Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

5月15日(月)のつぶやき その2

2017年05月16日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月15日(月)のつぶやき その1 | トップ | 5月16日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (1jAP)
2017-05-16 08:51:51
 例によって例の如し。花札野郎のシマや日本国家にも支持されたアジアの西端のヤクザ国家は、その内国植民地でやりたい放題に内国植民地民をぶちのめし、少しでも抗議や抵抗があれば”テロリスト”として片づけ始末する、そのままのアンタッチャブルさである。やり口も空爆など圧倒的暴力や”化学剤”すら使う残忍さで。

-------------------------
クルディスタン北部
 ☆Şırnak県İdil地区で
  トルコ侵略軍による
   内国植民地住民拷問などの
    国家暴力が襲いかかる



 トルコ侵略軍は、数十両の軍車両群でシルナク県İdil地区の村を襲い、数名の住民を拷問したという。




Monday, 15 May 2017





 複数の情報によると、トルコ国家によって内国植民地とされているクルディスタン北部シルナク県イディル地区から15キロ離れたSulak (Bafê)村のArcanya集落を5月15日早朝にトルコ侵略軍が急襲した。

 村民の縁者たちは、トルコ侵略軍が100両以上の軍車両群で村に押し入ったのだと訴えた。

同侵略軍が村の出入り口である複数地点を封鎖したため、電話通信網も同様に奴らの都合で遮断された。自らの縁者たちが拘束され拷問を受けた現地住民は暴力を甘受させられ、侵略軍に数名が負傷させられ、6名が拘束監禁されたと報告した。

 複数の情報によれば、うち3名が苛烈な暴力に苦しめられ、15歳の1名が病院に送られたという。

Unknown (京葉淳一)
2017-05-16 18:44:43
1jap様へ
アジア西端のヤクザ国家の書き込みが終了しましたら、次回は東アジアの共産主義を掲げる大きなヤクザ国家の書き込みを期待します。
輸出戻し税って何? (京都九条を守る会)
2017-05-16 19:13:16
貴殿は『輸出戻し税』という言葉をお使いですが、何のことでしょう。消費税法の中に『輸出戻し税』という用語は無いように思いますが。もしかして消費税還付のことでしょうか。もしそうなら法律の専門家である貴殿が用語を間違えて使うのはいかがなものかと思います。
消費税還付はすべての輸出業者や国内免税店などに適用される制度で、これが拡大すると日本が貧しくなる根拠は何でしょうか。
余りの数字に (リベラ・メ(本物の))
2017-05-16 23:27:54
廃炉の費用が、とんでもない金額に…。果たして、“今現在の”金額は?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL