Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

6月13日(火)のつぶやき

2017年06月14日 | ツイートまとめ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月12日(月)のつぶやき | トップ | 異常な法案には異常な手続き... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デモするなら、今でしょ! (茶碗を洗う人)
2017-06-14 09:08:32
共謀罪強行採決阻止に向けて、自分も国会前に行ければいいんだけど。近くで集まりがあればできる限り行くようにしているが、戦争法以来、アベ友政権のおかげで仕事も家庭もぐだぐだ。
でも、声を上げるなら今、デモするなら今でしょ、微力であっても一人ひとりが自分にできること、絶対後々につながると思う。
Unknown (1jAP)
2017-06-14 12:43:15
 治安を護ると称してやりたい放題の内国植民地の暴力支配に勤しむ盗人どもは、抗議する個々人に”テロリスト”や”テロリズム支援者(宣伝者)”の称号を与え、誘拐監禁し、奴らと奴らの暴力支配に拍手喝采の大泥棒や泥棒の総元締めの利益と治安をのみ必死に守っている。
 そんな事はニホン列島にはあり得ないなどと”お前ら極左は極端や”などと言ってきた議会政党支持者までの個々人にもやっとそれが見えてきたようだが、もう遅い。
ていよく抵抗のすべを奪われるに任せた己を自己批判し、身を挺して奴らと闘うべしだ。特に大労組患部共よ、奴らと近づける地位を生かし油断させて刺違えてこい。そうでなければ、貴様らも奸賊や。(灰燼1めんそーれ)

ーーーーーーーーーーーーー
fwd: クルディスタン北部
 ☆”治安を護る”らしい
  トルコ侵略軍兵士どもが
   村民の家畜や食料を没収



 ”治安を護る”名目でトルコ国家によって内国植民地としての暴力支配を強いられるクルディスタン北部Bitlisで、軍・警察で構成された”治安を護る”ということになっているらしいトルコ侵略軍兵士共が、同地の村民の育てた村民の家畜や食料(作物)を惜しみなく奪っている。村民の一人は、”奴らは当たり前のように道路群を通れなくし、村民のチーズやパンをとり上げ、村民をその礼代わりにぶちのめす”と訴えた。

 ”治安を護る”らしい軍・警察で構成されたトルコ侵略軍が、同地で一体誰のための治安を護っているのかはもはや明白である。奴ら侵略軍は奴らの忠誠を誓う統治機構とそのスポンサーども、そして内国植民地統治側に立ち同地の住民たちをブチノメス内国植民地現地支配階層どもの治安のみをせっせと護って、内国植民地住民の暮らしや財産を何の衒いもなく奪い踏みつぶして奴らの思うがままの空間を拡幅して、それを”治安を護る”などと体裁よく内外に発信しているに過ぎない。抵抗するものは、総て”テロリスト”や”テロリズム支援者(宣伝者)”としてぶちのめして。



Tuesday, 13 Jun 2017







 トルコ国家暴力団総本部AKP一派の政府は、そのシマのクルド住民を脅迫しようとしたが、計画通りに拘束監禁してブチノメスことは出来なかった。

 ビトリス(Bitlis)・Siirt間の郊外で3日前(6月10日)に、村民所有の2000頭の羊が、検察官共が手も付けていないままで没収され、その際に村民たちは自らの家畜を導くことも許されなかった。

しかしながら、ソシアルメディア上で共有された映像は、トルコ侵略軍兵士共が村民たちに必要な法的書類をかざしている。
村民たちは、数百名が武器をあてがわれ、郷土防衛隊にされたと訴えた。



 この事件は抗議の導火線となったが、その陰に隠された(侵略軍の)展開があった。同地域中で、もはや久しいことになっているが、トルコ侵略軍兵士共と郷土防衛隊どもは、村民たちが山岳地域に上がっていくことを妨害してきた。また、それら侵略軍兵士共と郷土防衛隊どもは、村民たち所有の家畜や食料を惜しみなく奪っている。

 トルコ侵略軍は、毎度で当然の事のように道路群の交通を寸断し、不当に”高額な懐の下”を要求する。そういったことに失敗した侵略軍兵士共は、(軍において)脅迫されるのだ。




”奴らは、我々村民のパンを惜しみなく奪い、礼代わりに我々村民をぶちのめす”





 トルコ侵略軍に没収された家畜である羊を所有する村民は、そう訴えた。

その村民によると、事件は2匹のトルコ侵略軍兵士共(=盗っ人ども)が数頭の羊を没収したという単純なものではなかった。その村民の男性は、1993年から1994年にも同様の残酷な事件を経て来ており、侵略軍兵士共はまたもその頃のようなことを繰り返しているのだと言った。男性は、羊たちを放牧するのに必要な書類群を持っていたとしても、侵略軍兵士共から羊たちを連れて山岳地域に上がることを妨害されたことを訴えた。

 羊たちの所有者であるその男性は、所有の羊たちが法的根拠もなくトルコ侵略軍兵士共によって没収され、トラックに積まれた後、連れ去られて、(二度と)帰って来なかったことを明らかにし、更に”高位の公的機関の奴らが、この件を知ってると思う”と付け加えた。

男性は、

 ”奴ら盗人どもは我々村民に、村民所有の羊に草を食べに行かせることも、羊を売ることも許さない。今現在、総ての村民は犠牲をこうむっている。道路は毎度お馴染みの如く交通を寸断され、村民のつくったチーズやパンは没収されており、村民はぶちのめされ、拷問に遭っている”…と強く訴えた。
キョーボーザイ (ロム専)
2017-06-14 12:56:15
16日に参院本会議で成立見通しと新聞に書いてあったのですが、どういうことなのでしょうか?

私の母親は、沖縄まで辺野古基地移設反対で座り込みをしに行っておりますし、原発反対のデモにも参加しています。
天皇制批判をしたことにより、産経新聞に実名を出されて名指し批判をされたこともあります。

もちろん一般人なのですが、危険分子として一般人扱いされず、逮捕拘留・特定秘密保護法とセットで実刑の可能性が非常に高いという認識で合っていますでしょうか。

もし、そうだとするならば、私の母親は非国民ということになります。
しかし、そんな非国民の母親ではございますが、母方の祖父は大日本帝国陸軍中尉として立派に御国の為に戦って下さいました。
惜しくも御国の為に散華は出来ませんでしたが、私も非国民の息子としての名を払拭すべく、自衛隊が国防軍になった暁には是非入隊し、立派に御国の為に命を捧げる所存でございます。
後退させたのは (リベラ・メ(本物の))
2017-06-15 13:33:00
安倍総理と政府与党、その補完勢力が後退させたのは、報道の自由だけじゃない。立憲主義、民主主義そのものだ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツイートまとめ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL