Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進」とやらにカウンターデモする香山リカさんに感動した。

2016年01月11日 | 嫌韓・嫌中・人種差別反対

 

 実は今回は

『悲報か朗報か?極右・嫌韓勢力が世論に全く影響力がないことが証明される。読売世論調査で支持率アップ。』

という記事を書こうとしていました。

 人種差別・ヘイトスピーチ団体である「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠前代表が呼び掛けた

「慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進」

というデモが2015年1月10日にありました。

 

 

 そのうたい文句は

『朝鮮売春婦の虚言を認める日韓合意を認めないぞ!
韓国のねつ造、慰安婦問題の解決に国税の投入など許さないぞ!

平成27年12月28日、日韓外相会談がソウルで開かれ両国は慰安婦問題で合意しました。

合意内容は1.国民の税金で慰安婦の心の傷をいやす措置を取る 2.安倍総理が生存する全ての慰安婦にお詫びの手紙を送る 3.韓国側は二度と蒸し返さない(国連などの機関で互いに批判、非難しない) となっています。

一方的に日本が譲歩する最悪の合意です。

この合意で日本は「国家」として慰安婦問題を認めたことになり、当時の日本兵の名誉を自ら貶めたことになります。自分のご先祖の名誉に泥を塗って何が保守か!恥を知れ!!』

と嫌韓・歴史修正主義丸出し。

 

 

 で、こんな風に嫌韓・極右勢力が猛反対しているけれども、「慰安婦」問題に関する日韓外相合意を受けて、安倍内閣の支持率がアップ(これはがっくりポンな悲報)。

 そこで、極右勢力は日本の世論にほとんど影響力がないことが確認された(これは朗報)という記事だったのですが。

 

 

 

 この極右デモがどんな様子か画像を検索していたら、なんだかテレビで見たことがあるようなトップのお写真を、うちが勝手にライバルの一つと目している極右ブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」というとんでもない名前の巨大ブログで発見。

 でも、まさか精神科医の香山リカさんじゃないだろうと思い、香山さんのツイッターを確認してみると!

 

 

 わたくし、ヘイトスピーチを全否定しているのはもちろんなのですが、人と怒鳴りあったり相争うことが苦手な性格もあって、カウンターデモにも肯定できないものを感じるというか、協力しようという気がしないのです。

 もちろん、「朝鮮人死ね」とか「殺せ」とかいうヘイトスピーチでどれだけ在日の方が傷ついているかは想像しているのですが、カウンターデモで相手の声が掻き消えるくらいのものすごい勢いで怒鳴るというのが、生理的にダメなんです。

 しかし、香山さんのこの表情、勢いには正直心打たれました。

 彼女の背中の向こうに、在日韓国朝鮮人の方々が守られている、彼女が彼らを背に闘っているということが感じられたのです。

中指立てるのは、ファック・ユー!ってことですよね。ここまでするかとほんとに驚いた。

 

 

 

 そう、テレビに出る有名人である香山リカさんが、こういうカウンターデモに参加したら相手から散々ののしられて嫌な思いをしますし、こんな写真を撮られたら、テレビ出演ができなくなるなど、社会的な打撃の危険性もあるでしょう。

 それだけに、何物も恐れず、失うことを厭わず、人種差別主義者たちに体を張って立ち向かっていっている香山さんの姿を記録したいと思いました。

 がんばれ、香山リカ!

がちナショナリズム: 「愛国者」たちの不安の正体 (ちくま新書)
香山 リカ (著)
筑摩書房

最新刊。

「愛国ごっこ」は「ごっこ」ではなくなり、あの時の心配はすべて現実となってしまった。安倍内閣から、ネトウヨ、ヘイトスピーチ、反知性側義、安保改正まで、現代日本の「愛国」の現状と行く末を改めて分析する。


半知性主義でいこう 戦争ができる国の新しい生き方 (朝日新書)
香山 リカ (著)
朝日新聞出版

最新刊。

権威に支配されない知性、忖度で縮こまらない知性。
ネトウヨのヘイトスピーチに身をさらし、「知的なもの」への憎悪の激しさに戦慄し、そして国会前の安保デモに日参して見えてきたこの国の知的風土のおそるべき荒廃と、希望の光。


ヒューマンライツ: 人権をめぐる旅へ
香山 リカ (著), マーク ウィンチェスター (著), 青木 陽子 (著), 小林 健治 (著) その他
ころから

精神科医・香山リカさんが、「人権をめぐる旅」に出た。
アイヌ否定問題、レイシズム、ファシズム、水俣病、そして世界の人権状況などに取り組む7人との対談集。
「戦争法案」がまかり通る、いまこそ「ヒューマンライツ=人権」を語ろう!

 

 

それはそうと、安倍内閣の支持率が先月から5%も上がって54%、不支持率が3%下がって36%。

参院選の比例代表選の投票先に自民党を選ぶという人が、前回の参院選直前と全く同じ37%。

事態は非常に深刻です。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

慰安婦問題の日韓合意に反対するヘイトスピーチの団体「安倍退陣」掲げ銀座でデモ

投稿日: 2016年01月10日 19時30分 JST 更新: 2016年01月10日 19時46分 JST

三連休の中日となった1月10日、ショッピング客らで賑わう東京・銀座の歩行者天国が、一時騒然となった。

2015年末に日韓の外相が慰安婦問題で合意したことに抗議する団体が「慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進」と称して、銀座付近を練り歩いた。

告知のホームページには「この合意で日本は『国家』として慰安婦問題を認めたことになり、当時の日本兵の名誉を自ら貶めたことになります。自分のご先祖の名誉に泥を塗って何が保守か!恥を知れ!!」と書かれている。

正確な人数は不明だが、「在日特権を許さない市民の会」前代表らの参加者は「安倍政権はご先祖様たちを侮辱するな」「日本を守らない安倍晋三」などとするプラカードを掲げて行進した。

デモでヘイトスピーチを繰り返しているこのグループに対抗するカウンターの人々も集まり、沿道で「レイシスト(差別主義者)は帰れ」とコールを浴びせた。

 

慰安婦合意49%評価、北制裁「強化を」76%

2016年01月10日

 慰安婦問題を巡る昨年12月の日韓両政府の合意について聞いたところ、「評価する」が49%で、「評価しない」の36%を上回った。今後、日韓関係が「改善する」との回答は50%で、「改善しない」の38%よりも多かった。日韓首脳会談直後の昨年11月調査(6〜8日)では、「改善する」は40%で「そうは思わない」の47%を下回っていた。

 日韓合意について、韓国内では批判的な声が多いが、日本では長年の懸案についての合意に肯定的な評価と期待感の方が多かった。

 核実験を実施した北朝鮮に対して、日本が制裁を「強めるべきだ」との回答は76%に達し、「その必要はない」の14%を大きく上回った。

 安倍内閣の支持率は54%で、前回調査(昨年12月17〜18日)の49%から上昇し、2か月ぶりに5割台を回復した。慰安婦問題の合意への評価に加え、北朝鮮が核実験を実施したことで、その対応にあたる安倍内閣への支持に結びついたとみられる。不支持率は36%(前回39%)だった。

2016年01月10日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

参院比例選の投票先、「自民」37%…読売調査

2016年01月11日 読売新聞
 

 読売新聞社の全国世論調査(8〜10日)で、今夏の参院選での比例選の投票先について聞いたところ、自民党が37%でトップだった。

 以下、民主党13%、公明党、共産党各6%、おおさか維新の会5%などの順だった。このうち、近畿では、おおさか維新が17%で、自民の39%に次いで多かった。

 自民、公明の与党が参院での過半数を回復した前回参院選前の2013年1月調査では、自民が37%で、日本維新の会16%、民主8%などだった。今回も自民の「1強」は変わっていない。

 参院選の結果、与党が、参院で過半数の議席を「維持する方がよい」との回答は48%と半数弱で、「そうは思わない」が40%あった。

 選挙区選で、民主など野党が候補者をできるだけ「統一する方がよい」と思う人は49%で、「統一する必要はない」33%を上回った。民主、共産の各支持層では「統一」が7割を占めた。衆参同日選(ダブル選)については、「行ってもよい」43%、「行わない方がよい」41%が拮抗きっこうした。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二度目の脱獄に成功していた麻薬... | トップ | 史上最高の収益なのに自動車総連... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感動しました、やっぱ「女は強し」 (洲蛇亜林)
2016-01-11 14:09:13
このようにヘビーヘイターたちが反安倍を叫ぶほど安倍政権支持率が上がるというのは皮肉なことですけど、日韓合意が支持されているという証拠でもあります。

それにしても、香山さんやってくれましたね。
まあ、1月5日のヘイトデモに偶然出くわして散々罵られたようですから余計に怒りが募っていたのでしょうが、ネトウヨやレイシストたちの普段からのヘイトぶりには私も腹に据えかねているので香山さんの行動には大いに共感し支持出来るものがあります。

ヘイトスピーチへの表現規制は問題点多過ぎと思うので何か有効な対抗策があるのかと言えば、野間易通氏らのレイシストしばき隊のようなやり方しかないのではないかと思うのです。
もちろん、しばき隊へは左翼リベラル方面からの批判があることも知ってますが、では代わりのカウンター策はあるのかと?と思います。
香山さんや野間氏やしばき隊の人たちを決して孤立させてはいけないと切に願うところです。
代案と現案 (K)
2016-01-11 15:43:53
しばき隊と称される方々は、どんどん先鋭化してきていて、「自分たちを批判する如何なる行為(言論)も許すまじ」みたいな考え方が如実に表れてきています。
最近だと、ろくでなし子さんが自分たちを批判したとして口撃され、その彼女を「面白人ですね」と呟いただけの伊藤和子弁護士も【敵】とみなされ口撃されていました。
こういった行為(正義の暴走)がもたらす意味(表現の委縮効果)を、今一度考えてみるべきであって、【安易な賞賛】を示すことは彼らを助長するだけで、かえって危険です。

そもそも論として、【代案】が無い事をもって【現案】を肯定する事は出来ませんから。
彼らや、彼らを支持する方たちには、是非とも冷静になっていただきたいと切に願うところです。
rikatyan ganbare (1jAP)
2016-01-11 15:47:54
 時が経つのは早いものですが、コウヤマさんもお元気なようです。
 ミリタントなアンチファは、欧米ではズッと前から存在してきました。東欧ではアンチファ道場でマーシャルアーツや空手、サンボなどを取り入れてストリートファイトに備えています。それだけ、NAZIが多いということです。割った瓶やスパイク付きバット、サバイバルナイフや鎖などで武装したNAZIとやり合うことも辞さない姿勢は受刑者も生んでいますが、獄中者支援もシッカリしています。
 街のヤンキーがアンチファを組織して、NAZIと闘っている例ももちろんあります。ちょっと違いますが、街の黒人ヤンキーグループが北米のブラックパンサーのシカゴ支部のように丸ごとパンサーになった例もあるほどです。彼らに影響を受けたプエルトリカンのヤングロードも有名ですね。日本列島では、大阪の日韓連合という伝説の暴走族がありはしましたが、ファシストや右翼をブチのめしたわけではないのでついぞ聞きませんでしたが、90年代の東京・上野などでの他称”イラン人”排斥キャンペーンへのミリタントな青年アナキストらやパンクス、ノンセクトラジカルのカウンターは一応存在しました。
 コウヤマさんには、ヴィルヘルム・ライヒのような”罪匿怪(在特会)の大衆心理”とでもいうものを出していただきたいものだと思ったりします。
凄い!! (リベラ・メ)
2016-01-11 17:33:23
石田純一さんもそうだけど、香山リカさん、凄い!!私もカウンターに興味津々…なんですが、ネットで顔写真拡散されたら…と考えるので、二の足踏んで躊躇してます。それを敢えてやってのけた香山さん、凄いです、拍手します!!
表現の自由、と勘違いしてはいけません。 (とら猫イーチ)
2016-01-11 17:35:35
 ヘイトスピーチは、そのもの自体が、法の許容するものではありませんので、刑法の定めるところに依って処断し、民法の不法行為規定に基づく請求があれば、慰謝料等の支払をしなければならないでしょう。

 単に民族的偏見を助長する言辞を弄するだけではなくて、個人の人格を否定する言行があるのですから、警察・検察が、今まで、見逃していることが可笑しいのです。 

 世界的に観れば、あのような全体主義の権化のような表現形態を許容するかのごとき政府は、それと同等のものと見做されて当然です。 

 ドイツなら、許される筈のない刑事事件になるところです。 あのようなデモ等が許されるのは、ナチスの施政下では、兎も角も、民主主義国家にあっては、許される筈がないものです。 

