Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

自民党の参議院議員定数「増」による一票の格差の是正案を支持する。

2017年05月02日 | 日本の政治

 

 民進党の野田佳彦幹事長を筆頭に、まるで、国会議員数を減らすことが、国会の

「身を切る」

改革であると国民に誤信させる政治家がいるのですが、大きな間違いです。

 自民党が参議院の議席数を増やすことで議員定数不均衡を正そうとする案を出していると毎日新聞が報じています。

 

「苦肉の策」か 合区解消を「定数増」で 案が浮上

毎日新聞2017年5月2日 20時44分(最終更新 5月2日 20時44分)

「1票の格差」是正のため参院選で導入された「合区」への不満が強い自民党内で「定数増」によって合区解消を図る案が浮上した。人口の少ない県にも改選数1を割り振るには参院全体の定数を増やせばいいという理屈だ。同党は憲法改正による合区解消を主張してきたが、2019年の次期参院選に間に合うはずもなく、妙案がない中での「苦肉の策」。政治改革を求める世論や他党から批判を浴びるのは必至だ。

 「地方から中央に声が届きにくくなる」「人口比だけを物差しにした選挙制度でいいのか」--。同党の参院在り方検討プロジェクトチーム(PT)=座長・有村治子政調会長代理=が昨秋から続ける会合では、16年参院選から「鳥取・島根」「徳島・高知」が合区となったことへの反発がやまない。

 そのためPTは選挙区の合区を解消する方策として、参院議員を都道府県代表と位置づける憲法改正▽定数を増やして人口の多い東京などに手厚く割り振る公職選挙法改正--などの案を参院執行部に示す調整に入った。

 定数増の規模としては現行定数242を00年以前の252人に戻す案を軸に検討している。党内の了解が得られれば、各会派でつくる参院改革協議会に提案したい考えだ。

 しかし、両案ともに他党や国民の理解を得るのは容易でない。

 憲法第43条は国会議員を「全国民の代表」と定める。参院議員を都道府県代表と規定する場合、憲法第14条から導かれる「投票価値の平等」に反することから「衆参両院の憲法上の役割を大幅に見直す必要が出てくる」(公明党幹部)。選挙制度改革の期限とされる次期参院選にはとても間に合わない。

 定数増は法改正でできるが、世論の多くが求めるのは議員定数削減だ。日本の国会議員数は人口100万人あたり5.64人(14年)と主要7カ国(G7)の中で米国の1.70人に次いで少ない。とはいえ、定数削減を主張してきた他党は「我田引水の議論に付き合う必要はない」(民進党中堅議員)と冷ややかだ。【高橋恵子】

 

 

 毎日新聞も、見出しに「苦肉の策」と入れたり、

「政治改革を求める世論や他党から批判を浴びるのは必至だ。」

と書いたりして、自民党案を否定的に取り扱っています。

 たとえば増税の時に、国会議員に身を切る改革をしろなどと言いますが、議員数を減らしたり、議員歳費を減らしたりしても、国家の財政に資する金額はごくわずかです。

 なにより、政治家と官僚の力のバランスで言うと、国会議員のマンパワーを削いでしまうと、ますます国民の代表機関である国会が行政権に押されてしまう結果になってしまいます。

 それでなくても、日本の人口当たりの国会議員数は少ないのです。

 今回はリベラルな人の中にも、国会議員が議員定数不均衡を是正するために自分たちの議席を増やすだなんて、焼け太りだという人もいるかもしれません。

 とくに、最近、国会議員の不祥事が相次ぐ自民党に、国会議員数を増やすなどという提案をする資格はないと感じる人も多いでしょう。

 しかし、一票の格差の是正、つまり選挙の公正は民主政治にとって非常に重要な基盤です。

 私は議席数を増やして議員定数不均衡を是正するという自民党案に賛成します。

 

この問題は国家公務員、地方公務員の待遇の問題の議論とも共通します。

公務員バッシングは気持ちのいいものですが、彼らの給与水準を下げることで民間も下がりますし、彼らの人数が減れば、国民へのサービスも減るのです。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月1日(月)のつぶやき | トップ | 5月2日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安倍内閣不支持50% (ラッキー)
2017-05-02 21:49:17
安倍内閣不支持50% 前回より8ポイント増 全道世論調査
ttp://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/politics/1-0388678.html

非常に珍しい賛成! (諦めの理屈屋)
2017-05-03 00:31:42
自民党の本音がどうであれ、定数増案に賛成!
もうウンザリなんだよ、定数削減絶対正義の論調に。うたた寝しているオヤジ議員の映像を垂れ流してすぐに『身を切る改革を』と朝日から
産経までそう揃いで主張する。こんなに分かりやすい主張、ここに罠があることになぜ気づかないのかね?
そもそも昭和の昔に産経が『アメリカは人口は日本の倍もあるのに議員数は日本より少ない』とか喧伝して定数削減を吹聴していた。それが
政治家の汚職などの問題とブレンド、さらに小沢の権力闘争、マスコミによる政権作り画策など(具体的にはこれまた朝日から産経までの大連合による審議会を経ての小選挙区比例代表『並立制』絶妙正義論調!)の流れに乗っての
この悪しき通念の固定化って感じである。
大統領制度というまるで日本国とは異なる政治体制の国家と(親近感、ただそれだけのことでもって!)絶対できないだろう。比較対象と印象操作していたマスコミのあざとさよ!
どうして本来の議員内閣制度の英国などとの議員定数と比較しないのか?詐術である。
それに国会議員の数をさも無駄な存在として煽り立てるのも如何なものか?議員がひとつひとつの法案化なりそれらへの質問なりに(特に野党議員が!)苦労しているのか?そうしたことにはろくに取りあげずに映像による印象操作で
削減しか道はないと刷り込みをやるのは悪質である。
私は安倍晋三をはじめとする現在の自民党は極悪非道そのものでしかないと思っている。それでも敢えて、定数削減に否を唱えたこの定数案には(一票の格差というテクニカルな面を除いて)賛成と評価したい。
かつて徳光和夫がズームインを言っていた時、
日本の全人口を唱えていたはず。あの頃よりは
多少は増加しているだろう(笑)。勿論、これからは人口減少の流れでいくわけだが、それでもとりあえずは目くじらたてずに多少は増やしてやれよなんて思うところでもある。その分、一票の格差を厳しく言わないといかんだろ?
そうした意味でも蓮舫や野田などがこの自民党案に『待ってました』とばかり噛みついてくるのが目に見えてムカつくのである。
よろしいか(笑)?定数削減を安直に進めようとしたら落としどころとしてどこの枠が削減されやすくなるか、みえみえであろう。比例枠!そこに尽きよう。かくて民意がますます圧殺されていく。野田的にも共産党撲滅にも好都合だろうよ。社民党もなんとか太郎のところも完全消滅確定である。そんな副次効果もあるのが定数削減なるものの正体である。
ちなみに、こうした私の意見を仮に百歩譲って削減が善だとしても民意を厳しく歪める小選挙区制度こそを削減せねばならぬのではないか?
みんなの党というゴロツキ新自由主義政党があったが、あの党で唯一評価に近いものを感じたのが『定数削減の代わりに全て比例代表制度にせよ』的なものがあったのも書きながら思い出したことだ。たしか衆議院を定数三百にする代わりに比例代表制度だけにせよというものだったはずだ。
一票の格差を正確にせよ!はなるほど政論なのだが、それを言うのならばそもそも中学生のテキストですら明記している死票を増やす(民意を歪める)小選挙区制度こそを廃止せねばならんだろう。安倍晋三なるチンピラ総理大臣が傍若無人に振る舞えるのもここにこそあれだ。
最初っからそうすれば (リベラ・メ(本物の))
2017-05-03 14:07:56
減らして減らして減らして…の結果が此れ。だったら、最初っから減らさなきゃ良かったのに…。
不思議だ (一方通行)
2017-05-07 16:47:37
一票の格差の是正を求める人達は、かなりおかしい
A選挙区とB選挙区が人口が同じでも
A選挙区で得票率49%で落選した候補者と
B選挙区で得票率24%で当選した候補者
こんな事が起きるが何も言わない
だが、一票の格差で言えば、A選挙区は、B選挙区の半分の価値しかない、つまり違憲状態である

元凶は、小選挙区比例代表制にあります
得票数が1位であれば当選であり、候補者乱立、低投票率であれば得票率10%未満でも当選してしまう

さらに比例代表制は小選挙区で落選しても、党の上位であれば同じ党の小選挙区で落選した候補者より得票数が低くても当選できる
復活当選は、得票数上位が選ばれるべき

さらに区割りにも問題がある
頭数合わせの区割りであり、毎回のように変更され
有権者が支持する候補者と分断され支持する候補者に投票できなくなる
これは、有権者の選挙権の侵害である

また、越境が認められば、東京都でも隣接する県の選挙区に組み込まれる地区がでます
これに賛成する人は、何人いるのでしょうか?


Unknown (やまだ)
2017-05-09 11:33:35
大賛成です。議員の価値というのは本来民主主義の基本であって、それを「経費削減」で論じるのはどうかと思っていました。
ちゃんと仕事をしてくれるのなら、いくら多くてもいいと思います。それだけ責任のある人達なんですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL