Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

生活保護費以下で暮らす子育て世帯が14%で20年で2・5倍。10%以上の都道府県が39。沖縄37・5%。

2016年03月06日 | ツイートまとめ

 

 最近は貧困率という言葉は相対貧困率と言って、全世帯のちょうど真ん中の世帯の収入の半分以下しかない世帯のパーセンテージをあげます。

 これは日本の格差が表れるわけですが、すでに日本の相対貧困率は16%を超え、6人に1人が相対貧困層となっています。

 

 非常に深刻な問題ですが、このたび、山形大学の戸室准教授が発表したのは、子育て世帯のいわば絶対的貧困率です。つまり、生活保護水準以下の生活水準の世帯がどれだけいるかということなのです。

 この調査によると、1992年に約70万世帯だった子育て中の貧困世帯数は、直近の2012年調査では約146万世帯に倍増しました。

 一方でこの間、子育て世帯自体は約1293万世帯から約1055万世帯まで約2割減っているため、「子どもの貧困率」(17歳以下の子どもがいる世帯に占める貧困世帯の割合)は全国平均で5.4%から約2.6倍の13.8%に悪化しました。

 

 念のため言っておきますが、これは生活保護世帯の受給レベルが高いということでは全くありません。むしろ、捕捉率が低い、つまり本来であれば生活保護を受けるべき世帯を生活保護で保護しきれていないという問題です。

 政府は寄付で子供の貧困対策をしようとして(「子供の未来応援基金」)、広報費に2億円かかったのに、寄付は2000万円も集まらなかったという醜態をさらしていますが、生活保護以下の生活をしている子育て世帯が146万世帯もいるという現状を、寄付でなんとかしようというのが噴飯もの。

 我々が税金を払っている意味がありません。

図

働いても全く楽にならない日本。

子どもの貧困が史上最悪の6人に1人。ひとり親家庭の貧困の原因は非正規雇用にある。

 

関連記事

安倍首相らが発起人の子どもの貧困基金、寄付がたった300万円。そもそも、国の責任で対策をすべき。

生活が苦しい国民が初めて6割を超す 子どものいる世帯では7割!それでも消費税増税を強行するのか!!

こどもの日 安倍政権と子どもの減少数日本一の大阪維新はデンマークの少子化対策に学べ

アベノノミクスは失敗した2 実質賃金目減り、物価高、負担増で格差拡大。日本人は貧しくなっている。

子どもの貧困。娘の口癖「それ買っても大丈夫なの?」。「ティッシュって甘い」。一か月ぶりの入浴。

 

戸室先生はこういう本も書いておられます。鎌田慧の「自動車絶望工場」みたいだ。

ドキュメント 請負労働180日
戸室 健作 (著)
岩波書店

日常に不可欠な携帯電話や自動車の製造現場で、不安の暗い影を引きずりつつ働く若者たち。雇用崩壊の震源地である請負労働の現場を体験した一八〇日の詳細な記録。焦り、妬み、暴力、上下関係、友人とのつながり―浮かび上がってくるリアルな姿。請負という働き方の実態と、間接雇用のはらむ本質的な問題を鋭くえぐりだす。

 

日本の大課題 子どもの貧困: 社会的養護の現場から考える (ちくま新書)
池上彰 編
筑摩書房

最新刊。社会が大きく変化するなかで、「家庭」で育つことができない子どもが増えている。貧困、虐待、DVなどの理由により、家庭から隔てられた子どもは、健康や学力の面で不利を強いられる。その数およそ7万人。経済格差が極まりつつあるいま、世代間連鎖を断つために「社会的養護」の必要性が高まっている。「子どもの貧困」の本質を映しだす児童養護施設の現場から、問題の実態をレポートし、その課題と展望を明快にえがく。

 

子どもの貧困II――解決策を考える (岩波新書)
阿部彩 著
岩波書店

2013年、「子どもの貧困対策法」が成立した。教育、医療、保育、生活。政策課題が多々ある中で、プライオリティは何か? 現金給付、現物給付、それぞれの利点と欠点は? 国内外の貧困研究のこれまでの知見と洞察を総動員して、政策の優先順位と子どもの貧困指標の考え方を整理する。社会政策論入門としても最適な一冊。

 

子どもの貧困/不利/ 困難を考える?:社会的支援をめぐる政策的アプローチ
埋橋 孝文 (著), 大塩 まゆみ (著), 居神 浩 (著)
ミネルヴァ書房

最新刊。特別な人々の問題ではなく、社会全体が貧困を生まないために――
児童養護施設の子ども、母子家庭の子どもと母親、自立に困難を抱える若者の「貧困/不利/困難」を浮かびあがらせ、回復するための支援のあり方を具体的に提示する。

 

 

沖縄の絶対貧困率37・5%という数字は衝撃的。あまりにむごい。

沖縄の人は米軍基地があるせいで経済発展が妨げられている、基地振興費なんていらないと言っているのですから、

そうさせてみたらどうか。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

20年で倍 39都道府県で10%以上 


 
都道府県別の子どもの貧困率
 
 
 少子化で子どもの数が減少しているにもかかわらず、生活保護費以下の収入で暮らす子育て世帯が過去20年で倍増したことが、山形大の戸室健作准教授の研究で分かった。戸室氏は都道府県別の「子どもの貧困率」も初めて明らかにした。39都道府県で子育て世帯の10%以上が貧困状態にあり、子どもの貧困が全国的に深刻化していることが浮き彫りになった。

 戸室氏は、総務省が国民の就業実態を調べるため、5年ごとに実施する「就業構造基本調査」のデータなどを分析。生活保護費の受給対象となる最低生活費以下の収入しかなく、かつ17歳以下の子どもがいる世帯数の20年間の推移を調べた。

 その結果、1992年に約70万世帯だった子育て中の貧困世帯数は、直近の2012年調査では約146万世帯に倍増していた。一方でこの間、子育て世帯自体は約1293万世帯から約1055万世帯まで約2割減っているため、「子どもの貧困率」(17歳以下の子どもがいる世帯に占める貧困世帯の割合)は5.4%から約2.6倍の13.8%に悪化した。

 都道府県別では、貧困率が高い順に(1)沖縄(37.5%)(2)大阪(21.8%)(3)鹿児島(20.6%)(4)福岡(19.9%)(5)北海道(19.7%)−−と続き、ワースト10のうち8府県が西日本に集中した。10%を切ったのは、最も低い福井(5.5%)など8県にすぎず、残りは10%以上だった。また、1回前の調査(07年)と比較すると、埼玉、千葉、神奈川などの首都圏や三重、静岡などの中京圏で全国平均を上回る貧困率の上昇がみられた。

 「子どもの貧困率」については、政府も厚生労働省の「国民生活基礎調査」に基づいて算出。国全体の平均のみ公表し、直近の12年は16.3%だった。ただ、平均的な所得の半分未満で暮らす人はすべて相対的に貧困状態にあるとみなす政府の算出方法では、貧困率に大きな変化はなく、91年でも12.8%だった。これに対し、戸室氏は都道府県や世帯人数などによって異なる最低生活費に基づいて算出することでより貧困の実態に近づけた。

 戸室氏は「貧困率の高位平準化が進んでいる。国が率先して対策を進めることが重要で、生活保護費を全額国庫負担にすべきだ」と提言している。戸室氏の論文は、近く刊行される「山形大学人文学部研究年報13号」に掲載される予定。【大場伸也】

 

子育て貧困世帯率、20年間で2.5倍に 沖縄が最も高く 

2016/3/2 0:08 日本経済新聞

 18歳未満の子供のいる子育て世帯のうち、生活保護費の基準となる最低生活費以下の収入で暮らす割合が2012年で13.8%にのぼることが、山形大学の戸室健作准教授の「子どもの貧困率」研究でわかった。貧困率は1992年の5.4%から20年間で約2.5倍に急増した。沖縄県が37.5%と最も高く、西日本や東北以北で高い傾向にあるなど、都道府県別の実態も初めて明らかにした。

 総務省が5年ごとに実施する「就業構造基本調査」と厚生労働省が毎年実施する「被保護者調査」を基に、独立行政法人・統計センターに集計を依頼して調査。最低生活費以下の収入しかない世帯を「貧困世帯」と定義し、地域別の状況を明らかにした。

 18歳未満の子供がいる世帯のうち貧困状態にある世帯数は、92年に70万世帯だったのが12年には146万世帯に拡大。都道府県別でみると、貧困率は沖縄が最も高く、大阪(21.8%)、鹿児島(20.6%)、福岡(19.9%)と続いた。地域間格差は縮小しているものの、「一部地域だけの問題から全国規模の問題に深刻化している」とみている。

 国の統計は世帯の可処分所得を1人当たりに換算して低い順に並べた中央値の半分に満たない人の割合を「相対的貧困率」としており、全国の傾向しかわからない。今回の調査は最低生活費を基準に使い、都道府県別の動向がわかるとして戸室准教授は「自治体の施策に役立ててほしい」と話している。

 

 山形大人文学部の戸室健作准教授は、全国の子育て世帯の貧困率が過去20年間で倍増し13.8%に達しているとの研究結果をまとめた。研究結果では、子育て世帯に限らない全世帯での貧困率も20年間で18.3%と倍増したことが判明。拡大しつつある「貧困」の背景と、取りうる対策について、戸室准教授に聞いた。

子どもの貧困率は全国的に増加し、地域間格差は縮小傾向

 

戸室准教授が算出した、2012年の都道府県別の子供の貧困率

 戸室准教授の論文によると、全国の子育て世帯の貧困率を示す「子どもの貧困率」は1992年に5.4%だったが、2012年には13.8%と、この20年で2倍以上に拡大していた。子育て世帯に限らない全国の貧困率も、1992年の9.2%から、2012年には18.3%と倍増していた。

 2012年の「子どもの貧困率」を都道府県別で比較すると、沖縄が最も高く37.5%。しかし地域間の格差は年々縮まっており、貧困率上位10位の県と下位10位の県を比較すると、1992年の5.37倍から、2012年には2.35倍と縮小している。戸室准教授は「貧困が改善したのではなく、むしろ貧困が地方特有の問題ではなくなり、全国一般の問題に拡大してきているということ」と分析する。

全世帯の18%、子育て世帯の14%が「生活保護基準以下」

 政府は一般的に「貧困率」を算出するとき、国民の所得を高い方から低い方へと並べ、その「中央値の半分未満の所得層」を「貧困」と呼ぶ「相対的貧困率」を用いている。一方で今回戸室准教授は、「生活保護の収入以下で暮らしている世帯」を「貧困層」と考え、貧困率を算出した。つまりこの調査結果は、「日本では全世帯の18.3%、子育て世帯の13.8%が生活保護基準以下の収入で暮らしている」と言い換えることができる。

 戸室准教授は「生活保護は国公認の貧困の救済基準。生活保護基準を使うことで、国との救済義務対象となる貧困層が明確に分かり、生活保護が国の救済措置として機能しているかどうかが可視化できる」と説明する。論文では、生活保護基準以下の収入で暮らす全世帯のうち15.5%しか生活保護を受給していないという結果を明らかにしている。

 

生活保護基準以下の収入しかない世帯の多くが生活保護を受給していない理由については、生活保護は手元に7万円程度の現金や車などの資産を持っていると受給できない場合があることや、生活保護を申請させないことで財政負担を避けようとする自治体の「水際作戦」の影響が考えられるという。

子どもの貧困の原因は「子育て世代の非正規労働者増加」

山形大人文学部の戸室健作准教授(安藤歩美撮影)

 

 なぜ、日本はこんなに貧しくなったのか?戸室准教授はその根本的な原因として、日本全体の労働環境の悪化に目を向ける。

 「生きていく上での基本は働いて賃金を得ることですが、現在労働者の約4割が非正規労働者です。子育て世帯は就労世帯でもあるため、賃金の低下が子どもの貧困に直接関係します」。つまり、「子どもの貧困」の増加は、子育て世代での非正規労働者の割合が増えたことが原因だと指摘する。

 戸室准教授は、子どもの貧困をこのまま放置すれば「地域経済が悪化し、負のスパイラルに陥る」と警鐘を鳴らす。「(子どもの貧困の原因となる親世代の)低賃金の非正規労働者が多く存在すれば、待遇のいい正社員の賃金もワーキングプアにひきずられて低下します。企業は、同じ仕事をしてくれるのなら、賃金2分の1や3分の1で済む非正社員を選ぶからです」

 その結果、地域経済に何が起きるか。「今いる正社員に対してサービス残業を強いたり、賃金カット、非正社員に置き換えるなど労働条件が悪化します。すると地域がワーキングプアだらけになり、賃金低下で消費意欲も低下し、物が売れなくなり、ますます人件費がカットされ、さらに消費が低下し・・・といった悪循環でどんどん地域経済全体が沈下していく」。戸室准教授は、子どもの貧困の背景にある、社会全体の貧困率の上昇に目を向ける必要を強調する。

「国の抜本的な労働政策の変化が必要」

 近年「子どもの貧困」が注目され、貧困世帯の子どもに食事や学校用具などを提供する運動が各地で広がっている。戸室准教授は、そのような動きを評価しつつ、抜本的な解決には国の労働政策の変化が必要だと訴える。

「地方独自で貧困世帯をなくすには限界があり、国が率先して削減努力をする必要があります。非正規労働活用を規制したり、最低賃金を上げたりする政策です」

 また、国だけでなく自治体側にもできることがあると指摘する。「自治体の民間委託先の会社で、低賃金労働によるワーキングプアが生まれることがあります。自治体は、委託先の会社で社員に適正な賃金が支払われているかどうかを入札時の評価項目に入れるなど、率先してワーキングプア削減の模範を見せる必要があります。生活保護については、現在自治体が一部負担しているのを全額国庫負担とすることで自治体の『水際作戦』をなくせるのではないでしょうか」

 戸室准教授は「根本を変えないと立て直せない」と、貧困対策の必要性を強調した。

(安藤歩美・中野宏一/THE EAST TIMES)

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月5日(土)のつぶやき | トップ | 社会的公平を訴えるサンダー... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とら猫イーチ)
2016-03-06 21:53:30
 大阪は、子供の貧困率が、第二番目なのは、良く分かります。 肌身で、貧困を感じていますからね。 

 自分の業務でも、貧困は身近にありました。 

 それは、ホームレス問題の関連会合に出席した時ですが、人命が係る切羽詰まった問題に関わらず、社会福祉部門は、何と「調査」段階だったのです。

 多くのホームレスは、公共用の施設、即ち、道路、公園、図書館、役所の出張所等で昼間は寝ています。 其処で、それら施設を管理する部門が一同に会したのですが、肝心の社会福祉部門が「調査」するのみであったのです。

 それから、何年も経過しましたので、何か変化があったのかも知れませんが、私の予感では、大して変化は無いでしょうね。

 子供の貧困問題でも、同じでは無いのでしょうか。

 「調査」でも、アリバイ作りにはなるでしょう。。。

 でも、大阪市内を例にとりますと、一流の繁華街等の所在地では、ホームレスを見かけることはありませんが、其れ以外の処では、ホームレスを見かけないことはありません。 

 一番、ホームレスがマイホームを設置して住んでいる処で目立つのが裁判所の前、であるのは、皮肉ですが、合理的です。 何よりも安全ですから。 

 子供とホームレスを同等に観るのは、可笑しいですが、同じ社会福祉関連の事象なので、中らずとも遠からず、ですが、子供の貧困問題は、見えないので、対策は後回しになるのではないでしょうか。 

 「彼等」にとっては、貧困は、治安維持の問題以上では無いのです。 憲法の人権規定等は、微塵も考えてはいないでしょう。 全て「自己責任」だと信じているでしょうね。 

 下町の寂れた商店街の破れたアーケード下に寝て居るホームレスを観ながら、ふと自分も、あのようになるのかも、と思うのでした。 この国では、一握りの人たちを除いて、みんな、その危険がありますからね。 
教皇フランシスコの言葉より (リベラ・メ(本物の))
2016-03-06 22:36:01
教皇フランシスコ 「使徒的勧告 『福音の喜び』」より、一部を紹介します。今のこの状況を、的確に言い当てているからです。

「社会や人々の間で排除と格差が取り除かれない限り、暴力を根絶する事は不可能でしょう。暴力は貧しい人や貧困層のせいだ…と非難されていますが、機会の不均等は、様々な攻撃や戦争の温床となり、遅かれ早かれ爆発を引き起こします。地域社会・国・国際社会が隅に置かれた人を見捨てるのなら、どのような政策も執行機関や諜報機関も、安寧を継続的に保証する事は出来ません。(後略)」
コイズミから 始まった (バードストライク)
2016-03-06 23:21:22
「自民党を、ぶっ壊す!」と豪語して、( アホな ) 国民の熱狂的支持を受けた小泉純一郎。郵政民営化を問う解散総選挙の時を、覚えているぞ。いつもの選挙では閑散としている近くの投票所が、デパートの催事みたいな混みようだった。あの時から始まったのだ。

国際会計基準に合わせて・・・とか言って、人件費が備品扱いになり、また規制緩和により、非正規労働者が増えた。
民主党の政権奪取後、内部のシロアリと官僚・マスコミのネガキャンが功を奏し、自民党圧勝。全力でアホボンを支えた結果、次々と国民搾取政策が通る。
雇用法も無事通過、非正規の人は、一生非正規だね。次は金銭による解雇と、残業代の撤廃だ。
それもこれも、バカのひとつ覚えで自民党に投票する者、投票にすら行かない者が全国民の半数を占めるからだ。

自分で自分の首を絞めているんだ、
ざまあ www !

なあんて。
言ってみたい。
上級国民ならば。


昨日の東京新聞、「こちら特報部」
自民党閣僚が、最近頻繁に改憲に言及する、その狙いについて考察。
最後のまとめとして、

> ジャーナリストの斎藤貴男氏
「安倍は国会でもまともに答えず、はぐらかし、質問者をせせら笑いさえする。
この態度に怒らないのは、誰かをバカにすることで優越感に浸るネトウヨ的な態度や思考が国民の側にも蔓延しているからではないか」と危ぶむ。

斎藤氏はこうした社会の「常識」の荒廃が、新自由主義によってもたらされた風潮と断じる。

「力の強い立場にある人が、屁理屈をつけて富を独占している。もはや経済学でも何でもない。長い時間をかけて積み上げてきた労働者の権利、人権を守る法律や価値観を合法的に壊している。憲法や法律を守る以前に、社会のたしなみが崩壊しつつある」と警鐘を鳴らした。

( 省略および多少の改変をしています。)

ニッポンを、トリモロス!
一億総活躍社会! (但し1%は除く)


ここから脱出するには、甘利にもたくさんの打ち壊すべき壁があるのだか、可能なのだろうか?
今月解散、4月に選挙という噂もあったのだが、そうはならないのか。
7月にW選なのだろうか。
野党は間に合うのだろうか?
本当にギリギリのタイトロープなのだ。
瑣末なことながら (L)
2016-03-07 00:47:35
 大変良い紹介ですね。
 先日、自民党参院比例区立候補予定の今井絵理子(沖縄出身)の内縁の夫が、約1年前に沖縄で違法な風俗営業の上に女子中学生を使って管理売春したことで2回目の逮捕がなされていたことが暴露されました。今井は内縁の夫が何をしているか見学し知っていたそうですし、逮捕時には面会に行ったそうな。
 さて、反貧困界隈では沖縄の貧困、とりわけ女性、シングルマザーと売春が注目され全国大会でも当事者からの報告がありました。ただでさえ失業率がとても高いのに、学歴がなく若い女、特にシングルマザーの付ける仕事はほとんどなく、仮にあっても生活できる金額ではないので、風俗で働くことになると。でも、併設の託児所にお金を払うと手元に残るお金は、やはり僅かなので貧困のままだとおっしゃっていました。今井絵理子(沖縄出身)の内縁の夫の下で売春していた女子中学生にも同様の問題と加えて子供、親子の貧困があったのでしょう。

 さて、瑣末なことながら、「絶対的貧困」という言葉ですが、ありふれた用法では、飢餓線以下の収入を指すようです。野宿者よりも悪い位のレベルなんだろうと思います。一応、国会での答弁では日本には絶対的貧困は存在しないというのが公式見解のようです。政府が認めているだけでも年に千人くらい飢え死にしているのに実に不思議なことですが。なお、学問的にもカッキリ決められるものでもないようです。ですから、わかりやすく国際比較に適した相対貧困率が、「貧困率」として用いられているのです。
 これらの理由から、日本政府はこの「絶対的貧困」の水準を決めていません。で、1日300円とか、この水準を決めないと、絶対的貧困「率」は計算できない訳です。
 ま、自ら相対貧困率を計算して公表することさえ拒否してきたのですからねえ。で、OECDや国内の研究者の出した貧困率を「オフィシャルじゃない」と論評と施策に生かすことを自民政権は拒絶してきたと。で、これを政府の責任で計算・公表させたのが、レイ様が断じて許さない鳩山由紀夫首相です。
 というわけで、「子どもの貧困率」も相対貧困率の1種ですよ。
日本終了か・・・? (バードストライク)
2016-03-07 01:28:51
民主・玉木議員の見立て

> 辺野古訴訟和解で早期解散の可能性が高まったと思う。私なら、今月27日の民主党・維新の党の結党大会の午前中に解散を宣言し、翌週に本会議を開いて解散する。新党結成のニュースをすべてかき消すことができるし新しい名前も浸透しない。衆院選惨敗なら参院選も与党楽勝で2/3議席→憲法改正だ。

3月27日 解散
4月24日 選挙

ニッポンを、トリモロス!
by 国家神道 & 明治のエスタブリッシュメント

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL