「今日の夕方、日刊ゲンダイを読んでくださいよ。(報道内容が)萎縮していますか。私はむしろ、報道機関に失礼だと思います」。

 安倍晋三首相は4日の衆院予算委員会で、自身に批判的だったテレビ局のキャスターらが相次いで降板している背景に、報道機関の政権に対する萎縮があるのでは、と指摘され、こう反論した。民主党の階猛議員に問われたもので、「外国に誤解される。まるでそんな(報道統制のある)国だと思われる」とも述べた。

 夕刊紙の「日刊ゲンダイ」は、首相や安倍政権に対し、批判的な論調で知られる。

 報道機関は、中立性が求められるのが一般的な立場だ。首相は、報道機関の萎縮を否定する一方で、「私を弁護する立場を、貫き通しにくいという人もいる」とも、発言した。