Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍総理が南カリフォルニア大学で政治学、麻生副総理がスタンフォードって、ホラッチョ内閣かよ(笑)

2016年03月20日 | 安倍自民党の危険性

 

 ホラッチョというのは、テンプル大やハーバードに行っていたはずが日本の高卒だったなど、学歴・職歴詐称で今話題のショーン・Kこと川上なんとかさんの熊本時代のあだ名だそうなんですが。

shonkawakami7

人は見た目が9割(笑)。ショーン・Kなる人がこってこての日本人だった件(爆)。

 

 ちょっと背伸びしたい、実際より良く見せたいというのは多かれ少なかれ誰にでもあることでしょうが、精一杯自分を大きく見せて選挙で勝たなければならない政治家には「学歴・職歴の水増し」=誇大広告がつきもののようです。

 高市早苗総務相が、公平でない放送をしたらテレビ局の電話を停止する可能性があると発言したのに対して、硬骨のテレビジャーナリストたちが抗議の記者会見をした「私たちは怒っています」。

「私たちは怒っています」。テレビジャーナリスト6人の「高市発言」に対する抗議記者会見全文と動画。

 

 

 その記者会見の質疑応答の最後の最後で、鳥越俊太郎さんが、名誉毀損で訴えられてもいいと言って、高市大臣の「背伸び」を告発しています。

 高市氏はアメリカの下院議員でパトリシア・シュローダーという、リベラルでフェミニズム運動やっていた有名な議員の下で「議会立法調査官」、英語でいうとコングレッショナルフェローをやっていたという触れ込みで日本に帰ってきたんだそうです。

 そして、『朝まで生テレビ!』で売り出した。

 この議会立法調査官というのは、高市氏が勝手に訳して作っちゃった造語。

 コングレッショナル・フェローといえばもちろん議員と契約を交わして給与をもらってやる仕事なのですが、高市氏はなんと見習い待遇で無給で未契約。つまりコピー取り、お茶くみ程度の役でしかなかったのにコングレッショナル・フェローだったと言っちゃったんだそうです。

 まあ、そんなひとに、公平だの公正だのという話をする資格がないってわけですね。

 

 でも、いわば高市総務相のボスである安倍総理と麻生副総理の学歴詐称を見ると、まあ政治家一般がそういうものだというべきか、安倍政権が特にそうだというべきか、ショーンびっくりのひどさです。

 まず、安倍首相はかつては公式ホームページに

1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学」

1979年「株式会社神戸製鋼所入社」

と書いていたんだそうです。

 

 しかし、10年以上前に週刊ポストにホラッチョだとすっぱ抜かれて、今ではこの南カリフォルニア大学政治学科がすっぽり抜けているんだそうな。

 大学側の回答は

「シンゾウ・アベは78年の春期、夏期、秋期のみ在籍しています。その間は本学の正規の学生であるが、専攻はまだありませんでした。取得したコース(講座)は全部で6、そのうち3つは“外国人のための英語”です、政治学は入っていません。1コースは4単位ですから取得単位は24。卒業できる数字ではありません」

 つまり、安倍首相は南カリフォルニア大学には「1年間」しか留学しておらず、しかも政治学科どころか、そもそも政治学系の科目すら1科目も履修していなかったというわけです。政治家に向いてないんじゃないか(笑)。

 

 次は、麻生太郎副総理です。南カリフォルニア大学も名門だそうですが、麻生さんはもっと大きく出ました。かつては

・昭和38年「学習院大学政経学部を卒業後、スタンフォード大学大学院(昭和38年~昭和40年)に留学」

・昭和40年「ロンドン大学政治経済学院(昭和40年~昭和41年)に留学。

・帰国後に家業の麻生産業(現麻生セメント)に入社

と記載していたのですが、2007年以降の公式ホームページでは、スタンフォード大学とロンドン大学という海外留学の経験が一切削除されているんだそうです。

 盛ったなあ(爆)。

 スタンフォード大学やロンドン大学に行く暇があったら、日本語学校に通うか、漢字検定を受けた方が良かったよね。

 もう、こういう連中のことを真面目に議論するのが嫌になりますな。

 

 ただ、ショーン・K氏の場合は経歴詐称それのみなら犯罪になりませんが、政治家の場合には、公職選挙法違反になります。

 違法行為も違法行為、立派な犯罪です。

 なんだか、改めて国会で問いただすことが恥ずかしいくらいですから、マスコミが川上さんの報道の10分の1くらい安倍・麻生ホラッチョーズのことを取り上げたらいかがでしょうか。

 

 

安倍総理は東大法学部で金時計とをった(一番で卒業した)という噂の岸信介元首相、麻生副総理も同じく東大出の吉田茂名宰相の孫だということでプレッシャーがあるんでしょう。

そこが気の毒と言えば気の毒ですが、等身大の自分で生きられない、小さな人たちのエゴと劣等感からくる政治に振り回されるのはもうこりごりです。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

日刊SPA

ショーンKは氷山の一角…安倍晋三、麻生太郎ら海外留学を誇張する「学歴の水増し」は常態化していた!?

 経営コンサルタントでDJのショーン・マクアドール川上氏に経歴詐称の疑惑があると『週刊文春』(16日発売)が報じたことにより、川上氏は今月15日に公式サイトの英文プロフィールに記載した学歴に詐称があったことを認め、現在自身が出演する『報道ステーション』や『とくダネ!』などのレギュラー番組の降板を発表。さらに4月にフジテレビでスタート予定だった新番組『ユアタイム~あなたの時間~』のキャスター抜擢も辞退することになった。

ショーンK 

今回の騒動で、「テンプル大学で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得」と記載されたショーンK氏の経歴がデタラメであることが判明したことにより、“消えた”経歴詐称疑惑にも注目が集まっている。特に海外留学体験をさも“学歴”のように表示する疑惑が現政権のトップにも存在していたことから、今回の騒動が氷山の一角であることがわかる。

「南カリフォルニア大学」の記載が削除された安倍晋三首相


⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076955

 まずは日本のリーダーである安倍晋三首相だ。かつての公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」と記載されていたが、現在の公式ホームページには、1977年「成蹊大学法学部政治学科卒業」から1979年「株式会社神戸製鋼所入社」となっており、南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学という海外での経験が一切削除されている。

 2004年2月の『週刊ポスト』の報道によると、安倍氏がUSCの政治学科に在籍したことはなく、78年の春期、夏期、秋期にのみ在籍し、取得した6コースのうち、3つは外国人のための英語コースであり、そこには政治学は含まれていない。しかも安倍氏は、2年間留学といいながら、実際には1年間にも満たないことが判明。そして、安倍事務所は「南カリフォルニア大には78年1月から79年3月まで在籍しています。政治学は履修したが、途中でドロップアウトしたため、記録が残っていないだけで、留学の実態はあったと考えています」と答えている。

 その疑惑に対して、当時の民主党・菅代表は記者会見で「取材やホームページでの安倍氏の発言がくるくる変わっている」と指摘し、民主党として事実関係の調査をしていることを明らかに。その過程で記載は削除されたという。

「スタンフォード大学とロンドン大学」が削除された麻生太郎副総理


⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076958

 続いては、麻生太郎副総理だ。2004年時点での公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部を卒業後、スタンフォード大学大学院(昭和38年~昭和40年)に留学」から昭和40年「ロンドン大学政治経済学院(昭和40年~昭和41年)に留学。帰国後に家業の麻生産業(現麻生セメント)に入社」と記載されていたが、2007年以降の公式ホームページでは、昭和38年「学習院大学政経学部卒業」から昭和41年「麻生産業株式会社入社」となっており、スタンフォード大学とロンドン大学という海外留学の経験が一切削除されている。

 多くの人は、こうした南カリフォルニア大学、スタンフォード大学、ロンドン大学といった海外の大学について詳しくないため、何となく凄いのだろうと圧倒されてしまう。そして、プライバシー保護の時代に、学歴の真偽を確かめることも難しい。

 安倍晋三と麻生太郎に共通するのは、祖父がともに東京帝国大学(現・東京大学)を卒業した内閣総理大臣の「エリート家系」であるということだ。言わずもがな、安倍晋三の祖父は岸信介であり、麻生太郎の祖父は吉田茂である。彼らが自身にコンプレックスを抱いていたのかどうかはわからないが、少なくとも周囲からの期待は凄まじく、プロフィールを“盛る”必要があったのかもしれない。

 しかし、政治家が選挙広報で「学歴詐称」することは以下のように公職選挙法違反とされており、1996年に衆院選に立候補したサッチーこと野村沙知代は、虚偽の経歴を公表した「詐称容疑」で東京地方検察庁に告発されている。

===============
●公職選挙法 第二百三十五条(虚偽事項の公表罪)
当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。
===============

「学歴」という肩書きは、最も簡単に人から信頼と安心を得られるものである。「学歴重視」「欧米コンプレックス」の日本だからこそ、こうした学歴・経歴を水増しする行為が起こる空気が蔓延しているのだろう。

<取材・文/北村篤裕>
 
 

学歴詐称はショーンKだけじゃない! 安倍首相も「南カリフォルニア大学政治学科留学」を詐称しこっそり削除

【この記事のキーワード】
2016.03.18
 
abe_K_160318_top.jpg
上・安倍晋三公式サイトより/下・ショーンK公式モバイルサイトより


 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)3月24日号がスクープした、経営コンサルタントの“ショーンK”ことショーンマクアードル川上氏の経歴詐称問題が大きな話題になっている。

 ショーン氏は決定していたフジテレビの新番組『ユアタイム』のキャスターや『報道ステーション』(テレビ朝日)や『とくダネ』(フジテレビ)のコメンテーターを即座に降板したが、それも当然だろう。

 ショーン氏はこれまで、公式ホームページやメディアの取材に対し、テンプル大学とパリ第一大学で学んだあと、名門ハーバードのビジネススクールでMBA(経営学修士号)を取得したなどとしてきた。ところが、「週刊文春」でショーン氏自身が告白したところによれば、テンプル大学は在籍しただけで卒業しておらず、パリ第一大学はオープンキャンパスで聴講しただけで留学の事実はない。しかも、ハーバードのビジネススクールに関してはMBAはおろか、「まったくの外部の人間」としてわずか3日間のコースを一度経験しただけだという。

 ショーン氏はどうも海外留学歴の確認しづらさを利用して嘘のプロフィールをでっちあげ、“経営コンサルタント”として名前を売ってのしあがってきたらしい。いくらなんでも、こんな人物がニュース番組のコメンテーターやキャスターをやれるはずはないだろう。

 しかし、実は、政界にはこのショーン氏と同様の学歴詐称をしながら、今も権力の座に居座る厚顔の人物がいる。ほかでもない、安倍晋三首相だ。安倍首相もまた、嘘の海外留学歴を公言し、自らの箔付けを行っていたことがあるのだ。

 この事実が発覚したのは、安倍氏が自民党幹事長時代の2004年。当時、安倍氏は自らの経歴をこう称していた。

〈1977(昭52年)3月 成蹊大学法学部政治学科卒業、引き続いて南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学〉
  
 事務所のホームページ、後援会向けに作成したプロフィールはもちろん、新聞や雑誌インタビュー記事などでも同様の記述がされていた。

 南カリフォルニア大学は、1880年設立と、アメリカ西海岸の私立大学では最古を誇る名門校。成蹊大学卒という学歴にコンプレックスをもっていた安倍氏は、この留学歴を前面に出し、箔付けにおおいに利用していたというわけだ。

 ところが、この〈南カリフォルニア大学政治学科に2年間留学〉というのは明らかな水増し、虚偽の学歴だったのだ。

「週刊ポスト」(小学館)04年2月13日号が、当時、南カリフォルニア大に確認、広報担当者からこんな回答が得られたことを記事にしている。

「シンゾウ・アベは78年の春期、夏期、秋期のみ在籍しています。その間は本学の正規の学生であるが、専攻はまだありませんでした。取得したコース(講座)は全部で6、そのうち3つは“外国人のための英語”です、政治学は入っていません。1コースは4単位ですから取得単位は24。卒業できる数字ではありません」

 ようするに、安倍氏は南カリフォルニア大学には「1年間」しか留学しておらず、「政治学科」どころか、そもそも政治学系の科目すら1科目も履修していなかった。これに対し安倍事務所は、以下のように反論している。

「南カリフォルニア大には78年1月から79年3月まで在籍しています。政治学は履修しましたが、途中でドロップアウトしたため、記録は残っていないだけで、留学の実態はあったと考えています」(「週刊ポスト」より)

 政治学の科目を履修したが、「落第」しただけだと言い張っているのだが、こんな弁解が通用するはずはない。しかも、安倍氏の学歴詐称疑惑はこれで終わらなかった。

 前述の「週刊ポスト」の記事が出た後、「週刊現代」(講談社)が同年2月21日号で後追い報道をしている。「現代」が問題にしたのは、母・洋子氏が毎日新聞1994年8月7日付朝刊のインタビュー著書『わたしの安倍晋太郎』(ネスコ、1992年)で、次男の晋三が成蹊大卒業後、「カリフォルニア州立大学と南カリフォルニア大学に一年ずつ留学して政治学を学びました」としたことだった。

 本人や事務所と母親の間で、学歴の認識に差があるというのも驚きだが、「週刊現代」の記事によれば、安倍氏がカリフォルニア州立大学で政治学を専攻した事実はなく、大学付属の英語学校に通っていたにすぎないという。そして、南カリフォルニア大学に関しては、「現代」の取材でも、78年年春から同年秋までの在籍しか確認できなかった。

 いずれにしても、安倍氏の海外留学というのは、よくある語学留学に毛の生えた程度のものすぎなかった。しかも、「留学」した安倍氏がホームシックにかかり、東京の実家に月10万円にもなるコレクトコールをかけまくっていたというエピソードや、現在も安倍首相が「英語は苦手」と公言していることからもうかがえるように、安倍氏は結局、その語学すら習得できずに帰国したのである。

 それを、政治学を学んだと公言し、まるで学士を取得したようにプロフィールに書き込むというのは、明らかな学歴詐称。安倍氏は政治家であることを考えると、非常に悪質な詐称といっていいだろう。

 しかも、この詐称は、安倍氏側も明らかに自覚していた。週刊誌の取材には「留学の実態はあった」と強がっていた安倍氏だが、報道に前後して、安倍氏のホームページ上のプロフィールからこっそりと留学部分の「2年間」という部分が消え、2016年現在では「米大学への留学」自体の記述まで姿を消している。

 もっとも、この安倍氏の疑惑はなぜか大きな問題にならなかった。安倍首相の疑惑が報じられる少し前に、民主党所属の古賀潤一郎衆議院議員(当時)の海外留学に関する学歴詐称問題が発覚。国会で厳しい追及を受けていた。この際、安倍氏は先陣を切って古賀氏と民主党を攻撃、「もし事実なら大きな問題。道義的、政治的責任は重い。当然、辞職に値する」「政党として候補者を公認した責任がある。どう責任をとるべきか指導、処分する責任がある」などとまくしたてていた。

 自分のことを棚に上げて、他人を攻撃する習性は昔からだが、衆議院議員を辞職した古賀氏とは対象的に、なぜか安倍氏にはなんのお咎めもなかった。当時は小泉政権下で、今と同じ自民党一強の政治状況にあり、力で疑惑追及の動きをねじふせてしまったのだ。

 そして、安倍氏はこの学歴詐称を知らんぷりをして、その後、政界の階段を登り続け、今も日本の最高権力者の椅子にのうのうと居座っている。この厚顔ぶりに比べたら、ショーン氏の方が「文春」の追及に事実を認め、番組を降板しただけ、まだマシというべきかもしれない。
宮島みつや

 

 

高市大臣とはどのような経歴の人か?

鳥越:1つだけ。

金平:じゃあ最後にどうぞ。

鳥越:最後にちょっとね、全然、趣旨からは少し外れるんだけど、これ言っておかないといけないなっていうのを、高市早苗さんっていったいどういう人ですか。あんな偉そうなこと言える人かなっていうのが僕ちょっとね、最近あの発言見たとき思ったんです。というのは僕は高市早苗さんがテレビの世界に入ってきて、名前を売り出したころのことをよく知っているからです。私はプロデューサーからこの人を次の僕の相棒にどうですかっていって紹介されましたけども私、断りました、なぜ断ったというと、それは言いませんけど。

 あのね、僕が言いたいことはただ1つ。高市早苗さんはアメリカの下院議員でパトリシア・シュローダーという人がいらっしゃいますが、この人はリベラルでフェミニズム運動やっていた有名な議員さんですが、そこの議会立法調査官、英語でいうとコングレッショナルフェローと言うんですけど、これを日本語訳にして議会立法調査官と言うんですが、議会立法調査官をやっていたという触れ込みで日本に帰ってきて、最初に、田原さんいなくなったんで残念だけど、『朝まで生テレビ!』に出たんですよ。それで名前を少し売ってね、そのうち自然と入り込んでいって、最後は政治の世界に入って、気が付いたら総務大臣になってる。

 僕はね、実はよく調べてみるとですね、議会立法調査官でなくて、ちゃんとした、これは契約で給料が出る、そういう身分ですよ、フェローですから。ところが彼女は見習い待遇で無給で未契約のフェローで、つまりコピー取り程度の、お茶くみ程度の役しかやってないというのが現実だということは、ネットなんかでちゃんと調べればそれは出てきますから見てください。おそらく議会立法調査官のフェローになるっていうのはそれなりに経験積んでなきゃ駄目なの。それなのに高市さんはそんな経験も積まないで、ぱっとアメリカへ行って、そこに飛びこんだだけの人ですよ。

 だからそういうふうで言うと経歴詐称だよね、僕に言わせれば。経歴詐称。これでもし私が名誉毀損で訴えられたら受けて立ちますけど、経歴詐称なんかをしている人があんな、テレビ局の電波止めるとか止めないとかいうことを言う資格があるのかねと、いうのがまず最初に僕、思ったことです。ちょっと付け加えました、すいません。

金平:長時間、本当にありがとうございました。今日の記者会見の趣旨は最初に読み上げたこの私たちは怒(いか)っているというところに集約されているというふうに思いますので、よろしくお願いします。どうもありがとうございました。(完)

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

ジャンル:
学校
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月19日(土)のつぶやき その2 | トップ | 「自己責任」と「過失責任」は法... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
SPA (バードストライク)
2016-03-20 07:33:46
SPA、東南アジアの某ホテルで利用しました。
一万円近く支払ったのに、クオリティ低い。
どこかにきっと私の青い鳥がいるはず、諦めないで探したい私を天国に導いてくれるSPAに、日本では高いから東南アジアに行ったならばーーと思うのだけど、子どもがSPAを嫌がるので、行かれない。こころベイビーだから、一人で放置されると機嫌が悪くなるのだ。
もともとSPAは「温泉」の意味ですが、転じて「エステ」として使われています・・・

って、関係ない話や!
リンク先のSPAがなかなか面白くて、1時間ぐらい読みふけってしまったのでした。

しかしですね! SPAといえば、そう、発行元は扶桑社なんですよっ!
いいんですか?
こんな、あなたがたフジサンケイグループの敬愛するアベちゃんやらアソーちゃんやらの経歴詐称、古傷のかさぶた引んU+525Dいちゃってさ。
おもろい! (raymiyatake)
2016-03-20 07:37:28
週刊SPAと週刊プレイボーイはリベラル雑誌の雄です!
文字化け (バードストライク)
2016-03-20 08:31:00
「引んむく」です。
漢字も文字化けするのですね。

「プレイボーイ」はわかるけど、なぜ扶桑社の「SPA」がリベラルなのか、理解に苦しむ。

ついでに言うならば、「週刊新潮」と並ぶ保守反動的な「週刊文春」が、最近になって急にアベの足を引っ張るスクープを連発している理由もわからない。
秘密保護法や、安保法制のときはダンマリだったくせに。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-03-20 09:00:59
 英会話が出来るから、って英米の大学で学士号を取得するのは、並大抵では不可能なのですよね~。

 英語には、歴史的経緯から、大枠で、アングロ・サクソン系の語彙と、ラテン系の語彙が層をなしています。

 日常一般には、アングロ・サクソン系の語彙が使用されますが、大学での専門課程では、ラテン系の語彙が頻繁に出て来ます。

 従って、英米の大学留学の折には、専門課程で使用する英語の語彙を習得しなければ留学の目的を達することが不可能です。 其処で、留学生は、英米の大学で、そうした専門課程に上がるための課程を履修するのが一般的です。

 英語の専門書、例えば、法学の専門書を読めば明らかですが、専門用語は、ラテン系の用語です。 ですので、英米では、未だにラテン語の科目が存在し、ラテン語を履修する生徒が居るのです。 

 そんな事情を分かっていて学歴詐称をするのでしょうか。 

 日本で、一般的に、留学と言われているのは、殆ど語学研修です。 正規の留学ならば、成績が悪ければ、一学期の末で退学になります。 それ以前に講義について行けないでしょう。 

 正規の留学をして、英米の一流大学で学士号を取得したのであれば、英米の一般人よりも英語が出来る訳です。 失礼ながら、安倍、麻生の両氏が、その程度までに研鑽されたようには思えませんね。 

 因みに、どうしても英米の学士号が欲しいのであれば、講義履修等は、全く関係無しで、買えますよ。 ただし、これは、賞状を買うようなもので、実態はありませんが。 勿論、世間でも通用はしませんが、日本では知らない人が多いので騙せるでしょう。 尤もらしい大学名をデッチあげて、金箔入りの賞状が買えます。

 一つ如何~? 卒業証書だよ~。 其処の総理、今なら半額にしとくよ~。 何ちゃって。
Unknown (D)
2016-03-20 11:14:05
ついでに小泉元総理もよろしく!
“洋行組”を持て囃す明治時代から (AS)
2016-03-20 12:20:16
――です、こういうのは。
だから、ディプロマミルから学位記を買って「留学して博士取りました」と箔付けするのが一時期流行ったじゃないですか。
もっとも、鳩山氏のような本物もいましたが。
ちなみに、行政府の長に修士・博士がいないのは日本くらいのもんなんだそうです。
追加 (AS)
2016-03-20 12:34:08
アベ氏について更に言いますと、神戸製鋼の勤務歴は、単に“社会人経験”を経歴にするためだけのもので、安倍シニアの跡継ぎになることは家の方針で当初から決まっていたんだそうです。だから3年間。
松田賢弥の「絶頂の一族」がこの辺りを詳しく書いていた……はずです(笑
自称 (時々拝見)
2016-03-20 12:52:48
剣道二段、完全無所属の知事もお忘れなく。完全無職になってもいいかと思います。
 剣道については、森田流を創設すれば良いんですけど。
 政治家の学歴詐称特集、できればよろしくお願いします。
 前の知事はドウモトさんだったそうで、県営カジノの人かと思ったら、そういう苗字だったんですね。

 真面目な話、川上氏には「高卒だけど、国際経済政治感覚なら大学教授レベルの男」とか自称して復活してほしいと思います。「学歴より人を見ろ、人を知れ」でもいいですし。
Unknown (masaki)
2016-03-20 16:02:44
ちょっと別の視点で…
私は安倍さんも麻生さんも「卒業」とか「修了」とか
「取得学位」とか書いていない分、OKだと思うんですよ。
留学もどこかに在留して学ぶという意味なので、一週間であろうが10年であろうが留学です。

専攻にしても、例えば、何を学んだかが、学位とか在籍学部とはあまり関係ないことがあります。もちろん、在籍していなかったのに○○学科在籍というのは論外ですね。

逆に安倍さんも麻生さんもお金で学位を買わなかったのだなあとちょっと驚く、そんな感じです。なぜかというと、学位をお金(寄付金)で買った人もいますから。残念ながらお金だけではなく、例えば、例えばですよ、女性であれば、不適切な関係をもって学位を得るということだってあるのです。

アメリカの有力な大学は教員らと学生の恋愛及び性的関係を公式に禁止したくらいです。日本でも似たようなことはいくらでもあります。もっと怖いことにこれは「詐称」になりません。

高市さんの経歴とか、これが問題なら、叩けば、いえ、叩かなくてもほこりだらけの人はいくらいでもいるでしょう、政界には。日本でも諸外国でも大学には様々なポジションが用意されていて、それが適切に与えられているかというとそんなこともなさそう、というのはきっと多くが気付いているところです。選挙の季節には多くの人がドキドキでしょう。
え?行ってたの? (リベラ・メ(本物の))
2016-03-20 19:10:13
麻生大臣も安倍総理も行ってたの?信じられない。他の議員達は…。
ホラッチョーズ (むう)
2016-03-20 20:59:06
安倍&麻生ホラッチョーズは、
ホラッチョで総理&副総理になったので
つなぎホラッチョは不要になりましたとさ
(めでたしめでたし)

わたし意地悪かしら(^^;
同音異字です (AS)
2016-03-22 15:14:15
“時々拝見”さん

前知事はキンキキッズの二人と同姓です。字が違います。
詐称というより、嘘つき (まろる)
2016-03-23 13:41:56
日本の現実でしょうね。
他の国にも一杯居ますが、、、。
それが、政治家なのが怖いですね。
政治もそのように嘘に固められますから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL