Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんなあやつのブログです!

除染後の放射性廃棄物は脱原発後の「元」原子力発電所を中間処理施設にしてその敷地に集めよう 

2011年10月11日 | 福島原発事故


環境省は10月10日、東京電力福島第1原発事故で放射性物質に汚染された廃棄物のうち、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレルを超える焼却灰や汚泥などを「指定廃棄物」と定め、国が処理する方針を決めました。

さらに、原発事故で広がった放射性物質を取り除く除染について、環境省は、年間の被ばく線量が5ミリシーベルト以上の地域で行うというこれまでの方針を見直し、1ミリシーベルト以上の地域に対象を広げる新たな方針案をまとめました。

5ミリシーベルト未満の地域がある福島県内の市町村からの反発を受けて対象を広げたもので、費用についても国が財政措置をして負担するとしています。



この基準は当然と言うべきで、決して厳しすぎるという事はありません。

内部被曝の恐怖24 ICRPの放射線被曝限度年間1〜20ミリシーベルトの安全基準はまだ甘い

環境省はそのうえで、放射線量が高い警戒区域や計画的避難区域の除染は国が行い、そのほかの地域は市町村が計画を立てて実施するとしています。

出口が見えない放射能汚染土壌の除染問題 けれども安易な「解決」より問題を真摯に考え続ける誠実さを



今後の目標も示され、年間の被ばく線量が20ミリシーベルト未満のところでは、2年後の平成25年8月末までに住宅街などでの被 ばく線量をことし8月末と比べておおむね半減させ、さらに学校や公園など子どもが生活する場所での被ばく線量についてはおよそ60%減らすことを目指すと しています。

一方、環境省は、20ミリシーベルト以上のところは、そうした地域を段階的に速やかに縮小するとしています。また、警戒区域や計画的避難区域の中でも比較的線量が低いところについては、3年後の平成26年3月末までに住宅や道路の除染を行うことなどを目指すとしています。

つい数ヶ月前に、文科省が学校の校庭における放射線の基準値を放射線管理区域の数倍に当たる年間20ミリシーベルトにしていたことから比べると、大前進と言えるでしょう。

内部被曝の恐怖27 学校放射線基準 年1ミリシーベルト以下目標なら、もう集団学童疎開も考える時期

福島原発 内部被曝の恐怖15  学校の安全基準 年間20ミリシーベルトは放射線管理区域の6倍以上


環境省は、除染によって放射性物質で汚染された土や廃棄物が相当量出ている都道府県では、国の責任で、土などを保管する中間貯蔵施設を確保するとしていますが、設置する場所や時期など具体案は示されませんでした。

放射性物質が風に乗り、水に流れて拡散し、例えば下水道の汚泥に堆積して高濃度の放射能汚染物質を作り出します。それが千葉県や埼玉県など東日本全体で問題になっていますが、それは東日本の各県や住民の責任ではもちろんなく、東京電力の福島第1原発事故が原因です。

汚染物質はそれが出てきたところに戻す、という原則で、まず、東京電力福島第1原発をまず中間処理施設にするべきは当然でしょう。

内部被曝の恐怖29 放射性セシウム下水汚泥9都県1万トン 1キロ8000ベクレル以下は埋め立てに使用


ただ第1に問題なのは、福島第1原発だけではとても面積が足りないと言うことです。

環境省の試算によりますと、被ばく線量が年間5ミリシーベルト以上の地域で除染をした場合、取り除く土の量は最大で東京ドームおよそ23杯分に当たる2870万立方メートル余りに上ります。今回、環境省が方針を見直し、1ミリシーベルト以上の地域にまで対象を広げたことで、除染 を行う場所は、福島県以外の東北や関東にも及び、8都県で約1万3千平方キロ(日本の面積の約3%)に及び、環境省が当初、年5ミリシーベルト以上を基準とし、範囲を福島県内約1800平方キロとしてきた面積の7倍に膨らむ計算になります。


とても表土を削ってそのまま持ってくることは出来ませんし、福島の第1原発どころか第2原発の敷地を使っても場所が足りません。

第2の問題は、放射能汚染土壌など汚染物質をあまり長距離移動させたくないと言うことです。移動の途中で運搬経路になった土地に二次被害を与える恐れがあるからです。できるだけ、放射性物質のあるところに近いところに中間処理施設を設けたいのです。

中学理科教科書に放射線復活 セシウム汚染汚泥の引き受け先がないことも教えてやってください



となれば、解決方法は一つです。

いずれ「原発ゼロ」社会を目指すとはっきり方向性を決めて、現在停止中の原発から廃炉の準備を進め、その敷地を除染後の放射能汚染土砂の集積地にすべきだと考えます。

核燃サイクルを前提にする青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場施設なども同様の扱いとなります。

各原発を廃止していく過程で放射性廃棄物と各地の放射能汚染物質を一緒に保管し、いずれ最終処理場に集めることにするのです(この最終処理場をどうするかはまた書きます)。

福島の汚染物質は福島第1原発・第2原発、他の東北各県は女川・東通原発、茨城・千葉などは東海村の日本原子力発電の東海第2原発、日本海側は柏崎刈羽原発などですね。



これまでの環境省などの計画でも、除染で出た土や廃棄物は、警戒区域など国が除染を行う地域 を除いて除染を行った市町村の仮置き場に運ばれ、汚染濃度が高いものは国が設置する予定の中間貯蔵施設で一定の期間、保管されることになっています。

しかし、放射性物質に対する住民の不安などから多くの市町村で、仮置き場の設置が難航しています。さらに、中間貯蔵施設については、設置する場所や規模、それに保管する期間など国の具体的な方針は示されておらず、保管や最終的な処分のめどは立っていません。

ですが、そのときに「自分の土地の除染はして欲しいが、除染後の土砂が来るのは嫌だ」という自治体や住民がいたら、そこの除染は国費でやらず自分でやってもらうしかありません。

自分の土地は国費で除染してもらうけれども、除染後に出る土が集まってくるのが嫌だというのはまさに地域エゴに他ならないからです。

農地・土壌のセシウム汚染濃度マップ公表 チェルノブイリ移住基準超 作付け制限区域外から高濃度検出 



これは悩ましい問題ですが、今や、放射能汚染土壌をどう処理するかは全国民の問題です。どこかには持って行かなければならないとしたら新たな負担の少ないところベストでなくてもベターな選択として選ばざるを得ません。

どうせ地元原発を廃炉にすれば、その原子炉や放射性物質をどうするかという問題が生じるのですから、汚染土壌の中間処理施設として使われることで新たに加わる問題は他の地域よりは甘受できるはずです。

また、これまで原発がある事で電源三法により財政的には大きな利益を甘受してきたことから、脱原発のコストもまた背負ってもらう正当性があるといえるでしょう。

保安院のやらせを産んだ原発推進利権 自民党・経産省・財界・マスメディア・自治体の癒着の構造



除染費用について、環境省は、被ばく線量が年間5ミリシーベルト以 上の地域を対象とした場合、除染に1兆1400億円以上がかかると計算していました。対象を広げたことで、必要な費用はさらに増えると見られます。

費用は、国がいったん負担したうえで、最終的に東京電力に請求することになっていますが、費用が大きく膨らんだ場合、東京電力にどこまで負担させることができ るのか不透明な状況です。

これについては何度も書いてきたように、除染の費用も東電の資産がある限り全部はき出させて汚染処理の費用に充てるべきです。

東電は破綻処理をして、資産をすべてはき出させればいいのです。また、送・配・発電を分離して売却すれば、電力自由化にはずみがつく大きなメリットもあります。

東京電力は損害賠償を消費者に肩代わりさせて資産を出し惜しみしている


 


それでなくても、失われた20年と言われるほどの不況が続き、財政赤字が続く中で起きた東日本大震災復興だけでも日本の致命傷となりかねないのに、そこに人災である原発事故が起こってしまったわけですから、パーフェクトな解決はあり得ません。

しかし、希望を持って、自我を抑えて、よりよい国に出来るように知恵を出しあい支え合おうではありませんか。

 

 

放射能汚染物質の処理も第一義的には東電が負担すべきだと思われる方は

 よろしかったら上下ともクリックしてくださると大変嬉しいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング  

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

年1ミリシーベルト超す汚染、8都県で国土の3%

図:航空機からの測定による汚染地図拡大航空機からの測定による汚染地図

 東京電力福島第一原発の事故で放出された放射性物質による被曝(ひばく)線量が年1ミリシーベルト以上の地域は、8都県で約1万3千平方キロ(日本の面積の約3%)に及ぶことが朝日新聞社の集計で分かった。環境省は10日に国の責任による除染地域を年1ミリシーベルト以上とする基本方針案を決めた。同省は当初、年5ミリシーベルト以上を基準とし、範囲を福島県内約1800平方キロとしてきたが、7倍に膨らむ計算だ。

 航空機による文部科学省の放射線量の測定結果を基に、環境省が事故による追加の被曝量が年1〜5ミリ(毎時0.19〜0.95マイクロシーベルト)の地域の分布図を作製。福島県は8月28日、他の地域は9月18日現在の線量別の面積を朝日新聞社で計算した。

 その結果、福島県は5ミリ以上の約1800平方キロに加え、1〜5ミリの地域が約6200平方キロ。同県の面積(1万3782平方キロ)の6割にあたる約8千平方キロが除染の対象となる。

 残る7都県に5ミリ以上の地域はなかったが、1〜5ミリは群馬県で約2100平方キロ、栃木で約1700平方キロ、宮城、茨城が各約440平方キロ、千葉が180平方キロと続き、東京と埼玉は20平方キロ前後だった。山形と神奈川は1ミリ以上の地域は分布図になかった。

 

 ◇対象地域を拡大

 環境省は10日、東京電力福島第1原発事故による放射性物質の除染や汚染廃棄物処理に関する政府の基本方針案をまとめた。国が指定する除染対象地域を、事故による追加被ばく線量が「年1ミリシーベルト以上」とし、汚染廃棄物は排出した都道府県内で処理または中間貯蔵することなどを示した。汚染の対処を国の責任で行うことを定めた特別措置法(来年1月全面施行)に基づくもの。11月上旬にも閣議決定する。

 除染について政府は当初、汚染度の高い警戒区域や計画的避難区域内は国直轄とする一方、それ以外の地域では被ばく線量が年5ミリシーベルト以上の区域を国が指定し、除染作業は自治体が行うとしていた。これに対し自治体が反発したことから、指定する地域を「年1ミリシーベルト以上」に引き下げた。

 国直轄で除染する警戒区域と計画的避難区域の中で比較的線量が低い地域については、14年3月末までに除染作業を行うことを目指すとの目標を掲げた。

 この基本方針に基づく除染作業は▽警戒区域と計画的避難区域は環境相が「除染特別地域」に指定し、国が直接作業を行う▽それ以外で年間被ばく線量が1ミリシーベルト(毎時0・23マイクロシーベルト)以上の地域は環境相が「汚染状況重点調査地域」に指定し、自治体が除染する区域や計画を立てて実施する(除染費用は国が負担)−−となる。

 住民の被ばく低減に向けた目標も明記し、被ばく線量が年20ミリシーベルト以上の地域を「段階的かつ迅速に縮小することを目指す」とした。20ミリシーベルト未満の地域については住民の年間被ばく線量を2年後の13年8月末までに▽一般の人は半減▽学校、公園など子どもが生活する場所では60%減を目指し、長期的には「1ミリシーベルト以下」を目指すとした。

 また、国の責任で処理する「指定廃棄物」について、放射性セシウムの濃度が「1キロ当たり8000ベクレル超」とすることを決めた。

 基本方針案では、指定廃棄物は排出した都道府県内で処理することと併せ、除染後の土壌など汚染廃棄物が「相当量発生している都道府県は中間貯蔵施設を確保する」と明記した。その後の最終処分については「今後の技術開発の状況を踏まえて検討する」とした。【藤野基文】

 ◆除染に関する基本方針案骨子◆

・国が指定する除染地域は、事故による被ばく線量が年1ミリシーベルト以上とする

・高濃度の汚染廃棄物や除染後の土壌は排出した都道府県で処理または中間貯蔵する

・事故による被ばく線量が年20ミリシーベルト以上の地域を段階的かつ迅速に減らす

・事故による被ばく線量が年20ミリシーベルト未満の地域での住民の被ばく量を2013年8月末までに半減させる

・公園や学校など子供が生活する場所の除染を優先し、被ばく量を2013年8月末までに60%減少させる

毎日新聞 2011年10月11日 東京夕刊

 


 日本原子力発電・東海第2原発=茨城県東海村

 運転開始から30年以上たつ日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村、沸騰水型、110万キロワット)について、地元東海村の村上達也村長は11日、都内で細野豪志原発事故担当相に対し、廃炉を求める考えを伝えた。

 村上村長は、第2原発から30キロ圏内の人口は100万人に上り「立地条件として不適切」と強調。老朽化や、東京から近いことも踏まえ「廃炉にすべきではないか」と指摘した。

 村長によると、細野氏は「貴重な具体的な提言をいただいた。考えさせていただく」と答えたという。

 東海第2原発は、1978年に運転を開始。3月11日の地震では、原子炉が自動停止した。

2011/10/11 18:23   【共同通信】


ジャンル:
政治
キーワード
シーベルト 放射性物質 放射能汚染 汚染廃棄物 中間貯蔵施設 放射性セシウム 原子力発電 朝日新聞社 放射性廃棄物 マイクロシーベルト
コメント (7) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「秘密保全法」はF35戦闘機導入... | トップ | ビートたけしは紳助と変わりない... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東電太郎 東芝次郎)
2011-10-11 14:24:16
全くそうだ、
あんた良い事言いますね。
まだ、責任者の処分がなされていないのも
原発事故7不思議、
たけし、暴力団についての駄文を拝見して (kei)
2011-10-12 00:04:54
これを書いた人って、たけしを利用して売名行為がしたいんだろうなと思った。
コメント受付停止にしてたのも情けなかった。

今後の核の墓場を、中間廃棄物処理場に造成できるのか?難しいと思いますが、、、世紀の難問です! (cafe原発廃止の論議は難しい)
2011-10-12 00:17:38
 しかし、この福島原発事故を修復して、原発銀座を維持し続けようとするだろう。
 しかも、第一原発の1号炉は、今後、約30年間も核の墓場となって、その周辺に中間廃棄物施設を造成するのは、やはり無理なのではないですか? これは、難問ですネ!
 良く、調査研究をしなければならない。
難問ですか (ray)
2011-10-12 00:25:52
100ミリシーベルト以上の地域のものは福島第1原発に持ってきて、5ミリ〜100ミリは第2原発に持ってきて、1〜5ミリは柏崎や女川に。。。とかどうでしょうね。
いかなる方法でも (かくぞう)
2011-10-12 02:04:10
無理が出てくるのが原発事故後の処理問題であり、だからこそ次なる事故を防ぐ為にも、早急に全ての原子炉を廃炉にしなければと思います。
rayさんの提案はその無理な状況の中でも、極めて現実的な方法かと。私も漠然とながらこれしか無いのではと思う方法でもあります。

それにしても、途方もないこの日本の状況に、思考停止・現実逃避に走る輩が多い中、広範な知識を持って冷静に前向きな提案を投げかけるrayさんの存在を有り難く思います。

たけしファンの意地の悪い批判に負けないでくださいね。
コメント管理を承認制にしました (ray)
2011-10-12 07:33:25
かくぞうさん、暖かいお言葉ありがとうございます。

事故が起こったことを前提に考えなければならないので辛いところです。
特に、原発周辺の住民の方々に苦しい選択を迫るのに恫喝的にならざるを得ないのが内心忸怩たる思いです。

ところで。

橋下ファンの殺到ぶりも凄かったのですが、たけしファンは数もさることながら品の悪さも半端ではなく、コメント承認制にしました。

できるだけ早く承認するので、普通のコメントよろしくお願いします。
記事に賛成・反対は全く承認の基準になりません。批判的でも一向にかまいません。

名誉毀損・人を不愉快にする・品が悪い等の場合のみ承認せず削除です。

いちいち読んでは承認・不承認を決めるのが面倒くさくてやってこなかったのですが(自分の記事さえ承認しないといけない)、いちいちスパム通報して削除するのなら手間は同じですので、しばらくこれでやってみます。

よろしくお願いいたします。
現実として考えると (mikicha)
2011-10-12 12:01:08
rayさんの提案は理に叶っているように思います。どこの地でも中間処理施設を受け入れることには当然、反対するでしょう。

原発問題に限らず、自分の考えをブログなどで外に向けて発信するとさまざまなコメントがされますが、相手に話を聞いてもらおうとするならば、まず相手に敬意を表する姿勢(言葉遣いなど)が必要かと思います。

怯まずにご自身の考えを発信されるrayさんの姿勢に勇気を頂いています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。