Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

沖縄を普天間基地移設で「犯す前にこれから犯すとは言わない」辺野古環境アセスについて沖縄防衛局長が暴言

2011年11月29日 | 沖縄差別の解消と基地問題


まさに、野田政権と防衛省の本性と本音が出たと言えるでしょう。

辺野古への普天間移設が沖縄を「犯す」=レイプするものだとは認識しているわけです。

 

防衛省沖縄防衛局の田中聡局長は、11月28日夜、那覇市で行った記者団との非公式の懇談会の席で、普天間基地の名護市辺野古への移設計画に伴う環境影響評価書の提出時期を一川防衛大臣が明確にしていないことについて、「犯す前にこれから犯すとは言わない」と発言しまし た。

懇談会の席で、記者団がアメリカ軍普天間基地の辺野古への移設計画に伴う環境影響評価書(アセスメント)の沖縄県への提出時期について、一川防衛大臣が年内に提出すると明言しないのはなぜかと質問しました。

これに対して、田中局長は下の記事のように「犯す前にこれから犯すとは言わな い」と説明したというのです。

 

来年普天間配備予定の未亡人製造機オスプレイの事故隠し発覚 辺野古への基地移設アセスメントは不可能だ


 

 

田中沖縄防衛局長の発言要旨

 防衛省の田中聡沖縄防衛局長が28日夜、記者団との非公式懇談で発言した要旨は次の通り。
 -防衛相は環境影響評価書を『年内に提出する』ではなく『年内提出の準備を進めている』とあいまいに言っているのはなぜか。
 (女性を)犯すときに、『これから犯しますよ』と言うか。
 -沖縄は66年前の戦争で軍がいたのに被害を受けた。
 400年前の薩摩藩の侵攻のときは、琉球に軍がいなかったから攻められた。『基地のない、平和な島』はあり得ない。沖縄が弱いからだ。
 政治家は分からないが、(防衛省の)審議官級の間では、来年夏までに米軍普天間飛行場の移設問題で具体的進展がなければ辺野古移設はやめる話になっている。普天間は、何もなかったかのようにそのまま残る。(時事通信 2011/11/29-13:13)

 

 

 

これはオフレコ発言と言うことでマスコミは報道を控えていたようですが、東京新聞によると地元琉球新報が11月29日の朝刊で報道してやっと全国紙が一斉に報道し始めています。

原発ゼロを明言した鉢呂前経産相を引きずり下ろす「死の街発言」「放射能つけちゃうぞ」発言では、オフレコでもおかまいなしで、あることないこと大報道だったのに、どうして、こういう大事な問題で今まで報道を控えるのか。

鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と言ったのは正しい

 

 

おことわり=沖縄防衛局長発言について

 防衛省の田中聡沖縄防衛局長の28日夜の発言については、時事通信社の記者も懇談会に出席していました。基地問題の背景を説明するのを趣旨としたオフレコ前提の非公式懇談だったため、記事にするのは見合わせましたが、29日朝、一部報道機関が報じたことから、オフレコの意味はなくなったと判断。発言内容を報じることにしました。 (時事通信 2011/11/29-13:12)

 

 

 

これを受けて、田中局長は急きょ防衛省に呼ばれ、29日午前、東京に向かったということです。田中局長は防衛省の地方協力企画課長などを経て、今年8月に沖縄防衛局長に着任しています。

一川防衛大臣から『きょう中に沖縄防衛局長から事実関係を調査し、判明した事実に基づいて、しかるべく対応する』と聞いているので、その状況を注視している」と述べました。


官僚のひどい暴言数あれど、女性蔑視以上に沖縄差別。これほど怒り心頭に発する発言もありません。

 

沖縄差別の象徴 普天間基地移設問題の解決方法は撤去・廃絶のみ

 

 

これは田中局長一個人の問題ではなく、防衛省、いや野田政権全体の問題です。みんな、こういう感覚なんですよ。


少なくとも、これで普天間基地の辺野古への移設問題は白紙撤回。

普天間基地は廃絶するしかありません。

国民の了解を得ずになんでも公約する野田政権こそ独裁だ 普天間、原発再稼働・輸出、消費税増税、TPP

 

追伸

琉球新報から報道の経緯について説明が出ました。

 

「知る権利」優先 本紙、オフレコ懇談報道

 
 米軍普天間飛行場の移設問題に関する田中聡沖縄防衛局長の県民を侮辱した問題発言は28日夜、那覇市内で開かれた報道陣との非公式の懇談会であった。関係者の発言内容について記録、報道しないことを前提とした「オフレコ」形式の懇談だったが、琉球新報は読者に伝える責任があると判断して報道に踏み切った。識者はオフレコの原則よりも「国民の知る権利が優先される」と指摘する。
 懇談会は各社負担する会費制で、県内外の9社の記者が参加した。午後8時ごろから始まった懇談は、テーブル中央に座った田中局長を記者が取り囲み、飲食を伴いながら、基地問題について意見を交わした。
 政府が年内提出を予定する環境影響評価(アセス)の評価書提出問題に話題が移った時、本紙記者が「政府はなぜ『年内提出する』と明言しないのか」と問いただした。すると、田中局長は女性を乱暴することに例えて「これから犯す前に『犯しますよ』と言いますか」と応じた。田中局長は、1995年の少女乱暴事件後に、「レンタカーを借りる金があれば女が買えた」と発言し更迭されたマッキー米太平洋軍司令官(当時)の発言を自ら話題にし、肯定する言いぶりもあった。
 公表を前提としないオフレコ内容を報道したことについて、沖縄防衛局報道室は「(懇談は)オフレコだ。発言は否定せざる得ない」とした上で、「(公表すれば)琉球新報を出入り禁止することになる」と警告してきた。
 専修大学の山田健太准教授(言論法)は「メディアはオフレコを守る信義則はあるが、国民の知る権利はそれに優先される」と指摘。「全ての取材は報道する目的で取材するのが原則だ。公人がメディアに対する時、その後ろにいる国民に対して説明責任を果たす認識が必要だ。公共・公益性があると判断した場合、メディアは報道する原則に戻るのが大前提となる」と話している。

 

 

 

これは許せないと思われた方は

よろしかったら上下ともクリックしてくださると大変嬉しいです!

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

人気ブログランキングへ 人気ブログランキング

 

 

 

 

 

田中聡沖縄防衛局長=共同
田中聡沖縄防衛局長=共同

 沖縄防衛局の田中聡局長が28日夜、報道機関との非公式の懇談会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先の環境影響評価(アセスメント)の評価書の提出時期を一川保夫防衛相が明言していないことについて、「犯す前に犯しますよと言いますか」と発言していたことが分かった。藤村修官房長官は29日午前の会見で「事実なら、看過できない」と指摘。防衛省は午後、田中局長を上京させ、事情を聴いた上で、更迭する方針を固めた。

 29日付朝刊で発言を報じた琉球新報や防衛省関係者によると、懇談会は防衛局側が呼びかけ、那覇市内の居酒屋で、地元報道機関など約10社が参加して開かれた。問題となった発言は、評価書の提出時期をめぐるやり取りの中で出たという。毎日新聞は懇談に参加していなかった。

 女性や沖縄県民を侮辱するともとれる内容で、沖縄側の反発は必至。防衛省の目指す評価書の年内提出が難しくなる可能性もあり、29日の記者会見などで閣僚や与党幹部から批判が相次いだ。

 一川氏は午前の会見で「事実であればしっかりと対応しないといけない」と更迭を示唆。玄葉光一郎外相は「事実だったら言語道断だ」と語った。

 衆院沖縄1区選出の下地幹郎・国民新党幹事長も29日午前の会見で「普天間返還が動いたのは(95年の)少女暴行事件だ。そういう普天間の歴史を考えても問題がある。簡単に許されるものではなく、更迭に値する」と強調した。

 田中局長は防衛省広報課長、地方協力企画課長などを経て、今年8月に就任していた。【朝日弘行、小山由宇】

 ◇市民団体「バカにするにも程がある」

 沖縄県の市民団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の桑江テル子幹事は「沖縄を、人をバカにするにも程がある」と憤慨した。「沖縄戦で犠牲になり、戦後は米国に差し出され、本土復帰後も基地はそのまま。沖縄は国に踏みつけられてきた。『犯す』という発言で、繰り返されようとしていることがはっきりした。これが国の姿勢なんだと思う」と語った。

 ◇県議会議長「県民感情逆なで」

 沖縄県議会の高嶺善伸議長は取材に対し「発言の事実関係や真意が分からないので、これから確認したい。しかし仮に発言が事実ならば、不用意で県民感情を逆なでするものだ。14日に可決した評価書の提出断念を求める県議会の意見書を軽視した発言とも受け止められる」と憤った。

毎日新聞 2011年11月29日 11時55分(最終更新 11月29日 13時33分)

 


 

女性を誹謗する発言…田中・沖縄防衛局長

問題発言した田中局長(8月26日)

 沖縄防衛局の田中聡局長(50)は28日夜、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に向けた環境影響評価書の県への提出時期を一川防衛相が明言していないことについて、女性を乱暴することに例え、「犯す前に『やらせろ』とは言わない」と発言した。

 ただ、「許可なしにやれば犯罪となる」とも語り、提出時期は沖縄の理解を得ながら判断する必要があるとの考えを示したものだが、女性の人権を侵害するとも受けとれる発言に、沖縄から反発の声が強まりそうだ。

 那覇市内で開かれた報道陣との非公式の懇親会で語った。政府は評価書を年内に提出する方針だが、一川防衛相が12日、沖縄県知事と会談後、記者団に対し、「無理に提出するものではない。沖縄の理解の下で進める」と時期を明らかにしなかった点について説明した。

 田中局長は29日の読売新聞の取材に対し、「女性を侮蔑するような考えはない。現段階では、懇親会の内容についてコメントできない」と語った。

 懇親会には、読売新聞を含め記者約10人が出席。報道を前提としない非公式の発言だった。

 田中局長は1984年、旧防衛施設庁入庁。那覇防衛施設局施設企画課長、大臣官房広報課長、地方協力企画課長などを経て、今年8月15日付で現職に就いた。

(2011年11月29日13時11分  読売新聞)

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪ダブル選挙 1ブロガーが反... | トップ | 世界の土壌の4分の1が劣化で食... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
罪を犯す (さなか)
2011-11-29 18:51:37
犯す=レイプとしかとらえられないほうがどうかしてるわ。
官僚のこの手の類の発言を聞く度に (安打製造屋)
2011-11-29 19:04:42
結局は官僚の本音なんでしょう…自国の利益の為でなく、米国に卑下隷属することから得られる自己利益の為に働くのだろう
同音異義語 (さなか)
2011-11-29 19:14:04
「(女性を)犯す前に犯しますよと言いますか」じゃなくて
「(領土を)侵す前に侵しますよと言いますか」じゃないのか?

少なくとも前半の(女性は)の部分は勝手な想像だろう。
つまりあなたは「おかす」=レイプだって思ってるわけだ。
続報 沖縄の気持ち (ray)
2011-11-29 22:38:40
沖縄不適切発言:「これが国の本音」地元に怒りとあきらめ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に向けた環境影響評価(アセスメント)評価書の提出時期を巡って、田中聡・沖縄防衛局長が性暴力に例える不適切な発言をした問題で、沖縄から激しい憤怒の声が噴き出している。過去にも政府高官らによって繰り返されてきた沖縄県民の神経を逆なでするような問題発言。「これが沖縄を差別する国の本音だ」。沖縄の人々には、怒りを通り越し、あきらめの表情すら浮かんだ。【阿部周一、福永方人】

 沖縄県の市民団体「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の桑江テル子幹事(73)=沖縄市=は「沖縄を、人をバカにするにも程がある」と憤慨した。「犯す」という言葉に桑江さんが真っ先に思い出したのは95年の米兵による少女暴行事件。「あのとき犯されたのは少女一人じゃなく、沖縄全体なんです。だから事件以来、米軍基地撤廃が県民の総意になった」

 桑江さんは「沖縄戦で犠牲になり、戦後は米国に差し出され、本土復帰後も基地や不平等な地位協定はそのまま。沖縄は何度も国に踏みつけられ、犯されてきた」と悔しそうに話した。「だから『犯す』という言葉はある意味、その通り。差別が繰り返されようとしていることがはっきりした。局長個人の資質の問題ではない。これが国の姿勢だと思う」と語った。

 「酒の席とはいえ、そういう発言が出ること自体、人間性が疑われる。腹立たしい」。那覇市のエッセイスト、内村千尋さん(66)はため息をついた。

 内村さんの父は基地拡張に反対運動を展開し、抵抗のシンボルだった故・瀬長亀次郎氏。内村さんは父の遺志を継ぐため昨年から全国で講演活動を始めた。「大臣が次々と沖縄に来るが、誰も沖縄の民意を理解しようとしない。普天間移設がなぜ必要なのか根本に立ち返ってほしい」と注文した。

 憤りの一方であきらめも。名護市辺野古で移設反対運動に加わる(渡具知とぐち)(智佳子ちかこ)さん(50)は「メア元在沖縄米総領事の『ゆすり名人』発言もあったから、またかという感じ。もちろん怒りは感じるが、『押しつけても、何かあげれば許してくれる』という沖縄蔑視がみんなにあるのは分かっている」と悲しそうに話した。普天間問題についても「強制的に作られた粗大ゴミ(米軍施設)の始末をお前たちでやれって、おかしいでしょう?」と訴えた。

 一方、沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事は29日、田中局長の発言について「沖縄の人間の尊厳を傷つけるというか、極めて遺憾としか言いようがない」と話した。

 また、普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対しているヘリ基地反対協の(安次富あしとみ)浩共同代表は「沖縄知事選、名護市長選を通して普天間の県内移設に反対する沖縄県民の民意は明らかなのに、政治家、官僚は押しつけようとする。女性蔑視、沖縄蔑視が本音として出た発言だ」と批判。政府の更迭方針にも「首をすげかえて年内に環境影響評価の評価書を提出する方針だろうが、そんなことは絶対させない」と強調した。

毎日新聞 2011年11月29日 21時50分(最終更新 11月29日 21時56分)
犯す、冒す.侵す (明日から)
2011-11-30 00:31:46
「おかす前にこれからおかすとは言わない」オフレコの席でのこれだけ短い言葉を取り上げた報道では何が悪いのか分からない.前のコメントにもあるようにどの「おかす」かも分からない.前に(女性を)と括弧付きで書いているものや「やらせろ」と書いてあるものもある.もしかすると本当は放送禁止用語で「××××する前に××××させろとは言わない」と言ったのか?それなら伏せ字付きでそう書いてほしい.とにかく本人は「犯す」とは言っていないと言っているらしい.マスコミの力と言葉狩りが恐ろしい.
日本武士の侍魂は、何処へ行ったのだろうか?ダラカンの典型、こうゆう官僚は、他の官庁にも沢山いて、サボっているのを見ると、税金泥棒と言うの他ないネ、イヤハヤ日本人の根性がないのにも呆れたヨ、酒に飲まれるな!! (天狗)
2011-11-30 01:26:05
 「これは、女性を犯す」日本語の口語的な発言の意味であって、決して「領土を侵略する」という、言い違いの過ちによる表現ではない。
 田中・沖縄防衛局長の真意を、口にしたのだから、自衛隊のレベルを示す、丁度、良い事例と言えるのではないだろうか?
 この程度の人物が、防衛局長の要職とは!嘆息、フー!
 自衛隊、防衛省の典型的な見本として、「なーるほど、ソウの程度ダッタノカ!」と、納得。
 本人の個人的な自尊心、日本を守る誇り、プライド、そして高官の身分などについて、自覚がゼロ!全く、情けないネ
 ”日本人の昔の武士、侍魂”は、一体、何処へ行ったのか?
Unknown (Unknown)
2011-11-30 01:34:14
 やはり、自衛隊をもう止めて、徴兵制の軍隊と、自主的参加の国民義勇軍を、大東亜戦争の戦時中のように、作らにゃあかんわいな!
 チャいますか?
卑劣な手段を捨てて、普天間県外移設に真剣に取り組め! (普通の日本人)
2011-11-30 07:17:10
文脈からして、「おかす」はレイプの意味以外にあり得ない。ここの書き込みで妙な弁護を試みる輩は沖縄を愚弄する田中と同類である。

しかし田中局長の発言を「不適切」と表現するのはおかしい。全く「適切」な発言である。防衛省が行おうとしている評価書の提出は、普天間基地の県外移設を望む沖縄県民の意志を無視し、辺野古案を無理矢理押しつけるレイプに等しい行為である。

この発言から、防衛省の感覚が見えてくる。あくまで民主的な手続を通じ、誠心誠意の説得で県外移設を要望する沖縄に対し、官僚政府はあの手この手の卑劣な手段を弄し辺野古案の押しつけを強行してきた。それがうまくいかない現状は、とくに防衛官僚のプライドを傷つけ、いつか沖縄をやっつけてやりたいという憤懣を蓄積させているのに違いない。それが今回のような暴言となって噴出するのだろう。

野蛮な軍隊には、レイプ=勝利という感覚があり、防衛官僚の中にもそのような感覚の持ち主がいて、内輪の愚痴の言い合いで「犯す」という言葉も使われているのだろうと想像できる。田中局長だけを責めてはいけない。省庁全体がこんな感覚だからあのような言葉が出るのではないだろうか。

普天間基地無き後も巨大な嘉手納基地が残る事実を無視し、野蛮極まりない薩摩侵攻を引き合いに出し幼稚な詭弁を弄する人物を局長として配置することからも、省庁のレベルが疑われる。
「犯す」にしても「侵す」にしても同じ (sakai miyo)
2011-11-30 19:51:48
「この『オカす』は領土侵犯の「侵す」でしょ?」というコメントに失笑です。

この発言の問題の本質は女性に対する侮辱ではありません。沖縄への負担を押し付けるていることに対して、良心の呵責を何ら持っていない点にあるのです。

「犯す」だろうが「侵す」だろうが、彼の発言の文脈からすれば同義なのです。
オフレコはダメよ (H.KAWAI)
2011-12-09 06:02:16
〇オフレコ会見だか懇談会だか分かりませんけど、もうそのオフレコっての止めましょうよ。
〇記者たちも記事にできないお話なんか聞いてどうすんですかね。
〇それと、相変わらずの言葉狩りにもうんざりしますね。マスコミがマスゴミなんて揶揄される所以ですよ。
〇最大の問題は日米安保と沖縄の基地化ってことでしょうに。
〇「おかす」が「犯す」かどうかなんておかしな話にしないで、もっとリアルに考えて欲しいって気もします。
〇要は、沖縄は米中対決の最前線だから、米軍は沖縄から出ていかないし、日本政府も米軍に出ていって欲しいとは思っていないし、沖縄の要求は実現しないんです。
〇また、仮に米中の力関係が逆転すれば、今度は沖縄は中国にとって米中対決の最前線になって、人民解放軍の前線基地になるでしょう。そのことは、沖縄のリーダーも理解していると思います。
〇そのオフレコの懇談会では、まさかこんなことは話されなかったでしょうが、記者に状況を理解してもらって、あんまり沖縄県民を焚き付けないで欲しいってことを言いたかったんでしょうかね。なのに、それがボンクラ局長の「暴言」で台無しになってしまったってのが真相じゃありませんか。あの局長、干されるんでしょうね。
感情論ではない (普通の日本人)
2011-12-24 10:38:57
「最前線」だとか、「沖縄の要求は実現しない」というのは、マスコミをはじめ、問題の本質に気づいていない多くの国民が陥りがちな誤解である。北朝鮮や中国本土に最も近いのは九州であり、また、長距離弾道ミサイルや衛星誘導兵器の時代に60年以上前の「地理的優位性」理論を適用するのもおかしな話である。普天間はさっさと本土へ移転するがよい。移設先には巨額の建設工事費や土地使用料、そしてその後の施設維持管理に要する巨額の予算が何十年にもわたって降り注ぐ。小さな沖縄本島ではどこに作っても迷惑施設だが、広い本土なら、迷惑にならない移設先はいくらでもある。防衛省と外務省がそうしたくないのは、簡単に言えば「なまけ」である。県内移設に固執し沖縄県民に不当な負担を押しつけてでも楽な仕事をしようとしている。それをごまかすために、米国政府高官のコメントの翻訳をわざとコワモテ風に訳した原稿をマスコミに渡したり、様々な姑息な策を弄していると思われる。また、このような掲示板に見られる辺野古案推進論なども、防衛省職員や自衛官が上司の命令で書いているのではないかと疑われる。そのあたりを割り引いて、注意して読むべきである。それから、今回を含め、米軍に絡む事件が起こる度に「県民感情」という言葉が出るのもごまかしである。感情論ではなく、論理的に見て、沖縄県民の人権や平等権が阻害されていることは明らかである。国はちゃんと仕事をして、さっさと本土に移設する案を出すべきである。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL