Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「本気で自民党を倒しましょう!」と歌ったアイドルグループ「制服向上委員会」の舌を巻くブログ。

2015年06月28日 | 娯楽

 

 

 今の世の中に、

「諸悪の根源、自民党」「大きな態度の安倍総理」「エリート意識・利権好き」「本気で自民党を倒しましょう!」

という歌詞の歌があること自体が驚きですが、制服向上委員会と聞いて納得。

 あの、「ダッ!ダッ!脱・脱原発の歌」を歌ったグループですからね。

祝 猪苗代湖ズ紅白初出場!「I love you&I need youふくしま」 フクシマは現在進行形

 

 

 さて、神奈川県大和市は、市民団体「憲法九条やまとの会」が2015年6月12日に開催したイベント「若者と国家 自分で考える集団的自衛権」に出演した制服向上委員会が自民党を批判する歌詞を歌ったとして、このイベントの後援名義を事後的に取り消すことを決めました。

 このイベントでは元内閣官房副長官補の柳澤協二さんが講演した後、憲法9条をテーマにした曲などを歌うアイドルグループ「制服向上委員会」が歌を披露しました。

 柳澤さんも、自分の講演の後に出てきた可愛い女の子たちが、「本気で自民党を倒しましょう」「諸悪の根源、自民党」と歌いだしてたまげたと思うのですがw、これに自民党市議が

「自分たちの党を非難する活動を後援するのか」「これは政治運動、倒閣運動、反政府運動」「名誉毀損」

と猛烈な抗議をしました。

 

 

 その結果、とうとう大和市はたまりかね、

「特定の政党を批判する部分があり、市の後援要項に反している」

として、事後的に後援を取り消したそうです。

 それでは、その曲を聞いていただきましょう。

 橋本美香と制服向上委員会さんで、大きな古時計の替え歌、「おじいさんと同じ」。

1、
大きな態度の安倍総理 おじいさんと同じ
約5年で復帰した ご自慢の政権
民主党の自滅の後に アベノミクスが生まれたの
今はもう円安で 得意顔

原発反対に 四苦八苦 四苦八苦
東電と一緒に 四苦八苦 四苦八苦
今はまだ動かせない 日本の原子力

2、
なんでも企業の言いなりで お父さんと同じ
きれいごとをならべていても 信用してはいけない
株価を上げて円安騒ぎ みな知ってる茶番劇
今もまた許せない その政治

国民生活 四苦八苦 四苦八苦
被災者のみなさん 四苦八苦 四苦八苦
今はまだ故郷(ふるさと)に 帰れない

3、
公共事業のばらまきは お父さんと同じ
原発事故の被災者が 泣いても見ないふり
円安で喜ぶ大企業 国民は辛いだけ
今もだめな自民党 安倍内閣

三党合意で 四苦八苦 四苦八苦
麻生さんと一緒に 四苦八苦 四苦八苦
今はまだ動かせない 日本の原子力

 

 

 

 それにしても、9条の会のイベントを地方自治体がそもそも後援しないという話は聞いたことがありますが、後援していたものを内容が悪かったから後から後援を取り消すという話は聞いたことがありません。

 確かに、大和市の後援名義要領には、

「特定の政党、宗教、その他政治団体および宗教的な団体などを支持し、またはそれらの活動に関係のないもの」

と定められているのですが。。。。

 と、政治的中立性とは何か、地方公共団体が憲法集会を後援しないのは憲法尊重擁護義務に反する、という話を書こうとしていたのですが、記事を書くために調べていたら、あまりにも制服向上委員会に感動したので、このグループの紹介を先に書くことにします(笑)。

 今回の後援取消が決まって、制服向上委員会の公式ツイッターがこうつぶやいています。

 実は私も今初めてフォローしたのですが(汗)、アイドルなのに!ニュース23でも取り上げられたのに!!まだフォロワーが3000人そこそこって少なすぎる!

 結成23周年!ってもちろんAKB48はもとより、1997年に活動を開始したモーニング娘。よりも古い、もとい、長いのに!!

 委員会会長の橋本美香さん@Mika_Hashimotoでもフォロワー5000人。みんなフォローしてあげて!!

 

脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略~
橋本美香 著
ヤマハミュージックメディア

メジャーにいかないアイドルはどうやって生き残ってきたのか?
清く、正しく、美しく。グループアイドルとして20年間の歴史をもつ制服向上委員会。その会長が、そのすべてを語る ! 彼女たちは、アイドルなのに売れるための活動をしない。ただひたすら、その時代時代の社会問題を訴え続けてきたのだ。「言いたいことが言えないならメジャーにはいきたくない」。そう語る“弱者アイドル”の“消えない”秘訣が今明かされる。

 

 

 

 で、ですね、「めちゃ若いアイドルなのに大人たちにこんな歌詞歌わされて」「普通のアイドルに戻りたいのでは?」「社会的なことも言わされてるんじゃないの?」と、わたくしもちょっと疑念が芽生えたのですが。

 制服向上委員会のメンバー斎藤優里彩ちゃん(18)が、沖縄慰霊の日にブログを更新し、戦死者への慰霊と平和への思いや、戦争法案とちゃんと書いたうえで、それを通そうとする安倍政権への批判を静かに書き綴りました。

 これを読むと、彼女たちが誰にも言わされていない、歌わされていない、書かされていないことがわかります。

 安倍内閣や自民党の議員たちや百田なんとかより、彼女たちの方がよほど大人ですよ。

 心底、感心しました。文章の訴求力も負けそうです。凄い18歳がいたものだ。選挙権は当然です。

 

傷つけあうよりも愛しあおう

 こんばんは。齋藤優里彩です。

6月23日、沖縄慰霊の日。
ほんの70年前。
日本国内唯一の地上戦で
20万人の尊い命が失われました。

戦争を経験してない者だとしても
武力は人に憎しみ、恨みを生み
また武力に繋がり...
それが繰り返されるだけの戦争は
絶対に良くないことは分かる。
だから風化させない事
同じ過ちが繰り返されない為行動するのが
残された者のせめてもの使命だと感じます。

それに対し危機感を持たなければ
と、強く思う今。

国会で毎日交わされる
安全保障法制という名の「戦争法案」
の激論。

一昨日、21日にも学生が中心となった
戦争法案反対のデモや
国会を包囲するデモが行われたそうです。
私も同じ気持ちの方と一つになって
もっともっと頑張らなければと、改めて。

理由は明確で
沖縄全戦没者追悼式での
辺野古新基地建設反対の決意に溢れた
翁長知事の「平和宣言」とても素敵でした。

それに対して 
平和や安全の美辞麗句を並べるばかりで
何も心に響かない空虚な言葉。
だって、新基地建設を強行していることには
一切触れず
「今後も引き続き沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」って...
戦争法案を推進しながら
「この70年間、戦争を憎み、ひたすらに
平和の道を歩んできた私達の道のりに
誇りを持ち、これからも、世界平和の確立に向け
不断の努力を行っていかなくてはならないのだと思います。」って...

率直におかしいと思った。

会場からは帰れ!!のような声も。
そうだ!!と私も自然と言葉を発していました。
安倍首相の
発言と政策がこれだけ矛盾していれば
ウチナーンチュの方々の不満と講義は当たり前。

戦争法案は戦争への道が開かれてしまう。

私達が過ごしている当たり前の毎日が
先の大戦で亡くなられた
たくさんの生命の上に成り立っていることを
心に刻み、生きたくても生きられなかった
沢山の生命を一瞬たりとも
疎かにしたくはない。

絶対に止める。
戦争はただの人殺し。

(後略)

 

 

 安倍自民党なら安倍自民党を、民主党政権時代には民主党を思いきりあてこするという姿勢は私と共通。

「悪魔 NOだっ! 民主党/制服向上委員会」。野田ダメ、枝野ダメ、岡田もダメって言ってますw

 

 

 

 

すみません、難しいこと話はこのあとということで。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

 

 

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

追記

1 大和市は今回の後援の事後取消の理由を、「諸悪の根源自民党」などの歌詞が、後援の対象事業の条件として後援の「要領」で定めている

「特定の政党、宗教その他の政治的団体及び宗教的な団体を支持またはそれらの活動に関係するものではないこと」

の中の

「特定の政党」の「活動に関係するもの」にあたる

としていますが、これは以下の3点で問題です。

2 まず第一に、要領は特定の政党の活動に関係するものではないことを求めているのであり、「特定の政党を批判してはならない」とは書いてありません。

 たとえば、自民党に批判的な歌詞であっても、それは特定の政党の活動ではありません。民主党や共産党の活動と言うわけではないのです。

 特定の政党の政治活動をしなければ、市の後援の基準となる「政治的中立性」としては十分なはずです。あらゆる政党のあらゆる政策に、絶対に批判的に言及してはならないとしたら、それは市民の活動に政治的中立性ではなく政治性皆無を求めるものです。

 ですから、今回の後援取消措置は、大和市自身の「要領」違反と言うことになります。

 

 

3 次に、事前に後援をしていたのに、制服向上委員会の歌詞がよくないから後援を取り消すというのは、同グループの表現の自由に対する重大な侵害です。なぜなら、この大和市の行為は同グループの表現内容に着目して、自治体がその良し悪しを判断し、良くないから不利益を与えるという行為だからです。

 これは、制服向上委員会が今後活動していくうえで、「このような表現をしていたら自分たちが出るイベントがなくなってしまう」と萎縮したり、イベントを主宰する側があのグループが出演者を考えるときにマイナスに作用したりする恐れがあるのですから、表現の自由という基本的人権を侵害することになります。

 そういう意味で、今回の大和市の判断は憲法に抵触すると言わざるを得ません。

 

 

4 さらに、大和市の憲法尊重擁護義務違反の問題があります。

 そもそも日本国憲法は、基本的人権の保障も政教分離原則も地方自治の保障もない天皇主権の大日本帝国憲法のもとで、我が国が侵略戦争を強行して内外の、それらを反省し誕生した憲法です。

 それゆえ、国民主権主義、基本的人権尊重主義、徹底した平和主義、地方自治などを基本原理として採用し、これを担保するために、国家権力を行使する天皇をはじめとする公務員には、憲法尊重擁護義務を負わせています。

 この義務の主体に国民が入っていないことが、憲法は国家権力の手を縛るためにあるという立憲主義の一つの表れと言われています。

日本国憲法第99条

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 したがって、今回問題になった神奈川県大和市は、自らの主催で憲法集会などの行事を開催しても不思議ではありませんし(すべきです)、憲法尊重擁護義務のある自治体として憲法改悪反対、護憲の集会などを「後援」するのは当然です。

 むしろ、「後援」を承諾しなかったならば、その方が問題です。

 憲法が公務員に憲法尊重擁護義務を課している以上、大和市が憲法に関する集会等の行事への「後援」を許諾することが、“政治的中立性”を損なうことになるはずがありません。

 もし憲法に関する集会等の行事について大和市の「後援」が“政治的中立性”に反する場合があるとすれば、それは公務員の憲法尊重擁護義務の履行と矛盾する日本国憲法改悪を主張する集会等の行事の場合でしょう。

 この点でも大和市の行為は憲法上重大な疑義があるのです。

 

 

5 自治体の後援が取れなければ使えない会場があるなど、市民の憲法を守る運動にとって、この後援問題はそれが取れなければ重大な支障をきたすので、非常に大きな問題です。

 あとで各報道を見るように、第二次安倍政権の発足以来、地方自治体で憲法に関する集会への後援を許可しない事例が多々報告されるようになりました。

 これは、地方自治体が安倍政権の顔色をうかがってその意に添うように行動しているものであり、憲法が定める地方自治の精神に反すると言えます。

 また、以前書いた、日本会議の地方からの改憲運動と裏腹な関係にもあると言え、危険です。

 今回の制服向上委員会の歌詞が「過激」だというような話題性から扱う問題ではなく、この問題は立憲主義の観点から常に監視し、後援不許可や取消に対しては断固として抗議していかないとならない重大問題だと思います。

 

THE PROTESTER
制服向上委員会
アイドルジャパンレコード

「ダッ!ダッ!脱・脱原発の歌」「悪魔 NOだっ! 民主党/制服向上委員会」収録。

 

 

 

 

「諸悪の根源自民党」アイドルまで安倍政権に逆風?

[2015年6月25日9時38分 紙面から]

 

 改憲に反対する神奈川県大和市の市民団体のイベントで、アイドルグループ「制服向上委員会」が「諸悪の根源自民党」という歌詞のある歌を歌ったため、イベントを後援した同市と同市教委が事後の後援取り消しを検討していることが24日、分かった。市と市教委の「後援名義」の使用ルールに違反するため、市民団体「憲法九条やまとの会」側に説明後、後援を取り消す方針という。

 イベントは「若者と国家-自分で考える集団的自衛権」と題され、今月13日に大和市保健福祉センターで開かれた。主催は市民団体「憲法九条やまとの会」。元防衛官僚の柳沢協二氏が講演した後に出演した制服向上委員会は、脱原発や沖縄の米軍基地移設反対をテーマとした歌を数曲披露。「諸悪の根源自民党」という歌詞を歌ったという。

 これに対し、自民党の大和市議が数日後、「自分たちの党を非難する活動を後援するのか」と市に抗議。市側はイベント当日に歌詞について把握。ルール違反とみて、取り消しの検討をしていた。市と市教委によると、市などの「後援」を受けるには、主催団体が事前に「後援名義使用申請書」を提出するルールが「要領」で定められている。市には2月6日、市教委には2月10日に、団体から申請があった。今回は市も市教委も3月13日に承認した。

 「要領」は、後援の対象事業の条件として「特定の政党、宗教その他の政治的団体及び宗教的な団体を支持またはそれらの活動に関係するものではないこと」と定めており、申請に虚偽があったり市長が必要と認めた場合、取り消すことができるとも定めている。

 市の担当者は「アイドル出演の話は5月以降に把握し、団体側と話をした。歌詞は、こちらから確認しなかったし(団体側から)説明もなかった」と話す。市は「諸悪の根源自民党」という歌詞が、「特定の政党」の「活動に関係するもの」にあたるとみている。

 これに対し、制服向上委員会は24日、公式ツイッターで「いろんな意見があって当たり前だと思うし、どちらの意見も言える国家であってほしいのに、今それが脅かされていることに憤りを感じます」と反論。団体側は「憲法や集団的自衛権について議論の場を設けるのが目的」と反発している。市担当者は「問題は『後援名義』であって、ホールや会議室の使用を制限して『場』を奪っているわけではない」としている。

 ◆制服向上委員会 「清く正しく美しく」をモットーに1992年(平4)9月に初期メンバー7人でグループ結成。現在のリーダー清水花梨は10代目。95年に独自のレコード会社を創設。97年「SKi基金」を設立。2011年に「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」を発表。公式HPでも社会派アイドルとしての発信を宣言。

 

 
2015年06月26日 20時12分 弁護士ドットコムニュース
 
「諸悪の根源自民党」制服向上委員会の歌で「後援取り消し」の市民団体が抗議表明
 
制服向上委員会(撮影は6月21日、JR浜松駅前)
 
 

女性アイドルグループ「制服向上委員会」が神奈川県大和市で開かれた市民団体主催のイベントで、自民党を批判する歌詞を歌ったことから、市はイベントに対する「後援」の取り消しを決めた。一方、市民団体は6月26日、ブログで「到底納得ができません」「大和市と大和市教育委員会には、お考え直して頂きたい」と抗議の意思を表明した。

問題になっているのは、市民団体「憲法九条やまとの会」が6月13日に大和市で開いたイベント「若者と国家-自分で考える集団的自衛権」。このなかで、制服向上委員会は「自民党を倒しましょう」などというフレーズを歌ったのだという。

これに対して、大和市は6月25日、「市の後援要項に違反している」として、いったん承認していた後援を事後的に取り消す方針を決めて、同団体事務局に口頭で説明した。

●「自民党を倒しましょう」「諸悪の根源自民党」

大和市が後援取り消しの判断に至った理由はなんだろうか。同市の国際・男女参画課によると、やまとの会からイベントの後援名義の申請があったのは、今年2月6日のことだ。市はそれを審査したうえで、3月13日に承認した。

6月13日のイベント当日は、元内閣官房副長官補で、安全保障政策の専門家である柳澤協二さんが講演した。そのあとに、憲法9条や脱原発など、社会的なテーマの曲を歌う制服向上委員会がステージに立った。その歌詞のなかに「自民党を倒しましょう」「諸悪の根源自民党」などのフレーズがあったという。

イベントに来ていた大和市の担当者が翌週、「歌詞やトークに、特定の政党を誹謗中傷する内容があった」と市に報告。大和市は「後援要項に違反している」として、事後的に後援を取り消す方針を決めて、25日に「やまとの会」に対して説明。「来週にも正式に文書で送付する」という。

一方、「やまとの会」は26日に公式ブログに「到底納得ができない」とする文章を掲載。「市の財政的支援はない」「政党党派が主催するとか、政党党派拡大のための集まりでない限り、後援すべきだ」として、取り消しの撤回を訴えている。

●なぜ「後援」が必要なのか?

今回問題になっている「後援」とは、どんな意味があるのだろうか。

大和市の国際・男女参画課の担当者は「たとえば、イベントのチラシに『後援 大和市』と表記できる」と説明した。ただ、「市が団体を全面的に応援しているという意味ではない」と付け加えた。また、「行政処分ではないため、取り消しに対する異議を申し立てられない」という。

一方で、「やまとの会」事務局の担当者は、弁護士ドットコムニュースの電話取材に、後援の重要性を強調した。「たとえば、自治会の掲示板などにチラシを貼ってもらうには、『後援』が必要なケースがある」「できるだけ多くの市民にイベントを知ってもらうために必要なものだ」と反論していた。

そもそも、なぜ「やまとの会」は制服向上委員会をイベントに呼んだのだろうか。制服向上委員会といえば、これまでも憲法9条や脱原発をテーマにした曲を歌ってきた異色のアイドルグループだ。

「やまとの会」事務局の担当者は「『制服向上委員会』を招くことが決まったのは、申請のあとだった」といい、「平和を訴えるイベントに若い人たちを呼びたかったから」と話した。イベントには市の担当者を含め300人ほどが集まり、若者の姿もあったという。

(弁護士ドットコムニュース)

 

 

 

アイドルが政権批判して何が悪い? 「制服向上委員会」にまで圧力かける自民党の異常性

【この記事のキーワード】
2015.06.26
 
1506261200top.jpg
橋本美香『脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル~制服向上委員会の生き残り戦略』(ヤマハミュージックメディア)
 

 

自民党の傍若無人ぶりが止まらない。神奈川県大和市の市民団体「憲法九条やまとの会」が主催するイベントで、アイドルグループの制服向上委員会が「諸悪の根源、自民党」「自民党を倒しましょう」といった自民党批判の歌詞の曲を歌ったことにより、自民党所属の大和市議が「自分たちの党を非難する活動を後援するのか」「これは政治運動、倒閣運動、反政府運動」「名誉毀損」だと抗議。これによりイベントを後援した大和市と市の教育委員会が後援を取り消した件だ。

 憲法22条では「集会・結社の自由」が保障されており、21条「表現の自由」もある。しかも、制服向上委員会は政治結社や宗教団体として活動を行っているわけではなく、ただ政治権力に対して批判的な歌を歌っただけ。イベントにしても9条を守ることを訴えたもので、現行憲法を守るという公務員の遵守義務を主張した行動だ。それを“特定の政党、宗教、政治団体の活動に関係する”という理由で拒否することは、到底認められるものではない。同じように東京都調布市や千葉県白井市、長野県千曲市、鳥取県鳥取市、栃木県佐野市などでも地方自治体が護憲イベントの後援を拒否する事態が増えているが、こうした動きの背景に安倍政権の空気づくりがあるのは明白だ。

 というのも、昨日、安倍首相シンパの若手自民党議員たちが立ち上げた「文化芸術懇話会」では、出席した議員が「マスコミを懲らしめるには広告料収入をなくせばいい。文化人が経団連に働きかけてほしい」などと発言し、大きな波紋を広げているが、この制服向上委員会の問題も根底にあるものは同じ。“政権批判を行うものはなんでも弾圧する”という姿勢だ。これは戦前・戦中の言論弾圧のようなものではないか。

 だいたい、制服向上委員会は自民党批判だけを行っているのではない。民主党政権時には、「野田はダメ 枝野ダメ 平野ダメ 岡田もダメ」「何やってんのダメおじさん民主党No Good」という歌詞の、「悪魔NOだっ!民主党」なる楽曲も歌っていた。当然、このとき民主党から抗議など来ていないが、どれだけ自民党は度量が狭いのか、という話だ。

 しかし、もっと恐ろしいのは、今回の問題で制服向上委員会のもとに「こいつら全員ぶっ潰す」「分不相応な方言は滑稽を通り越して殺意を生むことを知れ」(TBS『NEWS23』より)などと“脅迫メール”までもが殺到していること。また、ネット上でも、「女子供を利用するのは左巻きお得意の手口」「制服向上委員会の少女たちは大人に利用されているだけ」という批判も起こっている。

 だが、彼女たちは単なる大人の操り人形ではない。舞台の上の彼女らも、いまの社会や政治に対して真剣な思いをもっている。たとえば、メンバーである齋藤乃愛は、25日のブログでこう綴っている。

「子供だから意見を言っちゃいけないなんて法律はないですよね。未成年でも言いたい事や感じた事、気になった事は沢山あります。嫌な事は嫌と子供も大人も関係なくはっきりと言える環境がもっと増えてほしいです。
決して悪い事をする訳じゃないんだから。大声で訴えるべきだと私は思います」

 さらに、同じくメンバーの齋藤優里彩は、23日、沖縄慰霊の日にこんなブログを書いている。

「戦争を経験してない者だとしても 武力は人に憎しみ、恨みを生み また武力に繋がり…それが繰り返されるだけの戦争は 絶対に良くないことは分かる。だから風化させない事 同じ過ちが繰り返されない為行動するのが 残された者のせめてもの使命だと感じます。
 それに対し危機感を持たなければと、強く思う今。
 国会で毎日交わされる安全保障法制という名の「戦争法案」の激論」

 群雄割拠のアイドル戦国時代のなか、彼女らの特長は、今回の騒動でも分かる通り、アイドルでありながら“社会”について考え、そして、“反体制”の姿勢を貫いている点。しかも、そのアティテュードはブログの文面を読めばわかるように本物だ。結成当初から社会貢献活動に積極的に参加しており、“歴史好きアイドル”や“鉄道オタクアイドル”など、とりあえずなにか特徴的な“○○アイドル”の冠をつけておけば業界内で差別化できるといった甘い考えでのものではない。

 そもそも、制服向上委員会というアイドルグループは1992年に結成された。活動が一躍注目を浴び始めたのは、2011年。「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」なる楽曲を発表したことがきっかけだ。モータウン風のポップでキャッチ―なメロディーに、「忘れないから原発推進派/安全だったらあなたが住めばいい/みんなに迷惑かけちゃって/未熟な大人ではずかしいよネ」という強烈な歌詞が乗るこの楽曲は、それ以降、原発反対を訴える集会のアンセムのひとつとなった。もちろん、ただそのような曲のCDを発売しただけでなく、制服向上委員会も原発再稼働反対のデモに参加している。

 しかも、「さようなら世界夫人よ」「赤軍兵士の歌」「コミック雑誌なんか要らない」など政治的な楽曲が問題となり、アルバムが発売中止となる大騒動を巻き起こした70年代のロックバンド・頭脳警察のPANTAは、同じ所属事務所の先輩として彼女たちに楽曲提供や歌唱指導を行っている。こういったスタッフが脇を固めていることを見ても、お遊びや話題づくりでプロテストソングをつくっているわけではないということの証左である。

ただ、そのために“彼女たちは大人に利用されている”“大人に洗脳されている”という声があがる理由にもなっている。もちろん、そうした側面もあるのかもしれない。だが、それはおかしいというのなら、秋元康総合プロデュースのAKB48はどうなるのか。ASEAN特別首脳会議の晩餐会で踊ったり、主力メンバー・島崎遥香を自衛隊のオフィシャルマガジン「MAMOR」(扶桑社)の表紙に飾ったりと、秋元もアイドルを政治利用しているではないか。それにくらべれば、メンバー自身も“おかしなことには声を発する”という自覚をもった制服向上委員会のほうが、よほど健全であるように思える。

 そんな彼女たちのささやかな行動にさえ、「反政府運動だ」と締め付けを行う自民党。この異常事態を見ると、どうやら日本はもうすでに戦前の言論統制下に入っているようだ。
(大方草)

 

 NHK 2014年4月21日 19時27分

“政治的中立への配慮”が相次ぐ

 憲法や原発など国民の間で議論が分かれているテーマを取り上げた講演会や展示会などについて、各地の自治体が「政治的中立を保つ」として内容の変更を求めたり、後援の申請を断ったりするケースが相次いでいることがNHKの取材で分かりました。 
 これは、NHKが全国の都道府県と県庁所在地の市、東京23区、それに政令指定都市の合わせて121自治体を対象に調査した結果、分かったものです。
 それによりますと、昨年度開かれた講演会や展示会などについて「政治的中立を保つ」として、施設の貸し出しを断った自治体が1つで合わせて2件、内容の変更を求めた自治体が5つで合わせて6件、後援の申請を断った自治体が14で合わせて22件となりました。
 さらに、これらとは別に「県の政策と一致しない」として催し物の後援を断った自治体も1つあります。
 これらをテーマ別に見ますと、憲法に関するものが11件、原発に関するものが7件と全体の6割を占め、そのほかTPPや介護、税と社会保障などとなっています。
 また最も件数が多かったのは、後援の申請を断ったケースですが、その多くは「名義後援」と呼ばれ、催し物のチラシに自治体名を入れたりチラシを公共施設に置いたりすることを認めるものです。
 かつて後援していた憲法や原発に関する催し物について昨年度は後援を認めなかったケースも、3つの自治体で1件ずつありました。

“中立的対応”した自治体の内訳
 今回の調査で、後援の申請を断るなどの対応を取ったのは合わせて20の自治体です。
 このうち施設の貸し出しを断ったのは奈良市です。
 内容の変更を求めたのは東京都、足立区、福井県、福井市、京都市の5つの自治体です。
 後援の申請を断ったのは札幌市、宮城県、長野県、茨城県、千葉市、静岡県、堺市、京都府、京都市、神戸市、大津市、岡山県、鳥取市、福岡市の合わせて14の自治体です
 さらに奈良県は、脱原発をテーマにした講演会について「県の政策と一致しない」として後援を断っています。
 今回取材した121の自治体のうち、こうした対応を取ったのは合わせて20全体のおよそ17%で、このほかの自治体では昨年度「政治的中立」を理由に、同様の対応を取ったことはないとしています。

神戸市は後援断る 
 神戸市と市の教育委員会は、護憲の立場の市民などで作る実行委員会から、来月3日の「憲法記念日」の集会について、後援の申請を受けましたが、「政治的中立性を損なう可能性がある」として断りました。
 実行委員会は、平成10年と平成15年の憲法記念日などに開催した集会では後援が得られていたことから今回の市などの対応を「後援承諾方針の恣意的(しいてき)転換だ」などと批判しています。

 これに対して神戸市行財政局庶務課の八木真課長は、「市として後援を承認する際には要件として『政治的中立』であることを定めている。過去に神戸市が後援を行ったという事実はあるが、書面と聞き取りで今回の集会について検討した結果、昨今の護憲と改憲の議論の中で神戸市が一方の立場を応援することになるという危惧が生じ、後援を控えさせてもらった」と説明しています。

静岡県もTPP巡り後援拒否
 静岡県はTPPに反対する団体が開くシンポジウムの後援を断りました。
 県では、TPPについては国の交渉が続いていること、国内で賛否が分かれるテーマなこと、団体が過去にTPPに反対の決議を出していることなどから、行政の中立性が保てないとして後援を断ったということです。
 同じシンポジウムに静岡市は後援を出したということで、この団体の事務局長を務める司法書士の小澤吉徳さんは「TPPに関して議論をしようと企画したもので県の決定には驚いている。こうした決定は市民の活発な議論にも大きな影響があり心配だ」と話していました。

足立区は調査報告書の内容変更
 足立区では、助成金を出している区内の消費者団体がまとめたTPPを巡る調査結果の報告書について内容の変更を求めました。
 足立区では毎年、区内の消費者団体に助成金を出し消費者の関心の高いテーマについて、区役所で展示会や発表会を開くとともに調査報告書にまとめてもらっています。
 このうち、昨年度、TPPを研究した団体が提出した報告書について、区は一方的な立場の意見だけを取り上げている」として、この団体に理由を説明したうえで内容の一部を削除したということです。
区では、この事業の内容について、5年前、区民からクレームが寄せられたことをきっかけに内容を事前にチェックするようになったということです。
足立区消費者センターの高野龍一所長は「あるテーマについて賛成派や反対派がいるなかで1つの方向だけ取り上げるのは問題があると考えている。原発、TPP、消費税は政治と密接に結びついたテーマで、判断が難しい」と話しています。

法律・条例に基づき認めた自治体も
 一方、施設の貸し出しや後援について法律や条例に基づき断る理由がないとして、認めた自治体もあります。
 長野市では、去年、市民団体が憲法に関する集会を企画し、長野市教育委員会に施設の貸し出しと後援を申請しました。
 その後、長野市には「公共施設を使わせるべきではない」という抗議電話が複数あったということです。
市教育委員会は、この団体が過去に開催した集会で警備上のトラブルが起きていないかなどを調べたうえで、施設を貸し出すとともに後援も認めました。
 長野市教育委員会生涯学習課の松本孝生課長は「ほかの利用者に迷惑がかかったり、施設の管理に支障が生じたりしないか、確認したうえで施設の使用を認めた。地方自治法では公の施設の利用は正当な理由がない限り拒んではならないと定められており、法律や条例に照らして慎重に判断している」と話しています。

専門家「どの意見も認め議論活性化を」
 地方行政に詳しい千葉大学の新藤宗幸名誉教授は「特に国論を二分するテーマを取り上げた講演会やイベントについて拒否をする動きが各自治体で広がっていると感じる。自治体は、それぞれを認めて議論が活発になるように働きかけるのが本来の姿だ」と指摘しています。



よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

ジャンル:
芸能
コメント (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 同性婚は憲法上保障されると... | トップ | 6月28日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

42 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おいそれと)
2015-06-28 13:44:24
こんなに若くてわずか数人の女の子が堂々と安倍政権を批判する一方で、

大のオトナが無数に集まったマスコミ関係者は安倍にビビりまくって自主規制ですか笑

ええかげん腹括れよw
へぇ~。制服向上委員会が… (リベラ・メ)
2015-06-28 14:29:56
彼女達の存在は知っていたけど、ここまで社会的なアイドルとは思いませんでした。反原発に反権力。これぞプロテスタント。見たか、見えたか議員たち!!これが市民、いや、国民の良心の現れだ!
自由民主主義政党を僭称する自民党 (AS)
2015-06-28 15:06:13
おそらく山口県長門市では安倍退陣を求めるデモも不許可になるんでしょうね(安倍の地元です)。
民主党政権下でこんなことはありませんでした。船橋で「野田やめろデモ」が行われたことがあります。
筋金入りです (AS)
2015-06-28 18:29:56
リベラ・メさん
SKi(エス・ケー・アイ。敬意と愛着を込めて敢えて略称で呼びます)は筋金入りの社会派アイドルです。
イラク戦争の時にはワールドピースナウに参加し、オリジナルの反戦歌を披露したこともあります。
ちっくしょう! (raymiyatake)
2015-06-28 18:47:31
そうなのか。やはり攻撃を受けているのか。
百田尚樹にも言論の自由があるとかばう人たちは、この子たちの言論の自由も守らんか!(激怒)

みなさん、せめてツイッターのフォローだけでもよろしく!


「いつも応援、コメント、シェアありがとうございます!
制服向上委員会が出演したイベントで政権批判の歌を披露し、自民党の市議さんを怒らせ後援取り消しとなった騒動で、連日取材攻勢を受けております。
メンバーは気丈に振舞っていますが、炎上商法、売名行為、ブサヨク、殺す、死ね!等、の攻撃を受け、メンバーは『そもそも売名したいなら、このグループにいないし!』大和市にチクった市議に対しても『器の小ちゃい大人だ!』などと強がりな発言をしつつも、10代の心中はそれなりに傷ついております。
そんなメンバーの支えになるのは皆さまからの応援の言葉!どうぞみなさん、ドシドシ励ましのメッセージをお寄せください!
今日はTBS『サンデージャポン』でも取り上げられるそうです。
※写真は土曜日に受けた週刊誌の取材の模様」

https://www.facebook.com/pages/%E5%88%B6%E6%9C%8D%E5%90%91%E4%B8%8A%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A/204262296255050?fref=photo
援護射撃 (kei)
2015-06-28 19:07:03
夏フェスの時期ですし、他のミュージシャンにも頑張って欲しいですね。

清志郎が生きて居たら・・・と、つい考えてしまいます。
若者ガンバレ! (masima)
2015-06-28 20:07:03
{/m_0080/自由にやってください。圧力に負けないで。思うようにね。応援します。
Unknown (12434)
2015-06-28 20:54:46
>kei様

私はこの「制服向上委員会」がどういうグループなのかはわかりませんが、むしろ娯楽というものは、こういうものがある程度あった方がいいでしょうね。当たり前なことに疑問を呈する必要もあります。
少なくとも、「大きな態度の安倍総理」や「エリート意識・利権好き」というのは、確かに現実に"当たり前に"存在していますから。

ただ忌野清志郎が存命していたら恐らくは、「戦争法案」とか「殉愛と後妻業」とか、「憲法泥棒」とかいうタイトルの曲を歌ったでしょうね。
Unknown (わかば)
2015-06-28 21:27:18
もはやアイドル活動には不向きな妙齢の自分としては……
安倍首相大暴走の暁にはまず図書館閉架となるか発禁処分となりそうな、首相と同郷の作家・田中慎弥氏の小説「宰相A」を先日Amazonにて入手しておきました。
Unknown (sana)
2015-06-28 21:28:29
私は芝居好きなんですが、皆さんのお顔を見ていると、演劇人みたいな匂いを感じます。素敵ですよ☆
いろんなことを言われて大変でしょうが、本当に偉いと思います。
私も、反戦のチラシを自分で作ってまいていますが、やはりあまり他から攻撃を受けないようにということも意識してしまいます。結構傷つきますからね。もう40なのに。
みなさん、若いのに、本当に偉い。
わかってる人は、わかってるからね。
いろんなことがあっても、自分の気持にまっすぐに、純粋に生きていけるということは、幸せなことだと思います。お互いに、道は違うけれど、共に歩んでいきましょうね。
大和市は取り消し撤回を! (ヤマト)
2015-06-28 22:54:43
大和市に在住している者です。
先生の文章を読んで大変共感いたしました。
今回の大和市の対応には私も納得がいかないため、抗議に行きたいと思ってます。
どの様なことを書いて市役所に提出をすればよいのでしょうか。
応援してます。 (ミトラ)
2015-06-29 02:29:34
兵庫在住者です。それぞれの立場で出来る事、応援していきたいです。売名と言いたい奴にはいわせておけばいいのです!。 他者に売名行為とか言う者は自分だけは正しいとなんの反省もなく思い込んでいる愚かな人々です、こういう人々はやがて共食いを始めます。
応援しています。悪いやからから守られますように (オバチャン そふいあ)
2015-06-29 09:08:11
反対安倍政権、反安保法制、反戦争、反武器輸出、反原発、真っ直ぐな若い発言を、オバチャンも心から応援しています。こころもからだもまもられますように。真理は勝つ!
洗脳されているって? (プラズナー)
2015-06-29 18:55:43
初めて彼女達の歌を聴いたけど、まっとうな事を歌っているだけやん。

何も間違っていないでしょ。

よくはわからないけど昔はそんな音楽や歌や、映画がたくさんあったんとちゃうの?

キンタマ虚勢された日本人には遠い昔の話?

彼女らが洗脳されているとか騒ぐなら、日本の業界アイドル様は、なんなの?

呆けた顔して惚れた腫れた歌ってたら

正常なのかよ?

もうそろそろ、目を覚まさないと日本終わりやで。

おっさん達は認めるのか?

キンタマ虚勢された日本人には、遠い昔の話
賛同意見ばかりなので敢えて・・・ (幻の名酒モロトフのカクテル愛飲者の会)
2015-06-29 22:46:29
制服向上委員会の歌もそれを非難する輩も結局は悪口の言い合いみたいに思えるし、私としては彼女らの歌や発言は「批判」と言うべきかどうかやもっと良い意見の出し方法があるのではないかと疑問がありますが、そういう「素直に」賛同しないでどうこう言うような「愚か者」はどうせ黙殺か吊し上げでしょうね。(笑)
この程度の意見なんざ、野暮ではあっても、攻撃にはなるまいに(笑) ここのコメントも賛同するようなものしかないし。
でも、私はそういう憎まれ口を叩きたくなる性分なので、止められません。(笑)
と言うわけで、制服向上委員会にも負けずに色んな言うべき(と思う)ことはドンドン言っていきます(笑)

最後にブログ主さんもその賛同者もそう興奮していないで、(モロトフの)カクテルでも飲んでリラックスしなよ。
メキシコでもこのブログを取り上げている人がいます。 (Ken-ichi)
2015-06-30 03:09:54
 メキシコに住んでいます。知り合い(メキシコ人)がこのブログを取り上げていたのでシェアさせてもらいました。英語やスペイン語で説明したらさらに広まると思います。
ありがとうございます (raymiyatake)
2015-06-30 07:05:29
Ken-ichiさん、メキシコの方が取り上げていたのは、制服向上委員会のブログですよね?

うちのこのブログじゃあ。。。ないですよね(笑)。
アドバイスをお願いします! (ヤマト)
2015-06-30 10:00:12
大和市に抗議をするにあたり、何分素人のため、どの様に書けばよいのか分かりません。
お忙しいと思いますが、宮武先生のアドバイスをいただけないでしょうか。
すみません! (raymiyatake)
2015-06-30 10:11:51
お返事遅くなり申し訳ございません。

基本的には私としてはブログに書いたのが考えの軸で、これ以上の物はないのです。

あれをコピペしてうまく使えませんか?

うちのブログからリンクさせていただいている憲法学者の上脇博之神戸学院大学教授は長年、神戸の憲法集会を主催されており、ここ2年連続で、やはり神戸市と教育委員会の後援を断られたことで、抗議文書を送っておられます。

これを参考にされ、また、上脇先生にご相談されたらいかがでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51802189.html

余りお役に立てず申し訳ありません。
お言葉ですが・・・ (麻婆豆腐)
2015-07-01 02:04:46
どうせこのコメント処分するんでしょうけど。

戦争反対って言っていられるご時世ですか?ではあなた方は攻めてきた敵軍に「戦争反対!!」と叫びながら死ねるというわけですよね?文句言わずに「戦争反対!!」と叫びながら殺されても構わないという事ですよね?
敵軍からしてみたら「戦争反対!!」なんて相手が思っていたって関係ないんですよ。

自衛隊隊員を父に持つご家族の皆様は、いつ、どこで死ぬか分からないという覚悟を、彼らは既に持っています。もしそういう覚悟を持っていなければ、そのご家族は全力で反対していることでしょう。

「色々な意見があって構わない」なんて、甘ったれた言い訳では逃がしません。日本は今、中国と韓国に完全に舐められている状況なのです。攻めてこようとしているんです。その状況下で、やられっぱなしで構わないとおっしゃるなら、是非とも自衛隊の方々よりも前に立ち「戦争反対!!」「戦争反対!!」とお叫びください。

その言葉が通じたら全力で褒めます。
ヘルマン・ゲーリングの言葉 (lemonlemon)
2015-07-01 09:19:52
上の「麻婆豆腐」さんが仰有ってる

 「日本は今、中国と韓国に完全に舐められている状況なのです。攻めてこようとしているんです。」

ですが、こういったの見るたびに思い出す言葉がありますね。

宮武さんお勧めブログにあります。


*******
「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。しかし、国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。とても単純だ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」byヘルマン・ゲーリング
******

国境の線引きが武力で決まると思っているのなら、それは「愚か者の発想」としか言いようがありません。

有難う (五郎)
2015-07-01 14:14:50
安倍政権はグローバルと言いながら世界が見えていない。 戦争の連鎖反応を防ぐために非同盟諸国が増加しています。コスタリカ国は軍隊を持っていません。 ドイツとフランスは長年アルザス地方の帰属問題で対立、第一次世界大戦、第二次対戦を戦いました。 EUの成立はお互いに経済的に協力(同一通貨)対立の排除を最大の目的です。 政権になって
Unknown (12434)
2015-07-01 19:32:59
>麻婆豆腐様

なんか、安保法案に反対する=自衛の戦争すら否定すると勝手に思い込んでませんか?
我々を無抵抗主義者だというのはさすがに偏見でしょう。撤回してくださいよ。

中国の脅威があるのはわかりますよ。しかしそれなら、むしろあの安保法案は不要だと思いますよ。日本の持つ能力のすべてを専守防衛に使ってはダメなんですか?自衛隊を信頼できるなら、それで不満はないでしょう。あの安保法案がないと、日米安保が破綻するわけでもありません。
何度もいいますが、アメリカと組む以上はしたたかにやらないといけないのです。

安保法案に反対する憲法学者だって、違憲だという理由だけで反対しているわけじゃないです。国防に役立たない理由を具体的に主張しています。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/9e8748862ae2ee82241034379b57dc2e/?cid=7e3a8f22e801642203b81d4af2e6dae6&page=7&guid=ON
Unknown (山女)
2015-07-03 02:56:36
征服向上委員会の少女たちの勇気に敬服します。日本の未来をしょって立つ若者がいることに仰天しています。彼女たちの未来とか色々考えてしまいますが大人たちが彼女たちの前に立ちはだかるのは避けなければなりません。彼女たちを守り支えなければならないと感じます。だらしのない大人たちには任せておけないと若者が考え始めたのです。自分は何も力のない70歳近い人間ですが僅かなカンパぐらいは出来ます。また「若者よ選挙においき」ぐらいの自作の歌詞ぐらいは作りました。何かお役に立てないかと考えます。
Unknown (通りすがり)
2015-07-03 16:39:52
「大きな態度の安倍総理」や「エリート意識・利権好き」
注意をひくための釣りだとしても、平和的を望み・話し合いで解決したいという人が挑発しちゃマズイよね。ヘイトも引くわけだし。他人ごとだから脅迫するほうが悪い!って言うんだろうけど、自分の子供だったとしてもそういう?
アイドルという憧れを抱いてる未成年にこういう事を言わせるのって、アイドルをエサに本人が消極的な水着写真を取らせるような状況と「見分けがつかない」

地域での活動とかそういうので、こういう縁から色々なことを考えていくのは大いに結構だけど、勉強していって考えが変わってもこのグループにい続けられるのか?抜けたあとも個人の考えでなくグループの印象がつきまとう事がこの子たちに対してもリスクにならないか親の目線で見てご覧よ。
今は本気で言ってるんだろうけど、このグループがシガラミで「言わされている」状況になり得る可能性は十分に考えられる。

自分の言いたいことを可愛い子たちが言っているからすっとするだろうけど、未成年にやらせることじゃないでしょ。若いうちは大いに失敗して許されるべきだけど、営利活動でも有り多くの人に知られるアイドルでやるのは、大きな後悔につながりかねない。多くの人の前で政治的な発言をすることは水商売では当たり前だし、普通の大人でも避ける事が多い理由をかんがえよう。

褒めるべき点も確かにあるけど、少女たちにリスクを背負わせて代弁してもらって気持ちよくなっている人がいるとしたら情けない。本人たちは理解しているというかもしれないけど、それが本当に通用するなら、夜遊びも風俗店で働くことも本人の意思次第ってことになるよ。アイドルはかわいいだけが売りじゃないけど、人畜無害であるから比較的多くの共感を得て、共感しない人からもそんなに攻撃は受けない。政治はリスクが高い。

中には無意識に権力批判できるからこの子たちが叩かれたほうが都合いい人もいるかもしれないよ。
Unknown (通りすがり)
2015-07-03 17:19:54
訂正

>多くの人の前で政治的な発言をすることは水商売では当たり前だし

水商売では避けるのは当たり前だし
兵隊を持ち上げといて (時々拝見)
2015-07-03 22:54:21
利用するだけ利用して、野垂れ死にさせる、そんな亡国の輩がいましたねーごっそりと。麻婆豆腐さんのコメントを見て、そんな輩を思い出しました。
その後、外国の走狗となった売国の輩もいましたねー。麻婆(以下同文)
その後、テロの矛先が日本国民に向くような発言をしたり、奴隷的参戦義務法案を出そうとしたり…なんて、輩もいるようですねー。麻婆(以下同文)

ついでに
中国の脅威があるなら、中東なんぞに自衛隊を派遣する余裕など皆無ですね。よーーーーっぽどの平和ボケ以外考えつかないでしょう。
韓国の哨戒艦がセオリー通りの方法で撃沈された時、韓国が竹島を占領した時、米軍の動きを覚えていれば、件の法案構想は奴隷的参戦義務法案構想かただの売国法案構想でしかないことは一目瞭然ですね。
Unknown (通りすがり)
2015-07-04 14:46:39
(時々拝見)さん

思いつかないようだから考える手伝いを試みるけど、一人じゃかなわなくてバラバラだと各小撃破されるから皆で協力しましょうっていうのが集団的自衛権であって、それには実際に攻められていない時に仲間を助けたり、世界世論を味方につけるために貢献する必要があるでしょう。

南沙諸島で起きていることがなければまだ説得力はあるけど、南沙で起きていることを見てもなお中国の脅威が煽られているだけというのは説得力がない。

煽っている面があるとしてもだよ、共産国家が自国民を煽って、社長のどら息子が横暴を行っても機嫌を損なわないように無理が通れば道理が引っ込む的に既成事実を作るのに対応するためにはありだからね。

士気と集団の力が力関係においてどれだけ重要か知っておく必要があるんじゃない?それに戦いにおいては情をかけるほうが犠牲が増える事は往々にしてある。もちろん雰囲気に呑まれて起こされた間違いは正す必要があるけど、皆が皆人間的感性を失ったからだというのは侮りだよ。侮る人間は絶対にいつか足を掬われる。冷静に批判しよう。

野垂れ死にのくだりのところは批判されるべきだけど、自覚がある過去の過ちをいくらつついても無意味だよ。何故なら、過ちを認識してそれを避けようとしている相手に言っても意味が無い。真実は知りようがないから、仮に信じた場合相手がどうしてそのような決断をしたか考え、信じない場合も同様にして総合的に考えた方がいい。
自分の考えありきで、それに都合のいい解釈のみで叩くだけではだめでしょう。

麻婆豆腐さんもすこし迫りすぎかな。
Unknown (通りすがり)
2015-07-04 15:07:42
まあ、上でも書いたけど、多感で学ぶ時期の少女にリスクを背負わせておいてそれに乗っかって言いたいことを言うのってある意味利用してるってことだよ。他者のリスクに気づこうが気づくまいが、他者を犠牲にして自分の思惑を実現するっていう心理は、実は戦場で他人を犠牲にして生き残るのと近い。

いや、近いからいけないというのではなく、人間そんなにきれいなものじゃないという認識がなければ、他者批判のみに血道を上げてしまう。意味のある批判をするためにはまず己もきれいなだけじゃないことを知ろう。

右派左派の戦いにおいては、数撃ちゃ当たるで打ちまくっても当てちゃまずいところに当てると大きな失点になるのだから、的確な批判を選別しよう。
人肉を食べてはいけないが、飢えて死にそうになっている人にも原則を頑なに貫いて批判しても意味が無いように。

時々拝見さんにもう一言。
確かにアメリカも信用ならないが、国家に永遠の友も永遠の敵もいないという言葉を送りたい。
裏切りの可能性も考慮しつつ、現状一番ましな相手と組むのは基本戦略。
過去を引き合いに出したらどことも同盟なんて組めない。
年間15兆円の追加軍事費をかけて日本の独立性を保つのもいいと思うけど、国内でカネをまわすために軍需産業が大きくなり、産業維持のために積極消費せざるを得ないアメリカのようになる可能性も。
通りすがりさん (時々拝見)
2015-07-05 00:28:30
いやー、何を言いたいんだか、ほとんど解りません。
とりあえず、
1.タイトルつけてもらえます?
2.文体統一してもらえます?
  バラバラ文体だと、何だか、独り言をブツブツ書いてるようにしか見えませんよ。
で、解読を試みるに…
1文目、思いつかないの意味不明、かつ、アベシの言う集団的自衛権とは別物、無意味な文では?
2文目、だーかーらー、中東に自衛隊を派遣する溶融は無いって書いたはず、根本的な認識力の欠如によるものか、いずれにせよ、無意味以下の文では?
以下、意味不明、文によっては、拙コメントとの関係さえ不明、
としか読めないので、できれば、解説お願いします。
通りすがり様 (raymiyatake)
2015-07-05 00:33:25
パソコンで見て頂けると、コメントについて、
「コメントにはお一人お一つ必ず固定ハンドルネームをつけてください。「通行人」とか「通りすがり」とか「名無し」とか「匿名希望」などの無個性なものではなく、個性的な素敵なのをお願いします。」
と書いておりまして、なにか素敵なハンドルネームをお願いできませんか。

他にも通りすがりさんが複数おられて区別ができず困っております。

よろしくお願いいたします<m(__)m>
返信 (すがり)
2015-07-05 05:00:23
raymiyatakeさんへ
失礼しました。すがりとします。

時々拝見さんへ
酔って書き込んでました。失礼。
1文目は、余裕が無いとの発言に対して、の指摘になります。
軍事だけで考えればある程度正しいんだろうけど、中国の脅威の本質は、軍事力だけでなく通常の国家ではありえない、自国のマーケットを私物化して貿易国に対して譲歩を迫ること。
政治を考えずに力関係だけで考えるなら、アメリカは中国を攻撃すれば結果は見えてる。それなのに中国が国際法を破っている理由を考えればわかるでしょう。
小さい国が軍事的脅威によって、大国は政治的な脅威によって足並みが崩される可能性がある。足並みを崩しにくい状況をつくり上げることによって、戦闘をせずに相手の無茶をとめることにつながる。
中国は実はとても理性的に段取りをとって南沙を攻めている。アメリカが自国民の犠牲を恐れるために全面戦争をしなくなったように、中国が無茶をしたらデメリットになるという認識を持てばそれをやりづらくなる。
そのための集団的自衛権。

なので平和を愛するがために軍事に対して否定ばかりしている左派の人は軍事力を持つこと=軍事衝突という短絡に固執することになり話が通じません。
軍事力も政治の延長線であるという事を理解する必要がある。

もちろん暴発の可能性もあるので、それに備えつつなるべく相手の手札を封じる。

だから「余裕が無い」というのは的はずれなんですよ。

もう1度言います。平和を愛するなら戦力を全否定しないで理解しようとしないといけない。
すがりさん (時々拝見)
2015-07-05 10:25:53
だいたい了解しました。
中国の南沙諸島に対する(理性的というより)狡猾な態度については賛成します。
さて、パラベラムはよくある論法ですが、私は行き過ぎの軍事政治には反対ですが、ギリギリ合憲という自衛隊は容認ですので、お間違え無きよう。軍事全面否定のような「レッテル貼り」も無きよう…。
行き過ぎの軍事政治には、
1.国内での弾圧に直結します。北朝鮮王国という例があります。自由と民主主義を捨てる=日本国の否定、つまり、反日・亡国ではありませんか?日本のよって立つ所の否定ですから。
ドイツ・イタリアの対米地位協定を見ると、日米地位協定を改正しようともしない日本の政治家って何なんでしょうね?売国屋に見えませんか?
2.肥大した軍隊は国内では弾圧、対外的には、不要な摩擦~軍事衝突を引き起こします。
平和的に領土を交換するという、世界史でも稀な日露両国にとっては輝かしい実績があったのですが…。その後、自民党は千島放棄を宣言、後から、南千島は千島じゃないと言い…今日にいたっています。なお、日本共産党は千島の放棄を無効としています。
長くなったので、ここは、例の米内光政の言、「国防も行き過ぎれば亡国につながる」で、強引にまとめます。
2ー1.馬鹿な首相の言動で、日本を取り巻く情勢が変化しました。日本人をテロの標的とする団体が増え、国外で活動する日本人、特に、自衛隊員のリスクは何倍にも跳ね上がりましたね。
2-2.馬鹿な元都知事の言動で、日本を(略)。尖閣諸島に領土問題が存在する、と世界が認識してしまいました。日本からすれば馬鹿な言動ですが、中国にとっては叙勲物の言動でした。
ところで、あの時、尖閣に最初に立てられた「国旗」どこの旗だったかご存知ですか?
返信2 (すがり)
2015-07-05 18:49:41
時々拝見さん 
 あくまでこちらは~~する人はと限定して一般論として言っている。
さらに、行き過ぎかどうかはその時の状況によっても違うし、肥大化した軍隊を問題にするなら、なおさら集団的自衛権で個でなく群として守るのがいいのは自明でしょう。
行き過ぎた場合を想定するのもいいけど、不安を煽るように片方の可能性だけ強調するのはあなたの批判している事とかぶらないかな。

上のレスでも言っているはずだけど、中国の暴発まで想定して日本単独で備える事になれば今より確実に軍事費は伸びてあなたの言う肥大化につながるよ。
つまり、あなたの言っている懸念から導き出される現実的な選択は少なくとも利害の近い国との連携で防衛する事。なのに躊躇なく反対しているということは結論有りきということ。理屈や知識を動員して最初に持っている意見に結びつけるとそういう矛盾が出る。

刺激したと言っているけど、中国は感情だけで動く国じゃない。確かに一見すればあの二人が刺激したように見えるだろう。でも冷静に見ればこそ泥が忍び寄っていて、気づかないふりをするのをやめて相手が居直った状態でしょう。軍事的にアメリカと張り合うために尖閣は必須なので、どちらにしても取ろうとする。中国の立場からすれば欲しがるのはむしろ当たり前。でも理解は出来ても、そしてたとえ先進国がそれをやるとしても牽制しなくてはいけないのに、選挙でなく政治闘争でのし上がった人が運営する共産国家。
友好度マックスでも、中国は市場からの締め出しとかこの歴史をちらつかせながら、尖閣を実質支配しようとするだろう。そして中国が尖閣を足がかりに軍事力を広く展開させれば、いざまずいと気づいた時に、軍事圧力というカードが強大化していることだろう。

無理が通れば道理が引っ込む。これを中国に許されない事を自覚させることが平和につながるし、日本も不満がありながらもその戦後秩序の中で外交をしている。
あの時でなく、中国が尖閣に基地を作ってから領土問題が存在すると認識した場合を想定しているのかな?
正確に言えば領土問題が存在すると誤解しているだけで、領土問題のきちんとした意味でなく領土をめぐる揉め事を領土問題と言っているだけ。そして今や世界世論は南沙をみているのでまた中国の無茶ぶりだと思っている人が増えたんじゃないかな。
おまけに友好的なまま尖閣に中国の基地が建てられた場合、むしろ日本が文句言わなかったことは中国にも世界にも間違ったメッセージを与えることにつながる。

要するに、あなたのいう事は正しいけど、どう転んでも中国は尖閣に食指を伸ばすという想定を無視した時にだけ成り立つ。
こそ泥に家具を1つ1つ盗まれて気づかないふりをしていれば、我慢の限界までは友好を装っていられるけど、いざ追いだそうと思った時に護身用の武器を相手に取られていたら、一時の友好とどっちが得なのかはわからない。
このロジックは尖閣に最初に立てられた国旗がどこのものだったかというミクロな話には何の影響も受けないとおもうけど、その事実がどう関係してくるのか聞かせてほしいな。
あとから言うと説得力がないから先に自分の経験から一般論として言わせてもらうと、無自覚にロジックでなく知識の多さで正しさをアピールしだす人がよくそういう事を持ち出してくる。ロジックで話すならいちいち質問せずに事実を提示して論理展開すれば良い話だから。
政治を理解するのにマニアである必要はない。
知識と考える力は必ずしも比例しない。
制服向上委員会を攻撃脅迫している人たちこそ非難されるべき (洲蛇亜林)
2015-07-10 00:12:24
未成年のアイドルだから政治的なことについて表現してはいけないなんてことはないと思いますけどね。

選挙権年齢も18才に引き下げられたことだし、まさか18才未満は政治について考えるななんてことはないだろうから未成年が政治について何か考えて、それを表現したとしても自主的なものではなく誰かに言わされたのだなんてことは言えないでしょう。
宮崎学の『突破者』読むと、もう高校生の時には政治に目覚めて自分の意思で共産党に
入党してます。

彼女らが今回唄った自民党批判と過去に唄った民主党批判の歌詞の内容ですが、未熟でちょっと首を傾げる部分もあるとは思いますが、多くの庶民が感じていることの風刺の効いた表現だと思います。
たとえば「大きな態度の安倍総理」など個人の態度としてよりも政権全体の報道機関や沖縄への高圧的な姿勢を見るときに頷けるものがありますし、「エリート意識利権好き」という表現も自民党に対して多くの庶民が抱いている感情を代弁したものと言えます。
つまり、彼女らが表現しているものは、何か特別なイデオロギーとか思想というものではなくて、事実とかけ離れたそれほど的外れな内容ではないということです。

これくらいの風刺や批判は、そこいらのオッサンオバサンオニーチャンオネーチャンが普通に語っていることでもあります。
そういう風刺や批判(権力的なものに対する)は何ら特別なことではなく健全な社会の証だと思うのです。

今回の制服向上委員会への脅迫じみたバッシングこそ非難されねばなりません。
権力的なものを風刺したり批判することの何が悪いのでしょうか?
もちろん、亜細亜大陸にあるかの国では、政権党批判や権力批判風刺は御法度でしょう。
しかし、ここは曲がりなりにも民主国家を標榜する国なんです。
かの国への感情的反感を煽っている人たちの理想の政治体制は、実はかの国と似通っているのではないかと思うところです。
政治アレルギー (らじ)
2015-07-18 02:01:56
日本の芸能人、政治をネタにしなさすぎる。

政治家風刺とか、他国では普通にテレビで放映してる。
5-6年前のプーチン・ロシアでさえもそうだった(今はどうかな)。
つくづく、日本は常に精神的に独裁恐怖政治体制下なのでしょう。江戸時代から。
政治家なんて、馬鹿にされて育つわけで。
安倍さんが国民見てないのは、政治家として育ってないから。
「馬鹿にするなどけしからん」をまともにやる政治家なんて政治家失格。

テレビ出てるアイドル・芸人・セレブにこそ、変なことする政治家を「笑い飛ばし」てほしい。
(言わされてるとか関係ない。誰でも言える状況が重要)

制服向上委員会に足りないのは、ユーモア。ガチでユーモアとか余裕とかなさすぎ。
もっと「うまく」笑わせてほしい。

<突然割り込んですみません、制服向上委員会って人たちを見て、ちょっと希望を持って、ひとこと言いたくなりました>
Unknown (大和市民)
2015-07-25 14:05:08
大和市民の立場から発言しますと、大体9条の会を大和市が後援する事がおかしい。
憲法改正の会を後援するならと思うが、聞いた事がない。

後援が無いなら、自民党だろうが、安倍総理批判も自由ですが、大和市の後援をとるなら話しは別になる。
言論の自由と、後援の取り消しを分けて考える方が良いですね。
Unknown (AS)
2015-07-25 21:11:51
天皇と総理大臣から末端の現業職に至るまで全ての公務員は、憲法に従い国民の自由と権利を守る義務がある。どんな考えがあっても。
これは憲法第99条で定められています。
左翼的だから右翼的だからとか関係ない。
大和市の処分は憲法に違反しています。
どこまで意味わかってんの? (アッキート)
2015-07-30 23:41:32
円安だとなぜ企業が喜ぶ?お嬢ちゃん、本当に自分達の意思ですか?円安で苦しむ企業はないの?
本人たちの声とは思えない。
今を時めくAKB48は? (AS)
2015-11-13 10:31:25
「誰かのために ―What can I do for someone?―」とか「僕にできること」とか「僕たちは戦わない」とかあるじゃないですか。全部、反戦・不戦の歌。
要するに自民党批判だからと言うだけでしょ、叩いてるのは。野田政権批判もしたのにここまで言われたことはなかった。
Unknown (Unknown)
2016-06-30 22:30:55
活動は自由だとは思いますし素晴らしいと思います、もっと若い声を反映すべきと思います。
 
逆に、原発賛成、改憲支持、自民党万歳、という内容だったとして
(別にその3つは憲法違反でも法律違反でもないですから、これもまた表現の自由ですよ)
公の自治体が後援していても支持されている皆さんは当然賛成されるのですよね?

「特定の政党、宗教その他の政治的団体及び宗教的な団体を支持
またはそれらの活動に関係するものではないこと」
他の特定の野党を批判する内容のイベントだった場合は
それを自治体が後援しても「表現の自由」として認めるという事になるんですが、、、。
特定政党を批判しているのだから「ルール違反」なのは当たり前です。 

他の方がおっしゃっているように「表現の自由」と「自治体としての中立性」は
やはり分けて考えるべきだと思いますよ。
これが許可されたデモであれば問題ないでしょうけれど。
政治デモとして堂々と活動すれば良いだけの話ですね。
自治体の小さなルールも守れないで憲法を守るなんて事は難しいと思うんですが。

ちなみに私は現在の憲法は守るべきと思っていますが
「日本国憲法改悪を主張する集会等」←コレも立派な憲法に則った集会になるんですが。
改悪はダメですけれど熱くなるのは考えものかと。
Unknown (y-hasahinet)
2016-07-02 00:05:26
素晴らしい・・・・! 頑張れ、制服向上委員会!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL