Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

教育勅語暗唱の籠池理事長が自分のことになったら「基本的人権は大切」「我が国は民主国家」のお笑い。

2017年03月09日 | 子どもの権利

 

 大阪・豊中市の国有地の売却問題で、大阪府は、学校法人「森友学園」の籠池理事長の立ち会いの下、小学校の建設現場で現地調査を行っています。

 森友学園が作ろうとしている瑞穂の国記念小学院は当初、「安倍晋三記念小学校」と銘打って寄付金集めなどをしており、つい先日辞任するまで安倍昭恵首相夫人が名誉校長を務め、人寄せパンダになっていました。

 その小学校の敷地は、国有地を近畿財務局から購入したのですが、入札ではなく任意売却で、しかもその売却価格を当初近畿財務局は非公開にしていました。

 しかも、その入札額は近隣の国有地だと13億円、鑑定額でも9億5600万円のところを産魚廃棄物処理費用として8億円余りを差っ引いて1億3000万円余り。

 この購入前に賃借利していた時期に、ごみ処理代としてすでに1億3000万円余りを森友学園は受け取っているので、購入額は実質200万円になってしまいました。

 こういう国有地の格安払い下げの問題がある一方で、森友学園が経営する塚本幼稚園では教育勅語を暗唱させ、軍歌を歌わせる軍国主義教育が行われてきた問題があります。

 いや、こういう教育をしているからこそ安倍首相夫妻から格別の恩恵を受け、国や大阪府からも特別扱いを受けられたのです。

 さらに、この塚本幼稚園では、いじめ、虐待、ヘイト文書の交付が問題になっています。

 そして、小学校自体の認可申請の疑惑としては、籠池理事長の経歴詐称、工事費の見積もり誤魔化しによる補助金詐欺、愛知の中学校へのありもしない推薦枠の記載など、次々と嘘が発覚しており、まさに右翼は金に汚く、倫理観がないことを地で行っています。

 

 前ふりが長くなりましたが、そんな籠池理事長を伴って、本日大阪府が新設の小学校建設現場を視察しました。

 その時の籠池理事長の言いぐさがいいじゃないですか。

「この件で私自身が仕事をできなくなりました。皆さん方は私をずっと追いかけてこられた。これは皆さん方の表現の自由、報道の自由もわかるけど、基本的人権は大切やないかなと僕は思っています」

「パパラッチのように園バスの後ろを車で追いかけてきている。止まれば止まる。こういうことがたくさんあるんです。こういうことはするべきではないよ」

「わが国は民主国家だし、みんなで生きていかなければならない」

と語ったというんです。

 教育勅語を教えておいて、都合のいい時だけ基本的人権や民主国家だなんて言うんじゃない!

 自分の利益を守るときにそういうものを持ち出すんじゃなくて、およそ教育者なら、子どもたちを育てる時に基本的人権や民主主義を教えるべきなんです。

 子どもたちにこそ基本的人権があるんだぞ!

 この学校の特殊性だけに目を奪われると、この事件の本質から目をそらすことになるとわかってはいるのですが。かなり腹が立ちました。

 

教育勅語の「いざ戦争になったら天皇のために戦って死ね」という教えなんて、基本的人権の尊重と民主主義の真逆もいいところですからね。

この人には言う資格がないでしょう、基本的人権と民主国家。

それにしても大切なんですね、基本的人権と民主主義。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

2017.3.9 14:56 産経新聞

【森友学園問題】
籠池氏、報道陣に不満爆発「皆さんが私を追いかけてきた」

森友学園の小学校の建設地に姿を現した籠池泰典理事長=9日、大阪府豊中市(前川純一郎撮影)
森友学園の小学校の建設地に姿を現した籠池泰典理事長=9日、大阪府豊中市(前川純一郎撮影)
 
 

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指す小学校の認可をめぐる問題に関連し、大阪府が9日、行った大阪府豊中市の小学校建設予定地を視察で、大勢の報道陣を前に籠池(かごいけ)泰典理事長が持論を展開。「財務省の国有地のことと小学校の認可のことが別々のことにもかかわらず、一緒くたになって皆さん方が私を追いかけてきた」と訴えた。

■「パパラッチだ! 幼稚園バスを、マスコミが車で追跡し…」

 籠池氏は、「この件で私自身が仕事をできなくなりました。皆さん方は私をずっと追いかけてこられた。これは皆さん方の表現の自由、報道の自由もわかるけど、基本的人権は大切やないかなと僕は思っています」と述べ、報道に対する不満を爆発させた。

 具体例として、「パパラッチのように園バスの後ろを車で追いかけてきている。止まれば止まる。こういうことがたくさんあるんです。こういうことはするべきではないよ」と述べ、「わが国は民主国家だし、みんなで生きていかなければならない」と語った。


2017.3.9 14:42 産経新聞

【森友学園問題】
籠池理事長「開校させてほしい」「報道には捏造もある」問いかけ応えず持論展開 現地訪れ

工事が進む森友学園の取得用地=2日午後、大阪府豊中市(本社ヘリから)

工事が進む森友学園の取得用地=2日午後、大阪府豊中市(本社ヘリから)

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指す小学校の府認可をめぐる問題で、大阪が9日午後、大阪府豊中市の小学校建設予定地を視察。籠池(かごいけ)泰典理事長も現地を訪れ、報道陣らを前に「開校させてほしい」と訴えた。

■子供への取材やめろ!…「後で」

 この日、籠池氏が学校予定地に姿をあらわすと、近くにいた報道陣が、籠池氏を取り囲むようにしてコメントを求めた。

 籠池氏は「予算委員会ではほかにいうことはないのか」「報道には捏造もある」などと持論を展開したうえで、小学校認可をめぐり「開校させてほしい」とアピール。さらに、子供たちや保護者らへの取材をやめるように訴えた。



大阪府が森友学園理事長立ち会いで現地調査

大阪府の現地調査は、学校法人「森友学園」が小学校の建設を進めている豊中市の現場で午後2時前に始まり、私立学校を所管する私学課の担当者5人が、徒歩で敷地に入りました。

調査には森友学園の籠池理事長も立ち会っています。

籠池理事長は、集まった報道陣に、「私たちは、府の私学審議会がおととし一定の結論を出したのを受けて国有地を買収し、それを前提に小学校の建設を進めている。私に学校を開設させてほしい。きょうは、大阪府の担当者と胸襟を開いて話をしたい」と述べました。

森友学園は、校舎を建設する総事業費を国に21億8000万円と報告した一方、大阪府にはおよそ7億5000万円、さらに、大阪空港の運営会社に防音対策の助成金を申請した際はおよそ15億5000万円と報告していました。

大阪府によりますと、3つの契約書は、総事業費以外の工事の契約日や工期などが同じだということです。

さらに、愛知県の中学校からの推薦入学枠の提供や籠池理事長の経歴についても、事実と異なる報告をした疑いが指摘されています。

大阪府は、これらの点について、籠池理事長から直接、事情を聞くとともに、校舎の建設やゴミの撤去の進み具合などを確認することにしています。



よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月8日(水)のつぶやき その2 | トップ | 3月9日(木)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
性善説?どっひゃーッ! (南京猫)
2017-03-09 16:51:20
大阪の松井知事もこの籠池理事長も「性善説に則って」やっているそうです。

最適の言葉を贈りたいです。「おまいう?!?!?!」

三文芝居と言うか、絵に描いたように品性下劣な茶番ですよ!「今だけ金だけ自分だけ」の人種に呆れ返って、二の句が継げません…。
日本の改革の為にはなぁ、誰かが汚い仕事を引き受けなければならないんだよ! (リアクトグラフ)
2017-03-09 20:31:08
夕方のニュースで「この学園を開校させて欲しい」と懇願していた場面を見て、いつものことで申し訳ありませんが、「どこかで見たことあるぞ? これと似たような場面!?」と私の記憶が刺激されました。
そして、出てきた答えが「マルサの女 2」という映画のこと。

簡単に書くと、考えられる限りを尽くし、ありとあらゆる方法で脱税をする偽装宗教家を、やはり、あの手この手と職業責務の執念で追い詰めるマルサの女のお話。
見直してみたら、この映画の冒頭のやり取りがまた、この森友疑惑の裏側を想像さえる名場面。

地上げに関わる土建屋、銀行屋、不動産屋、そして、先生と持ち上げられる国会議員達のメシ会で、苦境に陥っている地上げを頓挫させないように、大物国会議員に向かって、
「ここは、ひとつ、漆原先生に大号令を発していただきませんと・・・」
「わしが直接地上げにタッチするわけにはいかん、地上げに関してはこの猿渡が面倒見るから・・・、おい、猿渡、おまえ、地上げ屋のいいのを知っているんだろ・・・」
ここで、大物の使い走りの猿渡議員が、
「ちょうど、うってつけのがおりまして、私と同郷の・・・」
と、地上げにうってつけの人物像を猿渡議員が語り始めるのを漆原議員が遮って、放ったセリフが、いいんですね~。

「まあ、いいから、いいから、どうせ、おまえの仲間なら、悪に決まっとる、わっはっは!」

そして、この二人の国会議員の風貌が、また、いいんですよ。越後屋と悪代官さながらの、ちょいと、べらんめえ~調で強面のオラオラ系!

あっ、私、別に、どこかの政党の派閥の親分子分のお二人を想像して書いているわけではありませんよ。どうぞ、勘違いなされぬように願います。笑
さらに、その場面最後の一言が、また、深い一言。

「第一、そんなもんは、使い捨てればいいんだよ!」

映画は進み、クライマックスに近くなった頃、主役の偽装宗教家が国税で取り調べを受ける場面。その取り調べのやり取りも見応え充分ですが、その取調室の中にスナイパーからの銃弾が着弾。偽装宗教家の命が狙われていることが判明。その時のマルサの女のセリフが、また、今のこの疑惑に色々な予感をさせる一言。

「誰かが、あんたに死んでもらうことにしたようね・・・。あんたも、トカゲの尻尾なんだよ、さあ、話してちょうだい。」

これは、あくまで映画の中の話ですが、改めてこの映画を見て、なんとも、恐ろしい、金亡者達の飽くなき執念を感じずにはいられませんでした。
なぜなら、この映画を制作した伊丹監督は、その後、実際に暴力団に命を狙われたのですからね。

ただひたすらに金儲けの為の偽装教育家のようにも思えるのですが、その人物に群がり、利用したのかされたのか、お互い様の様相にも、やはり、歴史は繰り返す、少しだけ、姿を変えて、といったところなんでしょうかね、この事件も。

しかし、まさか、この日本がどうなってもいいのかと、日本を改革するために、汚れ役のつもりで矢面に立っているつもりではあるまいな、との疑念も払拭できず、恐ろしい事態なのかもしれないと悪寒も走る。
貴方が其れを言った所で (リベラ・メ(本物の))
2017-03-09 21:20:11
籠池理事長、貴方が其れを言った所で“説得力ゼロ”です!
国民とマスコミから許してもらえる方法が一つだけあるよ (一国民)
2017-03-09 21:34:45
今回のアッキード事件に、安倍が関与していたことを正直に話してくれれば、日本国民は籠池氏を許します。
こいつも慎太郎も (諦めの理屈屋)
2017-03-09 22:37:48
我欲の塊ですね。
自分たちだけは許される、他人には教育勅語とかお国のために命をかけろとか好き放題!
難しい問題だし、多分それは間違っているのだとは思いますがこんなゲスの極み糞右翼どもを見ていると『戦うリベラル』はありなのかもとも思ってしまう。ドイツみたいにどしどし糞右翼をやっつけろとか感情的にもなる(笑)。
彼らは常日頃は日本国憲法をやっつけろとか日本国憲法のお陰で惰弱したダメ国民が大量生産された(だから教育勅語とか『原点に帰れ』とかほざき始める。これに異義を唱えたらすぐに
日本から出ていけ!とか挑発してくる、低能とはこんな輩に用いるべし、ですな)などと嘆いたり怒ったりしているが、石原慎太郎もこの籠池も、 我欲は塊で無責任極まりないダメ国民そのものではないか(笑)。
悪党の最後の切り札、逃げ場が愛国心の吹聴なのでしょうね。
もっともエセ国士の慎太郎を撃沈したところで
口先と印象操作の達人の小池百合子も健在ですから、全く油断はできませんが…。
それはそうと先ほど籠池の映像を見てしまいました。報ステでしたが、これはあれですよ。絶対に国会に呼ばなくては稲田大臣も安倍晋三さんも沽券に関わるでしょ(笑)。
あそこまでプロレスショーをやられて沈黙を守るのですかね?
久しぶりに本屋でサンデー毎日を買ったついでに週刊朝日をちら読みしたのですが、なんかあの田原が意味深なことを記していましたね。
与党議員が断るのみならず、怖がっている!
そんなことをラストに記していました。
たかがキワモノの極右オヤジ一人になんでそんなことを彼は書いたのか?
これは勿論皮肉ですよ(笑)。
おそらく、田原の言っていることは嘘ではないのでしょう。でないとテレビワイドショーでも
キワモノオヤジとしてシフトされてきたこの問題です。国の金を手玉に取ろうとした悪いやつとして、自民党は人気とりをやればよいだけでしょうよ。公明正大を売りにしている公明党も
堂々と疑惑にメスを入れればよいだけでしょ?
昔と違ってYouTubeの時代。
これ、転びようによってはスゴいことになりかねないかもと、あの映像を見ていると変な期待も持たせるお笑い要素もあり?
超拡散 (ラッキー)
2017-03-09 23:45:43
“第二の森友”安倍首相の親友が経営する加計学園の新疑惑! 官邸は国家戦略特区指定の情報を非公表に
http://lite-ra.com/2017/03/post-2975.html

マスコミのメールが判明、アナタもメールを送ろう!
http://79516147.at.webry.info/201702/article_257.html

メディアに取り上げるよう抗議を。
あらゆる角度から見る (からしだね)
2017-03-10 09:30:35
昨日はちょっと忙しくてニュースを追えなかったのですが、籠池さんはこういう自分本位な主張をする一方で、議員のウソを曝露しているらしいですね。
宮武さんは弁護士さんですから憲法に関わるような言動は特に重く考えられるでしょうし、この記事は全く正論で同感です。
でも同時に、この人にはある意味、他の大悪人の偽善を暴く強さがあるのではと考えています(多分、ご本人も意識されていないと思うけれど)。その点は見逃してはいけないのではないでしょうか。

最近個人的にとくに不愉快なのは総理夫人と松井知事ですね。松井知事は本物の極悪人にしか(今のところ)見えません。大阪の朝日が頑張っている筈なのに、大阪のマスコミはこの人を放置しておいて良いのでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL