Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

稲田政調会長は基本的人権の尊重は変えないというけれども、全く変えちゃってる自民党憲法「改正」草案。

2016年06月30日 | 日本国憲法の先進性

 

 自民党の中でもタカ派の最右翼である稲田朋美政調会長が、NHKの日曜討論で

「自民党の出している憲法草案も、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」

と言ったので大笑いされているのですが、このブログでもう一回おさらいして大笑いいたしましょう。

 まず、自民党な改憲草案は、基本的人権のおおもとになる個人の尊厳の考え方を否定してしまいました!

 

個人の尊厳の削除

現行憲法

第十三条前段 すべて国民は、個人として尊重される。

自民党草案

(人としての尊重等) 
第十三条前段 全て国民は、人として尊重される。


 ごらんのように、自民党改憲草案13条前段は「個人として尊重」を削除して、「人として尊重」にしてしまいました。その改正理由は「個人として尊重」は個人主義を助長してきた嫌いがあるので改める、というのです(自民党の解説から)。

 しかし、「個人として尊重」するという個人の尊厳の理念は、一人ひとりの人間が人格的自律の存在として最大限に尊重されなければならないことを意味します。

 つまり、各人が自分のことは自分で決められる自律的存在として自己の幸福を追求して懸命に生きる姿に本質的価値を認め、その価値を最大限尊重しつつ人の共生を可能とするような社会・国家の構成のあり方を考えようとする理論なのです。

 憲法学では、そのような見地から、各人には基本的な権利が保障されていると想定しています。この理論は、97条にも示唆されているように、近代人権宣言への共感に根ざしつつ、その後の人類の歴史を踏まえたものです(「日本国憲法論」佐藤幸治p121)

 これに対して、「人の尊重」が意味するのは、自民党によると「聖徳太子以来の我が国の徳性」である「和の精神」をもった「他人に迷惑をかけない人」の尊重であり、大事な道徳ですが、法的には当たり前のことであり消極的な意味しかありません。

 これでは、国家権力による人権侵害に対する自由権という意味は全く無意味と言っていいでしょう。

 

 

 さらに、自民党案では人権を抑制する一般的法理として、公益及び公の秩序という概念が急に出てきました。

3 「公益及び公の秩序」による基本的人権の大幅な制限

現行憲法

12条

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

13条後段

生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

自民党改憲草案

12条

国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。

13条後段

生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公益及び公の秩序に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限に尊重されなければならない。



 現行憲法の「公共の福祉」が自民党草案13条「公益及び公の秩序に反しない限り、…最大限に尊重」になっています。公という字がかぶっていますし、あまり変わりがないように一見見えますが、これが今回の自民草案の最も危ない個所の一つになっています。

 自民党は改正理由として、こう説明しています。

 「公共の福祉」という表現は、その意味が曖昧で、分かりにくいもの。そのため、学説上は「公共の福祉は、人権相互の衝突の場合に限って、その権利行使を制約するものであって、個々の人権を超えた公益による直接的な権利制約を正当化するものではない」などという解釈が主張されている。

 憲法によって保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを明らかにした。

「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、平穏な社会生活のことを意味する。個人が人権を主張する場合に、他人に迷惑を掛けてはいけないのは当然のこと。そのことを明示的に規定、としています(自民解説5p)。



 しかし、公共の福祉と言っても、公の秩序などと言っても、字面から意味がすぐに分からないことは同じです。

 そもそも、今の憲法学では、公共の福祉は、本質的に個人の基本的人権と対立する実体的な多数者ないし全体の利益を意味するものではなく、「公共の福祉」の内容としてまず考えられるのは、基本的人権相互の矛盾・衝突を公平に調整するという消極目的のための最小限の秩序であると考えられています(「日本国憲法論」佐藤幸治著134p)。

 たとえば、他人の名誉権やプライバシー権と両立する形で表現の自由は保障されているとか、工場は自分の財産だから財産権として保障されるが公害で他人の健康や生命を脅かしてはならない、というような権利同士の調整の原理を公共の福祉というのです。

 逆に言うと、他人の人権が侵害されない場面ではある人の人権を制約することは許されません。

 ところが、公の秩序だの公益だのを持ってくると、他人は迷惑を実質的には受けていないのに、人権の行使を制約することが認められてしまうのです。そして、Q&Aの改正理由からは、従来の人権制約根拠についての理解、人権の性格、内容から見た合憲性審査基準とはまったく異なった「公益」という抽象的な理由による人権制約を肯定することになってしまいます。これは非常に危険です。

 天賦人権説を変更するとの説明と併せて考えれば、自民党は明治憲法の国が与えた人権に過ぎないという「国賦人権」思想に立脚して、法律があれば人権は制約できるという法律の留保が付された人権保障と同様な内容を狙っているのです。

 つまり、人権は生まれながらにして人が人たるがゆえにもっているものと考えず、国が憲法で与えたものと考えるので、そこに公の秩序や公益に常に反してはならないという保留をつけることで、国会の作った法律は多数が決めたことなのだから公益だなどとして、法律の範囲内でしか人権が保障されないという、本末転倒なことになるのです。

 

 なんといっても個人の尊厳を削除したことと、公共の福祉を公の秩序及び公益にしてしまったインパクトは絶大です。

 我々はせっかく天から与えられた生まれながらにして持つ自由と権利を、こうもたやすく手放してしまうのでしょうか。

 もう、笑い事ではないことに誰もが気づくべき時です。

人権規定の総論部分どころか、表現の自由にまた出てくる「公益及び公の秩序」。

自民党改憲草案はとことん基本的人権の尊重を崩すつもりだ。

 

 

政策をつかさどる政調会長がこんな発言を連発して過去が、マスメディアでは一切不問に付されている現状がおかしすぎます。

それにしても、基本的人権の尊重が邪魔だと、これほど牙をむいてくる政権の恐ろしさが身に沁みます。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

安保法制から考える憲法と立憲主義・民主主義
有斐閣

日本の安全保障政策が大きな転換期を迎える一方,国際的なテロが発生し,新法制の下での政府の対応が注目されている。日本国民は「安保法制」とどのように向き合うべきか。憲法学者,ジャーナリストが「憲法」の理念と「立憲主義」「民主主義」といった基本原則の解説を通じてその答えを追い求める。


はじめての憲法教室 立憲主義の基本から考える (集英社新書)
水島 朝穂 (著)
集英社

憲法は本来、国家権力の暴走を縛るためのものである。だから、改憲には厳格な「作法」、ルールが存在する。
憲法学者・水島朝穂が、立憲主義の本質から解き明かす"憲法論"の決定版!

 

安倍改憲政権の正体 (岩波ブックレット)
斉藤貴男
岩波書店

日本最高のルポライターによる安倍政権の危険性告発。

 

安倍政権と日本政治の新段階 新自由主義・軍事大国化・改憲にどう対抗するか
渡辺治
旬報社

護憲派に最も信頼されている憲法学者渡部先生による詳細な改憲の背景解説。

 
安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない
丸山重威 (著)
あけび書房

戦争法案廃案、安倍政権退陣の闘い、そしてその後の闘い、真に平和で民主的な日本のためを願っての渾身の書。 

 

検証 安倍イズム――胎動する新国家主義 (岩波新書)
柿崎 明二  (著)
岩波書店

「美しく誇りある」父のような国家が国民一人ひとりを子のように指導し、守っていくーー。異次元緩和や賃上げ税制など経済政策から教育、憲法改正、安保法制まで、安倍流国家介入型政治に通底するのは「国家の善意」である。その思考と意志を、国会審議や諮問会議議事録など「首相自身の言葉」から探る。


安倍政権の裏の顔 「攻防 集団的自衛権」ドキュメント
朝日新聞政治部取材班 (著)
講談社

「暴挙の安保法制」はなぜ、いかにして、実現してしまったのか?「言論弾圧」「なし崩し」で国民からもついに総スカンを食らった「安保法制ゴリ押し」の基幹―「集団的自衛権行使容認」の形成過程が目に見えて分かる「永田町・霞が関」水面下の記録!

 

 

稲田朋美が改憲で「自民党は国民主権、平和主義、人権尊重は変えない」と大嘘! 自民党改憲案とお前の過去の発言を読み直せ

2016.06.27 リテラ
 
inadatomomi_151014.jpg
稲田朋美公式サイトより


 先週、連続的に行われた党首討論では、安倍首相による総裁選の“憲法改正”争点隠しの言い訳が醜いことになっていたが、今度は安倍首相の“腹心”である稲田朋美政調会長がテレビで大ウソをついた。

 それはNHK『日曜討論』(6月26日放送)でのこと。まず稲田政調会長は、参院選で改憲を争点にしないことについて「決して逃げているわけではありません」と言い訳すると、つづけてこう述べた。

「(野党は)3分の2阻止とおっしゃるんですけど、日本は主権国家なんですね。主権国家として必要があれば憲法改正する、その3分の2ですよね。それを阻止する、憲法改正自体がいけないというのは、日本が主権国家をやめる(ということ)」

 いやはや、何を言っているのだか。この人、ほんとうに弁護士なのだろうか。憲法改正を阻止し、現行憲法を守ろうとするだけで「主権国家をやめる」ことになるなら、国民投票において、日本より厳しい「二重の過半数」を改憲の要件とし、これまで発議の9割近くが否決されているオーストラリアも主権国家でないというのか。

 稲田は「対案がない」などというが、立憲主義を踏みにじり、安保法制を強行に可決させてしまった政権に対して、「憲法改正はさせない」と訴えるのは立派な“対案”だ。というか、そもそも、なぜ憲法を改正するか否かで、対案が必要になるのか。

 ようするに、稲田政調会長こそはなから“改憲ありき”で、改憲したくないと思う国民のことを、国民でさえない“反日勢力”と決めてかかっているのだ。

 しかも、民進党の山尾志桜里政調会長が「いまの憲法を悪い憲法だと思っている自民党」と話すと、稲田政調会長はすかさず「思っていません(笑)」「レッテル貼って批判するのは止めたほうがいいですよ」と、安倍首相が乗り移ったかのようにおなじみのフレーズで割って入った。そして、こう言い切ったのだ。

「自民党の出している憲法草案も、国民主権、平和主義、基本的人権の尊重、これまったく変えません」

 よくテレビの生放送で断言したものだ、と感心すらしてしまいそうになる。それは、自民党の憲法改正草案とは、ずばり「国民主権、平和主義、基本的人権の尊重」の3つをことごとく否定する中身だからだ。

 その上で、稲田氏は前文をこのように変えるべきだ、と主張している。

〈本来前文には憲法ひいては国としての理念が語られなければならないはずです。前文で書かれるべきは、日本という国が神話の時代から連綿と連なる歴史を保持し、四海に囲まれた自然豊かな風土を持つ日本が、どのような国を目指すべきなのかという理想が語られるべきです〉(前掲『中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ』)

 思考が完全に戦前……。それを裏付けるように、ある講演会の壇上で稲田氏は「国民の生活が大事なんて政治はですね、私は間違っていると思います」とまで断言している。

 国民の生活など政治は守る必要はない──この考えは、しかし稲田氏だけのものではない。安倍首相が会長を、稲田氏が事務局長代理を務める創生「日本」の研修会では、第一次安倍内閣で法務大臣を務めた長勢甚遠氏が改憲草案を「不満」だと言い、こう述べている。

「いちばん最初に国民主権、基本的人権、平和主義、これは堅持すると言っているんですよ。この3つをなくさなければですね、ほんとうの自主憲法にならないんですよ」

 自民党の改憲草案は十分に国民主権、基本的人権、平和主義を無効化する恐ろしい内容だが、それでもまだ足りないとさえ考えているのである。

 安倍政権が憲法改正に動き出せば、この国は確実にこれまでとはまったく違う国へと変貌する。だからこそ、それを阻止するために野党は共闘という手段に打って出ているのだ。言わば、この国はそれほどまでに、安倍首相によってギリギリのところまで追い詰められている。改憲の先兵たる稲田政調会長は、これからも耳障りのいい話ばかり吐きつづけるだろうが、そんな見え透いたウソにはどうか騙されないでほしい。
水井多賀子

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月29日(水)のつぶやき その2 | トップ | 6月30日(木)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
主旨に賛同致しますけれども (リベラル派(HN変更予定))
2016-06-30 21:49:21
日本人は、基本的人権など、そもそも必要としているのでしょうか?

大半の日本人が、人権など要らないと思っている。

だから、過労死は減らないし、自民党は何をやらかしても支持される。

そういうもんじゃない?もう、日本人に期待するのは徒労に近いかもよ?奴隷だもん、この民族。
リベラル派様へ (京葉淳一)
2016-06-30 23:49:48
奴隷になるのが嫌なら、何処かお気に入りの国に永住して帰化する事を検討されているのでしょうか?何故か日本人でいることを嫌がる割には、他国に永住して帰化すると断言し、実行する人っていないんですよね。
京葉さんとやらへ (リベラル派(HN変更予定))
2016-07-01 00:29:09
帰化ですか。それもいいかもしれませんね。
自分が住んでいる国の政治がどうにも気に入らなければ、他の国に国籍を移すことも本来自由です。日本国憲法も、その自由を保証していますよ。
まあ、国籍を移すというのは個人レベルだと相当な損失を伴うので、普通は自分の国の政治を何とかしようとするのですが。

しかし、これを平気でやろうとする(やっている)人たちはいますね。
経団連なんか、「法人税を下げなければ我々は日本を出ていくぞ」と言って、日本を脅しているじゃないですか。
あるいは、最近問題になっているタックスヘイブンの問題。あれだって、本来日本に納めるべき税金を払いたくないから、税制の緩い国に逃げ出している訳でしょう。愛国心ゼロの行為ですよね。

「それが出来る人達」は、既に実質的な「ニッポン脱出」を始めちゃってるんじゃないでしょうか?
攻めるなら、そっちの方々からまずどうぞ。
この笑顔でのしあがったか? (むう)
2016-07-01 01:00:47
http://www.sankei.com/images/news/141011/prm1410110005-p1.jpg

女性でないと分からないかもですが
この笑顔&身振りはしたたかだと思う。
こわー(-_-)

「他人に迷惑をかけない人」じゃなくて
「国家に迷惑をかけない人」がお望みでしょ?

そんな酷いこと事ばっかりしてると
私たち、もう、「国家」なんて必要なくなっちゃうよ?
こやつの顔も、見とうはないんじゃ! (バードストライク)
2016-07-01 05:05:28
稲田朋美・・・おぞましい。
造形的には真ん中より上と思うが、思想的にオカシイ。
国民に血を流せとかほざきながら、自分の家族は守るのであろう。
平気でダブルスタンダードを内在、いや他者の前で主張できる狂人だ。
そうだ、狂っているのだ。
アベと同じく。
女は男より平和主義で、それは母性に依るものだ、などと言われるけど、稲田にはそんな要素はスッポリと抜け落ちている。人の痛みに対する想像力がない。

この人は子供が2人いたと思うが、一体どんな子育てをしてきたのだろうか。
何を大切にし、どんなことを教えてきたのだろう?
きっと本人は生物的に女というだけで、子どもは産みっぱなし、子育ては親にやってもらったんじゃないかと思う。
飯炊き、掃除洗濯も母親頼みであろう。
つまり、稲田夫(男)ー稲田朋美(男)ー稲田母(女、母親と妻)のはず。

そうか、女と思うから違和感大きいだけで、オッサンだと考えればアベ政権にザラにいるキモウヨ親父の一人ってわけだ。

こんなのをのさばらせてはいけない。
マスゴミが報じないのだから、クチコミでひろげるしかあるまい。
拡散しましょう。
普段の会話に「稲田朋美をプラス」!
知った人はまじ引くと思う。
「生長の家」原理主義者達 (kei)
2016-07-02 00:59:34
殺人行為を「ポア(魂の救済)」と正当化したようなオウムと変わらない思想を持つ危険思想を持つ人間が本当に実権を握ってしまったという、おぞましい状態に今在るのですよね。

彼等の理想社会を作るには、邪魔な人間を潰さなければならない。その為には嘘を付くのも善行だと考えている事でしょう。
彼等のシンパが恥ずかしげも無くデマや嘘を連発するのも納得です。

Unknown (12434)
2016-07-02 05:13:25
安倍政権の犠牲になる沖縄 重なるこの国の未来
http://hunter-investigate.jp/news/2015/10/post-776.html
ニュースサイトハンター

菅官房長官は、翁長知事の辺野古の埋め立て承認取り消しを「公益を害する」といってます。自民党改憲案は、辺野古移設反対の民意を潰すのにも今の憲法よりも都合がいい内容です。恐ろしい。
なるほど、首尾一貫 (時々拝見)
2016-07-02 12:31:35
京葉さんは奴隷になりたいので、売国運動に勤しんでいるように読めますが。
 異義があれば反論を。
私達には恐ろし過ぎる (リベラ・メ(本物の))
2016-07-02 16:20:15
改憲案、本当にゾッとしますね…。私達の様なminorityには“命の危険さえ伴わせる”恐ろしい代物です。言うなれば、“踏み絵を踏まされる”と云う…。
Unknown (マルメン)
2016-07-02 18:08:05
あほくさい日本人奴隷論こねてる人は何なんですかね。
奴隷の定義も「俺流」でしょう?それじゃ話にならなりませんよ。

自分の属する集団を腐すと、自分だけは集団から頭一つ抜け出した特別な存在だと思えて快感なのはわかります。自分は冷静で超越的な視点を持っている、という演出も出来ますし。
上記は抑圧的じゃない社会ならよくあることです。
ただ、特に儒教的価値観をもってる我が国においては、自分の集団を腐して自省っぽく見せることで、自分は謙虚で道徳的に優れてる人間だと暗示することもできる。

でも、こんなの所詮は個人のマスターベーションですよ。
論理的にどうぞ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本国憲法の先進性」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事