Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

日弁連選挙管理委員会が削除させた、日弁連会長候補と稲田自民党政調会長に関する当ブログの記事はこれだ!

2016年02月03日 | 法律家

 

 明後日2016年2月5日に向けて1月17日に書いたこのブログの記事

【悲報】日本弁護士連合会の執行部側××××候補が、稲田朋美自民党政調会長に何度も献金していた

(実名部分は伏字)

について、日弁連の選挙管理委員会が

「候補者以外の会員によるウェブ上での選挙活動に当たる」

として削除を求めてきたため、非公開にしていることはすでに書きました。

いつの間にか表現の自由を失っていた日本弁護士連合会!当ブログ記事の削除を要求。

 

 このように選挙管理委員会から削除を求められた弁護士ブログは他にもあって、これも有名な

街の弁護士日記 SINCE1992at名古屋

はこんな無残なことになっています。

2016年1月13日 (水)

日弁連次期会長 

404not_found_va1

お探しのページは、日弁連会長選挙規程に違反するとの指摘があり、削除することといたしました。

会長選挙規程 日本弁護士連合会

第五十八条  候補者及びその他の会員は、選挙運動として次に掲げる行為をし、又は会員以外の者にこれをさせてはならない。

四 第五十六条の二又は第五十六条の三の規定に違反してウェブサイト又は電子メールを利用する方法による選挙運動をすること。

56条の2に違反してはいけないとする、56条の2がどのようになっているかというと、

候補者は、ウェブサイトを利用する方法(公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第百四十二条の三第一項のウェブサイト等を利用する方法のうち、候補者以外の者による意見等の送信及び受信並びに表示ができないものをいう。以下同じ。)により、選挙運動をすることができる。

となっており、ウェブサイトを利用する方法による選挙運動の主体は、候補者に限られており、一般会員には開かれていない。

なお、公職選挙法は平成25年に法改正がなされ、選挙期間中のウェブサイトを利用した選挙運動は、広く一般市民が自由にできることとなっているので、念のため。
この自由化と同様に日弁連会長の選挙規則も自由化されたものと勝手に勘違いし、ろくに規程を検討していなかったのがことの顛末である

 

 

 このようなベテラン弁護士のブログだけではなく、このブログでもご紹介したことのある新進気鋭、南和行弁護士の

弁護士みなみかずゆきのブログ - ON AND ON -

も同様の被害に遭い、

【記事のタイトルに日弁連から削除要請ありました】

みたいなことになっています。

同性婚 私たち弁護士夫夫(ふうふ)です(祥伝社新書)
南和行 著
祥伝社

海外では同性婚を法律で認めている国が多数ある。にもかかわらず、日本では認められていない。 しかし、2015年3月31日、東京都渋谷区で、同性カップルにパートナーシップ証明書を発行する条例が成立した。この意義はきわめて大きい。 本書は、同性愛者である弁護士が、自身の同性婚や、弁護士として関わってきた同性愛者の葛藤(かっとう)と困難、そして法律が家族や婚姻をどう捉(とら)えているのかについて、述べた。加えて、憲法24条と同性婚について論じる。 同性愛だけでなく、多様な性を当たり前に感じる社会であってこそ、すべての人が自分らしく生きられるのだ。

同性婚は憲法上保障されるとした米連邦最高裁の判決文が美しい。



 これはやはり表現の自由に対する重大な問題だと考え、このブログでは様々に抵抗してきたわけですが、この際、選挙運動・選挙違反にならない範囲に修正して、いったいどんな記事が削除要求を受けたのか、未読のままの方もいらっしゃろうかと思いますので、ご紹介したいと思います。

題して、

【悲報】日本弁護士連合会の執行部側××××候補が、稲田朋美自民党政調会長に何度も献金していた


『弁護士でない方にはあまりご存じない方が多いと思いますが、弁護士は日本弁護士連合会と各地の単位弁護士会に所属していないと弁護士資格が得られません。 

 そこで、弁護士には強い自治権と同時に大きな責任が負わされています。また、日弁連の会長は裁判所・検察庁と伍して司法を担う重要な役割を果たします。

 その日弁連の2年に1度の会長選挙が2月5日に迫ってきました。

 わたくし、実力もないのにどうも名前だけ業界で知られているようで、今の日弁連会長の執行部派村越進さんの推薦にも頼まれてなりましたし、反執行部派なのに当選して有名な宇都宮健児さんが当選したときには、選挙対策本部に入って選挙活動までしました。

 そんなわけで、私は無派閥なもんですから(弁護士会の派閥って自民党よりすごい)、主流派=執行部派、反主流派=反執行部派を問わず応援してきたのですが、今回、主流派・執行部派から出ている△△弁護士会の××××弁護士についてとんでもない事実がわかりました。

 あの、極右の稲田朋美自民党政調会長が代表を務める政治団体「ともみ会」に、平成25年・26年の2年間にわたり、政治献金をしているというのです。

 

これは平成26年分。

これは平成25年分。

(編注 ここで会長候補の名前入りの、「ともみ会」の収支報告書を添付)

 

 

 こんな多額の献金、お付き合いですみませんよ。

 まあ、執行部派の選挙活動は1億円!も選挙活動にお金がかかるという話を、執行部派の人から聞きましたからその一環なのかもしれません。下の朝日新聞に××氏と対抗馬の〇〇〇〇氏のサイトがリンクされているのですが、××氏のサイトは業者にお金を出して作ってもらっていることが露骨にわかります(笑)。

 それにしても、なぜ、よりによってなぜ献金を出す相手弁護士が稲田政調会長なのか。

 稲田氏については、わたくし、散々書いてきました。稲田氏の名前が表題に入っているだけでこれだけあります。

訪米中の稲田朋美氏にアーミテージ氏が「安保法制の成立に対する強いサポートに感謝する」の本末転倒。

総理を目指す稲田政調会長「安保法制 違憲かどうか議論を続けても無意味」発言は憲法尊重擁護義務に反する

安倍自民党政権がヘイトスピーチ社会を作っている。安倍・麻生・伊吹・下村・高市・新藤・稲田・萩生田。

川崎中1殺害事件 稲田朋美政調会長「少年法改正を検討する」 こんな時、私たち大人は冷静になりましょうよ

アベノリスク3 安倍政権は女性の輝きを奪う 麻生太郎 高市早苗 山谷えり子 稲田朋子 下村博文等閣僚妄言録

安倍自民党影の内閣に極右の稲田朋美法務大臣、ヤンキー先生義家弘介文部科学大臣とは野田内閣より劣化確定

稲田政調会長は、2015年8月の安倍総理の戦後70年談話についても、侵略という言葉を使うべきではない、お詫びはするべきではないと最後まで言っていた。


ニート問題について「真のエリートの条件は、いざというときに祖国のために命をささげる覚悟があること。そういう真のエリートを育てる教育をしなければならない。若者に農業に就かせる『徴農』を実施すれば、ニート問題は解決する。」

 

 

 稲田氏の右翼発言を上げだしたらきりがないのですが、「南京事件百人切り事件」「沖縄県集団自決権命令事件」では原告側代理人弁護士をやって全面敗訴。その他、

「東京裁判は国際法に違反している」

「首相の靖国参拝を阻止しようとする忘恩の輩に道徳・教育等を語る資格はない」

「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」

「慰安婦は当時は合法であった。強制性はなかった」

男女共同参画社会について「おいおい気は確かなの?と問いたくなる」「女性の割合を上げるために能力が劣っていても登用するなどというのはクレージー以外の何ものでもない」

とまあ、ちょっと調べただけでもこれだけ出てくるウルトラ右翼です。 

 

 しかも、ネオナチ団体の代表とツーショットの写真が全世界に配信されました。

 この団体は、「国家社会主義日本労働者党」(NSJAP)。公式サイトの記述によると、1982年に発足した。ナチ党と同様、国家社会主義思想や反ユダヤ主義を掲げ、ホロコーストの否定や外国人労働者の排斥などを訴えています。

 日弁連の会長って何万人もの中から選りすぐって候補になるんですよ。

 そもそも、どうしてこんな人が会長に立候補できたのかが不思議でなりません。

 NHKに安倍さんのお友達の籾井会長が就任したようなものでしょうか。

 全く世も末です。

問題の写真は、2011年6月から7月にかけて、ネオナチの国家社会主義日本労働者党(NSJAP)の山田一成代表が議員会館に行った際に撮影されたもの。

稲田朋美大臣(上左 当時)、西田昌司副幹事長(真ん中 当時)、高市早苗政調会長(下左 当時)の3人とのツーショット写真がNSJAPの公式サイトに掲載されていた。

国際的にも波紋が広がっており、イギリス紙「ガーディアン」は9月9日、「「ネオナチ写真が安倍首相のために頭痛を引き起こす」という記事の中で、「これらの政治家が山田のネオナチ思想を共有しているという証拠はないが、安倍政権の右傾化がますます進んでいるという非難を加速させた」と報じている。

百人斬り裁判から南京へ (文春新書)
稲田 朋美  (著)
文藝春秋

【中国人「百人斬り」という捏造記事によって、戦後、二人の将校が処刑された。南京陥落から七〇年、遺族が名誉回復を訴えた裁判は新聞の無責任さや司法の不可解さに直面した。】から負けたそうです。

 

私は日本を守りたい
稲田 朋美  (著)
PHP研究所

「政局のためでなく、選挙のためでもなく、この国をよくするために、私は闘います」だそうです。櫻井よしこ氏との対談「私たちは日本を守りたい」収録。



主流派・執行部派にはこんな候補しかいなかったんでしょうかねえ。

こんな献金をする人が今のところ優勢で日弁連会長になるだなんて、弁護士会も落ちたものです。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!』

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



引用終わり。

という記事なんですが、いかがでしょうか?

××候補本人よりも、その人が献金した稲田朋美政調会長を批判した記事で、そんな稲田氏に献金する気が知れないという趣旨のことを書いたんですが、これでも対立候補の〇〇候補を応援する選挙運動になるというんですね。

いったい、日弁連の選挙管理委員会は人権擁護という弁護士会の使命をどう考えているのか。それとも選挙の公正の名のもとに、執行部派の弁護士を応援しているのか。

いろいろと弁護士業界の闇がわかる、深い出来事でした。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!』

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

ジャンル:
職場
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甘利氏は東電事故隠し・福島... | トップ | SMAP→ベッキー→清原。。。っ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沸点の低い人は、、、 (K)
2016-02-03 17:40:20
熱しにくく、冷めにくい(笑)

それにしても、ほかの弁護士の方も被害にあっていたとは・・・
日弁連はどうしちゃったんだろ?
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-03 21:24:29
 ネオ・ナチスって、日本人なのに、依りに依って、ドイツのナチスに、どういう因果で共鳴し、どういう経路で、鍵十字等まで受け継いだのでしょうか。

 そもそも、ドイツのナチスについて理解しているのでしょうか。 人種差別主義に基づいてアーリア人と云う架空の人種(白人)を至高とした連中ですよ。 

 顔の黄色いのが何を狂ったのでしょうか。 

 本気でしょうか。

 本題とずれますが、マニアならたくさんいますよ。 欧米でも、日本でも、ナチのマニアはいます。 

 制服フェチが多いですね。 黒制服で、髑髏の徽章を制帽や制服に着けたナチ親衛隊マニアや、青灰色の制服の武装親衛隊マニア、海軍制服や空軍制服マニアもいますが、陸軍制服が基本ですね。 

 マニアは、高価な制服を着て、パーテイーもしているようですね。 

 欧米では、歴史的戦闘の再現等をしている場合が多いですし、映画にも出て居るのですが、日本では、サバルゲーム等でもドイツ兵に扮している人もいるようです。 その場合には、高価な制服等は、着用はしないでしょうがね。

 昔、その種のお店で遭遇したのですが、二人連れの若い女性が、ナチス親衛隊制服で固めていました。 革の長靴を履いて。 全部が別注だったそうです。 格好良かったですが、私とは趣味が違いますから。 

 私ですか? 私は、英軍マニアです。 以前、英軍機関紙を定期購読して、英軍放送を聞いていました。 勉強している英語も、英国英語です。
「士業」の衰退と、売り渡した人 (バードストライク)
2016-02-04 01:26:22
事務局から警告を受けた三者、三様の対応ですね。
岩月弁護士は削除 + 説明。
管理人様は候補者の名前を伏字に。
みなみかずゆき弁護士は、一本線で削除の意を表明。

って、削除になってないじゃん!
あれで大丈夫なのだろうか。おかげで内実をだいぶん理解できた。

日弁連は組織を残すためなのか、「執行部」の既得権益を守りたいからなのか、随分昔から弁護士の権利の切り売り(?)を行って、弱体化していたようですね。

では、「執行部」とは誰なのだろう?
大手法律事務所を指すのか。◯◯グループ、のような派閥か。政治家みたいに、代々弁護士の世襲家系とかあるわけ? そういう人たちが、委員長などのポストを回しあって、自分たちさえ良ければあとは知らん的な、独善的運営を行っているのだろうか。自民党みたいに。

弁護士に限らず、あらゆる「士業(師業)」が弱体化、貧困化している気がする。試験が難しいことではトップの弁護士ですら開業・経営が厳しいのだから、他の「士(師)」は推して知るべし。独立開業権があっても独立できないか、開業即廃業か。独立開業権のない「士(師)」に至っては、無資格者に取って代わられる勢いで、資格取得自体、無意味になりかねない。
開業をさせず勤め人にして、経営に回った一握りの者たちに、資本と権力の集中をさせようとしているのか。

植民政策は、支配者と被支配者だけでは成り立たない。必ず被支配者の中から協力者が現れ、支配者の片腕になることで動き出す。
日弁連も、例外ではなかったということかな。でも残念なだけでなく、日本の民主主義にとって危機的なことだ。


なお、みなみかずゆき弁護士のブログはなかなか面白いです。次々と10個ぐらい開けて読みました。パートナーのパンダ吉田さんという方と、法律事務所を一緒に経営していらっしゃるのですね。ブログ中、吉田さんの写真が載っている割合が高いです(笑)。ラブラブ。

休みの日、二度寝して床の中で語り合ううち、相手を残して自分が先に死ぬと、相手に寂しい思いをさせるから、自分が後に残りたいとそれぞれが思っていたと判明した、なんてくだりを読んで、深い思いやりとエロティシズムを感じ、羨望で目に汗が溜まりました。

いいなあ!

ホモセクシャルは、パートナー探しが大変な分、巡り合った相手を大切にするのかもしれない。
ヘテロだと、対象人数は多いが、結局適当なところで妥協するか、選択に満足せず、永遠の「愛の狩人」化するか・・・
継続していても、愛情が薄れて粗雑に扱いがちだな。

くやしいけど、お二人の末長いお幸せをお祈りいたします。
プン!
みなみかずゆき弁護士のブログから (バードストライク)
2016-02-04 23:53:07
表題とは離れてしまうが(← いつものことだ )、今日もいくつか読んで楽しんだ、みなみ氏のブログから。

「卵子提供」「代理母出産」ビジネスを展開しようとしているあの有名大美人レズビアンカップル、東小雪さんと増原裕子さんについて。以下ーー

このビジネスのターゲットはゲイカップルだが、将来二人が破綻した時、片一方はその子と赤の他人で、でも子供の奪い合いになったら、親権をどうするか。代理母匿名のまま、外国生まれの子供を日本に連れてくることに法律上問題が生じたら・・・?

そういった様々な疑問点に全く答えることなく,インターネットなどでの批判や問題提起に対して,「妄想だけでネガティブ」「バッシング」として,真正面から向き合わない東小雪さんの姿勢には,ますますもって不安と心配が募る。

将来,このビジネスが実現していく中で,生じる現実の問題について,どこかで責任を負わなければならない可能性だってある。それについて彼女らは準備をじゅうぶんにしているのだろうか。
「二人で親になれると聞いた!」「代理出産でゲイでも幸せに親になれると聞いた!」と,顧客に詰め寄られたときに,自分たちはビジネスの牽引者として責任を取れるのだろうか。

ーー以上(抜粋と省略)。

代理母など生殖ビジネスには、ちょっと嫌悪感を持っています。生まれてくる子の人権は置き去りな気がする。そして、差別されてきた立場の人が、得てして他者の人権については鈍いこともままあるのが、不信感を募らせる。

例。
◯ 同性愛者として差別されてきた、我々の人権を認めろ! → 生殖ビジネスで生まれてくる子のことは、どうなの?
◯ 同和地区のわしらを差別するな! →
女性に対しセクハラ満載の本を平気で出版。著者も出版社もそのことに気付かない鈍さ。

みなみ氏の場合、増原・東カップルから対談を申し込まれたが、みなみ氏のパートナーが、東氏に批判的なツイートをリツイートしたことを知るや激怒し、一方的に取りやめを申し入れてきたとか。あのビアンカップルについて失望する話だなあ。


しかし、みなみ氏も悪ノリするタイプではある。こんなどアップ写真を3枚も、いや、ニギッているのを含めれば4枚も載せるって、どんな意図よ・・・?
http://s.ameblo.jp/minamikazuyuki/entry-12113211166.html
これから (からしだね)
2016-02-09 11:33:36
土曜日のニュースで、中本弁護士が日弁連の会長に当選されたことを知りました。その後、澤藤先生のブログで投票の内訳などを教えていただきましたが、投票率が50%以下なのですね。意外と低い印象です。国政選挙の投票率が低すぎるという前に、弁護士の先生方にもっとご自分たちの集まりに関心を持っていただきたく思いました。

ニュースで新しい会長さんは「改正の動きが、どのような意味を持つのか国民に情報提供し、人権侵害につながるような案には反対しなければならない」とは言っておられましたが、何となく歯切れの悪い印象を受けたのは考えすぎでしょうか。

この件、外部の人間が無責任に煽るようなことは書けないと思ってコメントを控えていたのですが、弁護士さんはやはり理想を持って活動していただきたいです。この会長さんが当選されておかしなことにならないか注視していきたいと思いますし、今回の宮武さんの抗議活動を支持します(証文の出し遅れみたいですみません)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
自民党(=日本会議)の「悪意」に気付く人々 (星にも老いと死があるからといって)
今回の都議選で自民党は獲得議席が23と、歴史的な惨敗を喫した。 しかし、安倍総理の責任論には発展せず、当の総理は、あいもかわらず憲法改正案の提出に意欲を示している。 ......