Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

4月20日(木)のつぶやき その2

2017年04月21日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月20日(木)のつぶやき その1 | トップ | 共謀罪 一般人の人権侵害の... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
此れって確信犯 (リベラ・メ(本物の))
2017-04-21 22:29:33
直接的じゃないけど、“政府与党のやり方言い方が己の思いと一致したので”持って行ったのだと思う。偶然じゃない。
あんぽ柿、そして、安倍首相の辞書には××の文字は? (nanijiro-i)
2017-04-21 23:27:39
ブログ再開おめでとうございます。
それなのに、記事への感想も投稿しようと思いつつ、関係ない投稿で恐縮です。
渡辺輝人さんのリツイートを見ていたら、こんなのがあった。
キャオ@大阪トホホ団亡者戯‏ @tohohodan
山尾「今回、辞書にあると総理が仰ったがファクトでなかった。これを当たり前にしたくない。強弁すれば乗り切れるという前例を先例にしたくない。憲政史上初の局長登録も二回目は一回目より楽でしょう。理屈が通らないことが積み重なると道理が引っ込む。法務委員会はそういう委員会であるべきではない
安倍首相の辞書はどれだ! 「そもそも」を「基本的に」と書く辞書を探す旅
http://fngsw.hatenablog.com/entry/2017/04/19/231153
首相答弁の「そもそも」、意味はそもそも? 国会で論戦
http://www.asahi.com/articles/ASK4M3RGSK4MUTFK008.html
昨年初春のことだが、こんなことがあった。
安倍首相「あんぽ柿で安保国会乗り切った」
http://www.sankei.com/politics/news/160114/plt1601140046-n1.html
このとき思ったのは、あんぽ柿は、安保国会のころに食べることができたのだろうかということだ。記事は「冗談交じりに」と書いてはいるものの、ファクトに反するのではないか、ということだ。
ウィキペディアによると「乾燥した涼しい風通しの良い場所につるしたり、冷蔵庫で保存すれば3ヶ月~半年以上保存できるが、長期にわたって保存した場合には、次第に乾燥が進み、ころ柿のようにだんだん堅くなる。」
ある通販サイトでは「発送日より15日間が賞味期限」とのこと。
安倍首相は「潰瘍性大腸炎」ということであるが、賞味期限切れのあんぽ柿で国会を乗り切ったと言っていることになる。
さて、「質問主意書」は出るのかな?
類語とは、同じでないということ (nanijiro-i)
2017-04-23 01:34:08
金子勝さんのツイッターで、上記について記されていたので、上記投稿者みずから、ご報告する。
類語だったんじゃないか、と。
weblio類語辞典にあるんだそうな。
http://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%81%9D%E3%82%82%E3%81%9D%E3%82%82
ところで、類語とは、似て非なるもの、というのが、わたしの経験則である。
あたかも、共謀罪、テロ等準備罪のごとくに。
似て非なるものを同一とみなして、いわば法を恣意的に拡大解釈していくという、あべ的非立憲らしさが、ここに絶望的にあらわれた答弁だったのではないか。
「小さなことが小さなことでない。大きなことが大きなことでない。それは心一つだ。」(有島武郎)
史上初? (nanijiro-i)
2017-04-30 14:48:02
毎日新聞のウェブ・トップ記事は……
https://mainichi.jp/
首相国会答弁…校閲記者の立場から
「校閲ガール」が話題になりましたが、校閲記者が記事のトップになったのは史上初?
以上、続報でした。
どだい、無理なら、撤回しかない (nanijiro-i)
2017-05-12 22:47:09
質問主意書、出てたんですね。
安倍首相「そもそも」用法、政府が答弁書で正当化
https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00e/040/296000c
その前に......
毎日の記事が、ウェブ毎日のトップだったって、書いたけど、それはこれ。
首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
https://mainichi.jp/articles/20170430/k00/00m/040/109000c
関西版とちょっと違うのも、おもしろい。考察に値するかも。
【そも・そも】=基本的に? 辞書編者「そもそもそんな意味ない」 首相答弁を校閲
https://mainichi.jp/articles/20170430/ddn/041/010/015000c
この記事(わたしは東京版で見た)について、校閲・岩佐氏批判が必要かなと、思っていた。
さて、さきの答弁書を受けて、岩佐氏が書いた記事がアップされていた。
政府答弁書 「そもそも」は基本的に 文法的にどだい無理
https://mainichi.jp/articles/20170513/k00/00m/040/084000c
ここでの岩佐氏の校閲者としての分析は的を射ている。「文法的に理屈が通らず、頭が混乱した」
1. 大辞林の「どだい」は、名詞用法。(問題になっているのは副詞用法)。「どだい」の意味として挙げる「基本」も名詞だが、首相のいう「基本的に」は名詞ではない。
2. 「どだい」に副詞用法もあるが、否定的文脈で使われる。
※この「2」の「否定的文脈」というところまでは、わたしは思い至らなかった。よって、今日は、岩佐氏批判はよすことにした。
それに、三省堂の辞書編集者のコメントをとっているのが、いい。
あと、渡辺輝人弁護士のツイッターのコメントも同感。
https://twitter.com/nabeteru1q78
こういう、似て非なるものを同じであると強弁して物事を進めることで、ゆがんだ政治が行われる。
そういうことに、このことはつながっていると思う。
朝日の記事ものせておく。
首相の「そもそも」、大辞林では… 答弁書で発言正当化
http://www.asahi.com/articles/ASK5D5DG5K5DUTFK00D.html
首相答弁の「そもそも」、意味はそもそも? 国会で論戦 南彰
http://www.asahi.com/articles/ASK4M3RGSK4MUTFK008.html
ちなみに、大辞林と同じ編者で、あとから出た辞書に「大辞泉」があり、大辞泉には、大辞林の語釈をふまえて、それを検討しなおしているような印象もあるが、この「そもそも」の項には「どだい」の語釈はない。それに、首相の用法は副詞であるが、大辞林の「どだい」の副詞用法の語釈は「もともと」「元来」であり、山尾さんが言っているとおりということになる。語るに落ちているよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツイートまとめ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL