの情報は、21日から内閣官房のウェブサイト国民保護ポータルサイトでは、外国の攻撃から国民を守るための措置を定めた国民保護法や、ミサイル、艦船や航空機、ゲリラなどによる攻撃の特徴など際を紹介していますが、住民の身の守り方などについては上の程度です。

 安倍政権は各都道府県に対して情報の周知を依頼するとともに、住民避難訓練を早期に実施するよう呼びかけました。

 長野県の場合、県のホームページにこの日、「弾道ミサイル落下時の行動等について」との項目を新たに設け「どのように対応したらいいのか確認しておきましょう」と呼び掛けています。

 まず大前提として「ミサイルは短時間で着弾する」と注意を促し、ミサイルが落下する可能性がある場合には「Jアラートによる特別なサイレンやメッセージ、メールで緊急情報を知らせる」などと説明しています。

 屋外で緊急メッセージが流れた場合に取るべき行動として、(1)近くの頑丈な建物や地下街などに避難する、(2)近くに適当な建物がない場合は物陰に身を隠すか地面に伏せて頭部を守る――などを指示。屋内にいる場合は「窓から離れ、できれば窓のない部屋に移動する」などとしています。

 政府の方針と同じで、こんなことでミサイル攻撃、ましてや核ミサイルの攻撃に備えようだなんて、焼け石に水です。

 

 そもそも、いったん武力攻撃が開始され、戦争状態になれば、一般市民にとって身を守る方法など何もないことは世界中の戦争から明らかです。

 政府は、建物に入るだの、窓から離れるだのを対策とごまかすのではなく、戦争を避けるという絶対の対策を全身全霊で追及すべきなのです。

 

 

ミサイルが着弾したときの対策を都道府県に説明したということは、自慢のミサイル防衛網でもミサイルを防ぐことができないことは政府も認めているということですね。

そりゃそうだ。

だから、アメリカが先制攻撃するようなことは絶対に阻止しないと!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

自治体に訓練要請 政府、ミサイル着弾想定

 政府は21日、都道府県の危機管理担当者を集めた説明会で、北朝鮮の弾道ミサイルの着弾を想定した住民避難訓練を行うよう要請した。政府は3月、秋田県男鹿市でミサイル着弾を想定した住民避難訓練を行っていたが、全都道府県に要請したのは初めて。避難先をあらかじめ決めずに住民が臨機応変に対応する訓練や退避が間に合わない住民がいるケース、自動車運転中の避難などを例示。また、内閣官房ウェブサイト「国民保護ポータルサイト」にミサイル落下時に取るべき行動を掲載し、各自治体に住民への周知を求めた。

 政府は説明会で、北朝鮮が昨年8月に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射したことなどを挙げ、「発射の兆候を事前に把握するのは困難」などとして早期の訓練を要請。着弾情報が流れた場合の行動として、(1)頑丈な建物や地下街への避難(2)適当な建物がない場合、物陰に隠れるか地面に伏せる(3)屋内ではできるだけ窓から離れるか、窓のない部屋に移る--などを示した。【遠藤修平】

 

 

2017年4月21日 12時00分 (2017年4月22日 12時21分 更新)
 
 

「弾道ミサイル落下時の行動について」

[拡大写真]

 内閣官房国民保護ポータルサイトで21日、弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場合どうすればいいのかを紹介している。同時に首相官邸(災害・危機管理情報)の公式Twitterアカウントでも注意喚起している。

 北朝鮮のミサイル実験により緊張が高まったことを受けてのもの。3月17日には秋田県男鹿市で弾道ミサイルを想定した全国初の住民避難訓練を実施している。

 「弾道ミサイル落下時の行動について」と題されたPDF1枚の簡単なものだが、Jアラートを活用し、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報を知らせるとしている。

 弾道ミサイルは発射から極めて短時間で着弾するため、屋内にいる場合はできるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動すること、屋外にいる場合は近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難すること、近くに適当な建物がない場合は物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守るよう呼び掛けている。

 なお、同時に「Q&A」も公開しており、もう少し詳しい状況に応じた避難の方法が紹介されている。
 
 
 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月21日(金)のつぶやき その2 | トップ | 4月22日(土)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
政府は逃げ遅れを自己責任だと言っているようなもの (一国民)
2017-04-22 13:10:11
これまでの北朝鮮によるミサイル実験例に挙げて考えれば分かるが、弾道ミサイル発射を、日本政府が発射と同時にその情報
を掴んだ事など今まで一度たりとも無い。北朝鮮からのミサイルが日本に着弾するまで大体10分間だと思うが、これまでミサイル発射
があった事がニュース速報で流れたのは、早くてせいぜい発射から30分後ぐらいだ。

そんな程度の情報収集力なのに、Jアラートをリアルタイムで聞き得る人など何人いるのだろう。仮にJアラートをリアルタイムで聞き得たとしても、全ての人が安全に避難出来る訳では無い。

つまり、日本政府は、弾道ミサイルが日本に飛んで来て被害にあっても、それは自己責任だと言っているようなものだ。
大体、上記で解説されいるものは、日頃から啓蒙活動を繰り返し行っていないと周知徹底などされる訳が無い。

これでは、安倍の御友達だけだよ、弾道ミサイルが来ても生き残れるのは。ふざけるな!
”迷”案には吐き気がするわ (1jAP)
2017-04-22 20:24:48
 何もできまへんねん、めいめいで自分の身を守ってや。…な、その程度や。何が国防や。財界首脳どもと患部自民党員どもとと首相官邸だけ守ってますってホンマの事言えや。
 心配スンナ、列島9割住民の隷米売国奸賊諸君、お前らもミンチか焼肉か腐臭漂うウジだらけの姿になれるわ、希望通りにな。北鮮とヤリタイねんやろ? 大日本帝国そのまま鬼畜米英でやってる見上げた国家に、米帝に屈服し隷属した情けない”日本”とやらが一緒になってワンワンとご主人様に共鳴。ほんま情けない。
 国防、国防と声を大にしておきながら何やその対策は。
おもちゃのコレクションなんか、何ぼ集めても意味あらへん。こんなん、ジミン盗支部の歳こいたおっさんらでも自嘲気味に言ってきょったこと。
 防御もないのに、イケイケどんどんなのだけは旧軍譲りやのぉ。ちなみに、ジミン盗支部の歳こいたおっさんらも、”ミサイル? きょったら何もかもバイバイや。やらさんように持っていかんならな、政治の力で。”などと慎重になっとるけどな。そんなん知らんのちゃうけ、隷米売国奸賊諸君。遠い世界の果ての話しちゃうぞ、わかってんのけ? 当然、八咫烏を仰ぐペクチェやコウクリョが唐に踏みつぶされた時、両王国からの難民は日本列島に押し寄せた。当時のことやから、途中で上陸できず沈んだり、別のところへ上陸してどうなったかわからない難民もあってさほどたどり着けなかったとはいえ、昨今はそうではない。今更そんなことを言うこともなかった奴らが前から言ってましたとばかりに、ご高説。ほんま呆れるわ。
お前らの大好きな安倍川もちや嘘八百田は、威勢の良い事言うとってもどっかに隠れよるで、列島刑務所収監者には何とか生き延びれるかどうかはあんたら次第やなどと口から糞吐いて。旧軍将校どもと同じ”日本の美風”とやらをまた見れそうや、運よく生きてたらな。
 撃ちたきゃ撃てでは、済まんで。お前らの言う”狂犬国家”が手加減すると思うか? あかんと思ったら、狂気のアベ一派を止めよ。今すぐや。
【戦争の避け方は二つ】 (三角四角)
2017-04-22 22:57:11
『戦争に対する対策は戦争を避けることしかない。』
正にその通り。
しかし、戦争を避ける方法には二つある。
一つは、話し合いを中心とする外交である。
もう一つは、ミサイルを一発撃って来たら、10発撃ち返す能力を持つ事。
それぞれに、メリットとデメリットがある。
話し合いを中心とする外交では、軍事費を抑える事がメリットであるが、相手国の
言い成りになって、経済援助や技術譲渡をさせられる事がデメリットである。
 ミサイルを一発撃って来たら、10発撃ち返す能力を持つ事のデメリットは軍事費が
掛かる事であるが、相手国が何を言って来ても自由に行動出来るのが最大のメリットで
ある。
風が吹くときだっけか? (諦めの理屈屋)
2017-04-23 04:18:57
タイトルは忘れた。しかし中学か高校一年の時だったかでハイライトシーンをニュースステーションでやっていたのを見た記憶ありだ。
森繁さんがおじいさんの声だっけ?
とにかく英国政府のパンフレットに愚直に従う
老夫婦のざまが気持ち悪かった!
たしか家を白ペンキで塗り立てたりするはず。
核攻撃後でトイレに大きなネズミが現れませんでしたっけ?
こんな古いアニメ映画を思い出すほど、マジでむかいついたよ。
ふざけるな!何が窓に寄るなだ?
これが安倍晋三内閣の危機管理能力なのだ。
ミサイルを撃たせないのが政府の最低限の仕事だろ。ショボい警報をワイドショーで放送させて『国民的総管理ゴッコ』みたいな気分でノリノリなのかもしれないが、そんなものが飛来してくるときは第二次朝鮮戦争であり、平壌は火の海なんだろうよ。で、苦し紛れに北朝鮮が核兵器を炸裂させる。おびただしい環境破壊が発生し、朝鮮半島は被爆者だらけ。当然、その汚れた大気は西日本を軽く覆いまくる。無論、大気は遮断できないので次第にってことだ。
そんな流れの中で、何発かの迎撃洩らし(これは自衛隊などの怠慢とは云えないようだ。技術的に全て撃墜なんて不可能だと言う。他ならぬ政府側も認めている常識!)が若狭湾などに当たればこの国は滅亡する。少なくともまともな経済活動はね。
だから産経などに現を抜かす鷹派どもは攻撃こそは最大の防御なり!と息巻くのだろう。
でもそれで完全に核兵器の被害からこの国を守れますかね?それこそ挑発に乗るただの単細胞でしょう。喜ぶのは安倍晋三みたいなこれまたお馬鹿な為政者ばかり、か。
余計な一言を付け加えたくなりまして候。 (リアクトグラフ)
2017-04-23 06:19:18
>話し合いを中心とする外交では、軍事費を抑える事がメリットであるが、相手国の言い成りになって、経済援助や技術譲渡をさせられる事がデメリットである。

少なくとも、話し合いの最中は、互いの平和を維持できるメリットは確実に得ることが出来、その結果、相互理解が進み、ひとう、またひとつと世界中に友好国が増えるかもしれないという夢のような期待もできるメリットも付け加えたいですね。

>ミサイルを一発撃って来たら、10発撃ち返す能力を持つ事のデメリットは軍事費が掛かる事であるが、相手国が何を言って来ても自由に行動出来るのが最大のメリットである。

まさに当時、世界を二分した大国同士が、冷戦と名付けられた軍拡競争で上記の愚策を実践した結果、ソビエト社会主義連邦という国はその膨大な軍事予算によって崩壊し、アメリカ合衆国という国は、軍産複合体ファースト(と書けば今流かしら)な底なし貪欲者達の傀儡となり、今も世界中に災いの種をばら撒いている、という最恐最悪のデメリットも付け加えたい。
日本の若者オモロ (バードストライク)
2017-04-23 08:40:10
理屈屋しゃんやリアクトしゃんの、ネトウヨちんへの高レベルな反論、しゅごいでしゅね。
ぽっくんはバカでしゅばい w そんなご立派な反論はできかねましゅから、チュイッターからオモロいのを引っ張ってきましゅ。


> 蜜柑‏ @Mikann_1101

北朝鮮よ、日本の若者を舐めるなよ

〈 埋め込み 〉
かおり

ミサイルって死ぬんだ
ちょっとケガするだけかと思った

午前10:43 · 2017年4月15日
75,246件のリツイート
84,122件のいいね //


わ〜〜〜〜い!!
日本の若者、最強 www
その通りです (リベラ・メ(本物の))
2017-04-23 12:05:08
諦めの理屈屋様、title合ってますよ。私も視た記憶が有ります。かなり前に視たので、titleは覚えられませんでした(けど、とある雑誌で絵本特集が有った時に紹介されていたので其処で知りました。其れなのに、何故か絵だけは覚えていました)。大型書店の児童書コーナーには、在る筈ですよ。私も探してみます。
平和憲法の本質は、 (abadon)
2017-04-23 23:01:20
平和を愛する諸国民の信頼を得られなくひとたび戦争となれば、われら日本人は従容として死につくだけ。
死にたくなければ、諸国民の信頼を得られるよう、努力すべきなんだよ。それが武力よりまさるコクボーなんだと決意したんだ。ケンぽーで。
四川省大地震にあったような災害救助を一生懸命やっていくんだ。
それしかないんだ。
Unknown (abadon)
2017-04-23 23:12:33
爆弾抱えて飛び込むよりは、
9条に殉じて死ぬほうがましだ
爆弾抱えて (abadon)
2017-04-23 23:13:36
飛び込んで死ぬより、
九条に殉じるのがましだ
クール! (一国民)
2017-04-24 00:49:53
abadonさんの御意見、クール(かっこいい)だね! 

私は、自衛隊は決して否定しないし必要だと思うが、考え方はabadonさんに同意。
「風が吹く時」です (kei)
2017-04-24 19:31:07
三角四角さんは金正恩君と意気投合しそうですね。

でも、核を10発以上撃ち返す能力が有っても、第二次大戦後の米国は湾岸戦争意外に勝てた戦争は無いのです。
そして金融破綻間近。
議会に予算が通ってないので、暫定予算の期限が切れる28日以降には軍事費の決済が出来なくなってしまうかも。
それを計算してペンス米副大統領が安倍首相のもろ手を上げての同意を取り付けて北朝鮮の標的を日本の国土に移動させたのだとしたら、トランプ政権の政治力は大したものです。結局最悪状態を避けるのは「知恵」ということですよ。

単独で北朝鮮と戦争する意思も覚悟も理由も無いのに、危険な賭けに簡単に乗る安倍首相は、これが愚かなお爺さんの二の舞になるかもしれないことをちっとも解っていらっしゃらない。
今、全力で引き留めれば、世界中から支持を得られるのにね。GWは副大臣も防衛相も例年通りの外遊三昧だそうです。
何にせよ、彼等にとってはこの危機事態においても国防が優先事項で無いことは明らかですね。
対策とは (マイチェン)
2017-04-29 05:53:42
>戦争に対する対策は戦争を避けることしかない。

離婚に対する対策は離婚を避けることしかない、みたいな話で、これは対策でも何でもない単なる願望にすぎない。
いくら離婚したくなくてゴネても、種々の理由により離婚するのだから。
離婚したくなければ、夫婦の紐帯を強める具体策をとるべき。それこそが対策である。

また、
>政府の対策「ミサイル飛来の時は窓から離れて」。
これは単なる避難方法のアナウンス。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
年金運用資金 クラスター弾製造の米武器会社にも (政治Ⅱ)
良心的年金納付拒否ということは出来ないのだろうか。 もうすぐみんなの年金の為に戦争も仕方がないというふうになるのかも知れない。 年金運用資金 クラスター弾製造の米武器......