 いくら安倍政権下にあっても、一旦、裁判所の門をくぐれば違法として民事上も、刑事上も、断罪されざるを得ないものです。

 国連が法規制を求める「ヘイトスピーチ」は、もはや「ネットの娯楽」では済まされない!
取材・文/ 西岡研介 現代ビジネス 2014年08月26日(火)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40244

 あんなものを憲法上の表現の自由と勘違いしては、憲法も泣くでしょう。
こころ貧しき人びと (入院中改め冬眠中)
2016-01-11 18:57:51
先程、毎日新聞連載中の香山さんのエッセイを読んで、次に先生のブログを拝見したので、内容の静と動のギャップに驚きつつ、香山さんの怒りに共感しております。
ためておいた古新聞ですので、過日のクリスマスの話なのですが《すべての人が貴い人であるとの宣言がクリスマスである》という牧師さんの言葉を引用し
「あなたが生きているのは素晴らしいことです」と讃える日であり
「誰も区別されない日なのです」
クリスマスを孤独に感じる患者さんに、診察室ではそう話したいと書いておられました。
ここでは区別という表現ですが、香山さんの許せないのは差別であり、激しい一面を見せられたのですね。
ヘイトは口にする人だけでなく聞く人の心も荒廃させます。歴史を知らないことが免罪符にならない、情けなく恥ずべき行為ですね。
いつも簡単には読み飛ばせない、心に留まる記事をありがとうございます。
某リベラルブログ (バードストライク)
2016-01-11 19:33:41
> ここまで来ると病気みたいな物でしょ・・・(^_^;)。差別を推進するようなレイシストは嫌いですが、同じくらいに汚い言葉を投げている人達も大っ嫌いです。香山リカ氏は様々な番組でコメンテーターとして出演している上に、精神科医という肩書きもあります。

そのような立場の人が「豚野郎・バカヤロー」等と中指を立てながら言うべきではありません。しばき隊とかもそうですが、あまりにも下品な発言や行動にドン引きです。他の過激派と一緒に取り締まって欲しいと個人的には思っています。


某リベラルブログから。
私は動画は未見。
でもこのコメント、ちょっとひどくないですか。これでは香山リカ氏がかわいそう。以前からネトウヨに執拗に攻撃されており、つい最近も、出勤途上か何かでネトウヨと行きあったら罵倒され、写真を撮られ、侮辱の言葉と共にネット上にアップされました。そういう汚ない行動をするネトウヨのほうは、ノープロブレムね? へ。

あのブログの管理人は、だんだん尊大になり、かつ右傾化しているように思います。別の新しいブログの閲覧者が順調に増え、FXや株などの投資も上手くいっているので、天狗になっている模様 。
望月の欠けたることなし、と思っているようだが、満ちれば欠けるが世の習い。少し痛い目を見ると良いのに
Unknown (通りすがりですから)
2016-01-11 20:09:47
事実を無視した自己満足のブログですね
要注意 (ラッキー)
2016-01-11 20:47:20
【要拡散】 国民に対する恐怖の言論弾圧法案、それが”国民投票法”
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/2e3ea4e177796543b426a0887889f763

・最高位の法律である憲法の改正を、全国民の過半数ではなく、
制限の多い有効投票の過半数で決める。
 しかも最低投票率下限なし!
体制に迎合させた少数の国民中心で決められる。

・国民投票を直前に告知し、国民に考えるひまも与えない。

・投票率を下げ、なるべく大多数の国民に知られないようにさっさと改憲出来る。

・国民が各条文の是非を問えない抱き合わせ一括投票。

★(要注意)法案の三分の一は規制と罰則、逮捕の恐怖で改憲反対運動つぶし。

・公務員が改憲に意見すれば逮捕!

・教師が憲法の大事さを教えたら逮捕!

・反対するであろう在日勢力など、国籍持たない市民は除外。反対運動したら逮捕!

市民は除外。反対運動したら逮捕!

・新聞やテレビにゃ何も言わせない。虚偽の改憲報道したらみんな逮捕!”虚偽”に基準などない(どうとでも難癖付けられる)改憲反対報道への脅し。

・投票予想を公表すれば逮捕! 市民が憲法改悪に関する世論の動きを知る事が出来ない。

・金が物言う広告だけはOK。 金ない市民は広告出来ない! 金を使える政府の独壇場。

・国民の言論を封殺した憲法改正。→本来権力の行使を規制するための憲法が、
国民の人権を規制し戦争を肯定させるファシズム憲法へ。

国民にとって最大の法的擁護である憲法が失墜し、ファシズム政権はやりたい放題!
(転載以上)

野党共闘しかない
サブカル娘が、炎の闘士に変わらざるを得ない世の中 (L)
2016-01-11 21:01:42
 香山さんは徹頭徹尾、善人なんだと思う。自分の育ちの良さにも自覚的で、非常にまともな教育を受けてきた方。「いい家に生まれた苦労知らずの私は、そうでない方のために力を貸さなくっちゃね。」ということなんだと思う。
 精神障害者の”予防拘禁”法について、「昔はそういう法律が出るとふざけんなと言って大きな運動になり、押し戻したものだ。医局のノンポリな私だってどんな歴史と経緯があったか、問題があるかを知っている。しかし、今の人は何にも引っかからない。「え、当然じゃん?なんかマズイの?」位にしか思わない」と仰っていて非常にオーソドックスな方なんだと思う。
 もともとは、リカちゃん人形の名を名乗り、伊達メガネをかけてサブカルを語る80年代軽チャー路線なお姉さんだったのに。時代がもう許さない、時代をもう許せなくなったわけだ。
 反貧困運動でも、こわれ者の祭典でも、のりこえねっとでも、被災自治体の公務員の精神科的支援でも力を尽くしていらっしゃる。先日は小林よしのりのお相手をしてあげて彼のアイヌ問題の偏見に対し啓”蒙”してあげている。まあ、聖人じゃないんで目が見えるようになるという奇跡は怒らなかったけど。

 しかしまあ、体の張りぶりは凄い!名前も稼ぎもあるのになかなかここまで出来るもんじゃありません。火中の栗は拾いに行く方だと思います。
 含むところもないではないのですが、脱帽です。
 折角なんで、のりこえネットテレビでも貼っておきましょう。
 ちょうど彼女が出ているし、異常に楽しいよhttps://www.youtube.com/watch?list=PLwZ7b6VoomlE75it6D1kJieZU0zB4IKwI&v=THvq05LWFJY
某ブログ… (仔熊のミーシャ)
2016-01-12 07:52:55
前の方もおっしゃってるあの某ブログ、民主党支持なのはわかってましたが、確かに右傾化してるようですね。訪れる共産党支持者が増えているのに対して、煽ってるのか排除してるのか、ますます攻撃的になりました。両党をなんとか取り持とうと仲介に奔走してる人達もいる中で狭量さを感じます。野党共闘が上手くいってないのが、あの某ブログでも起こっています。香山リカ氏が仮に民主党支持者だったら、わざわざ記事に取り上げないでしょうしね。
気持ち悪い (きらきら)
2016-01-12 16:53:46
在日の連中、がらが悪い。
本当に気持ち悪い。
Unknown (京葉淳一)
2016-01-12 17:25:09
ラッキー様が危惧する社会を実現したいのは、政権を取っていない、共産主義者の議員のことを指しているんですよね?
レイシストの攻撃に曝され続けろと? (洲蛇亜林)
2016-01-13 00:17:51
訂正します。
1月5日のヘイトデモ→12月23日のヘイトデモのようですね。

香山さんを非難している人たちは、12月23日に香山さんに対して罵声を浴びせていた人たちについては非難しないのだろうかと思いますね。
レイシストと香山さん及びしばき隊もどっちもどっちだとか、甚だしきはしばき隊を過激派と同じように取り締まれみたいなことを言っている人たちがいるようですが、問題は何よりもレイシストの攻撃を受け続けている人たちをどう守るのか?ということではないでしょうか。

レイシストの攻撃に曝されて続けている人たちが直接反撃に出ることはほとんど不可能なことは自明のことです。
我が国においては、不当な攻撃を受けた側が反撃に出たとしても攻撃した側と同列視されてしまい一層困難な立場に陥ることになります。
反撃に出ることも出来ず防衛する手段がなく数年前からずーと攻撃に晒されて来た人たちに成り代わってレイシストと対峙している人たちを何故非難するのか全く理解出来ません。
そりゃ、レイシストと同じ側にいるネトウヨ界隈が非難することは不思議ではありませんが、真正左翼からリベラル系まで少なからずが白い目を向けているように思われます。

レイシストと対峙して体を張って名誉も地位も投打って攻撃されている人たちを守ろうとしている香山さんやしばき隊を支えないと誰が守るのか?と思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL