Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍首相「アメリカから武器をたくさん買って、アメリカの雇用創出に貢献する。結果として(笑)」

2017年02月15日 | 安倍自民党の危険性


 

 安倍晋三首相は2017年2月15日午前の参院本会議で、首相の訪米報告を受けた自民党の西田昌司氏の質問に答え、トランプ米大統領が重視する米国内の雇用創出と日本の安全保障政策の関係について

「最先端技術を用いた米国の装備品は我が国の防衛に不可欠だ。安全保障と経済は分けて考えるべきだが、結果として米国の経済や雇用にも貢献するものと考えている」

と述べ、米国からの武器の購入を通じて米国の雇用創出に貢献する考えを示しました。

 また、政権は第二次政権発足以来、防衛費を毎年増額してきており、5兆円、GDP1%の壁を突破しようとしていますが、安倍首相は今後の日米同盟のあり方について、

「安全保障政策の根幹は自らの努力だ。我が国自身の防衛力を強化し、自らが果たしうる役割の拡大を図る必要がある」

と強調して、防衛費を今後も増やし、防衛力の強化を進めると言い切りました。

 先日来日したマティス国防長官に約束した通りですね。

 なぜ日本が軍拡を進めてアメリカの雇用に貢献しないといけないのでしょうか。

 そんな金があるのなら、日本国内で困っている人がたくさんいるではないですか。日本の雇用状況だって非正規社員があふれています。

 軍事予算にいくら金をつぎ込んでも、一国の経済はちっともよくなりません。戦争中毒になるだけです。

 国民の金を無駄使いする安倍政権に本当に早く退場してもらわないといけません。

 

トランプ大統領の握力が凄かったらしい(笑)

 

 

北朝鮮のミサイル発射を奇貨として、兆単位でお金がかかる新ミサイル防衛網をまた買っちゃいそうで怖いです。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

日本の防衛強化を 日米同盟「役割拡大」

 首相は「南西地域の防衛体制や弾道ミサイル防衛能力の強化に加え、宇宙、サイバーといった新たな分野でこれまで以上の役割を果たす」と説明した。

 米国からの防衛装備品の導入について「わが国の防衛に不可欠なもので、日米の相互運用性の向上をはじめ日米同盟の強化にもつながる。安全保障と経済は分けて考えるべきだが、結果として米国の経済や雇用にも貢献する」と意義を強調した。

 在日米軍の駐留経費負担増については「トランプ氏との間で議論は全くなかった」とし、適切に分担されているとの認識が広がっているとの見方を示した。

 首相は日米首脳会談に関する報告で、「トランプ氏と個人的信頼関係を確立するとともに、日米同盟は揺るがないという明確なメッセージを世界に発信できた」と総括した。【光田宗義】



安倍総理大臣は、参議院本会議で、アメリカのトランプ大統領との首脳会談で、2国間のFTA=自由貿易協定に関する具体的な要請はなかったとしながらも、「恐れているわけではない」と述べ、今後、新たに発足させる経済対話で、議論していく考えを示しました。

国会では、安倍総理大臣が、参議院本会議で、アメリカのトランプ大統領との初めての首脳会談など今回のアメリカ訪問を報告し、質疑が行われました。

この中で、民進党の羽田元国土交通大臣は、トランプ大統領が、TPP=環太平洋パートナーシップ協定からの離脱を決め、2国間の貿易協定の締結を目指す姿勢を示していることをめぐり、「安倍総理大臣は、『トランプ大統領を説得する』と繰り返し述べてきたが、少しでも説得を試みたのか。また、2国間交渉には、どのような立場で臨むのか」とただしました。

これに対し、安倍総理大臣は「首脳会談では、日米が主導し、アジア太平洋地域に自由で公正な経済圏を作る必要性について一致できた。アメリカがすぐさま立場を変えるわけではないが、TPPを推進する意図は理解を得た」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「今回、2国間FTAの具体的な要請はなかった。今後の日米対話の中、どのような枠組みが最善かを含め議論していきたい。われわれは、2国間FTAを恐れているわけではない。2国間であれ多国間であれ、日本の国益をしっかりと守っていく」と述べました。

また、安倍総理大臣は、トランプ大統領が日本の自動車市場や金融・為替政策などを批判したことに関連して、「全体を通じて、トランプ大統領から日本に対する要求は全くなかった。大統領からはアメリカ国内で日本がよい車を生産しているとの評価があった。また、為替操作ではなく、デフレ脱却を目的とする現在の日本の金融緩和の必要性に理解を得られた」と述べました。

一方、安倍総理大臣は、トランプ大統領が先に増額を求める考えを示した在日アメリカ軍の駐留経費について、「議論は全くなかった。アメリカ政府にも現在、駐留経費は、日米両政府の合意に基づき適切に分担されているとの認識が共有されている」と述べました。さらに、安倍総理大臣は、防衛予算の拡充を求められたのに対し、「防衛力を強化し、果たしうる役割の拡大を図る必要がある。引き続き必要な予算の確保を含め、防衛力の強化を着実に進めていく」と述べました。また、安倍総理大臣は「わが国は最先端の技術を用いた米国の装備品を導入しており、安全保障と経済は当然分けて考えるべきだが、結果として、アメリカの経済や雇用にも貢献するものと考えている」と述べました。

このほか、安倍総理大臣は、2020年度までに、基礎的財政収支=プライマリーバランスを黒字化するとした財政健全化目標に縛られず、内需拡大に向け財政出動すべきだと指摘されたのに対し、「慎重に検討すべきだが、その時々の経済状況等も踏まえ、機動的な財政運営を行っていく」と述べました。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月14日(火)のつぶやき その2 | トップ | 2月15日(水)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (茶碗を洗う人)
2017-02-15 19:20:17
いい写真を載せてくださいました。写真は一瞬の真実を捉えることができる、コワイです。
握力が強くてびっくりしたからといって、この顔はなんじゃ。一国の首脳には到底見えない、重さも格もない、公の場で我慢もできない行儀悪い人、という本性がよくわかる一枚だと思います。
Unknown (動画より)
2017-02-15 20:11:21


日本の記者たち「コチラデオネガイシマス」(こちらを見てください)

トランプ「What did they say?」

安倍「Please look at me」(動画の20秒)

この言葉を聞いたトランプは、安倍を見つめるwwww

安倍は返答を間違えたことに恥ずかしくなり、手を離すな否や苦い顔をした。
小賢しい花札野郎と元ボンボンのその使用人 (1jAP)
2017-02-15 20:34:02
 こいつ、よお値切りもせんエエトコのボンボンやのぉ。そのわりには使用人(館の奴隷)で”ご主人様のためやったら、雇用だって創出しまっせ”と最悪のゴマすり。植民地統治の責任者の典型的などうしようもない例のまんま。
 おい、経団連の鬱陶しいおっさんども、たまには値切り方の一つでも奴に手取り足取り教えたれや。
 買わんでもええガラクタばっかり”玩具や”言うてこおて、その時だけ上機嫌な駄々っ子と一緒の自称”一国の主に”。
 もうじき226やのぉ、国士諸君、ヤツをこの列島に降り立たせた恥辱を何時はらすねん? 好機を逃したのぉ!
奸賊は撃つべしや。ちゃうけ?
 こんなこと、他称極左から教えてもらうなや、情けない。
分けてない。一緒くた (リベラ・メ(本物の))
2017-02-15 21:34:01
「安全保障と経済は分けて考える。」って安倍首相は言うけど、分けてないね。一緒くたに考えてる。
防衛費を増やせば国民生活が圧迫される、 (ば印)
2017-02-15 23:19:20
ネタ使い回しで悪いんだけど w
(でもあれコピペじゃなくて手打ちだったから、結構時間かかったんスよ)

「帰ってこい自衛隊」のエントリーに投稿した、元米海兵隊員で「ベテランズ・フォー・ピース(平和を求める退役軍人の会)」に属するマイク・ヘインズ氏が語ったこと。


> はじめて日本を見たベテランズの他のメンバーは、駅構内に設置された温水便座や新幹線、舗装された地方の道路を見ては、
「軍事に金をかけない国のインフラはこんなに素晴らしいのか」
と感嘆の声をあげていた。

米非営利団体「ナショナル・プリオリティーズ・プロジェクト」によると、昨年の米大統領予算案のうち、国防費が54%を占め、退役軍人の治療法・リハビリ・再就職訓練を合わせると、戦争関連経費は60%に及ぶ。
一方、農業・食料は1%、インフラ2%、教育6%である。
米国の教育費は、軍事のわずか10分の1でしかない。//


「あっちが出れば、こっちが引っ込む」ということだろう。
それとも安倍は打ち出の小槌でも持っているのか。
すでにODAで54兆円バラマキしたというではないか。
米の雇用創出に投資する51兆円って、どこから来るの?

本家からも「kiss ass 外交」と呼ばれちゃってる。
でもテレビはこういうことは報じないで、当分「まさおくん祭り」だよ(ご冥福をお祈りいたします)。
Unknown (1jAP)
2017-02-16 10:26:47
 花札野郎とのやり取りでは、thugファッションさせたセメント屋の倅の方が適任やったかもしれんな。英語もできよるし。射撃もいっちょ前。これは、当方だけが思ったんやない、なんと辞民盗支部のエライさんやった親族が”若造には凄みも品もないわ”口走っとったこと。
 似たようなやつには似たようなやつを連れて行って対応させるように持っていく…”そんなことも出来ん薄っぺらい七光三代目お坊ちゃん外交やのぉ”と嘆いてはったわ。
 おい、大日本帝国内務省官僚やった奥野せいりょう、生きとんねんやったら一言ぶちかましたれ。”われ、何媚びへつらっとるんじゃ、わしの目の黒いうちにマシな国にするどころか国家の品落としやがって。隷米やのぉて親米までや、あいつらも使う狡猾さ持たんか!”くらいの事を!
何枚もの舌を持つ男 (リアクトグラフ)
2017-02-16 15:33:03
今まで言い値で買わされていたようなアメリカの高価な防衛装備品も、トランプ大統領が一声値切れば、安くなってしまうことには少々驚きましたが、もっと、手短な武器である米軍のM16という自動小銃。一丁6万円位らしいのですが、大切に扱えば経年仕様に耐えられるものですよね。しかし、その弾薬は、使いまわしできません。それで、その撃ったらさようならの弾薬は、一発50円位だそうです。そして、一分間で打ち出せる弾数は、数百発。例えば100発打つとします。すると、5000円飛んで行く。これ、兵隊一人の計算。もし、100人の部隊が、一分間、100発だけ撃ったら、それだけで50万円飛んで行く。でも、これは100人で1分間だけの戦闘、もしくは訓練を想定した計算で、実際、1分間だけの百発限定発砲訓練など、とても実践的ではない想定だと思います。
ここまで想像したら、今の日本が戦争を起こすはもとより、他国の戦争や戦闘に参加できる経済的体力があるのだろうかという疑問が。(ここあたりまでは、村上龍氏の著書からのほぼ受け売り)
なのに、平和のためと称し、集団的自衛権行使可能や武器輸出三原則改悪を推進しただけでなく、他国の武器製造業へ手助けするとのたまうなど、ただただ、恥ずかしい発言だ。
そもそも、武器製造していないイスラム国などが武器を使用した戦闘ができるのも武器を作っている・販売する人?国?が存在するからであると考えると、アメリカの武器製造雇用を促進することを手助けするなんて、どの口が言えるのか、と憤慨してしまいます。
それに、今回、アメリカの一番の子分ぶりを世界中に見せつけたのですから、反アメリカ勢力から「敵の味方は敵」と再認識されたでしょうから、紛争の仲介役なども当分はできそうにもありませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL