Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

【祝】新潟知事選、原発再稼働反対派の米山隆一知事誕生!鹿児島に続いて原発立地県の再稼働反対が結実。

2016年10月17日 | 原発ゼロ社会を目指して

 

 任期満了に伴う新潟県知事選は2016年10月16日投開票され、無所属新人で共産、自由、社民3党推薦の医師米山隆一氏(49)が、前同県長岡市長の森民夫氏(67)=自民、公明推薦=ら無所属新人3人を破り、初当選を果たしました!

 米山氏は東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働に反対しており、同原発の再稼働だけではなく、鹿児島に続いて地元県が反対派の知事が誕生したことで、安倍政権の原発再稼働への影響も甚大です。

 森氏が優勢と言われていたこの選挙も、ふたを開けれてみれば米山氏と森氏の得票差は6万票余りとかなりの差がつきました。

 選挙戦は米山氏と森氏の事実上の一騎打ちとなり、柏崎刈羽原発の再稼働問題が最大の争点で、先ほども言ったように、自公両党は鹿児島県知事選に続き、原発立地県で手痛い敗北を喫したわけです。

 同原発は6、7号機が、原子力規制委員会の安全審査中で、来年には結論が出るとみられており、再稼働には地元知事の同意が必須です。米山氏は

「東電福島第1原発事故の検証と総括なしに再稼働の議論はできない」

とする泉田県政の路線継承をアピールし、現状での再稼働反対を訴えました。

 選挙戦は民進党が推薦に加わらず、自主投票となり、完全な野党共闘の形になりませんでした。

 これは民進党の支持母体である労働組合のナショナルセンターである連合の中に、電力会社の組合が入っており、原発再稼働に慎重な米山氏を推せないとごねて、なんと自公の森氏を推したからです。

 しかし、接戦が伝えられると、自主投票を決めた民進党も蓮舫代表や江田代表代行が新潟入りするなど、同党らしくドタバタしつつも同党国会議員や県議の多くが応援に加わりました。

 まあ、勝ち馬に乗るという奴ですか(笑)。

 米山氏は16日夜、新潟市の事務所で

「原発再稼働の話がきっとすぐに来るが、約束通り現状で認めることはできない」

と語ったそうです。頼もしい限りです。

 一方、森氏は再稼働について、選挙戦中盤になって「問題があれば国、東電に反対と言う覚悟がある」と訴えたそうですが、保守らしい誤魔化しですから誰も信じやしなかったというわけです。

 原発立地県で徐々に原発再稼働反対の世論が首長選に結びつき始めており、めでたい限りです。

接戦に焦った森陣営はなんと公定ビラでどうどうと反共チラシを配ったのですが効果なし。

安倍政権の見苦しい野党共闘崩しはとどまるところを知りません。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon タイムセール商品

Amazon Kindle ベストセラー



新潟県知事選 米山氏が初当選 再稼働反対派、安倍政権に痛手

 
米山隆一氏
 
 
 任期満了に伴う新潟県知事選は16日投開票され、無所属新人で医師の米山隆一氏(49)=共産、自由、社民推薦=が、前同県長岡市長、森民夫氏(67)=自民、公明推薦▽海事代理士の後藤浩昌氏(55)▽元団体職員の三村誉一氏(70)の3新人を破り、初当選した。米山氏は現状での東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対している。7月の鹿児島県知事選でも九州電力川内(せんだい)原発の一時停止を求める三反園訓(みたぞのさとし)氏が当選しており、政府の原発政策に影響を与える可能性が出てきた。投票率は53・05%(前回43・95%)。
 

 米山氏は出馬表明が告示6日前と出遅れたものの、再稼働に慎重だった泉田裕彦知事(54)の路線を継承すると明言し、争点を絞って脱原発派を取り込んだ。与党が全面支援した森氏の敗北は安倍政権の痛手になる。

 与野党対決ながら、民進党が自主投票を決め、支援は野党間でばらつきがあった。しかし森氏との接戦が伝わると、民進党から脱原発を主張する国会議員らが有志で支援するようになり、終盤には蓮舫代表も応援のため新潟入り。野党統一候補が自民現職を降した7月の参院選新潟選挙区に続く勝利となった。初当選を決めた米山氏は新潟市内の事務所で、「原発再稼働に関しては、皆さんの命と暮らしを守れない現状で認めることはできないとはっきりと約束します」と述べた。

 森氏は県内の幅広い首長から支持され、連合新潟の支援も受けた。告示直後は再稼働に積極的には触れなかったが、原発が争点化するにつれて「再稼働ノーも辞さない」と踏み込んだ。閣僚経験者らも応援に入り、自公は組織の引き締めを図ったものの、再稼働を進める自民には不信感があったとみられ、与党支持層を固めきれなかった。

 知事選は当初、4選を目指す泉田知事と森氏の事実上の一騎打ちとなる見通しだったが、泉田知事は8月末、県出資企業のトラブルを巡る地元紙の報道を理由に出馬を取りやめた。自公は森氏を支援し、民進の次期衆院選候補予定者だった米山氏が離党し出馬した。【米江貴史、南茂芽育】


 ■解説

原発政策に影響

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に反対姿勢を掲げた米山隆一氏が与党候補を降したことで、政府・与党が描く再稼働による原発推進、東電の経営再建のシナリオは見直しを迫られる。

 米山氏は、福島第1原発事故の検証が必要と主張し、支援する共産、自由、社民3党は再稼働に明確に反対している。原子力規制委員会の審査をクリアしても、強い反対姿勢を続ける可能性は高く、政府・与党の新たな課題となるのは確実だ。

 柏崎刈羽原発は福島第1原発と同じ沸騰水型で、事故に対する不安は根強い。原発施設の集中する日本海側の住民の不満も積もる。

 それでも、東電にとって再稼働が現実的に期待できる唯一の原発で、地元経済界や自民側の働きかけも容易に想像される。安全を最優先にした判断を貫けるか、民意を託された新知事が問われる番となる。【米江貴史】


新潟県知事選確定得票数

当 528,455 米山隆一 <1>無新=[共][由][社]

  465,044 森民夫 無新=[自][公]

   11,086 後藤浩昌 無新

    8,704 三村誉一 無新


米山隆一(よねやま・りゅういち) 49 無新<1>

 医師▽弁護士▽医療法人理事長[歴]放射線医学総合研究所研究員▽東大院

 

 

新潟知事選 脱原発、民意色濃く 争点化、与党に誤算

 

 与野党対決となった新潟県知事選は、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働が主要争点となり、優勢とみられていた与党候補を、反原発を掲げた野党候補が破った。地元住民が政府の原子力政策に待ったをかけた格好で、現在続いている安全審査をクリアしても、新知事は再稼働に反対する姿勢だ。東電が経営再建の切り札に据える再稼働のハードルは確実に高くなった。

 「脱原発の意識は原発立地県では特に強い。街頭演説に立って、そう感じた」。共産、自由、社民3党が推薦した米山隆一氏(49)の応援にかけつけた民進党議員は終盤での手応えを語った。

 自主投票で臨んだ民進党は、蓮舫代表が14日、急きょ新潟市を訪れ、米山氏への支援をアピールした。江田憲司代表代行も同日、長岡市で共産党の小池晃書記局長、社民党の吉田忠智党首らと並んで街頭演説するなど、次第に野党の足並みがそろったのも勝因になった。

 原発再稼働に慎重な泉田裕彦知事が8月、立候補を突然取りやめたため、公明党とともに森民夫氏(67)を推薦した自民党には当初、楽観ムードが漂っていた。しかし、立候補表明が遅れた米山氏が泉田氏の路線を継承すると明言し、再稼働問題を積極的に争点化したことで、情勢が変化し始めた。

 新潟県内では反原発感情が根強い。1980年代に東京電力柏崎刈羽原発が運転を開始したが、その後の旧巻町(現新潟市)の原発建設計画、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料を使うプルサーマル計画はいずれも住民投票で拒否された。相次ぐ東電のトラブル隠しや中越沖地震(2007年)時の柏崎刈羽原発火災なども県民の不信感につながっている。

 泉田氏は「後継指名はしない」と表向き中立を保ったが、実際には選挙中に原発事故の対応などを各候補にツイッターでたびたび質問。森氏の回答に「長岡市長時代に回答いただければ、もっと建設的な議論もできたと思う」と批判的だったのに対し、米山氏には「頑張ってください」とエールを送った。

 再稼働に前向きな自民党には、森氏を当選させて泉田県政を転換させる狙いがあった。しかし、9月の告示直後に同党が実施した調査で、米山氏が森氏に迫っていることが判明。危機感を強めた森氏は選挙戦中盤以降、「安全に確信がなければ、国や東電に反対と言う覚悟はある」と再稼働問題に踏み込んだ。

 森氏の支持層には経済や雇用を重視する再稼働容認派が少なくないが、自民党県連幹部は「支持が伸び悩む以上、相手に負けないぐらい原発を訴える必要があった」と苦しい戦術だったことを認める。

 7月の参院選新潟選挙区では、自民党現職(当時)が民進党など野党4党の統一候補に敗れた。「連敗」を避けたい与党は、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長ら幹部が相次いで現地入りし、森氏陣営を引き締めたが、巻き返せなかった。

 森氏の敗北を受け、自民党の古屋圭司選対委員長は「誠に残念な結果だ。県民の審判を厳粛に受け止め、敗因を分析し、党組織の拡充強化に努める」とのコメントを発表した。公明党の斉藤鉄夫選対委員長は談話で「国政への影響はない」と述べたが、自民党の一部には、安倍晋三首相の衆院解散戦略に影響するのではないかという見方も出ている。一方、組織力で劣る野党の選挙協力は一定の成果を上げた。共産党の志位和夫委員長は16日夜の記者会見で「野党と市民が本気で力を合わせれば、1プラス1が3にも4にもなる」と強調した。【水脇友輔、米江貴史】

東電、再稼働見通せず

 

 「原発反対の民意が示された。約束した通りにする」。当選を決めた米山氏は16日夜、新潟市内の事務所で公約通り、泉田知事のスタンスを引き継ぐと強調した。

 泉田知事は福島第1原発の事故後、隠蔽(いんぺい)体質の東電が事業者である限り、柏崎刈羽原発の再稼働は認められないと主張。新規制基準も福島の教訓が反映されていないとして、再稼働に厳しい姿勢を取り続けた。米山氏の当選で泉田路線が県民に改めて認められたことになり、原子力規制委員会の審査をクリアした後も、東電は地元同意の手続きに容易には入れない見通しとなった。経営改善を目指す東電は柏崎刈羽6、7号機の再稼働を目指しているが、実現が遠のけば、大きな打撃となりそうだ。再稼働によって代替の火力発電所の燃料費を減らすことができ、2基分で年2400億円程度の利益の押し上げ効果を見込んでいるためだ。

 東電は福島第1原発事故に伴う賠償、除染、廃炉などの費用を負担するために、経営改善による収益の向上を目指してきた。しかし、これらの費用は当初の見積もりを数兆円規模で上ぶれする見込みだ。このため東電は国に支援を求めており、経済産業省は有識者会議を設置し、事故処理費用の負担のあり方や東電の経営改革をめぐる議論を始めた。議論を踏まえて東電は来年1月をめどに現在の再建計画を大幅に改定するが、再稼働が見通せない状況では再建の青写真を描くのが困難になる。

 今回の知事選を巡り、東電内部には「森氏が知事になれば、再稼働について説得がしやすくなる」との期待感があった。しかし、米山氏が当選したことで、「再稼働の見通しが再び不透明になり、経営再建への影響は少なくない」(東電幹部)と落胆の声が出ている。【酒造唯、工藤昭久、米江貴史】

 

 

新潟県知事選 原発不信を受け止めよ

毎日新聞2016年10月17日 東京朝刊

 敗れた前長岡市長の森民夫氏を推薦した自民、公明両党内には当初、最近の政党支持率の高さや組織力の強さから楽勝ムードが漂っていた選挙だ。にもかかわらず、この結果となったのは、いかに東電に対する県民の不信感が強いかの表れだ。

 しかも7月の鹿児島県知事選で、自公両党が支援して4選を目指した当時の現職が、九州電力川内原発の停止を掲げた三反園訓氏に敗れたのに続く敗北だ。再稼働に対する姿勢があいまいだった森氏に対する不満だけでなく、原発の維持・再稼働路線をひた走る安倍政権への批判も大きいと見ていいだろう。

 今回の知事選は、現職の泉田裕彦知事が突然、4選出馬を断念したことで様相が一変した。

 断念した理由は必ずしも明確ではない。だが泉田氏は2011年の東電福島第1原発の大惨事以降、「事故の検証と総括なしに柏崎刈羽の再稼働議論はできない」と東電に厳しい注文を突きつけ続けてきた。このため東電や安倍政権には、泉田氏が引退することで再稼働が進むかもしれないという期待があった。

 ところが選挙が始まると、泉田路線の継承を訴える米山氏が支持を広げ、自民党は二階俊博幹事長ら幹部が続々と新潟入りして地元経済界や業界団体の関係者を集めて引き締めを求めるなど大慌てになった。

 なりふり構わぬ動きに「古い自民党体質」を感じた有権者も多かったはずだ。森氏も全国市長会長を務めた経験を強調し、政府とのパイプの太さをアピールしたものの、再稼働に対する姿勢は最後まで腰が引けている印象だった。

 原発事故の際の住民避難計画に問題はないかどうかをはじめ、泉田時代から積み残された課題は多い。米山氏が公約通り、それにきちんと対処していくのは当然だ。東電や政府もより慎重な姿勢が必要となる。

 自主投票とした民進党もお粗末だった。元々、次期衆院選の同党候補に内定していた米山氏を推薦できなかったのは支持団体の連合内で東電の労組が力を持っているからだ。しかし「勝てる」と見てか、最終盤になって一転して蓮舫代表が米山氏の応援のために新潟入りするという迷走ぶりだった。

 原発政策を改めて議論して党の態度を明確にしないと有権者には信頼されない。

 
 

社説

2016年10月17日 中日新聞

 新潟県知事選は野党三党推薦候補が与党推薦候補に勝った。当初の与党楽勝ムードを吹き飛ばして激戦を制したことは、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に対する県民の反対の強さを全国に示した。

 知事選は泉田裕彦知事の任期満了に伴うもので、無所属新人四人が立候補した。共産、自由、社民三党が推薦する医師の米山隆一氏(49)と、自民、公明両党が推薦する前長岡市長の森民夫氏(67)との事実上の一騎打ちとなった。

 泉田氏は四選出馬の意向を表明していたが、知事選告示の一カ月前に急きょ断念を表明。当初は森氏以外に主要候補はなく、与党候補楽勝のムードすら漂っていた。

 選挙戦の構図を一変させたのは米山氏の立候補表明だった。

 米山氏は民進党の衆院新潟5区公認候補に決まっていたが、離党して知事選に立候補。民進党が自主投票にとどめたため、同党以外の共産、自由、社民の三党が推薦し、野党統一候補の形を整えた。

 主要な争点は柏崎刈羽原発(柏崎市など)の再稼働問題だった。この原発には七基の原子炉が集中し、三十キロ圏には約四十六万人が住む。住民の安全確保は県知事にとって最優先事項である。

 官僚出身の泉田氏は一期目から自公両党の推薦を得てきたが、再稼働については「福島事故の検証が終わるまで再稼働の議論はしない」と厳しい姿勢を貫いてきた。

 共同通信社が新潟県内の有権者を対象に行った電話世論調査でも柏崎刈羽原発の再稼働に「反対」と答えた人は60・9%に上り「賛成」は24・2%にとどまる。

 米山氏はその「泉田路線」の継承を表明し、森氏も「泉田知事が育てた県の技術委員会の意見をしっかり聞き、安全という確信がなければ反対と言う覚悟がある」などと訴えたが、県民は森氏の姿勢を支持しなかった。

 安倍政権は選挙で示された民意を真摯(しんし)に受け止めるべきだ。再稼働を既成事実化してはならない。

 七月の参院選では民進党など野党四党の統一候補が与党候補に競り勝ったにもかかわらず、県知事選で民進党は支持組織の連合傘下に電力総連がある事情から早々に自主投票にとどめた。

 終盤になって蓮舫代表が米山氏の応援演説に駆け付けたが、与党と野党のどちら側につくのか、国政選と地方選との違いがあるとはいえ、軸足が定まっていないことを露呈した。猛省して今後の選挙戦略を練り直すべきである。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon タイムセール商品

Amazon Kindle ベストセラー

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日)のつぶやき | トップ | 新潟知事選挙で原発再稼働反... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原発は原爆作りが狙い。再稼働などとんでもない。米山知事誕生は本当によかった。 (jimmy)
2016-10-17 06:42:20
原発は原爆作りが狙い。再稼働などとんでもない。米山知事誕生は本当によかった。
というのは原発ほど高くつくエネルギー源はない。原発はメーカーが事故時に賠償保障できない。だから、原発は国家賠償の約束で稼働させるのだ。
こんな原発は、先の戦争とこれからの戦争の仕返しするための原爆作りが狙いだと国民みんなが気づかなければならないよ。

情けないのは政府自民党や大阪維新らが吐く二枚舌発言に国民みんなが騙されることだ。
沖縄の中山知事を見たでしょうが。
この手口をしっかりと国民は記憶し、金持ち(軍事)はお金のためには何でもありだと心して投票・支持を選ばなければならないのだ。
とにかく、旧橋下知事がやった政治は民営化一本槍政治でしたよ。維新はブラック企業に大阪市の財産を安く売り飛ばすだけだった。
維新政治の橋下は何度否決されても何度も何度も民営化法案を出してくる手口だった。
しかし、水、地下鉄、公園、区民センター、大学や病院の公共事業が民営化されて収支の透明性が欠ければ政治は闇だ。すでに民営化された事業は復帰させなければ軍の埋蔵金隠しに利用されてしまう。

それに自民党が言う押し付け憲法論も嘘だった。主権回復と言うが、主権在民は奴隷解放宣言なのだ。国家の権力は現行日本国憲法のように縛っておかなければに国民は簡単に自民党や大阪維新に騙される。
日本人は権力者にどこまでも騙され続けるのだ。騙されるのが好きな日本人に未来はない。
いやいや、愚痴に聞こえるかも知れないが、実際、奴隷になりたいと叫ぶ日本人の憲法改正支持は冗談ではない。
結局、言いたいのは、戦争を推進する政府に真実は何もない。これは一つもない。これは絶対の真実だとしゃべっているのです。



新潟県の人、尊敬します。 (茶碗を洗う人)
2016-10-17 10:03:11
きのうは一日、子どもの受験の合格発表を待つような心境でした。
米山さんが当選してほんとによかった。
長い間、憤りと不安に押しつぶされるような毎日がずうーーっと続いていますけど、また希望という言葉がよみがえってきたような気がします。
大阪人の自分は新潟県がうらやましく思います。
嬉しいけど、イマイチすっきりしない (バードストライク)
2016-10-17 11:55:09
ともあれ、米山しの当選を祝いたい。
あっち(森)じゃなくて、本当に良かったと思う。

一方で、米山氏の経歴を見ると少し不安になるのである。
だって医師にして弁護士だよぉ・・・
って、そっちじゃなくて。

(湯之谷村、という本当にど田舎育ちのようですね。国大付属中からナント!
「灘高校」→東大医学部、医師免取得、東大の経済系大学院で学位取得、同医学部大学院で学位取得、その他輝かしい経歴、現在週の前半は東京の法律事務所、後半は新潟の病院で働く、といっても経営者だ。 なんなの? そして独身)

自民(落選)→維新(落選)→民進党と移籍。
東海村JCO臨界事故時、放医研の当直医だったということだが、維新の時代までは原発推進派だったそうだ。

今回の選挙でも、「悲惨な被曝事故・・・」みたいな形でそのことに触れたらしいのだが(私自身では内容未確認)、だったらなぜ前の2回の選挙では推進派だったのだろう?

何か不安が残るのである・・・
そして、すっきりしないもう一つの原因は、皆さんと同じく民進党の対応だ。
あとで誰か分析してくれるだろうから、もう書かないけど。


※ 東海村JCO臨界事故

一定の年齢以上の人は、ご記憶でしょう。核燃料製造会社にて、ウランをバケツに入れて注ぎ足していったら核分裂反応が起き、作業していた2人が死亡、もう1人も被曝したという事故。

昔、「朽ちていった命」(新潮文庫?)を読んで、致死量の被曝の恐ろしさをまざまざと感じました。
染色体の破壊により皮膚、消化器粘膜の再生がなされず、つまり体の中と外の境界線が無くなってしまうわけです。
だから1日10リットルの体液が皮膚から漏れる(流れ出る)、体内からも大量の下痢・・・

人の致死被曝量は7〜8シーベルトということですが、2人はそれを超える量でした。1人は3ヶ月弱、もう1人はそれより少し長く存命したと記憶しているのですが、生命の定めには勝てなかったんですよね・・・
全身ガーゼに覆われ、喋ることもできずもちろん口から食事も、トイレも叶わず、止まった心臓を強心剤で復活させて、という治療に、担当者も葛藤が大きかったそうです。

原発、再処理施設、核兵器製造工場などでは必ず起こりうる事故。
周辺住民や救助・医療関係者だって被曝してしまうのです。
廃止・廃絶しかないでしょ!!


http://blog.goo.ne.jp/flyhigh_2012/e/a4ff2290232f8573e9d639dda089c729

【JCO臨界事故ー被曝治療83日間の記録ー書き起こし】
(「朽ちていった命」を簡略化した内容。画像あり。ここには米山氏の記録はない)
市民の力 (アベの脱税疑惑)
2016-10-17 21:50:45
良かった。とにかくよかった。

市民が、「原発なんかいらない」と動き、それに野党が続いた。民進党は、一番最後にくっついていった。これが良かった。

野党共闘ではなく、市民が一番に動き、野党が後から追いかけていく。
このパターンが勝利を手繰り寄せている。
そう思いませんか。
原発誰が責任 (SMk)
2016-10-18 10:06:59
原発基本的には反対、事故が起きたら誰も責任はとれないこの狭い日本自然破壊許すな
原発に頼った社会より将来の事を考える事を希望する。使用済み燃料の処理も先が見えていない
総合的には原発は単価の高い電気である、安心して住める日本国を希望する。
そりゃ、はっきりしている方に投票するわな (リベラ・メ(本物の))
2016-10-18 21:09:39
米山候補…じゃなくて米山新知事が当選するわな…。だって原発に対する姿勢がはっきりしているんだもん。それに引き換え、森候補の方は、「何か問題が有れば反対する。」だもんな…。「じゃあ問題が無ければ稼動させるつもりかい!」って、突っ込みたくなるわ…。
いくつか思うこと(一書生の感想) (nanijiro-i)
2016-10-18 23:54:38
 米山知事誕生をまずは喜びたいと思います。
 バードストライクさんが言われるように、すっきりしないところはあると思います。
市民連合関係の方々のツイートを見ても、今後は、いろんな意味できびしいことがあると思います(すみません、昨日少し見たツイート以来は見ていないでコメントしてます)。
もと自民→維新→松野維新→民進→離党のひとということもあり、国政与党側からの切り崩しもあるでしょうね。
 私はこんなふうに思います。米山氏は、弁護士としての実績は知りませんが、弁護士であるならば、「県民の命と暮らしが守られない現状で再稼働は認められない」「福島第1原発事故の検証なしに議論は始められない」その他、泉田前知事とのツイッターでのやりとりの線で原発再稼働問題に対処するということを、当選させた県民から〈受任〉したのだという考え方で県政を進めていくことを期待したいと思うんです。だから、支持をした県民の声をよく聞いて県政を進めてほしいと、なによりも思います。
 それに、県政与党はわずか3名(共産2、社民1、自由0だったか?)だそうですから、たいへんな話(小池どころじゃない!)です。支持母体の三党をはじめ、支持した県民、(おくれてきた)民進党、そして、県外からのささえが、かなり重要な県政になるのかもしれないと思います。今後を、注目していきますので、がんばってほしいという思いです。
(蛇足2題)1.私が米山氏をはじめて知ったのは、橋下元維新が、松野前維新から飛び出したときの橋下批判が、IWJに載ったときだった。旧維新の関係者のなかでは、もっともまともに橋下批判をしていた1人であったように思う。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/273387
(そのころのツイッターで、あれ、これって?と思ったこともあったことも付記する。単純ミスとも思えたようなことだが)。
2.田中龍作さんのルポを見ていたらこんなのがあった。
「告示を翌日に控えた9月28日早朝。米山が民進党の支援を取り付けようと党本部を訪問するという情報が流れた。◇田中ほか「新潟日報」など2社が民進党本部前で来訪を待ち構えたが、午前9時を回っても米山の姿はなかった。「ツイッターで新潟5区公認内定取り消しの決定を知った」というのだ。
 米山は「(民進党本部に)伺うと恋々としているとの誤解を生みかねませんので予定を取り消させて頂きます」とツイッターに書き込んだ。◇米山は「一無所属候補として、支援してくださる仲間たちと全力で戦い抜く」と退路を断った。
 これが効を奏した。民進カラーがなくなったことで、かえって再稼働反対の旗が立てやすくなったのだ」
 ああ、よかった、よかった。
 こうしたことのなかで、市民主導での選挙が勝利を招いたということを、どう受け止めるかが、これからだいじなことのひとつのようにも思います。民進党はとりわけ真剣に考える必要があるんじゃないか。
 池田まきさんの選挙で、民進公認のほうがよかった、ということも言われましたが、どうもそうではなかったのではないか。そういうことをです。
連合の言い分 ーー IWJのサイトから (バードストライク)
2016-10-19 15:35:21
nanjiroさま、ご報告ありがとうございました。

貼ってくださったURL読みました。昨年のお維と松野氏との分裂にかかわる米山氏の発言、橋下に対しては(当たり前だけど)言うべきことを言ったおり、頼もしいです。
もう1年たったのですね。
あまりにも安倍政権がひどいので、この出来事も忘れておりました。

米山氏においては、誰も100%脛に傷を持たない人はいないようだから(? 最近こんな台詞を聞いた記憶が・・・w)、当たり前ですが、県民・国民が知事と馴れ合うことなく、応援しつつも緊張感を持って見ていくしかないでしょうね。

ところで連合ですが・・・
やっぱクズ度やばい。


http://iwj.co.jp/wj/open/archives/339577

【IWJ検証レポート】
「民進党が米山さんを推薦するなら、連合も調整する余地は十分あった」知事選翌日、IWJが連合新潟事務局長に直撃取材!民進党と連合の間で何が!?今、明かされる「本音」!! 2016.10.17


記事目次

■民進党が連合に気兼ねして自主投票にしたという論調は「違います」と断言!
原発問題に特化した候補では、連合新潟としては応援できないと、幹事会で話した
■連合新潟から民進党県連の念押し「自主投票を組織としてきっちりしてほしい。野党共闘から米山氏にオファーがあるらしいが、その動きは抑えてほしい」
■狂った目算~「米山さんが出たことで、森候補は『与党の候補』という構図になってしまった」
■連合としては自主投票という選択もあった! しかし結果としては森氏支持へ~原発問題に特化した候補は推薦できない連合
■森候補の風向きが変わったのは「安倍総理から推薦された写真がマスコミに出たとき」~自民党色を表に出してほしくなかった連合新潟
■驚きの証言!「民進党が米山さんを推薦するなら調整する余地は十分にあった」
民進党による独自候補の擁立断念は黒岩県連代表の別の思惑が働いた!?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

■黒岩県連代表と距離を置く連合新潟「いやぁすいませんでした」では解決にならないと、厳しい姿勢をみせる
■原発再稼働反対の候補は応援できない!? ~元総評と元同盟が一緒になっており、2部構成の連合「エネルギー政策では即脱原発にならないし、9条改悪反対という団体とは一緒にならない」と明言!
■連合新潟の構成団体のうち実際は「自主投票」へまわった団体の方が多い!?
■連合新潟の組合員11万人中、参院選で推薦候補に投票したのは「5万人」程度!?
■電力総連は組合員中5000人程度! その影響力を過大視するのは「風評」と断言!
■「深刻化する人口減少と雇用問題については、森候補の方に理解と実績があった」
■どうなる衆院選!?「民進党との関係が悪いままいこうとは考えていない」
■米山・新県知事との関係構築は「急いでやっていかなければならない」

(これは目次で、さらに詳細な記事が続きます。〜〜〜以下は有料記事)
西の方より暗雲が・・・ (バードストライク)
2016-10-19 16:19:23
今回の補選、福岡では、保守系候補は鳩山邦夫の次男(前大川市市長)ともう一人が争い、勝った方を自民党が公認するという身も蓋もない状況になっているが(しかも民進党候補に勝機ありや?)、双方ともいろいろ問題を抱えているらしいのである。

それで、ニュースサイト「HUNTER」をひさびさに開けて見た。ここは、IWJに勝るとも劣らない硬骨のメディアという印象がある。
ただ残念なのは、取り扱う事項が九州限定みたいなのだ。

で、開けたらさっそく目に飛び込んできたタイトルに仰天!


http://hunter-investigate.jp/

三反園鹿児島県知事の正体(下)
2016年10月13日 10:30

〈略〉
 後援会関係者の話を総合すると、もともと三反園氏には「原発反対」を叫ぶ気持ちなどさらさらなく、「知事になりたい」という気持ちだけが強かったのだという。鹿児島で知事選を勝ち抜くためには、「反原発派」「原発推進派」どちらの票も必要。そのため、“原発に関しては明言を避ける”というのが同氏のスタンスだった。知事選への出馬を表明した昨年暮れから数か月間、原発に対する自分の考え方を明らかにしなかったのはそのせいだ。しかし、平成24年の知事選で20万票を獲得した反原発派の票は何としても欲しい。「反伊藤」陣営の候補者一本化は勝利の絶対条件でもある。そこで考えたのが、「熊本地震を受けて、原発の一時停止を九電に要請する」という公約だった。停止要請がパフォーマンスだったことは、これまで報じてきた通りである(参照記事⇒「川内原発“特別点検”のうさん臭さ」)。「選挙目当てで県民を欺いた」(反原発団体のメンバー)――そう見ている三反園支持者は少なくあるまい。もっとも、知事は原発のこと以上に大きな嘘をついている。//


ほかにも政治姿勢の問題、政治資金問題など、いくつもエントリが立っているのであります。
とんだ「ばばつかみ」だったんじゃ・・・?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL