Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍首相押し教科書会社の育鵬社だけが教育長に事前に閲覧させ、大阪市ではアンケートで大量動員発覚。

2016年02月23日 | 子どもの権利

 

 育鵬社の教科書といえば、「新しい歴史教科書をつくる会」の元幹部が執筆に加わっており、例えばアジア太平洋戦争について

「欧米に植民地支配されたアジアの解放」

だと強調していて、日本のアジア「侵略」を大日本帝国と同じく、

「進出」

と記載し 、

「この日本軍の勝利に、東南アジアやインドの人々は独立への希望を強くいだきました」

などと書いている、トンデモ教科書で名高い右翼教科書会社です。

 

 

 また、安倍首相にぞっこん惚れ込んでいて、なんでもたとえに安倍政権のことを持ってくるので、公民の教科書に安倍首相の写真が10数枚も出てくるという、安倍首相のグラフィック教科書になっていることでも有名です。

女性活用

政治的中立性を言うなら、アベ政治批判の文具の前に、安倍首相の写真12枚入り育鵬社教科書をしまえ。

 

 

 そんな「偏向」教科書が各地の教育委員会で採択されないようにしようという市民運動も盛んではあるのですが、じりじりと押されており、育鵬社の「歴史」と「公民」の教科書の採択率(生徒数をベースにした割合)は4年前の2011年の4%台から2015年には6%台に上り、1・5倍になってしまっています。

 その原因の一端が次々と分かっています。

 まず、多くの教科書会社も検定途中の教科書を各地の学校に閲覧させていることが明らかになっているのですが(しかも金品付き)、育鵬社だけは、少なくとも大阪府を含む1府4県にまたがる6市で、教育行政をつかさどる最高の地位にある教育長に教科書を閲覧させていたことがわかりました。

 教育長と言えば、教育行政の事務方トップであるばかりでなく、教科書採択を決定する教育委員会のメンバーでもあります。

 それだけに、事前に教科書を閲覧するようなことには敏感で、ほかの教科書会社はそこまでできていないのですが、育鵬社の手口は

『「あいさつだと言って訪ねてきて見せられた』

という騙しのテクニックです。

 これら6市では育鵬社の教科書の採択には至っていませんが、ほかにどれだけ事前閲覧をさせているかの全貌はわかっていません。

経済諮問会議

 

 さらに、橋下市長時代に育鵬社の教科書を採択してしまった大阪市(新しく採択した政令指定都市のは大阪市のみ)では、教科書採択の参考となる「市民」のアンケートで、育鵬社の教科書がいいという人が7割もいました。

 2015年の大阪市の歴史・公民の採択会議の冒頭において市の教育委員会は、市民アンケートの結果として育鵬社に肯定意見が約7割(779件)、否定意見が約3割(374件)と報告して、圧倒的に育鵬社支持が多かったと印象付けました。

 市の教育委員会が冒頭にアンケート結果を発表したのは初めてのことだと言います。

 ところが、ここにある会社の社員が動員されていたことが判明したというのです。

 それも、日本最大の極右団体日本会議系の組織である日本教育再生機構の発起人が会長をやっているフジ住宅(岸和田市。フジテレビとはまさか関係がないと思う 笑)の社員が一人で10枚、100枚とアンケート用紙を持ち帰ったと。

 

 その結果、大阪市の教科書なのに、アンケートのうち4割以上が市外からのものとなり、そのうち8割以上が育鵬社の教科書を肯定するものだったのです。

 日本会議系の草の根保守運動が強力なことは有名ですが、具体的に目の当たりにすると、ここまでやるかという感じです。

 本日2月23日の大阪市議会でこの問題が取り上げられるそうですが、右翼、恐るべし。警戒の上にも警戒をしないといけません。

文科省も後押し。

 

育鵬社教科書をどう読むか―中学校歴史・公民
子どもと教科書全国ネット21 (編集)
高文研

育鵬社教科書に書かれていること、書いてないことを研究者、弁護士、教員、保護者・市民が検証。中学校の「歴史・公民」で何を学んだらいいのかがわかる本。


ここが問題「つくる会」教科書―「つくる会」新版歴史・公民教科書批判
子どもと教科書全国ネット21 (編集)
大月書店

「つくる会」の改訂版歴史教科書、新訂版公民教科書について、多くの問題点の中からとりわけ「教科書としてふさわしくない」問題を取り上げ、歴史17、公民10のQ&A形式によって、わかりやすく述べる。

 

子どもの権利―次世代につなぐ
喜多明人 著
エイデル研究所

最新刊。

子どもの問題について、子どもの権利の視点を欠けば、決して解決しないと考えられる実践課題について問い直し、考察した「子どもの権利」普及の書。子どもの権利条約批准20周年・国連採択25周年を記念して刊行。「子ども権利」はわがままであり、途上国向けであるといった「子どもの権利バックラッシュ」に歯止めをかけ、「子どもの権利」を次世代につなぎ、国際子ども法としての子どもの権利条約の発展に道筋をつけたいという著者の思いが込められた一冊。『子どもの権利―日韓共同研究』(日本評論社、2009年)、『子どもの権利―アジアと日本』(三省堂、2013年)に続く「子どもの権利」シリーズ3作目。単著としては約20年ぶりの著作となる。

 


すでに東京都や横浜市では育鵬社の教科書で多くの生徒が学んでいます。

これから大阪市、横浜市と大都市が次々の陥落していったら、もう若い人は大東亜会議とかだけよく知ってるようになってしまいます。

恐ろしい。話が合わなくなる。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

「育鵬社」 教育長に検定途中の教科書閲覧させる

2月22日 17時48分 NHK


 
中学校の歴史や公民の教科書を作成する「育鵬社」が、どの教科書を使うかを決める「採択」の権限がある教育長に検定途中の教科書を閲覧させていたことが分かりました。教科書会社を巡る一連の問題で教育長の閲覧が明らかになるのは初めてで、文部科学省は採択の公正性に疑念を生じさせる行為だとして詳しく調べています。
 
この問題は、小中学校の教科書を作る12社が外部に見せることが禁じられている検定途中の教科書を教員らに閲覧させたり金品を渡したりしていたもので、関わった教員などは5157人に上ります。このうち、中学校の歴史や公民の教科書を作成する「育鵬社」は、昨年度35人に検定途中の教科書を閲覧させたと報告していましたが、6人は教育長だったことが新たに分かりました。

教育長は教育行政の事務局トップで、自治体が使用する教科書を決める「採択」で最終的な決定権を持つ教育委員会の一員でもあります。教科書会社を巡る一連の問題で教育長に閲覧させていたことが明らかになるのは初めてです。

育鵬社などによりますと、6人は当時、福井県、大阪府、広島県、山口県、愛媛県の1府4県にある合わせて6つの市の教育長で、NHKの取材に対し「あいさつだと言って訪ねてきて見せられた。ざっと目を通しただけで金品も受け取っていないが、検定中の教科書だと気付いた時点で断るべきだった。脇が甘かったと反省している」などと話しています。

また育鵬社は、「教育長はプロ中のプロであり、よりよい意見を聞くことができると思った。採択が目的ではなかったが不適切だった」と話しています。
これら6つの市で育鵬社の教科書を新たに採択したところはありませんが、文部科学省は採択の公正性に疑念を生じさせる行為だとして、影響などを引き続き詳しく調べています。
 
 
 

 大阪市教育委員会が昨年8月の中学社会科教科書採択で参考にするため保護者らを対象に実施した無記名のアンケートをめぐり、採択された育鵬社版を支持した回答中、1人で10枚以上記載したと疑われるケースが多数あることが22日、分かった。文面や筆跡が似通っていた。企業の動員が背景にある可能性もあり、採択の公正さをどう担保するか議論を呼びそうだ。

 市教委は採択審議冒頭、育鵬社に肯定的な意見が約7割、否定的な意見が約3割と報告した。市民団体が情報公開請求で回答の写しを入手。共同通信が分析したところほぼ同じ文面で筆跡の似た回答が10枚以上あるケースが少なくとも8例あった。

 
 
大阪市の育鵬社採択で新たな不正が発覚!2/23大阪市議会で追及予定!


大阪市での育鵬社採択問題で重大な不正疑惑が発覚しました。

昨年の歴史・公民の採択会議の冒頭で、
市教委は、歴史・公民採択の冒頭で、市民アンケートの結果として、育鵬社に肯定意見が約7割(779件)、否定意見が約3割(374件)と報告し、圧倒的に育鵬社支持が多かったと印象付けました。
市教委が特定教科書の賛否数(割合)だけを報告するのは初めてのことで、育鵬社採択に向けての意図的な世論誘導を感じました。

その後、岸和田市にあるフジ住宅(今井会長は日本教育再生機構の設立発起人)が大阪市の教科書アンケートに社員を大量動員していることが明らかになりました。
今井会長は、育鵬社教科書事業部の関係者の情報として
「大阪市については教科書展示場にて数多く教科書アンケートを記入していただければ、育鵬社に採択される可能性が高くなる」
と、社員に伝え、アンケート活動を大阪市に集中したのです。

今井会長は、「男性はフジ住宅の社章を外し、女性は制服を着替えて私服で」展示場へ行くよう指示し勤務時間中に社の車に分乗して展示会を回ることも奨励しました
さらには、未記入のアンケート用紙を大阪市内33の展示場のうち32箇所から持ち帰らせ、なかには一度に150枚前後を持ち帰った場合も複数回あります。
持ち帰り総数は最低1,232枚を確認できます。
アンケート用紙を大量に持ち帰り、展示会場に行かずに記入し、代理人が提出する。
このような教科書展示会の趣旨を完全に逸脱する行為が日常的に行われていました。

今回私たちは、大阪市で提出された育鵬社の賛否を記載した市民アンケート1153枚を情報公開によって手に入れました。
独自に集計した結果から明らかになった最大の特徴は、「大阪市外」からのアンケート数が異様に多く、469件(全体の40.7%)にも達していました。」
しかもその内、398件(84.9%)が育鵬社への肯定的意見でした。
「保護者」「大阪市内」の集約結果からは、育鵬社の賛否に有意な差は見いだせないことから、「育鵬社7割肯定」とする市教委集約は、大阪市外のアンケートの影響が決定的であったことが明らかになりました。

さらには、アンケートの記載内容にも愕然としました。
大阪市外のアンケートには、同一人物が、同一文面で、市内各地の展示会場を回って投函していることが分かりました。
1人で4枚以上提出していると思われる事例が28件以上あり、その内1人で10枚以上提出しているケースが7件あった。
最大で24枚に提出している人物までいた。
特定の団体・個人による大量動員を思わせる結果でした。

フジ住宅での大阪市アンケートへの大量動員とアンケート集約結果は、驚くほど一致します。
フジ住宅と育鵬社、日本教育再生機が共同して行っていたことは間違いありません。

大阪市教委の責任は重大です。
アンケート内容を読めば、育鵬社の賛否を数値化することなどできないこと、これらは市民の意識を反映したものではなく、採択の資料としては何の意味ももたないこと、などは誰の目にも明らかです。
大阪市教委は、アンケート集約したときにその信憑性を疑うことが出来たはずである。 
しかし、大阪市教委はこれをわざざわ数値化し、採択会議の冒頭で報告したのです。

2月23日の大阪市会教育子ども委員会では、私たちが提出した真相究明を求める陳情書に基づいて、上記の新たな疑惑を取り上げてもらう予定です。
是非とも、教育子ども委員会の傍聴をお願いします。

◇日時 2月23日(火)13:00から(陳情書の審議時刻は未定)
◇場所 大阪市役所P1階傍聴受付
◇定員 10名。傍聴希望者は委員会開会予定時刻の30分前から先着順(ただし30分前の時点で希望者が定員を超えている場合は抽選)

 


2015.7.23 12:17 産経新聞

育鵬社の教科書採択 東京都教委、歴史と公民

 東京都教育委員会は23日、都立中高一貫校の10校で来春から4年間使う中学生向けの歴史と公民の教科書に、「日本教育再生機構」のメンバーらが執筆した育鵬社(東京)の教科書を採択した。都立特別支援学校の中学部(視覚障害を除く)22校で使う歴史と公民の教科書にも同社を選んだ。

 採択は中井敬三教育長と5人の教育委員の無記名投票で行われ、育鵬社が4票、その他の教科書が2票だった。採択に際しての意見陳述はなく、採択理由については「今後、委員の意見をとりまとめた上で公表する」としている。

 前回(平成23年)は中高一貫校の歴史と公民、特別支援学校の歴史は育鵬社、特別支援学校の公民は自由社(東京)だった。

 育鵬社は、多くの教科書が自虐的な歴史記述に満ちていると批判し、歴史・公民の教科書を発行してきた扶桑社の事業を継承。15日には栃木県大田原市教委が市立中9校の教科書に採択している。



よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月22日(月)のつぶやき その2 | トップ | 鳩山元首相が外務省にニセの「極... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やり方が汚い育鵬社関係者 (茶碗を洗う人)
2016-02-23 15:03:23
新聞社はいつも重大な問題をぼやかせて、些末なことに読者の目を誘導しますね。
フジ住宅の事件は、朝日新聞では、どちらかというと民族差別を煽る文書を社内で繰り返し配布された社員さんが精神的苦痛を受けて提訴したという部分に重点を置いていたように思います。その中で、この育鵬社の教科書採択運動、教育長への働きかけを社員にさせていたという記事でした。
その後、新聞ではこの事件は提訴に関することしか取り上げず、むしろ他社の不祥事をたびたび1面で取り上げるので、すごく嫌な感じがしていました。

大阪、東大阪でも育鵬社採択に関しては、どちらだったか忘れましたが、教育委員は他社版を推薦したのに、教育長の独断で育鵬社に決まったということです。
大阪市は従来は区域ごとに教科書採択がされていたのが、全市共通となってしまったというのも嫌な流れでした。
また、教育委員会制度が改悪され、識者や保護者など民間から選ばれた教育委員が互選で選ぶ「教育委員長」が廃止され、首長が任命する教育長がそれを兼ねることになり、教育委員会が完全に行政側に乗っ取られることになりました。

教育長の選任に当たっては、議会で首長の推薦する候補者が所信表明をして、適正な審査、採決を経て任命される建前にはなっていますが、自公勢力が強い自治体ではそんなもの機能するはずがありません。
今でも、教育長などの選任案件は定例会の最後の最後におまけのように提案され、よほどのことがない限り、議員からの質疑もなく同意の運びにされています。

教育委員会の会議にしても傍聴、議事録の公開はあることはありますが、人事案件については秘密事項で、傍聴人は追い出されます。教育委員会の議事録を積極的にホームページなどで公開しているところはまだ委員さんが開明的なところですが、人事案件は秘密会で非公開。
というわけで、教育長、教育委員までも首長が恣意的に秘密裡に選任でき、教育委員会は骨抜きにされてしまわないかと危惧します。

ある自治体では共産党議員さんが一般質問で参考人として、保護者から選任された教育委員さんに意見を聞くということをされたことがありましたが、自公お維会派が強いところでは、幾ら抵抗勢力が頑張っても、推してはかるべしです。

陳情書が採択され、この「事件」が徹底的に追及されることになればいいのですが。
薄気味悪い 育鵬社教科書 採択の動き (バードストライク)
2016-02-23 17:38:48
> 育鵬社だけは、少なくとも大阪府を含む1府4県にまたがる6市で、教育行政をつかさどる最高の地位にある教育長に教科書を閲覧させていたことがわかりました。

抜け駆け。

> 大阪市 教科書採択の参考アンケートの件

「フジ住宅」なる会社の会社員が、ひとりで複数枚のアンケート用紙お持ち帰り。他市在住なのに、大阪市の育鵬社教科書採択を熱烈推し。

まるでやっていること、ネトウヨ並み。(ネトウヨ、ひとりで20アカウントも持っているのがいるそう)
恥ずかしいと思わないのか。
なりふり構わぬ、とはこのことだ。

育鵬社の教科書は、先の侵略戦争を「アジアの解放運動」的に美化しているとして、以前から懸念されていた。
先月天皇がフィリピンに行った時、実は日本の侵略戦争に巻き込まれて、フィリピン国民も100万人以上が命を落としたと知って、愕然としました( ← 気づくの、遅い! すまない)。
フィリピンに行って、育鵬社の主張をもとに演説会やってみ。
ボッコボコにされるから。

本当に、気持ち悪い動きです。
yaturani, kinjite nashi (1jAP)
2016-02-23 17:44:00
 運用し、決める奴らに禁じ手ナシ。議論なんか奴らには何の意味もなし。当方は毎度”法のシバリがあるから”などと”まさかやらない”と言ってきた議会主義サヨクさんに口酸っぱく”そんな奴らはあもおないで”と添えて言って来ましたが、その類の皆様には暴力主義者とパージされてまいりました。徹底的に敵を調べ上げ、何をこいつから奪えば最も打撃を与えることが出来るか、何をこいつに与えれば無力化できるかを的確に行う連中に対峙する不屈の意志と確固たる信念が無い者、そして奴らに打撃を与えたりすることに楽しみを見出せない者は、早晩奴らの軍門に降ります。ファシズム全盛期の1930年代後半にボルシェビキ派は言うに及ばずアナキストたちまでもが転向していった歴史を暗部として放置せずシッカリ検証し、一層進化した奴らのやり口に対峙しなくてはなりません。もう10年以上前になりましたが、ウツボ公園野宿者テント村への行政代執行攻撃を職務として受け入れた大阪市の役人どもの”労組”執行部に”野宿者への戦争行為をやめよ”と要請したとき、”私らの立場を考えて。大阪市に攻撃されてるのに”などと言い訳をした書記やその場にいた執行部のあの聞くに耐えないワガママや敵対を思い出しては未だに怒りが冷めぬ状態です。現場でも獅子奮迅の働きをした役人どもは雇われた警備員を先兵として使い破壊と排除を楽しみながら率先してやっておりました。
 同じ事は、ガレキ焼却反対闘争時にも起こりました。”反対はもっともです。でもハシモトを我々は止められません。声はあげてください、でも今は出て行ってください!”などと言いながら”組合”の役人がガレキ説明会会場で警察とともに排除のために動いたことを当方は忘れません。排除側で動いたあいつら総ては”同じ労働者”などとは認めません。
 いずれにせよ、奴らの投書攻撃を甘く見てはいけません。奴らの恣意的な1通のアンケートや投書が10通やそこらの効力を発揮して役人どもが採用する事も忘れてはならないでしょう。多くの役人どもは、試験に通れば自民党議員どもの口利きで今の地位を得てる場合が多いので。
 政治屋に尻尾を振ることに忙しい、教材の内容になど時の統治機構をヨイショする内容を豊富に取り入れるだけで良いというような売ったら勝ちの商人など入れるべきではないのは、言うまでもありません。意向にそうようなプロパガンダをやるような風見鶏教材会社は、体制が変わればしたり顔でそれに沿うプロパガンダ教材を売り込むでしょうから。この辺は当方のようなゲスの出来損ないにも分かることです。
 そんなことまでして、国家主権やぞ、国家が消えたら自分らも死ぬなどと思い込ませたい連中には、どうやっても抵抗してやるぞという気概だけが湧いてきます。(微笑)
kanounakagiri ganbarimasyou. no pasaran!
正に下衆 (リベラ・メ(本物の))
2016-02-23 21:08:10
最近の流行り(?)じゃないけど、やり方考え方は正に下衆。既にこの教科書で“洗脳”されたうら若き人々が、どの位居るのかと思うと…。
やっぱりフジサンケイクオリティー (一国民)
2016-02-23 22:37:30
育鵬社は随分と右翼的な教科書を出版する変な会社だだと思ったら、フジサンケイグループの一翼を担う扶桑社の100%出資の子会社だそうでね。そうであれば、さもありなん、という構図です。

中国を含むアジア各国への日本の侵略を肯定的に教えることは、一国で各国へ被害を与えている以上、やっぱり問題だと思います。肯定的に教えるのは、あくまでも一方の言い分によるものであり、客観的事実を教える必要がある教科書には不適当だと思います。あくまでも客観的事実を教え、判断は児童、生徒自身でするのが教育の基本だと思います。

政治や歴史にフジサンケイが絡むと、ろくな事がない、という象徴的なニュースですね。
Unknown (京葉淳一)
2016-02-24 16:57:01
フジサンケイ以上に、朝日新聞が歴史や政治に絡むともっと碌なことにならないですよ。
一国民様も朝日新聞は碌なものじゃないと思いますよね。
つくる会は、結構昔から検定前の白表紙本を撒いていたんだよな。 (L)
2016-02-24 18:31:46
 もう何年たつんだろう、10年前後と思うけど、つくる会は、検定前の白表紙本を撒いていたんだよな。独禁法だか虎ノ門の決まりで禁止していたんだけど。告発もあったけど、うやむやにしたはず。
 例の三省堂の一件の時にはそれを思い出しました。ほかの会社も出てきたけど、つくる会教科書にそれをされちゃあ商売だものやらないわけには行かないよね。しかもお咎めなしだったんだから。
 で、つくる会は他社と違ってさらに教育長に食い込んでいたと。

 フジ住宅の件も日本会議経由で示し合わせていたんだろうね。

 採択に関わる国及びローカルのルールの変更もこのためにやっていると目されているし。

 有権者の多くが気にしなければまだまだ採択は増えるでしょうね。

 大学も税金を投入している以上、独立法人といえども自ら国に従うのは当然だと安倍自民政権は抜かしています。

 つくる会教科書でないと大学入試で点が取れない時代はもう目の前ですわ(呆)
 入試で通用しても海外では通用しないけど、国連での言動を見ると気にはしないでしょうね。これが国際化の内実(白目)。
Unknown (宇治金時)
2016-02-24 19:41:35
教科書選択については、日本の将来・子供達の将来を見据えもっと大局的に考えていくべきではないでしょうか。今までの教科書といえば主に戦後GHQ政策に則った日本悪者説から始まる自虐教育です。宮武様をはじめとするこちらの皆さんは、おそらく良く勉強する真面目な学生さんだったのではないでしょうか。真面目で純真な子供ほど先生のいう事を真直ぐに信じます。若い頃に教わった事はずっと心に残ります。日本人は悪い事をしてきたのだから私たちは深く反省し、謝罪し続けることが必要だと教わってきたかもしれません。けれど最近ではこれはおかしいと多くの人が気付き始めました。日本人がそこまで残酷だったのか、我々の祖父や曽祖父が、多くの女性や子供を虐殺したり強姦したり腹を切り裂いて胎児を引きずり出したり食べたりしたのかと。これは日本人の感性では考えられない行為です。学校では戦争について真実は教えない様プログラムされています(WGIP)。当記事の渡辺昇一氏などは理性的な学者であり、決して歴史を美化するでもなく冷静に判断されているのは著書を読んでもわかります。あと何年かかるかわかりませんが、一刻も早く子供たちが正しい日本の歴史を知り、誹謗中傷に貶められ続けてきたご先祖達の名誉が回復されることを願います。
Unknown (masaki)
2016-02-24 21:46:47
『新しい日本の歴史』っていうタイトルからして、勝手に日本の歴史を新しくしちゃったんだろうなあ、としか思えません。

『新しいみんなの公民』のみんなって・・・あなたたちだけにしといてね、と言いたくなります。
Unknown (宇治金時)
2016-02-24 23:54:27
masakiさん、当時大東亜戦争と呼ばれたものが、なぜ今は太平洋戦争と呼ばれるのか。それは戦後GHQがその呼び名を禁じたからです。つまり先の戦争は、アジア支配を目指す欧米諸国と、日本率いる東亜との戦いであった事を意味します。また、各国のしたたかな謀略の実情を知れば、日本が今までどれだけ翻弄されてきたかわかるでしょう。
Unknown (masaki)
2016-02-25 09:19:49
宇治金時さん
私の拙いコメントを読んでくださったのですね。ありがとうございます。いくつかのブログを読ませていただいていますが、色んなお考えがあることを知る機会となり、勉強になります。書いてくださったような視点についても改めて留意したいと思います。ありがとうございました。
Unknown (宇治金時)
2016-02-26 01:13:27
masakiさん、こちらこそ拙文お読みいただきましてありがとうございます。思想は違っても、真剣に意見を戦わせる事は良い事ですね。
笑止 (kei)
2016-02-26 19:02:07
>当記事の渡辺昇一氏などは理性的な学者であり、決して歴史を美化するでもなく冷静に判断されているのは著書を読んでもわかります。

「従軍慰安婦」問題は捏造であるということが国内では証明され尽くしている」
などとデマを言う似非学者が理性的とは到底言えないと思います。

「大東亜戦争」として美化することは出来ない (洲蛇亜林)
2016-02-26 23:48:54
戦争するには大義名分が必要で、これは国際的な立場を有利にするための対外的な宣伝という側面と自国国民に戦争するための理由付けをするための側面とがあると思います。
まあ、防衛戦争なら「祖国を守れ!」で言足りるところで、わざわざ大義名分を掲げるところに早純粋な防衛戦争とは言えないことを表していると思うのです。

そういう大義名分を掲げた戦争で思い起こされるのはイラク戦争とか古くはWw2でのナチスのソビエト侵略戦争ですが、「大東亜戦争」というのも内容は違えど大義名分を掲げているところは同じだと思うところです。

で、その「大東亜戦争」の実態としては大日本帝国は米国に太平洋戦線において戦力を損耗し敗退して行った事によって戦争全体に敗れたと言うことが言えるのではないかと思います。
その意味で、これを太平洋戦争と呼んだとしても不自然なことではなく、事実海軍側は戦争の呼称を「太平洋戦争」とせよと主張していたわけです。
GHQによる押し付けで「大東亜戦争」という呼称が廃れたというのは、ある種のイデオロギーの立場からのものではないかと思います。
Unknown (宇治金時)
2016-02-28 00:23:20
洲蛇亜林さん、大東亜戦争として美化するわけではありません。言いたかったのは歴史はそんなに単純なものではないという事です。先の戦争では何の理由もなくいきなり日本がパールハーバーを襲ったのでしょうか?(これは9.11も同様)そんなはずはありませんね。また欧米各国のアジア植民地政策とは、どのようにして、どのような順番でどのようなスケールで進められてきたのか、学校ではきちんと教えません。政治家もあまり歴史の勉強はしていないように見えます。日本国民、前途多難です。
Unknown (エネルギー名無し)
2016-02-28 01:14:02
 >つくる会は、結構昔から検定前の白表紙本を撒いていたんだよな

 それをネタの採択妨害運動をやった左巻きも同じ穴の貉だけど、葛藤は無かったの?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL