Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

過去最大級の米韓合同軍事演習始まる。先制攻撃・金正恩暗殺も含む内容。北朝鮮が核攻撃示唆。やめろ!

2016年03月07日 | ツイートまとめ

 

 もし、中国人民解放軍の兵士1万5000人と北朝鮮軍30万人の兵士が、北朝鮮の領海や公海で合同軍事演習をしたら、皆さんはどんな気持ちがしますか。

 その中身が、日本の内陸部に深く侵入し、首都東京にまで進攻し、特殊部隊が安倍首相以下主だった閣僚を暗殺するというものだったとしたら。。。

 今日始まった米韓合同軍事演習はそういう内容の演習です。北朝鮮が猛反発するのも無理はありません。

 この演習は毎年この時期に韓国で行われているものですが、今回は、北朝鮮による4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受けて、過去最大の規模となり、韓国軍からこれまでの1・5倍のおよそ30万人、アメリカ軍からいつもの倍のおよそ1万7000人がそれぞれ参加するほか、アメリカ西部ワシントン州を母港とする原子力空母「ジョン・ステニス」や、最新鋭のステルス戦闘機「F22」なども派遣されます。

 

 また、演習では、北朝鮮からの攻撃を想定して、指揮系統の連携などを確認するための図上訓練に加え、海兵隊が海から上陸し、北朝鮮の内陸部に進撃する訓練を時間をかけて行うなど、例年よりも実戦的な形になります。

 しかも、韓国メディアは、北朝鮮が韓国に攻撃を仕掛ける兆候が確認された場合、米韓両軍の特殊部隊が北朝鮮国内の核やミサイルの施設を破壊したり制圧したりするほか、「斬首作戦」と称してキム・ジョンウン第1書記ら要人を暗殺する訓練も行われると伝えています。

 現に、米軍は中東でテロ組織の幹部を射殺する作戦に従事した特殊部隊を韓国に派遣しています。

 これは「演習」と言えば聞こえはいいですが、これは北朝鮮の核実験と同じで、完全に武力による威嚇です。日本にある米軍基地からこういう作戦に米軍が参加していること自体が憲法9条に反する可能性があります。

 

 北朝鮮は、これに対して

南朝鮮の作戦地域内の主要打撃対象を射程圏内に置く攻撃手段が実戦配備され、アジア太平洋地域の米帝侵略軍基地と米本土を標的にする、強力な核攻撃の手段が恒常的に発射待機状態にある。今直ちに敵撃滅の発射ボタンを押せば、挑発の各本拠地をあっという間に火の海、灰燼にするであろう。

と恐ろしげな警告をしているのですが、これは核先制攻撃を示唆したものと言えるでしょう。



 もう何時、「偶発」核戦争が起こってもおかしくない状況ですが、この演習は来月4月末まで一か月半以上も延々と続くのだそうです。北朝鮮の神経がこの威嚇に耐えることができるでしょうか。

 戦争になるかならないかを北朝鮮指導部や軍部の忍耐力に頼るようなチキンレースは絶対にすべきではありません。

 つまりこれは、北朝鮮が耐えることができなくて反発をし、軍事衝突が起きても、米韓は一向にかまわないと思っているとしか考えられません。つまり、第二次朝鮮戦争が勃発してもいいとさえ想定しているわけです。

 合同演習をしているということはまさに臨戦態勢なのですから。

 この戦争がどういう帰趨となるかは予断を許しませんが、北朝鮮の体制が崩壊したら、何十万、何百万という北朝鮮難民が日本海に押し寄せてくることは確実です。

 日本の皆さんはそこまで覚悟してこの演習を見守っているのでしょうか。第二次朝鮮戦争を勃発させかねない米韓軍事合同演習に強く反対し、抗議します。


参考記事 御苑のベンゴシ森川文人のブログさんより

明日始める核戦争?・・・北朝鮮に史上最大の作戦


本当に挑戦で戦争になったりしたら、日本経済はほんとにおしまいですよ、軍需産業以外。

むしろ、米韓を日本が必死で止めないといけない。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

砂川事件と田中最高裁長官
布川玲子 (著, 編集), 新原昭治 (著, 編集)
日本評論社

60年安保改定交渉の山場に出された砂川事件伊達判決は、米国にとって途方もない脅威だった。極秘だった新資料によって裏舞台を暴く。伊達判決をつぶし60年安保改定を強行した裏舞台の全て。

 

検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
吉田 敏浩 (著), 新原 昭治 (著), 末浪 靖司  (著)
創元社

1959年12月16日、在日米軍と憲法九条をめぐって下されたひとつの最高裁判決(「砂川事件最高裁判決」)。アメリカ政府の違法な政治工作のもと出されたこの判決によって、在日米軍は事実上の治外法権を獲得し、日本国憲法もまた、その機能を停止することになった…。大宅賞作家の吉田敏浩が、機密文書を発掘した新原昭治、末浪靖司の全面協力を得て、最高裁大法廷で起きたこの「戦後最大の事件」を徹底検証する!!

 

「法の番人」内閣法制局の矜持
阪田 雅裕 (著), 川口 創  (著)
大月書店

憲法9条の解釈変更=集団的自衛権容認は許されない!長年にわたり政府の憲法解釈を担い、いま岐路に立たされる内閣法制局の元長官みずからがその内実と責務を語り、解釈改憲がもたらす立憲主義の破壊に強く警鐘を鳴らす。
戦後60余年積み重ねられた憲法解釈の重みをもっとも知る人物が語る、立憲主義の要としての法制局の責務とその危機。全国民必読の書!

 

政府の憲法解釈
阪田 雅裕 著
有斐閣

60余年積み重ねられてきた政府の憲法解釈とは
政府の憲法解釈とは何か,これまで憲法の各条文について国会・行政の場でどのような議論が交わされてきたのかを,国会議事録・答弁書等を資料として引用し,元内閣法制局長官である著者が詳解する。憲法改正を語る前に理解すべき,政府の憲法解釈を知るための書。

 

米韓合同軍事演習始まる

3月7日 12時10分 NHK


 
7日、韓国で、アメリカ軍と韓国軍の定例の合同軍事演習が始まりました。北朝鮮が激しく反発するなか、韓国国防省の報道官は「北朝鮮が挑発を強行すれば容赦なく対応する」と述べ、警告しました。
韓国国防省のムン・サンギュン(文尚均)報道官は7日午前行われた定例の記者会見で、アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習の開始を発表しました。
この演習は毎年この時期に韓国で行われているものですが、今回は、北朝鮮による4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受けて、過去最大の規模となり、韓国軍からおよそ30万人、アメリカ軍からおよそ1万7000人がそれぞれ参加するほか、アメリカ西部ワシントン州を母港とする原子力空母「ジョン・ステニス」や、最新鋭のステルス戦闘機「F22」なども派遣されます。
また、演習では、北朝鮮からの攻撃を想定して、指揮系統の連携などを確認するための図上訓練に加え、海兵隊が海から上陸し、北朝鮮の内陸部に進撃する訓練を時間をかけて行うなど、例年よりも実戦的な形になります。
これに対し、北朝鮮はキム・ジョンウン(金正恩)第1書記が核ミサイルの実戦配備に言及したほか、7日朝、国防委員会が声明を出し、先制攻撃も辞さない構えを示すなど、激しく反発しています。
韓国国防省のムン報道官は会見で、「北朝鮮はみずからを破滅に追い立てる軽挙妄動を直ちに中断しなければならない。北朝鮮が挑発を強行すれば容赦なく対応する」と述べ、警告しました。
アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習は来月末まで行われます。
 
 

 【ソウル=島崎諭生】米韓両軍は七日から、定例の合同軍事演習を韓国や周辺海域で行う。北朝鮮による四度目の核実験と事実上の長距離弾道ミサイル発射を受け、過去最大規模の米軍約一万五千人、韓国軍約二十九万人が参加。韓国メディアによると、北朝鮮への先制攻撃も念頭に置いた新作戦「5015」を初適用する。北朝鮮は演習に強く反発しており、新たな挑発行為に出る可能性もある。

 演習は四月末までで、指揮系統を確認する「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」を実施。海岸への上陸作戦だけでなく、内陸部まで素早く進撃し、北朝鮮の核やミサイル施設に打撃を加える訓練を強化する。

 北朝鮮に核兵器を使う兆候がみられた場合、特殊部隊が承認権を持つ人物を排除する「斬首作戦」の訓練も行われる予定。米軍は中東でテロ組織の幹部を射殺する作戦に従事した特殊部隊を韓国に派遣した。

 また、米軍は原子力空母ジョン・C・ステニスに加え、ステルス爆撃機B2の派遣も検討しており、最先端兵器を総動員して北朝鮮に圧力をかける方針だ。

 一方、北朝鮮は米韓の「斬首作戦」に強く反発している。朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は六日、「先制攻撃は米国だけの独占物ではない」との論評を掲載。「われわれは任意の時刻と場所に米国の地を粉砕できる」として、特殊部隊が動きを見せた場合、米本土に核攻撃を行うと警告した。

 韓国戦略問題研究所の文聖黙(ムンソンムク)統一戦略センター長は「北朝鮮の反発は続くだろう。(米韓両国は)北朝鮮によるミサイル発射のほか、後方施設に対するサイバー攻撃などのテロにも備える必要がある」と指摘した。

 

きょうから米韓合同軍事演習 過去最大規模に

3月7日 4時07分

 
アメリカ軍と韓国軍は、7日から韓国で定例の合同軍事演習を行います。今回は、北朝鮮による核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受けて、演習の規模が過去最大で、より実戦的な形になる見通しで、これに強く反発する北朝鮮のさらなる挑発が懸念されます。
アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習は、毎年この時期に韓国で実施されるもので、ことしは7日から来月末まで行われます。
今回は、北朝鮮による4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受けて、韓国軍からおよそ29万人、アメリカ軍からおよそ1万5000人がそれぞれ参加するほか、アメリカ西部ワシントン州を母港とする原子力空母「ジョン・ステニス」や、最新鋭のステルス戦闘機「F22」などが派遣され、過去最大規模となります。
また演習では、北朝鮮による攻撃を想定して指揮系統の連携などを確認するための図上訓練に加え、海兵隊の部隊が海から上陸し北朝鮮の内陸部に進撃する訓練を時間をかけて行うなど、例年よりも実戦的な形になる見通しです。
これについて北朝鮮は、韓国大統領府やアメリカ本土などへの先制攻撃も辞さないとする、軍最高司令部の「重大声明」を出したほか、キム・ジョンウン(金正恩)第1書記が核ミサイルの実戦配備に言及して米韓両国を威嚇するなど、強く反発しており、国連安全保障理事会での制裁決議の採択にも対抗してさらなる挑発に出ることが懸念されます。

韓国メディア「要人暗殺の『斬首作戦』も」

北朝鮮による攻撃を想定して毎年この時期に韓国で行われる、アメリカ軍と韓国軍の合同軍事演習は、コンピューターを使ってさまざまな事態への対応と指揮系統の連携を確認する図上訓練「キー・リゾルブ」と、米韓両軍の海兵隊による上陸訓練「フォール・イーグル」からなります。
このうち北朝鮮が特に警戒している「フォール・イーグル」では、今回、海から上陸し北朝鮮の内陸部へ進撃する訓練を時間をかけて行うなど、例年より実戦的な形になる見通しです。
また、韓国メディアは、北朝鮮が韓国に攻撃を仕掛ける兆候が確認された場合、米韓両軍の特殊部隊が北朝鮮国内の核やミサイルの施設を破壊したり制圧したりするほか、「斬首作戦」と称してキム・ジョンウン第1書記ら要人を暗殺する訓練も行われると伝えています。
一方、アメリカ軍は今回の演習期間中、原子力空母「ジョン・ステニス」をアメリカ西部ワシントン州から派遣するとともに、最新鋭のステルス戦闘機の「F22」やステルス爆撃機のB2なども投入し、米韓合同軍事演習や、国連安全保障理事会で採択された制裁決議に反発している北朝鮮を強くけん制する構えです。

北朝鮮 演習に合わせ軍事的挑発

北朝鮮はこれまでも、アメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習に合わせて軍事的な挑発をたびたび行ってきました。
2013年3月、北朝鮮軍の最高司令部は、朝鮮戦争の休戦協定の白紙化や南北の不可侵合意の無効を一方的に宣言するとともに、「追加の対抗措置を連続して取る」と警告し、米韓両国に揺さぶりをかけました。
また、おととし3月には、2度にわたって短距離弾道ミサイル「スカッド」や中距離弾道ミサイル「ノドン」とみられるミサイルを発射したほか、去年3月にも「スカッド」とみられる弾道ミサイル2発を日本海に向けて発射しました。
北朝鮮は、ことしも米韓合同軍事演習を前にして、軍最高司令部の「重大声明」を発表し「敵の武力と装備がささいな動きでも見せた場合、先制的な作戦に入る」として、韓国大統領府やアメリカ本土への先制攻撃も辞さないと威嚇しており、米韓両国は北朝鮮による新たな軍事挑発への警戒を強めています。

 

北朝鮮 米韓軍事演習前に「先制攻撃辞さない構え」

3月6日 22時46分 NHK


 
アメリカと韓国による定例の合同軍事演習が7日から過去最大規模で始まるのを前に、北朝鮮は6日夜、談話を発表し、「アメリカが核で威嚇する状況で、われわれが先制打撃で対応するのは、自衛権の行使だ」として先制攻撃も辞さない構えを示して威嚇し、アメリカを強くけん制しました。
アメリカと韓国は、毎年この時期に合同軍事演習を行っていて、ことしは北朝鮮による4回目の核実験や事実上の長距離弾道ミサイルの発射を受けて、演習は過去最大規模になる見通しです。
これを前に北朝鮮外務省は6日夜、報道官談話を発表し、「敵に対する軍事的対応は、すべて先制攻撃できるように転換する。アメリカが核で威嚇する状況で、われわれが先制打撃で対応するのは、当然の自衛権の行使だ」として先制攻撃も辞さない構えを示して威嚇しました。
そして、「われわれの軍隊は、核攻撃の照準器でアメリカを注視しており、アメリカの領土を焦土化する一念で燃えている」として、アメリカを強くけん制しました。
北朝鮮は先月、韓国大統領府やアメリカ本土などへの先制攻撃も辞さないとする軍最高司令部の「重大声明」を出したほか、今月4日にはキム・ジョンウン(金正恩)第1書記が核ミサイルの実戦配備に言及するなど、米韓両国を威嚇していて、関係国はさらなる挑発行為への警戒を強めています。
 

北朝鮮、核の先制攻撃を示唆 米韓合同軍事演習に激しく反発

投稿日: 2016年03月07日 12時12分 JST 更新: 1時間前
 

北朝鮮政府の最高機関にあたる国防委員会は3月7日、この日から始まる米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」「フォール・イーグル」に対抗する形で、アメリカや韓国に対し「無慈悲な殲滅的打撃を加えられるよう、先制攻撃的な軍事的対応を取る」とする声明を発表した。国営朝鮮中央通信が伝えた。

米韓合同軍事演習は毎年定例化されているが、2015年は韓国軍約30万人、アメリカ軍約1万5000人が参加し、過去最大規模で実施される

声明は、国連安全保障理事会による制裁決議と、それに続く米韓演習などの軍事的脅威に対抗して「尊厳あるわが共和国の自主権と安全を乱暴に侵害したあげく、我々の生存空間を核の惨禍に追い立てるアメリカと、その追随勢力の核戦争挑発の狂気に全面対応するため、総攻勢を仕掛ける」と述べた。

また、演習に北朝鮮首脳部を狙った「斬首作戦」担当の特殊部隊が参加すると批判し、以下のように先制攻撃の態勢が整っていると強調。アメリカや韓国が軍事的行動に出る場合は「その機会を逃さず、正義の統一聖戦で我が民族最大の悲願を成就する」と、韓国への軍事侵攻を示唆した。

南朝鮮の作戦地域内の主要打撃対象を射程圏内に置く攻撃手段が実戦配備され、アジア太平洋地域の米帝侵略軍基地と米本土を標的にする、強力な核攻撃の手段が恒常的に発射待機状態にある。今直ちに敵撃滅の発射ボタンを押せば、挑発の各本拠地をあっという間に火の海、灰燼にするであろう。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍・高市「電波停止発言」を支... | トップ | 【朗報】田母神元航空幕僚長の事... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつになく大規模演習ですよね。 (K)
2016-03-07 14:22:33
いざ戦争になった時、ロシア・中国がどう動くかで、限定的な戦いになるのかどうかが決まると思う。
最悪、第3次なんてことも。。。

> 日本にある米軍基地からこういう作戦に米軍が参加していること自体が憲法9条に反する可能性があります。

もうちょっと深く知りたかったです。
憲法は、米軍にも適用されるということでしょうか?
Unknown (マルメン)
2016-03-07 16:55:28
外交安保は常に硬軟取り混ぜた対応とメッセージの送りあいでしょう。
下手なメッセージを送れば南シナ海の件やウクライナみたいになる。
「譲りあえば解りあえる」みたいな公共広告機構CM脳で、素朴な正義感振り回すわけにはいかないでしょう。
それではチャーチルが呆れた戦前の日本外交と何ら変わらない(ベクトルが逆なだけ)。
関連して質問です (調査員)
2016-03-07 17:10:16
 東アジアで緊張が高まっている事はその通りだと思います。そこで法律家の方にお伺いしたい事がありコメントさせていただきます。
 大韓民国憲法39条に
 「すべての国民は法律の定めるところにより国防の義務を負う」とあり、在外国民も年齢も性別も規定がありません。 これは日本に在住する韓国籍の方も韓国兵務庁傘下の軍属になる、と解釈できますがいかがでしょうか? 

 同様に中国でも2010年7月1日より、18歳~60歳の男性・18歳~55歳の女性は国内外を問わず有事の際は国防動員令の対象となるようです。

 日本にはこのような国防動員令はありませんので、理解がしずらいところです。東アジア有事の危険性が高まっている中ですので、ご教示賜れば幸いです。 
Unknown (とら猫イーチ)
2016-03-07 17:54:07
 日本での報道が、全て、北朝鮮が「総攻撃に入る」と誤報(意図的か)しているのが気になりますね。

 正確には、ソウル聯合ニュースが伝えるように、「総攻勢に入る」ですからね。 両者を比較すれば、相当なニュアンスの違いがあります。 誤報なのか、意図的なのか、何方でしょうか。

 Daily NKの編集長が、言われるとおりに、マスコミは、正確に報道して頂きたいものです。 或は、今や、そのような報道姿勢そのものを失ったのでしょうか。
 
(引用)
 「朝鮮半島情勢は今後ますます、危機の度合いを深めて行く可能性が高い。そんなときだからこそ、マスコミは慎重かつ深層をえぐる報道を心掛けるべきではないのか。」

北朝鮮は「総攻撃」とは言っていない…誤報多発の裏側
2016年03月07日 | 高英起の無慈悲な編集長日誌, 米韓合同軍事演習 Daily NK
http://dailynk.jp/archives/62793

韓国国防部 北朝鮮の威嚇に「軽挙妄動するな」2016年3月7日11時1分配信 (C)YONHAP NEWS
http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/0307/10162084.html

 さて、今回の米韓合同演習ですが、北朝鮮の核ミサイルが米本土に届くようになってからでは、開戦したとして、米国も被害は免れないでしょうから、米国から観れば、やるとすれば早い方が良いのは確かでしょう。

 米・イラン交渉の推移を観れば、理解出来るように核開発を放棄すれば、米国も可成り軟化するでしょうが、今の北朝鮮体制では、それは無理でしょう。 そうすると、開戦しても叩ける今なら、構わない、と思うので当然では無いでしょうか。 

 張り子の虎並みに、口だけ達者な国の軍備は、通常軍備は、前世紀並みであり、ミサイル基地その他を先制攻撃で破壊し、指導層を抹殺すれば、国家の根幹は機能不全になりますので、時間が鍵の作戦実施になることでしょう。 

 従って、米韓とも、戦争になっても構わない、と思っているでしょうね。 核軍備を備える前にやらなければならない相手、と認識しているでしょうから。 今なら、核を使う前に叩ける、と踏んでいるのでしょう。

 但し、金王朝に、開戦する度胸があるでしょうか。 私は、無い、と思います。 
jissendarouga,ensyuudarouga (1jAP)
2016-03-07 18:13:10
 実戦だろうが演習だろうが、実弾か模擬弾かという差に過ぎず”想定敵”にとっては、凶器準備集合と認識しても不思議はない状況。
 ”狂犬”と考えているのなら尚更挑発は意味不明。叩き潰したとしてその後はどうするのかね? 悪しき情勢が生成した例はご存知のとおりだ。

 ”朝鮮半島で戦が始まれば、特需がある”なんざ希望的観測。想定される難民への現実的対処は到底理解もなく出来ないはずだから、”海上で沈める”という解決策を奴らは考えることでしょう。それでも漁船などでやってくる人々を水際で検挙するか”事故と称した故意によって上陸を阻止するありとあらゆる手段を考える”ことでしょう。
いずれにしても、想定されねばならない難民についての応えなどマトモに日本列島で圧倒的多数の右翼チックな連中から聞いたことがありません。上記の”難民船を海上で沈める”という水際作戦を当方のようなものに酔っ払って熱心に語ってくれた自民党員はいましたが。
 それしか想定していないような連中が、朝鮮半島をブチのめせとか騒々しい事にはアジア主義右翼の悲嘆も聞こえてきそう。
 覚悟も無いのに威勢だけが良い右翼チックなこの列島の9割住民には、リスクを払う気はあるかと真剣に問い質しても”現地で皆殺しにすれば良い”とか”そんなことは意味の無い小事”、”ネガティブキャンペーン”としか聞いたことが無いが、間違いなくそれは現実となるだろうさ。
何も起こらない。 (たろう)
2016-03-07 18:37:52
今回の米韓の合同軍事演習を北朝鮮は牽制しているようだが何もしないし何も起きない。日本は騒がないで静観する事です。
顔面蒼白…。 (リベラ・メ(本物の))
2016-03-07 21:01:59
暗殺訓練?そんな事迄して自らを誇示したいの?ゾッとするわ…。
関連しないし、答える意義もないし、ここには答える義務がある者もいない (Sha Wujing)
2016-03-07 21:20:05
調査員さん

宮武先生のお手を煩わせる必要もないと思いますので、私から。
調査員さんがお尋ねのことは、当件記事と一切関係がありません。米韓両国と朝鮮民主主義人民共和国とが互いに緊張関係を煽り合うような動きを見せていることを批判しているのが当記事です。在日韓国人の動員命令云々は本件と関係がありませんよ。あなた、記事ちゃんと読んでますか?
そんなに大韓民国憲法第39条の国防義務とやらを在日韓国人も負担するのか知りたいのなら、韓国大使館に問い合わせればいい。その方が確実でしょ?
微妙 (mz-dog)
2016-03-07 22:11:09
先にロケット打ち上げたの北朝鮮ですからね。
水爆?実験がその前か。

まあ、ある種の対抗措置ってことでしょう。
外交上のセレモニーみたいな感じなのかな。
中国へのデモンストレーションか?
本気で戦争する気は双方ないんでしょうけど。

敢えて大規模演習をやる必要性は感じませんけど、先に核実験やったりロケットぶっ放したの北朝鮮だからなあ。
そもそも拉致被害者も帰さないし。

敢えて挑発に乗る必要性は全く感じないけど、どっちが悪いかというと・・・・
Unknown (とんへい)
2016-03-07 22:42:50
そういえば、昨年はロシアと中国も日本海で大規模な合同軍事演習を行いましたね。
強襲揚陸を想定した演習でしたから随分と実戦的なものでしたね。
出来れば止めてもらいたいもんですけど、日本国内で特に批難する声は上がりませんでした。
なんでだろう?
Sha Wujing様へ (調査員)
2016-03-08 10:17:44
 宮武先生が共和国の核実験の折に抗議する記事を書かれていたのも読んでおりますので、ブログの趣旨(平和を希求する)は理解しているつもりです。

 国家安全保障に関する真実の情報は市井の人間には届きにくいものです。結果的に最後の最後まで気付かないままに騒乱に巻き込まれることもあるかもしれません。

 東アジア情勢が緊張している、その中で、立場を越えて不安に思うことを質問させていただいたつもりですし、また、集合知として共有することに意味があるとも思いました。煽りと感じられたらご容赦願います。

 アドバイスいただいた通りに質問を致しましたので、回答あれば共有させて頂きます。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-03-11 04:19:22
 今回の米韓軍事演習に北朝鮮が「総攻勢」等と激しく反発している背景には、米軍特殊部隊の参加があることが挙げられると思われます。 報道では、「斬首作戦」と衝撃的です。

 「北朝鮮が7日に始まった韓米キーリゾルブ・イーグル訓練と関連し、特に激しく反発している内容は「斬首作戦」だ。最近、一部メディアが今回の韓米訓練に斬首作戦の訓練が含まれる見込みだと報じたことへの反応と思われる。」

韓国国防部、「斬首作戦」という作戦概念はない hankyoreh 登録 : 2016.03.07 23:25
修正 : 2016.03.08 08:02
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23528.html

 米軍は、特に、北朝鮮への攻撃を企図した特別演習では無いことを表明しています。

 「南北軍事当局間の神経戦が過熱する中、韓米連合軍司令部(連合軍司令部)と在韓米軍が“トーンダウン”に乗り出した。連合軍司令部と在韓米軍関係者は同日、記者団に訓練の背景について説明する際、「今回のキーリゾルブ・イーグル訓練は1年前から計画された年次的な防衛訓練」と強調した。連合軍司令部と在韓米軍の関係者は、「今回の訓練に米軍兵力1万7千人とジョン・ステニス空母強襲団、韓国軍兵力30万人などが参加するなど、歴代最大規模であることは間違いない」としながらも、「北朝鮮の4回目の核実験など、現情勢とは無関係の通常の訓練だ。特に現情勢を想定した訓練と見なすのには無理がある」と述べた。」

韓米合同演習で過熱する南北の舌戦 米軍は沈静化に乗り出す hankyoreh 登録 : 2016.03.07 22:42 修正 : 2016.03.08 07:54
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/23527.html

 ただし、演習へ参加するとされた部隊には、第75レンジャー連隊が挙げられていることに注目しなければならないでしょう。 この部隊そのものも特殊任務に就く場合がありますが、特殊部隊の補助任務につくことが多いのです。 

 米軍には、公式には存在しないものの、事情を知る者なら存在していることが常識である部隊があります。 それは、デルタ・フォース(Delta Force)と呼ばれる特殊部隊です。 

 最近では、IS(イスラム国)対策での作戦に一部が従事しているようで、米国内の報道に観られます。 下に引きましたのは、ISの施設から収容されていた人々を解放する作戦に従事した際のもので、①が、報道、②が施設内の収容者解放の場面です。 作戦では、隊員一名が戦死しています。


2015 Breaking News Army Delta Forces Combat raid against Islamic State in Iraq
https://www.youtube.com/watch?v=9soD7aZ_kc8


U.S. Delta Force Raid ISIS Compound You-Tube
https://www.youtube.com/watch?v=55_t1KWU8AY

 ISの指導層を殺害する作戦は、報道されていませんが、英国のSASと同じく、作戦に従事しているようです。

 米韓軍事演習に、この部隊が参加していたとしても、公表はされないでしょうが、第75レンジャー連隊が参加しているのですから、参加している、と思われます。 

 デルタ・フォースは、陸軍ですが、特殊部隊は、他に海軍のシールズ(Navy SEALs)があり、此方は、ウサーマ・ビン・ラーディンを殺害したことで有名です。 英国のSBS (Special Boat Service)は、海兵隊所属ですが、同様の任務に就きます。 両者ともIS相手の作戦に従事していたとしても公表されることは無いでしょう。 また、演習の場合も同様でしょう。

 こうして観れば、今回の演習に、北朝鮮が激しく反発するのにも、理由があることが分かります。 何処の国であっても、自国の指導者の命を狙う演習を自国近辺でされれば、反発するのは当たり前でしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL