Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍首相「憲法改正の項目は国民の議論でおのずと決まる」。でも、国民は改憲自体に関心がありません。

2016年01月07日 | 安倍自民党の危険性

 

 通常国会が始まり、代表質問が続いているのですが、安倍首相が憲法「改正」についてふざけた答弁をしていることにお気づきになったでしょうか。

 2016年1月7日、参議院でも代表質問が始まったのですが、民主党の前川議員から具体的な改憲項目を尋ねられた安倍首相は

「国民の理解を得る努力が不可欠だ。国会や国民的議論、理解の深まりの中でおのずと定まってくる」

としか言わないのです。

 普通、法律の改正でも、必要に迫られて必要な項目を改正するのが当たり前でしょう?

 憲法に関しては、まさに別に改正すべき必要性・緊急性のある項目がないのです。

 つまり、安倍首相がどこでもいいからとにかく改憲したいというだけのことだということが、はからずも明らかになったわけです。

昨日の衆院での代表質問で民主党の岡田克也党首の質問に答える安倍首相。ドーピング検査をした方がいいんじゃないか(笑)。

 


 さらに安倍首相は、

「新しい時代の憲法のあり方について、国民的な理解が深まるように努めていく」

ともいうのですが、国民的な理解も何も、国民はそもそも憲法改正なんて今の政治に求めていないんですよ。

 日本経済新聞社とテレビ東京による、年末の2015年12月25〜27日の世論調査で、安倍政権に2016年に優先的に処理してほしい政策課題を複数回答で聞くと

1 「年金など社会保障改革」が54%

2 「景気対策」が38%

3 「地方の活性化」が32%

4 「財政再建」が30%

5 「外交・安全保障」が25%

だったんです。社会保障と景気対策が1位、2位を占めるというのはどの世論調査でもここのところ同じで、国民がいかに生活不安を抱えているかがわかります。

 ところで、この世論調査で、優先的に処理してほしい項目として「憲法改正」を上げる人は12%しかいなかったというのが冒頭のグラフなんです。

 これ、複数回答可で、それでも12%ですからね。いかに改憲に意欲があるのが安倍首相だけで、国民はちっとも求めていないことが分かります。

安倍首相が日本会議系の改憲集会に「憲法改正に向けて、ともに、着実に歩みを進めてまいりましょう。」

 

 

  ちなみに、自民党員・党友でも、憲法改正を急ぐ必要がないという人が過半数です。

自民党員意識調査 改憲急げ34%、急ぐ必要ない57%。9条変える方が良い37%、変えない方が良い43%。

 

 安倍首相が歴史に名を残したいんだか何だか知りませんが、個人的な名誉欲だか趣味だかで政治をされたんではたまりません。

 しかも、改憲なんて国民を二分して必ず禍根を残すに違いないテーマです。

 うちの国は改憲なんかにエネルギーを注いでいる余裕なんてないんですよ。

 社会保障にも景気対策にも大いに関係する国の一大重要問題、アベノミクス新3本の矢にも入っている少子高齢化対策に全力で取り組んでくださいよ。

 

悲願なのはわかるけど、それは個人的な欲望でしょ。

 

 

追記

 2015年秋に臨時国会の召集を要求されたのに、これを見送ったことについて、安倍首相は

「憲法は召集時期の決定を内閣に委ねている。合理的な期間内に通常国会が召集されれば、憲法に違反しない」

と反論したというのですが、これはもちろん憲法学上は一顧だにされない言い分です。

 なにより、憲法は臨時国会を召集する時期は明言していませんが、開かねばならないことだけははっきり規定しているわけで、合理的な期間内に召集されれば憲法に違反しないというのは臨時国会のことです。

 臨時国会を召集しないで、去年通常国会をした後、また今年の通常国会になっちゃったんですから違憲であることは明らかです。

 ちなみに、臨時国会の召集を請求されたのは2015年10月ですからね。そこから2か月以上あったのに臨時国会を召集しなかったのですから、合理的期間も過ぎていることは明らかです。

 こんな、憲法を守る気がない内閣総理大臣に、憲法改正を持ち出す資格はないのです。

安倍首相が臨時国会召集見送り。都合が悪いと憲法違反。枝野幹事長の「どこの独裁国家だ」は正しい。

臨時国会招集を要求しないおおさか維新、次世代、元気、新党改革は自民・公明と共に議員歳費を返上すべき


 

改憲なんて阻止できても国民の分断は深刻なことになります。

できれば、国会の発議をさせないようにしないと。

そのためには、今夏の参院選挙が極めて重要ですね。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

 
安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない
丸山重威 (著)
あけび書房

戦争法案廃案、安倍政権退陣の闘い、そしてその後の闘い、真に平和で民主的な日本のためを願っての渾身の書。 

 

検証 安倍イズム――胎動する新国家主義 (岩波新書)
柿崎 明二  (著)
岩波書店

「美しく誇りある」父のような国家が国民一人ひとりを子のように指導し、守っていくーー。異次元緩和や賃上げ税制など経済政策から教育、憲法改正、安保法制まで、安倍流国家介入型政治に通底するのは「国家の善意」である。その思考と意志を、国会審議や諮問会議議事録など「首相自身の言葉」から探る。


安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント
朝日新聞政治部取材班 (著)
講談社

「暴挙の安保法制」はなぜ、いかにして、実現してしまったのか?「言論弾圧」「なし崩し」で国民からもついに総スカンを食らった「安保法制ゴリ押し」の基幹―「集団的自衛権行使容認」の形成過程が目に見えて分かる「永田町・霞が関」水面下の記録!

 


アベノミクス「評価せず」44% 本社世論調査 

2015/12/28 21:49 日本経済新聞

 日本経済新聞社とテレビ東京による25〜27日の世論調査で、安倍政権の経済政策「アベノミクス」を「評価する」は38%で「評価しない」の44%を下回った。同様の質問をした8月調査からそれぞれ横ばいだった。

画像の拡大

 

 安倍晋三首相は9月の自民党総裁再選後に「国内総生産(GDP)600兆円の達成」などの「新3本の矢」を発表し、経済成長のてこ入れを図っている。その前後で受け止め方にほとんど差がないことがわかる。

 女性はアベノミクスを「評価する」が33%にとどまり「評価しない」の44%を下回った。男性は「評価する」が44%、「評価しない」が43%で拮抗した。家計を預かることの多い女性の方が厳しい見方をしている。

 内閣支持層は「評価する」が67%で「評価しない」が18%。不支持層は「評価する」が9%、「評価しない」が83%。経済政策への評価が内閣支持、不支持を分けているようだ。

 安倍政権に来年、優先的に処理してほしい政策課題を複数回答で聞くと「年金など社会保障改革」が54%で最も多かった。続いて「景気対策」が38%、「地方の活性化」が32%、「財政再建」が30%だった。「外交・安全保障」は25%だった。

 社会保障改革を求める声は男女とも最も多い。内閣支持、不支持、支持政党の違いにかかわらず最多だった。安倍首相の持論である「憲法改正」は12%と、関心は高くはなかった。

 前回同様の質問をした10月初めの調査では29%で、3位だった「原発・エネルギー政策」は5ポイント低下して6位。社会保障改革、地方の活性化、財政再建はそれぞれ4ポイント上昇した。

 

安倍首相、憲法改正へ「国民の理解が不可欠」

2016年01月07日 12時28分 読売新聞

 安倍首相は7日午前の参院本会議での代表質問で、憲法改正について、「多くの党・会派の支持をいただき、国民の理解を得る努力が必要不可欠だ」と述べ、民主党など野党に協力を求める考えを強調した。

 具体的な改正項目に関しては、「国会や国民的な議論の深まりの中で、おのずと定まってくる」と述べるにとどめた。

 野党側が「憲法違反」と批判している昨年の臨時国会召集見送りについては、「憲法は召集時期の決定を内閣に委ねている。合理的な期間内に通常国会が召集されれば、憲法に違反しない」と反論した。

 一方、低所得高齢者向けの3万円の臨時給付金について、民主党の前川清成氏が「参院選対策のバラマキ」と批判したのに対し、首相は「かつて(民主党の)海江田代表も、『このような政策は財源を見据えて行っていくべきだ』と発言している。選挙対策との批判はまったく的外れで、天につばするものだ」と述べた。

 

2016.1.7 13:59 産経新聞

改憲案「おのずと定まる」首相、各党支持に意欲 参院代表質問

 安倍晋三首相の外交報告と麻生太郎副総理兼財務相の財政演説に対する各党代表質問が7日、参院本会議で行われた。首相は答弁で、夏の参院選で争点に掲げる憲法改正の具体的な項目に関し「国民的議論と理解が深まる中で、おのずと定まると考えている」と強調した。改憲の国会発議は衆参両院とも総議員の3分の2以上の賛成が必要なのを踏まえ「できるだけ多くの各党の支持をいただき、国民の理解を得るための努力が不可欠だ」とも述べた。

 平成29年4月の消費税再増税に伴う軽減税率制度について「日々の生活の中で幅広い消費者が買い物の都度、痛税感の緩和を実感できる」と利点を主張。複数税率に対応するレジの改修など中小企業支援策に関し「予備費や補正予算で手当てしている。政府として万全の準備を進めていく」と説明。民主党の前川清成氏は、安全保障関連法などを挙げ、首相の政治姿勢に関し「憲法は存在しないのと同じだ」と批判。

 

首相、改憲条項「国民の議論で」 参院代表質問 

2016/1/7 11:22 日本経済新聞

 参院は7日の本会議で、安倍晋三首相の外交報告と麻生太郎財務相の財政演説への各党代表質問を実施した。首相は憲法改正について「どの条項をどのように改正するかは、国民的な議論と理解の深まりのなかでおのずと定まってくる」と指摘。「新しい時代の憲法のあり方について、国民的な理解が深まるように努めていく」とも語った。

 「ばらまき」との批判がある所得の低い高齢者への1人当たり3万円の臨時給付金に関しては「税収増というアベノミクスの果実が生まれた今、その果実を活用して臨時的な給付金を支給をする。今年前半の個人消費の下支えなどで1回限りの措置だ」と述べた。民主党の前川清成氏への答弁。

 自民党の末松信介幹事長代理は、首相が掲げる国内総生産(GDP)600兆円や出生率1.8などの達成に向けた具体策を質問。公明党の長沢広明氏は、軽減税率の円滑な実施に向け中小事業者への支援策を求めた。

 午後は共産党の井上哲士、民主党の大野元裕両氏が質問する。

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 志位共産党委員長の「北朝鮮にリ... | トップ | 1月7日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りです (一国民)
2016-01-07 17:33:35
この投稿記事、正にその通りです激しく同意します。一般国民は憲法改正になど関心もなければ望んでもいません。

この馬鹿な安倍というお坊ちゃまとその取り巻きのみが憲法9条の改正の”好機”と考え関心が高いだけ。自分の野望が国民の希望と勘違いしているのでは?あるいは、そうなるように必死に誘導しているのだが、ちっとも国民が付いてこない裸の王様ということ。

現内閣に限らず、一般国民は自分の暮らし向きが良くなることしか政治には期待していない、と言っても過言では無い。それほど憲法改正の緊急性も必要性も感じていない。現在の内閣支持率だって、消極的支持が圧倒的多数ということ。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-01-07 18:01:48
 世論調査で、安倍政権に2016年に優先的に処理してほしい政策課題として挙げられた表題は、全て、何もしないで欲しいものです。

 だって、一般国民からみれば、「年金など社会保障改革」は、全て削減されるに決まってますし、「景気対策」は、国債を無尽蔵に発行して大企業にバラマキするだけですし、「地方の活性化」も、またまた、箱物の建設等でバラマキするだけだし、「財政再建」を御題目にして一般国民には増税して大企業には減税でしょう?

 その他も同じです。 ですので、安倍政権には、何もしないで欲しいのです。 少なくとも、何もしなければ、今より悪くならないでしょう? 
Unknown (なすび)
2016-01-07 18:05:13
アメリカの意向じゃないでしょうかね。
安倍政権に限らず、すべての政権はアメポチです。
(私は共産党が政権をとってもそうなると思います。)

安保、日韓合意、改憲・・・すべて繋がっていると思います。
アメリカが東アジアから引く分、日本よろしくという感じではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2016-01-07 18:25:41
バカな憲法学者と付き合うのは時間の無駄だから、解釈によってぶれない様に、実態に合わせて文面を変えるべきだと思う。 

9条の現状維持なんて、97条違反だからありえない。
憲法の条文が憲法違反ということはありえません (raymiyatake)
2016-01-07 18:42:47
コメントにはハンドルネームをお願いしています。

当ブログへのコメント
あまりお答えできませんがコメントを歓迎しています。
記事に批判的でも一向にかまいませんが、必ず記事を読んでからコメントしてください(笑)。
名誉毀損・プライバシー侵害・わいせつなど違法なもの、人を不愉快にする・品が悪いもの、感情的なもののみ承認しません(URLがある場合、そのリンク先を含む)。  

コメントにはお一人お一つ必ず固定ハンドルネームをつけてください(このブログ限りの物でも結構です)。  
「通行人」とか「通りすがり」とか「名無し」とか「匿名希望」などの無個性なものではなく、必ず個性的な素敵なのをお願いします。  
以上のようなハンドルネームのないコメントは原則として承認いたしませんので、よろしくお願いいたします。  

とはいえ、堅苦しいことは言いませんので、どんどんコメントをお願いいたします!
そこまで分かっていて、何で自公に投票するんだよ?! (バードストライク)
2016-01-07 18:51:46
メビウスの輪じゃないが、憲法改正を求めず、アベノミクス(笑)の効果にも懐疑的もしくは否定的なのに、なぜ自公に投票するの?

もうこの疑問に対する納得いく答えはひとつしかないと思う。

ーー 「 不正選挙 」 ーー

ムサシの開票読み取り機 www 。
アベ憲法を許さない (茶碗を洗う人)
2016-01-07 18:53:16
司法やらテレビやら新聞を操れるから好き放題憲法を蹂躙しておいて。近い将来もしも国民が目が覚めて、あれやこれやの憲法違反を追及されたときに、もう憲法かえっちゃってるよって、そういう腹なんでしょうか。政権の悪行三昧を保障する憲法なんて、ほんとに誰が理解するんですか。
自分の“願い”を叶える為に (リベラ・メ)
2016-01-07 21:02:55
安倍首相が何故首相になったかと言えば、自分の願い―つまり「日本国憲法を大日本帝國憲法に“戻して”1945年8月14日以前の日本にする為」に総理になったの。そう考えると、安倍首相の発言や行動や態度に合点が行く。流石にみんな、改憲よりも生活の安定を望んでけど、安倍首相の関心と目標は“あくまでも改憲”しか頭にない。
日本の未来 (河内のおじいちゃん)
2016-01-07 21:26:20
この先日本はいったいどんな国になろうとしているのだろう。
宗教じみた政党になってしまった自民党。
自分の事しか考えられない議員。
国民をどうやって騙そうかとしか考えていない内閣。
平気で憲法違反するような人間に、憲法改正を委ねる事になるのだろうか。
なんと怖ろしい。
近年、資本主義がねじ曲がり政党政治が崩れだした。
正しい経営者がいなくなり、株主の方ばかり見ている。
議員の6割を占める政権政党。その6割の意見で議案が成立してしまう。議員の36%の賛成である。
今は四,五人の中心人物の意見で決まっているんじゃないかな?
アーミテージの筋書き通り決まるなら、たった一人の考えで決まるなら、民主主義さえも終わろうとしている。

次の若い世代に期待するしかないのだろうか。
これはちょっと目ウロコかも (masaki)
2016-01-07 21:57:05
次の選挙、
「みなさん、改憲とみなさんの日々の生活、どっちから始めたらいいですか?」って問い続けたらどうでしょう。

改憲VS護憲で戦うより、わかりやすいかも、です。

だって、もう、いい憲法持ってるんですから、私たち。
持ってないもの、見えないものに対する不安を取り除いてほしいのは当然。

冬休みにやってた「人生ゲーム」、アベさんたちは、ゲーム盤の外でぐるぐる、ツールを手にしたことを喜んでるだけ。多少のトライアンドエラーはあってもいいから、確実に一歩一歩よいほうに進むことを目指すプレイヤーに参加してほしいものです。
masaki様 (バードストライク)
2016-01-08 00:54:21
おお、いいアイデアですね!!

> 改憲選びますか?
> 生活守りますか?

「 答えは決まってるだろ、
国民の生活が、第一! 」

あれ? なんか聞いたことのあるフレーズだぞ(笑)。
冗談はさておき、わかりやすいし、good。
緊急事態条項と二院制 (一国民)
2016-01-14 23:42:34
アホの安倍は憲法改正の手始めとして、緊急事態条項の創設を目論んでいる、という報道を見聞きするが、これはやっぱり不要。

池上彰さんのニュース解説番組で、衆議院と参議院の二院制のメリットについて、稀に解説が出てくる。これは、要するに、災害等不測の事態時に、どちらかの院で国会の空白を無くす意味合いがある、というもの。

緊急事態条項では国会議員の任期を延期できるという内容が入っているらしい。既に国会の空白を埋める体制があるのだから、どう考えてもそんな緊急事態条項など不要。衆参合わせて700人以上の国会議員がいるのだから。
内閣だって、誰かが無くなった場合の規定も既にある。それに、発展途上国と異なり、日本は経済的に恵まれていると言えるので、クーデターなどもはや起こりえない。

よって、わざわざ独裁を許すような緊急事態条項など全く不要。冷静に順を追って考えていけば、国民を騙そうとしか考えていないアホの安倍と自民党の薄汚さがよく分かる。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
民主党も維新の党も,まだぐずってるのか (銅のはしご)
§ 野党共闘をのぞむ国民に本気で向き合うつもりなのか?